【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

Home 9 海外節税 9 【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

オンラインビジネスを設立することを考えているなら、海外の国で会社を設立することが、国内で設立するよりも有利な場合があります。オフショアでの設立から恩恵を受けるすべての会社があるわけではありませんが、その恩恵を受ける会社は主に地元や物理的な拠点を持たないオンラインビジネスです。

本記事では、海外で運営されるオンラインビジネスが海外で設立されることからどのような利益を得るのか、そしてオフショア会社を使ってオンラインビジネスをどのように運営するのかを説明します。

 

海外節税可能なオンラインビジネスは?

Amazon、eBay、WooCommerce Shopify、オンラインストアを海外で設立できるか?

ほとんどすべてのタイプのビジネスが海外の国でオフショア会社を設立できますが、すべてのビジネスにとって最適なわけではありません。しかし、それを言っておくと、オンラインビジネスはしばしば物理的なストアフロントを持たないため、このタイプの取り決めに最適に適しています。

例えば、あなたがオンラインの株式トレーダーでヨーロッパに住んでいるなら、低税環境での法人構造から大きな利益を得る可能性があります。海外で設立することができるかどうかは、主にビジネスのタイプ、ビジネス構造、ビジネスがどれだけの収入を得ているかによります。

 

もし、月に1,000ドルを稼いでいるだけなら、今はまだ時期ではないかもしれませんが、5桁以上の収入を得ているなら、検討する価値があります。

オフショアの管轄区域でオンラインに設立することに伴う利益は、あなたがどこに居住しているか、あなたの国籍、ビジネスのタイプ、顧客からの支払いを受け付けるための支払いゲートウェイが必要かどうか、あなたの特定の国の税法に大きく依存しています。

 

あなたが一つの国に住んでいて、すべての顧客が別の国に住んでおり、すべての取引がオンラインプラットフォームを通じてデジタルで行われているなら、あなたが住んでいる高税国で会社を設立することはあまり意味がないでしょう。さらに、プライバシーのレベルが低く、訴訟や債権者に対して脆弱であり、多くの書類作成を要求し、高い報告および財政要件がある可能性があるためです。

オフショア会社設立に最適な会社のいくつかの例を見てみましょう。

 

オフショア会社を使ってデジタル資産を売却する-オンラインストア、eBay、Amazon FBA

オンラインでのデジタル資産の販売、それはオンラインの電子商取引ストア、電子ブックの販売、物理的な製品、デジタル製品などです。このタイプの電子商取引ビジネスを特徴付けるのは、資産や商品の販売を完全にマーケティングし、オンラインで配信することができる点で、物理的な実体がないからです。

オンラインで販売できる他のデジタル資産には、音楽、映画やビデオ、画像、デザインやロゴ、ソフトウェア開発、マーケティングや他のオンラインサービス、知的財産などが含まれます。世界中でCovid-19パンデミックの結果として課された現在の「在宅」条件により、このようなデジタル資産の需要と価値は増加しています。

 

デジタル資産をオンラインで販売するビジネスや個人は、彼らが販売する製品/サービスに物理的な要素がないため、特に物理的な場所から独立しています。したがって、これはオフショア会社構造を使用して形成を検討する最良のタイプのオンラインビジネスの一つです。

 

デジタルマーケティングビジネスをオフショアで設立する

デジタルマーケティングは、以下を含む任意のタイプのオンラインマーケティングサービスを含みます。

 

コンテンツマーケティングサービス – これには、記事の作成、ブログ投稿、その他のコンテンツ主導の素材を直接または間接的にマーケティングするための会社のための物を書くことが含まれます。

メールマーケティング – これには、ビジネスの既存のおよび/または潜在的な顧客に送るプロモーションメールを書くことが含まれます。

ソーシャルメディアマーケティング – これは、顧客を引き付けてビジネスの製品/サービスをマーケティングするためにビジネスのソーシャルメディアアカウントに投稿することを専門とするデジタルマーケティングの一種です。

 

デジタルマーケティングサービスの共通の特徴は、それらがすべてオンラインで作成および配信できること、場所と物理的な存在から独立していることです。デジタルおよびアフィリエイトマーケターは、どの国や場所からでもクライアントにサービスを提供することができます。

したがって、デジタルおよびアフィリエイトマーケティングは、有利なオフショア構造で簡単に設立できる別のタイプのオンラインビジネスであり、この種の戦略が提供する便益を享受することができます。

 

オフショアでのオンラインコンサルティングビジネスの立ち上げ 

コンサルティング会社やスタートアップ企業の増加分は、この成長するビジネス領域とその提供する多数の機会を利用するためにオンライン空間に向かっています。

国際的なクライアントにコンサルティングサービスを提供する方や、オンラインスタートアップを形成するインターネット起業家は、パフォーマンスとリターンを最大化するために、ビジネスに対する有益なオフショア会社構造を考慮することができます。

 

オンラインでコンサルティングまたはスタートアップビジネスを設立するための具体的な手順は、前に見た電子商取引ビジネスの他のカテゴリと似ています。

フリーランサーや小規模スタートアップであることは、小規模ビジネスの所有が提供する柔軟性を活用できることを意味します。海外の国々がオンラインビジネスに対して提供する地元の条件とグローバルな利点を活用し、場所を移動することができます。

 

他のタイプのオンラインリモート&非ローカルビジネス

他にも、国家間で運営されるビジネスや、国内に基づく金融取引がないビジネスなど、この種の取り決めに最適なビジネスもあります。

  • 輸出入を目的としたビジネス
  • フリーランサーやデジタルノマド
  • 起業家
  • ライフコーチ
  • 教師

 

オンラインビジネスを法人化するべき理由とは?

多くの起業家がオンラインビジネスを始める際に、自分の名前で製品やサービスを売り始める方が簡単だと思い込み、別の法的ビジネスエンティティ(事業体)が不要だと考えるミスを犯します。これは、あなたが思うよりも遥かに高額な失敗になる可能性があります。

オンラインビジネス活動のために別の事業体を法的に設立することが非常に重要な理由は、不当な責任から自身を保護するためです。全ての企業がオフショア法人化によって利益を得られるわけではありませんが、大きな収益を上げるためには推奨されます。

 

ビジネスを運営することは多くのリスクを伴い、その一つがビジネス運営の過程で直面する責任請求です。その他、破産、ローンの返済不能、資産や財産の喪失など、ビジネスが責任を負う可能性がある他の理由もあります。

 

オンラインの起業家が考慮すべき最も一般的な企業エンティティのタイプは以下のいずれかです。

  1. Limited Liability Company (LLC:有限責任会社)
  2. Limited Partnership(有限パートナーシップ:合資会社)
  3. Corporation(株式会社)

 

具体的な構造は、選択した管轄区域やビジネスオーナーの個々の要件などの要因によります。責任が発生した場合、LLCや株式会社を設立することで自分自身を一歩引いた位置に置くことができ、個人的に責任を負うことはなく、企業の財務問題によって個人の資産が攻撃を受けることはありません。

 

別の法人エンティティが提供する他の利点には以下のようなものがあります。

  • 法人として独立した法人であるため、会社は自身の名前で訴訟を起こしたり、契約義務を結んだり、ローンを交渉したりすることができます。
  • 財産や資産を買い、売り、所有することができます。
  • オーナーの個人的な関与を超えて存在し続けることができます。これにより、将来的にビジネスの一部または全部を売却したり、相続人に引き継ぐことができます。

 

オンラインビジネスを開始する国を選択する際のポイントは何ですか?

オンラインビジネスを形成する管轄区域を決定する際には、以下の重要な要素を考慮することをお勧めします。

  1. 税金
  2. 銀行と金融へのアクセス
  3. 法人化の要件
  4. レピュテーション
  5. 人材資源

 

税金

法人化する場所を決定する際の重要な考慮事項は税金であり、多くの人々はこれを彼らの決定の主要な要素としています。これは、税金があなたの純利益に及ぼす大きな影響、さらには、税金を減らしたいと考える投資家を引きつける能力を考えると、非常に理にかなっています。

企業税率は大きく異なります。ケイマン諸島やネイビスのようなオフショアのタックスヘイブンでは0%から、日本やフランスのような国では30%を超える税率まであります。

 

また、ハンガリー、アイルランド、マケドニア、モルドバ、リヒテンシュタイン、キプロス、シンガポール、香港、ジブラルタル、最近ではポーランドなど、外国企業を特に好む地域的な税制度を持つ、伝統的な“オンショア”の環境もあります。

 

銀行と金融へのアクセス

可能な限り銀行や金融サービスへのアクセスを提供する国を選ぶべきです。これには、法人口座を開設すること、それが主要な決済ゲートウェイと連携できるかなどが含まれます。

銀行システムは、安全性、費用、利便性、オフショア口座所有者が口座を開設し維持することをどれだけ容易にするかなど、さまざまな点で大きく異なります。オンラインビジネスを開始する際の最も困難な側面の一つは、関連する決済システムの設定です。

 

現在、Paypal、Wise、Stripeなどのオンラインプラットフォームが多数ありますが、口座間で資産を移動する際に問題が発生しないように、十分に評価された管轄区域に法人銀行口座を持つ必要があります。

残念ながら、過去10年間で一部の管轄区域では、銀行口座の開設が困難になっています。これら全ては、あなたが好む管轄区域を選ぶ際に考慮すべき事項です。

 

法人化の要件

一部の管轄区域では、他よりも複雑で高額で骨の折れる法人化要件があります。これには、大量の行政手続きや書類作成、追加の時間と費用が含まれることが多いです。

したがって、オフショアの管轄区域でビジネスを開始する前に、これらは徹底的に調査し、考慮するべきです。設立プロセスを進める間、特別な要件を理解し、それに従うことが重要です。

 

レピュテーション

あなたのビジネスが拠点を置く国は、投資家や顧客、貸し手があなたのビジネスをどのように認識するかに影響を与えることを念頭に置く必要があります。一部の管轄区域は他よりも評価が高く、より尊重されています。

これは、より知名度の低い、評判の良くないオフショアのタックスヘイブンよりも、税制が比較的フレンドリーな評判の高いオンショアの管轄区域で法人化することが望ましい場合があります。

 

人材資源

ビジネスの性質や、選択した管轄区域内での現地の熟練労働者の雇用の必要性によりますが、良質な人材資源へのアクセスは考慮すべき要素となるかもしれません。しかし、完全にオンラインで運営され、世界中のフリーランサーにオンラインプロジェクトをアウトソーシングするビジネスには、この問題は関連しないかもしれません。

結局のところ、あなたがどの国でビジネスを始めるかは、ビジネスモデル、収益の規模、将来的な計画など、あなた自身の特定の状況に大きく依存します。あなたのビジネスの特性やビジョンに最も適した選択をするためには、税法や法人法に精通した専門家とのコンサルテーションが必要でしょう。

 

オンラインで法人設立をする方法は?

オンラインでオフショアビジネスを設立するためには、いくつかのステップを踏む必要があります。

ステップ1:ビジネス組織体制の選択

ステップ2:オンラインビジネスを設立する国

ステップ3:ビジネス名とドメイン名の選定

ステップ4:ビジネスの法人化

ステップ5:税務義務を理解する

 

ステップ1:ビジネス組織体制の選択

オフショアで法人を設立するための最初のステップは、自分の状況に最適なビジネス構造を決定することです。オンラインビジネスに適している主な組織体制は次のとおりです。

  • 株式会社
  • 有限パートナーシップ
  • 有限責任会社

 

株式会社

最も広く使用されるビジネスタイプは株式会社で、国によって呼び名が異なることもありますが、一般には責任制限の提供者として知られています。これは、投資家が組織の一部でない外部から資本を調達したい場合に適しています。

 

有限パートナーシップ

有限パートナーシップは、一般的なパートナーシップでは存在しない投資額までの責任を提供するジョイントベンチャーを表しています。これは、複数の人が責任を共有して契約を結ぶ必要があるビジネスの組織構造です。

 

有限責任会社

有限責任会社、またはLLCは、株式会社とパートナーシップの最良の部分を組み合わせたハイブリッド構造で、税務目的のパススルービークルとして機能し、メンバーが有限責任のパートナーシップとして契約を結ぶことを可能にします。この構造は通常、他のものよりも柔軟性とシンプルさを提供し、多くの状況で推奨されます。

 

これら3つのタイプは、企業とその組織構造の主要な関連用語と略語の大部分を代表しています。保護と安全性を強化するために、私たちはしばしば2つの異なる組織構造を異なる国で組み込む多国籍セットアップを推奨します。

例えば、会社を設立すると、会社の所有者となる財団があなたの名前を関連所有権から除外し、税制優遇を利用することができます(これはあなたが住んでいる国とそのCFC法によります)。

 

ステップ2:オンラインビジネスを設立する国

オンラインビジネスを設立する適切な場所を選ぶことは困難な決定かもしれません。あなたの

  • 居住地
  • 国籍
  • ビジネスタイプ

 

によって、たくさんの選択肢と組み合わせがあります。今日の世界では、各国は独自の税法を持っており、それはしばしばあなたが1年のうち何日間その場所に滞在するかによって、税金と居住地を結びつけます。

それぞれの国は、外国の持ち物に関連する規制と、それらの資産と個人とをどのように結びつけるかを扱う独自の税法を持っています。これがどのように展開するかは、あなたの具体的な状況によるでしょう。

 

オンラインビジネスを設立するのに最適な国はどこか?

  • 英国
  • アメリカ
  • ネイビス

 

英国:オンラインビジネスを設立する最も簡単な場所

この選択は、多くの人を驚かせるでしょう。ほとんどの人は、最初にカリビアン諸国がオンラインビジネスを始めるのに最適な場所と考えるでしょう。しかし、英国、そして次いで米国は、支払いゲートウェイを接続する容易さのために最も簡単です。

オンラインビジネスの世界では、信頼性があり、何よりも顧客が製品を支払うための簡単な方法を持つことが重要です。残念ながら、多くのオフショア商人アカウントはうまく機能せず、StripeやPaypalなどのサービスを利用することで、支払いの処理が非常に容易になります。

 

英国で設立する最適なオフショアエンティティはUK Limited Liability Partnership(UK LLP)です。この構造を通じて、英国はビジネスオーナーに以下のような利点を提供します。

  • 優れた全球的評価を持つオフショア管轄区域。
  • 容易で、手頃で、非常に速い法人設立プロセス(半日以内に設立可能)。
  • 多種多様な税制上の優遇措置と利益、オフショアエンティティにより法人税を0%まで減らせる可能性がある。
  • 電子商取引と支払い処理の良好な解決策。

 

米国:非居住者向けオンラインビジネスの最も安価な国

米国は、オンラインビジネスの本拠地として選ぶ最適な国の一つです。それは熟練した労働力を提供し、世界最強の経済の一つであり、幅広い金融と銀行のソリューションを提供します。しかし、米国在住者の場合、米国で法人設立をすると、海外管轄区に比べて資産保護や税効率のレベルが同じではありません。

 

非米国居住者にとっては、アメリカ・デラウェア州は特にオフショアLLCを形成するのに良い場所です。米国で上場している全会社の半数以上がデラウェア州で設立されている理由があります。それは、ビジネス設立に関して米国で最も有利な州であり、以下の利益があるからです。

  • LLCに対するさまざまな税制優遇と免税措置。
  • 特別なビジネスライセンスを取得する必要はなく、設立料と登記料が低い。
  • デラウェア州では、非居住者は個人所得税の対象とならない。
  • 非居住者の株主と取締役が許可されている。
  • ビジネスオーナーが自社の定款を自分の要望に合わせてカスタマイズできる柔軟な法人設立の法がある。

 

ネイビス:オンラインビジネスにとって最も安全な国

あなたの主な関心事が資産保護と責任保護であれば、ネイビスが最良の選択です。ネイビスは、資産保護、プライバシー、そして信託法に関して世界で最も厳格な国の一つです。

ネイビスのLLCは、会社の設立と運営を非常に簡単にします。法人設立に関しては、オーナーやマネージャーの名前を公にする必要がなく、外部からの法的攻撃に対する強力な保護を提供します。

 

ステップ3:ビジネス名とドメイン名の選定

あなたのビジネス名とウェブサイト名は同一である必要はありません。商標登録がなく、ユニークで、州の要件を満たし、ビジネスエンタープライズに合っている名前を選ぶことが重要です。

また、国内外の著作権や特許を確認し、以前に使用されていたり、同じ業界や地域に似た名前の企業がないか調査することも有用です。これは、将来のマーケティングが困難になるのを避けるためです。

 

ステップ4:ビジネスの法人化

ビジネスの法人形態を選定し、法人化したい国を決定し、会社名とウェブサイト名を選んだら、次に必要な書類を全て集めて会社登記を行うことになります。必要な書類は、法人であるかLLCであるかによりますが、以下のものが一般的です。

  • 定款または会社設立証明書
  • 企業規定または運営合意書
  • 株式証明書または株主合意書
  • 会議録
  • 取締役会決議

 

また、事業に携わるビジネスセクターによっては、必要な許可証を取得しておくことが重要です。

 

ステップ5:税務義務を理解する

あなたの税務義務は、国籍、現在の居住地、法人化する会社の所在地、ビジネスの構造タイプ、あなたが行うビジネスの種類、銀行口座の所在地、そして決済ゲートウェイの所在地によって異なります。

ここがビジネスプランの複雑な部分となります。多くの要素が動き、それを正しく理解し実行するにはカスタマイズされたプランが必要です。具体的な設定については、国際税務に詳しい会計士等に相談することをお勧めします。

 

まとめ

2つとして同じ状況はなく、それぞれのビジネスには独自の要件があることを理解することが重要です。そのため、ある時点で何があなたとあなたのビジネスに最適かを見つけるために、自分自身で広範な調査を行うことが常に重要です。

また、会社設立に必要な手続きは、ご希望の場所で行うことができますので、専門家によるオーダーメイドのアドバイスを受けるのもよいかもしれません。

 

弊社では、随時「日本に居ながら設立可能な最強の無税法人」「本当の富裕層はドバイを選ばない理由」など、グローバルスキームを公開しています。詳細はメルマガで公開しています。詳しくはこちら

 

※本記事は、2023年6月15日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

n202306-banner

【海外法人設立を考えている人必見!】海外法人のメカニズムとは?

今回のテーマは、海外法人です。どういう種類の海外法人があるのか、海外法人を設立する際の注意点、海外法人を設立する国の選び方を解説していきますので、海外法人のメカニズムもこれで丸わかりです。   海外法人の種類...

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。...

【海外富裕層だけが知る】リヒテンシュタインプライベートバンクの実態に迫る

あなたの資産を管理・拡大するための信頼できるパートナーをお探しなら、リヒテンシュタインのプライベートバンクは最適な選択肢です。プライベートバンクで200年以上の経験を持つリヒテンシュタインのプライベートバンクは、富裕層向けに特別にカスタマイズされた幅広いサービスを提供しています。 ...

【徹底解説】アメリカのプライベートバンクの特徴から名前まで

米国のプライベートバンクは、プライバシー、セキュリティ、サービスのレベルが高いことで知られています。プライベートバンクは、資産管理、財産設計、投資など、富裕層のニーズを満たすためのさまざまなサービスを提供しています。また、プライベートバンクは、金融の専門家へのアクセスを提供し、顧客が個々の目標に合った戦略を立てられるよう支援します。...

真のお金持ちが持つクレジットカードの実態とは?

今回の記事では、富裕層と呼ばれる人たちが持つクレジットカードとプライベートバンクで発行されるクレジットカードについて解説します。真のお金持ちがどういうカードを持っているかが見えてくることになるでしょう。富裕層が持つクレジットカードは通常プレミアムで、ポイントアップ、キャッシュバック、旅行特典、イベントや体験への限定アクセスなど、さまざまな特典を提供しています。年会費は高額になることもありますが、そ...

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...

【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。  ...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

年収3000万円以上の日本人の資産運用方法

日本人の中でも年収が3000万円を超える人は増加していますが、今回さまざまな資産運用法を見ていきます。 年収3000万円以上の方は、ぜひご一読ください。 デジタル技術の台頭により、資産運用業界は急速に変化しています。投資顧問を利用できる高収益者は年々増加しています。...