【必見】法人の役員・取締役を隠すノミニーディレクターとは?

Home 9 ブログ 9 【必見】法人の役員・取締役を隠すノミニーディレクターとは?

ノミニーディレクター(ノミニーダイレクター)とは?

皆さんは、ノミニー法人をご存知でしょうか?簡単に言うと、法人の登記の際に法人の役員の名前や株主の名前を第三者の名義で登録する法人です。日本ではあまり馴染みのない制度ですが、海外ではノミニー法人を設立することで、外部から真の所有者が誰かを見られるのを防ぐことができます。

今回は、その中でも法人の役員を第三者名義での登記が可能になるノミニーディレクターについてお伝えします。

 

「ノミニーディレクター」とは、実際の取締役の身元を保護するために任命される非執行取締役です。ノミニーディレクターは、非居住ビジネスオーナーのための地元のディレクターを提供するためにも使用されますが、企業の運営にはほとんど関与していません。

ノミニーディレクターは、問題となる機関/個人の利益が適切に保護されるように、そして借主の企業とそのステークホルダー(利害関係者)に対する役割を果たすために任命されます。

 

彼は借主の企業または投資先の活動を監視し、機関または投資家に対して責任を負います。非執行役であっても、ノミニーディレクターは企業が法的な規定を遵守していることを確認するための一般的な義務を果たさなければなりません。

 

ノミニーディレクターが必要な理由

ノミニーディレクターを会社に任命する理由はいくつかあります。それには次のような理由があります。

  1. 法人設立の必須要件(国によります)
  2. 企業の説明責任(アカウンタビリティ)を確保
  3. 居住ディレクター(常駐取締役)の必要性を満たす

 

ノミニーディレクター(Nominee Director)を採用することで、社内のプライバシーを確保することができます(取締役の氏名は秘密保持され、公の記録には残りません)。

ノミニーディレクターとは、世間一般から見れば、会社のオーナーでありディレクターである人物を指します。しかし、内部では実際のオーナーとノミニーディレクターとの間に委任状または合意がある契約があります。このような取り決めには利点とリスクの両方が含まれます。

 

法的義務

ノミニーディレクターの義務は、会社のニーズと国内で利用可能なリソースに大きく依存します。これらの義務には以下のようなものがあります。

  • 会社の最善の利益のため、そして会社とそのメンバーの福祉のために誠実に行動すること
  • 利益の衝突を避けること
  • スキル、ケア、知識をもって義務を果たすこと
  • すべての規制と法律を遵守するために、会社の活動を監視すること
  • 取締役会の会議と非執行的決定に積極的に参加すること

 

関連するリスク

ノミニーディレクターの任命には多くのリスクが関連しています。これらのリスクは、ノミニーディレクターの任命を考慮する前に考慮されるべきです;

 

  • 執行役と非執行役のディレクターは法の下で等しく扱われ、同じ権限と義務を持つ。通常、ノミニーディレクターが違反や誤りを認識していた場合や、そのノミニーディレクターの過失によりそれが発生した場合には、法律の下で責任を負うことになるでしょう
  • ノミニーディレクターが他者に取り決めを開示すると、株主の身元と責任保護が危険にさらされる可能性があります
  • ノミニーディレクターが合意の条項(例えば、会社の資産を個人的な利益のために使用する、または与えられた権力を乱用するなど)を違反する可能性があります
  • ノミニーディレクターの管理と統制が不十分であると、ビジネスの機能不全を引き起こす可能性があります
  • ノミニーディレクターは、規制違反に対して時には民事および刑事のペナルティを受ける可能性があります
  • ノミニーディレクターが連絡が取れなくなり、任命した株主への報告を怠ることがあります

 

ノミニーディレクターを持つ利点

ノミニーディレクターを任命することには数多くの利点があります。ノミニーディレクターの主な利点は、彼が居住者ディレクターとして行動し、会社の地元のディレクターの要件を満たすという事実です。

別の利点として、ノミニーディレクターの存在により、実際のオーナーの名前と詳細が公開記録に現れず、資産にリンクされず、会社の行為に対して責任を負うことはありません。

 

これに加えて、実際のオーナーが会社を掌握することを決定した場合、ノミニーディレクターの任命契約を明らかにすることで容易にそれを実行できます。

ノミニーディレクターは、ビジネスバンク口座を開設するのを助けることができます。なぜなら、いくつかの銀行は口座開設のためにノミニーディレクターの署名を必要とするからです。

 

ディレクターは会社関連の仕事を見るかもしれませんが、会社の株式を所有したり、会社からの利益を得たりすることはありません。彼はその仕事に対して月次/年次の報酬を得ます。

 

役割と責任

居住ディレクターとして行動する:世界には、法人に対して地元のディレクターまたは居住ディレクターを要求している国がいくつかあります。地元のディレクターの必要性、ノミニーディレクターの主な責任の一つは、ノミニーディレクターの任命により満たされます。

 

まとめ

ノミニーディレクターを置くことで、真のオーナーの身元を公的記録から守ることができます。委任状(POA)を通じてオーナーが、会社を完全にコントロールすることができます。

実際、真のオーナーの身元を守るためには、ノミニーディレクターとノミニーシェアホルダーの両方を置くのが一般的です。法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。

 

なお、ノミニーシェアホルダーについては別記事で詳しく解説していますのでこちらをご覧ください。

 

※本記事は、2023年5月21日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

n202306-banner

【VIP御用達】プライベートバンクの開設による様々な特典とは?

プライベートバンクに口座を開設すると、従来の銀行サービスではアクセスできない多くの特典を利用することができます。例えば、個人的なバンキング・アドバイザーの利用、ニーズに合わせた財務アドバイス、より高い預金限度額、ローン申請やその他の取引における優遇措置などがあります。また、プライベートバンクは、独自の商品を通じて、特別な投資機会を提供しています。...

【必見】世界のタックスヘイブン国リストと実践方法!

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 タックスヘイブンとは、税金が非常に低い、あるいは全くかからない世界各国のことです。このような税率を利用して節税することは、経済的に余裕のある方にとっては大きなメリットとなります。今回は、知っておきたい世界のタックスヘイブンをまとめて紹介します。   1.ケイマン諸島...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...

【資産保護へ】海外オフショアを開設する意外なメリットとは?

多くの人は、FATCAやCRS(共通報告基準)が実施され、銀行機密が死滅した今、オフショア銀行を開設する意味があるのか疑問に持つ人がいるかもしれません。なぜ、オフショアに資金を移動させるのか?お金を隠すことができないなら、海外に銀行を作る目的は何ですか?と疑問を持っている人がいるかと思います。 ...

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

投資やプライベートバンクの資産運用で失敗する可能性はあるのか?

今回の記事では投資やプライベートバンクが失敗する可能性があるのかについて見ていきます。投資では、お金を増やすことができる可能性があります。しかし、同時に失敗する可能性もあります。 投資を行うには、ある程度のリスクを負うことになります。...

真のお金持ちが持つクレジットカードの実態とは?

今回の記事では、富裕層と呼ばれる人たちが持つクレジットカードとプライベートバンクで発行されるクレジットカードについて解説します。真のお金持ちがどういうカードを持っているかが見えてくることになるでしょう。富裕層が持つクレジットカードは通常プレミアムで、ポイントアップ、キャッシュバック、旅行特典、イベントや体験への限定アクセスなど、さまざまな特典を提供しています。年会費は高額になることもありますが、そ...

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

【相続税が非課税!?】最強の節税スキーム公益財団法人とは?

公益財団法人は、特定の公益目的を達成するために設立される法人です。公益目的は、社会全体の利益に寄与するものでなければなりません。公益財団法人は、その目的を達成するために、寄付や遺産などの資金を活用します。...