アメリカ税制完全ガイド|個人から法人まであらゆる税金を徹底解剖!

Home 9 海外節税 9 アメリカ税制完全ガイド|個人から法人まであらゆる税金を徹底解剖!

アメリカの税制-概要

アメリカ合衆国では、税金は連邦政府と州政府の両方によって課されます。連邦税と州税は完全に別のもので、それぞれが独自の課税権を持っています。連邦政府は州の課税に干渉する権利を持っていません。各州には他の州とは別の税制度があります。

また、州内には数多くの管轄区域があり、それぞれが税金を課す場合もあります。市町村や地方自治体、地方コミュニティ(RC)、地方サービス地区(LSD)などの地方政府機関は、それぞれに不動産税やライセンス料などの税金を課しています。

 

個人の所得税、給与税、法人所得税は連邦税収の主な源泉であり、売上税と所得税は州の収入の主要な源泉であり、不動産税は地方政府の主要な収入源です。アメリカでは多くの税金が課されており、以下にその一部を示します:

 

売上税

(消費税)

-州や地方政府によく利用される収入源

-全面的な売上税がない州はアラスカ、デラウェア、モンタナ、ニューハンプシャー、オレゴン

悪行税 -贅沢品や、健康に悪影響を及ぼす可能性のある品物に課される

-アルコールやタバコなどの特定の製品の消費を抑制する目的で課される

旅行税 -アメリカ国内で旅行する者に課される政府規定の交通税

-連邦航空局(FAA)の資金源

-航空会社は基本航空運賃の7.5%を課税

キャピタルゲイン税 -投資や不動産の売却から得られる利益に課される

-長期の資本利得は低い税率で課税される

-短期の資本利得は所得税と同じ税率で課税される

相続税・遺産税 -故人から相続人への財産の移転に課税される

-相続人によって支払われる

-アメリカの最も裕福な家族間での無税の富の伝播を防止する

所得税 -雇用状況に関わらず全ての労働者に求められる

-政府の収入源の最大部分

給与税 -給与税は一つの税金ではなく、従業員の賃金に課される全ての税金を指す用語
不動産税 -政府の収入源のもう一つの主要部分

-不動産や個人財産に課される

 

売上税

売上税は、商品やサービスの販売やリースに課されます。アメリカでは全国的な売上税は存在せず、したがって標準的な税率はありません。売上税は州税であり、州レベルで管理されており、州によっても、また州内でも異なります。

例えば、ニューヨーク州の売上税は7%、ニュージャージー州は3%ですが、オールバニでは8%、シラキュースでは7%の売上税があります。2023年現在、5つの州(アラスカ、デラウェア、モンタナ、ニューハンプシャー、オレゴン)では州全体に売上税が課されていません。カリフォルニアは基本売上税率が最も高く、7.25%です。

 

商品の課税対象性も各州で異なります。例えば、ニューヨーク州ではガムには税金が課されますが、牛乳には課されません。ニュージャージー州では食品に税金が課されますが、衣服には課されません。

州は地方政府に対して一般的な売上税や特定の売上税を追加で課す権限を与えることがあります。州内では、市町村が州の制限を超えて売上税を上げる権利を持っています。35の州の地方政府は、追加の売上税または使用税を1~5%の範囲で課しています。

 

売上税vs使用税

ビジネスが州に物理的な存在を持つ場合、通常は売上税を集めることが求められます。しかし、州に物理的な存在はないが税金を集める義務がある場合、通常は売り手の使用税を集める必要があります。

販売者がネクサス(接触)を持たない州で販売を行った場合、通常は「売上税」を徴収することは求められません。しかし、それは取引が何かしら魔法のように免税となるわけではありません。売り手が課税対象の販売に対して売上税を徴収しない場合、購入者または消費者は対応する使用税を州および/または地方税務当局に納付する必要があります。

 

企業も個人も消費者使用税を支払う義務があります。ビジネスは、再販用の税金が免除されたアイテムを購入した際にも消費者使用税を支払う義務があります。例えば、カフェが免税でマグカップを購入し、そのマグカップの一部を従業員にプレゼントとして与えた場合、そのマグカップに対して州の使用税を支払う義務があります。

 

付加価値税

アメリカの州の中で、ミシガン州だけが単一事業税と呼ばれる形式の付加価値税を課していました。その後、これをミシガン州は事業税に置き換えました。一方、プエルトリコでは2006年から10.5%の付加価値税を課しています。

アメリカ合衆国では付加価値税はありません。ただし、一部の連邦税を付加価値税に置き換える提案がありました。

 

給与税

従業員を初めて雇った日から、給与税の責任が生じます。給与税は一つの税金ではなく、FICA税、FUTA税、その他の州および地方税など、従業員の賃金に課される全ての税金を指す一般的な用語です。従業員がいる場合、従業員の賃金から一部を控除し、給与税を支払う責任があります。

小規模なビジネスを運営しているが従業員がいない場合でも、自己雇用税と呼ばれる給与税を支払う必要があります。これは自分自身のための医療保険と社会保障であり、事業所得の純利益の15.3%に相当します。

 

FICA税: FICAはFederal Insurance Contributions Act(連邦保険貢献法)を指し、社会保障と医療保険をカバーしています。このコストは雇用者と従業員で等しく分担されます。

雇用者の分担は社会保障が6.2%、医療保険が1.45%です;

 

1.社会保障税

雇用者と従業員は社会保障税を共有し、従業員が賃金の上限である142,800ドル(2021年時点)に達するまで、それぞれが総負担の半分を支払います。

2.医療保険税

医療保険税も雇用者と従業員の間で均等に分担されますが、社会保障とは異なり、所得の上限はありません。ただし、年収が200,000ドル以上の一部の従業員は、追加の医療保険税を支払う必要があり、雇用者はこれに合わせて支払う必要はありません。

 

連邦失業税(FUTA)

FUTA税は失業保険をカバーします。合計額は6.0%です。しかし、多くの州では5.4%のクレジットがあり、つまり、ほとんどの雇用者は0.6%しか支払わないことになります。雇用者だけが各従業員が稼いだ最初の7,000ドルに対して連邦失業税(FUTA)を支払います。

州の失業プログラムも同様ですが、賃金の上限は異なり、一部の州では従業員もこの税金を支払います。雇用者が州の失業を適時に支払い、クレジット削減州にない場合、より低い連邦失業税率が適用されることがあります。

 

州と地方の給与税

一部の州と自治体には、短期障害者、有給家族医療休暇、またはその他のプログラムのための追加の給与税があります。州の失業税率は通常、雇用者の過去の申告履歴に基づいて異なります。そのため、過去に多くの従業員が失業申告をした事業は、申告がない事業よりも高い税率になる傾向があります。その他の州と地方の給与税率は、場所によって異なります。

 

所得税

米国で収入を得るすべての人は、連邦および州レベルで所得税を納めることが求められます。連邦所得税に加えて、各州もまた給与から差し引く独自の所得税形態を持っています。特定の額、6,750ドル以上を稼ぐ場合、毎年4月15日までに連邦および州の税金を申告する必要があります。

州所得税は州により異なり、また、各州の税制もそれぞれ異なります。アラスカ、フロリダ、ネバダ、サウスダコタ、テキサス、ワシントンの7州は所得税制度がなく、ニューハンプシャー州は未分配所得のみを課税します。

 

コロラド、イリノイ、インディアナ、ケンタッキー、マサチューセッツ、ミシガン、ノースカロライナ、ペンシルベニア、ユタの9州は一律所得税制度(すべての所得レベルが同じ率で課税される)を採用しています。

一律税率は変動し、これら9州すべてで一貫しているわけではありません。他の35州とコロンビア特別区は累進課税制度を採用しており、これは納税者の年収が増加するにつれて、異なる税率で異なるブラケットで所得が課税されることを意味します。

 

通常、州の所得税法は連邦税法と比較してより単純化されています。税率ブラケット(税率適用所得区分)は各州で異なり、インフレに基づいて税率ブラケットと税率を定期的に調整する税法を持つ州もあります。

連邦所得税は、納税者の課税所得を構成するすべての形態の所得、例えば賃金や資本利得に適用されます。州の所得税は連邦の所得税よりも低く設定されています。これは、各州が各種の資産税、売上税、一部の州では地方税を課しているからです。

 

法人は、株主から独立して、その課税所得に対して税金を支払わなければなりません。株主もまた、法人から受け取る配当に対して税金を支払う対象となります。しかし、パートナーシップは所得税の対象とはならず、パートナーは自分の所得税を計算する際にパートナーシップのシェアを追加する必要があります。

米国の市民や居住者が所有する法人はパートナーシップと同様に扱われます。有限責任会社や特定の他のビジネスエンティティは、法人またはパートナーシップとして扱われることを選択することができます。各州も同様の扱いを行っています。慈善団体は、事業所得に対して税金が課せられます。

 

外国の個人や法人は、米国源泉の所得にのみ連邦所得税が課せられます。各州は、州外の個人や法人が州内で得た賃金や事業所得に対して税金を課します。非居住者への支払いを行う際には、支払人が支払いに対して連邦または州の所得税を源泉徴収します。このような所得に対する連邦の源泉徴収税は30%で、税条約により低減される場合があります。ただし、これは州税には適用されません。

最低代替税(AMT)は、連邦レベルで所得税のやや修正版に課されます。この税は個人と法人に適用されます。税基準は、納税者の申告状況によって異なる定額控除によって減らされた調整後総所得です。

 

個人の項目別控除は、住宅ローンの利息、慈善への寄付、医療費の一部に限定されます。AMTは個人に対して26%または28%、法人に対して20%の税率で課せられ、通常の税金の額を引いたものとなります。この超過分に対しては将来の通常の所得税に対するクレジットが認められますが、一部制限があります。

多くの州では、法人に対して最低所得税を課したり、代替税基準に基づいた税金を計算したりします。これには、法人の資本に基づく税金や、個人に対する所得の代替計測に基づく税金が含まれます。

 

法人税

法人は独立した法人であり、課税所得に対して法人税が課せられます。法人税の税率は個人税の税率とは異なります。法人の利益は二重課税の対象となります。つまり、法人が稼いだ利益に対して税金を支払った後、税引後の所得から株主に配当を支払い、その配当はキャピタルゲイン税の対象となります。

配当は株主の個人所得税の申告書に記載する必要があり、キャピタルゲイン税の税率で課税されます。これが一般に「二重課税」と呼ばれるものです。

 

悪行税

また、悪行税と呼ばれる税金も一般的な種類の税金の一つです。これは売上税の一種で、割合税や固定税として課せられます。連邦政府と州政府は、たばこやアルコール、タバコやギャンブルの勝利金などの”副品”の購入に追加の悪行税を課します。

悪行税の目的は、人々がこれらの”副品”を利用することを抑制することです。この税金はネバダ州やロードアイランド州、デラウェア州など一部の米国の州では大きな収入を占めています。

 

旅行税

人々が旅行の準備を始める前に、旅行税について知っておく必要があります。旅行税は地方政府が徴収し、それは州が徴収する売上税に加えられるものです。旅行税にはさまざまな形態があります。よくあるのは、レンタカーや宿泊の税金です。

この税金は固定額またはパーセンテージであることもあります。例えば、ジョージア州は宿泊税として部屋1部屋につき追加で5ドルを課税します。アイダホ州は2%を課します。売上税を免除する代わりに宿泊税を課す州もあります。デラウェア州がその一例です。

 

レンタカーを利用する人は、適用される税金も考慮に入れるべきです。宿泊税と同様に、それはパーセンテージまたは固定額、あるいは一律料金であることがあります。ミネソタ州では、両方のタイプが課されます。現在、宿泊施設に対する税金を課す州は22州、レンタカーに対する税金を徴収する州は38州です。

 

キャピタルゲイン税

投資から得られるすべての金融利益には、対応するキャピタルゲイン税があります。銀行口座から得られる配当や利息の税金も含まれます。キャピタルゲイン税の税率は投資家の税金ブラケットと投資の期間によって異なります。

アメリカでは、政府は短期のキャピタルゲインに対して所得税と同じ税率で税金を課し、長期のキャピタルゲインに対しては低い税率で税金を課します。

 

相続税/遺産税

相続税/遺産税とは、死亡者から相続人への財産の移転に対して支払われる税金を指します。この税金は、死亡者の財産の移転から利益を得る相続人が政府に支払います。連邦政府が遺産税を課している一方で、一定のレベルで州も遺産税を課しています。遺産税は遺族にとって重大な税金負担となる可能性があるため、政府は免除額を設けています。

現在、その額は生涯にわたって約1千万ドルになっています。これは贈与税や世代を超えた移転(GST)税の免除を申請するためにも使用できます。つまり、死者が莫大な財産を持っていない限り、相続人が遺産税を支払う必要がある可能性は低いということです。2019年には、遺産税の収入は連邦の全収入の0.5%を占めていました。

 

不動産税

納税者は不動産や個人の財産に対して不動産税を支払います。地方政府がこれらの税金を収入源として徴収します。不動産税を計算する際には、政府は物件の公正市場価格を特定の市町村の適用税率で掛け合わせます。

地方政府が課す不動産税は0.70%から3.6%の範囲です。納税者は不動産税を項目別控除の一部として申告し、それにより連邦所得税を減らすことができます。資格を得るためには、特定の要件を満たす必要があります。

 

例えば、項目別控除は標準控除を超えるべきです。新しい法律によれば、不動産税と所得税の両方については、1万ドルの組み合わせた税制限があります。不動産税の未納は、抵当権の設定を引き起こす可能性があり、これは人々が家や土地を迅速に売却するチャンスを減少させる可能性があります。

 

物品税

連邦政府と州政府は、アルコール、タバコ、タイヤ、ガソリン、ディーゼル燃料、石炭、銃器、電話サービス、航空輸送、未登録債券、その他多くの商品やサービスに対して物品税を課しています。

一部の管轄地域では、税金の支払いを示すために税刻印を商品に貼り付けることが求められます。物品税は商品の販売価格に課されることもありますし、単位あたりやその他の基準で課されることもあります。物品税は卸売時にメーカーが支払うことが求められることもありますし、小売時に顧客から徴収されることもあります。

 

関税

アメリカ合衆国は、輸入品に対して関税または関税を課します。関税は輸入時に課せられます。関税は原産国と商品によって異なります。多くの国からの商品は、各種貿易協定により関税が免除されます。特定の種類の商品は、その源泉に関係なく関税が免除されます。

関税規則は他の輸入制限とは異なります。関税規則を適切に遵守しないと、商品の押収や関与者に対する刑事罰を受ける可能性があります。アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)が関税規則を執行します。

 

商品は、アメリカで最長5年間、関税を支払うことなく、保税倉庫または外国貿易区域に保管することができます。ただし、アメリカで消費する予定の商品は、すぐに関税を支払う必要があります。

以上がアメリカの一般的な税金の種類とその特徴になります。ただし、税金の種類と制度は地域によって変わることが多々あります。例えば、法人税に関しても連邦法人税と州法人税があり、ネバダ州などは州法人税が無税の州として知られています。

 

今後、アメリカで海外法人の設立や海外移住される際には、こちらの税制をしっかりマスターしていただければと思います。

 

※本記事は、2023年5月20日時点のものです。今後税制は大きく変動する場合がありますので、最新情報は政府機関等のホームページをご確認ください。なお、個別具体的な税金に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

n202306-banner

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

【海外節税のTips】タックスヘイブンのメリット・デメリットを徹底解説!

税制は各地域で大きく異なります。世界の中でも特定の国々は、自国の税制対象者および/またはその地に拠点を置くオフショア企業、信託、その他の金融機関に対して、数多くの税制上の利点を提供していることでよく知られています。...

【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

オンラインビジネスを設立することを考えているなら、海外の国で会社を設立することが、国内で設立するよりも有利な場合があります。オフショアでの設立から恩恵を受けるすべての会社があるわけではありませんが、その恩恵を受ける会社は主に地元や物理的な拠点を持たないオンラインビジネスです。...

仮想通貨投資が無税になる海外タックスヘイブン国リスト

世界中の多くの国が暗号資産取引に所得税を課していますが、ビットコインの収入や保管、取引に税金を課さない国々が投資家を歓迎しています。ここ最近、人々が暗号資産投資に殺到し、同時に節約方法を探しています。...

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

【最短で節税】投資の税金対策で法人設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 株式や不動産への投資は、資産形成のための素晴らしい方法ですが、これらの投資に関連する税金があることを認識しておくことが重要です。この記事では、投資をする際に発生する可能性のあるさまざまな種類の税金について説明します。  ...

【必見!】米国銀行口座の知られざる秘密とは?

アメリカには多くのビジネスチャンスがあり、世界経済をリードする超大国であるという認識は、誰にも共通していることでしょう。もし、皆さんが最高の銀行を求めるなら、アメリカ内に様々な選択肢があります。しかし、アメリカで銀行口座を持つにあたり、いくつか注意すべきこともあります。例えば、アメリカに口座があれば、1回も入国しなくても税金から取られてしまいます。...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。...

【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、"どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?"と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。...