【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

Home 9 海外節税 9 【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。

世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。

 

多くの企業や個人にとって、税金の安さは、特定の国で事業を行ったり、移転したりする動機付けとなります。このランキングは、様々な国の税率を比較するのに役立つため、以下のような機会を与えてくれます。 ビジネスや生活の場について、十分な情報を得た上での決断をすることができます。

税金が最も低い国は、以下の通りです。

1.モナコ

法人税、所得税、キャピタルゲイン税、固定資産税が0%。

2.バミューダ

法人税0%、個人所得税5.75%(最高税率)、キャピタルゲイン0%、資産税0%(最高税率)。

3.ケイマン諸島

法人税 0%、個人所得税 0%、キャピタルゲイン税 0%、固定資産税 0%。

 

4.アイルランド

法人税12.5%、最高税率の個人所得税40%、キャピタルゲイン税33%、固定資産税なし。

5.マルタ

法人税5%、個人所得税35%(最高税率)、キャピタルゲイン税0%、資産税なし。

6.バハマ

法人税0%、個人所得税45%(最高税率)、キャピタルゲイン税・固定資産税0%。

 

7.シンガポール

法人税17%。 キャピタルゲインと不動産税が0%。年間所得20,000SGDまでは個人所得税なし。

8.香港

法人税16.5%、最高税率の個人所得税15%、キャピタルゲインと不動産税は0%。

 

このランキングは、税制の変更に伴い、定期的に更新される予定です。どこに住んでいようと、税金は生活の一部です。他の国よりも著しく高い税率を設定している国があります。そこで、ここからは世界で最も高い税率を設定している国について、その概要をご紹介します。

 

このランキングのトップは、法人税率が高いスウェーデンです。 スウェーデンの企業は、利益の28%を政府に納めなければなりません。さらに、スウェーデン国民は57%という高い所得税率を支払っています。最後に、スウェーデンのキャピタルゲイン税は最高で30%に達します。

2位はデンマークで、企業への課税率は25%、所得税は55.38%、キャピタルゲイン税は 42%です。3位はフランスで、法人税が33.3%、所得税が45%、キャピタルゲイン税が30%となっています。

 

4位はフィンランドで、法人税は24.5%、国民は所得に対して54%の税金を支払わなければならない。キャピタルゲインへの課税は30%です。5位はベルギーで、法人税は29.58%、所得税は50.5%、キャピタルゲイン税は25%となっています。

以下、オーストリア、ポルトガル、イタリア、日本、ギリシャの順で上位10位までを占めている。これらの国はそれぞれ、法人所得、個人所得に対する税金が高いです。

 

ほとんどの人にとって、税金は避けられない出費です。どの国が最も税率が高いかを知ることは、自分の経済状況について十分な情報を得た上で決断を下すのに役立ちます。各国の税制を理解することで、前もって計画を立て、必要な分だけを支払うようにすることができます。これは金融リテラシーの重要な部分であり、真剣に取り組むべきことです。

世界のどこにいても、税制を理解することは必要不可欠です。世界の最高税率を知ることで、適切な計画を立て、経済的な安定性を保つことができます。

n202306-banner

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

資産運用が上手いのは?投資家VSプライベートバンカー

今回は、一般的な投資家の資産運用とプライベートバンカーの資産運用を比較していきます。一般的な投資家は、資産運用をする際に様々な疑問に直面することがあります。どの程度のリスクを取るべきなのか?どのような投資が適しているのか?各アセットクラスにどれくらいの資金を割り当てるべきか?これらはすべて妥当な質問であり、その答えは、個々の投資家の目標、リスク許容度、財務状況によって異なります。 ...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

年収3000万円以上の日本人の資産運用方法

日本人の中でも年収が3000万円を超える人は増加していますが、今回さまざまな資産運用法を見ていきます。 年収3000万円以上の方は、ぜひご一読ください。 デジタル技術の台頭により、資産運用業界は急速に変化しています。投資顧問を利用できる高収益者は年々増加しています。...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。 ・かつてないレベルの金融セキュリティ...

【海外富裕層だけが知る】リヒテンシュタインプライベートバンクの実態に迫る

あなたの資産を管理・拡大するための信頼できるパートナーをお探しなら、リヒテンシュタインのプライベートバンクは最適な選択肢です。プライベートバンクで200年以上の経験を持つリヒテンシュタインのプライベートバンクは、富裕層向けに特別にカスタマイズされた幅広いサービスを提供しています。 ...

海外ビジネスで節税効果を狙える!法人設立のポイント|日本の富裕層が押さえておくべき海外展開戦略

海外で法人設立することによって、日本国内でのビジネスだけでなく、海外でのビジネス展開やグローバルな視野を持つことができます。また、法人設立によって税制面でのメリットも得られることがあります。本記事では、海外での法人設立によるメリットや手続きについて詳しく解説していきます。 海外で法人設立するメリット...