【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

Home 9 海外節税 9 【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。

世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。

 

多くの企業や個人にとって、税金の安さは、特定の国で事業を行ったり、移転したりする動機付けとなります。このランキングは、様々な国の税率を比較するのに役立つため、以下のような機会を与えてくれます。 ビジネスや生活の場について、十分な情報を得た上での決断をすることができます。

税金が最も低い国は、以下の通りです。

1.モナコ

法人税、所得税、キャピタルゲイン税、固定資産税が0%。

2.バミューダ

法人税0%、個人所得税5.75%(最高税率)、キャピタルゲイン0%、資産税0%(最高税率)。

3.ケイマン諸島

法人税 0%、個人所得税 0%、キャピタルゲイン税 0%、固定資産税 0%。

 

4.アイルランド

法人税12.5%、最高税率の個人所得税40%、キャピタルゲイン税33%、固定資産税なし。

5.マルタ

法人税5%、個人所得税35%(最高税率)、キャピタルゲイン税0%、資産税なし。

6.バハマ

法人税0%、個人所得税45%(最高税率)、キャピタルゲイン税・固定資産税0%。

 

7.シンガポール

法人税17%。 キャピタルゲインと不動産税が0%。年間所得20,000SGDまでは個人所得税なし。

8.香港

法人税16.5%、最高税率の個人所得税15%、キャピタルゲインと不動産税は0%。

 

このランキングは、税制の変更に伴い、定期的に更新される予定です。どこに住んでいようと、税金は生活の一部です。他の国よりも著しく高い税率を設定している国があります。そこで、ここからは世界で最も高い税率を設定している国について、その概要をご紹介します。

 

このランキングのトップは、法人税率が高いスウェーデンです。 スウェーデンの企業は、利益の28%を政府に納めなければなりません。さらに、スウェーデン国民は57%という高い所得税率を支払っています。最後に、スウェーデンのキャピタルゲイン税は最高で30%に達します。

2位はデンマークで、企業への課税率は25%、所得税は55.38%、キャピタルゲイン税は 42%です。3位はフランスで、法人税が33.3%、所得税が45%、キャピタルゲイン税が30%となっています。

 

4位はフィンランドで、法人税は24.5%、国民は所得に対して54%の税金を支払わなければならない。キャピタルゲインへの課税は30%です。5位はベルギーで、法人税は29.58%、所得税は50.5%、キャピタルゲイン税は25%となっています。

以下、オーストリア、ポルトガル、イタリア、日本、ギリシャの順で上位10位までを占めている。これらの国はそれぞれ、法人所得、個人所得に対する税金が高いです。

 

ほとんどの人にとって、税金は避けられない出費です。どの国が最も税率が高いかを知ることは、自分の経済状況について十分な情報を得た上で決断を下すのに役立ちます。各国の税制を理解することで、前もって計画を立て、必要な分だけを支払うようにすることができます。これは金融リテラシーの重要な部分であり、真剣に取り組むべきことです。

世界のどこにいても、税制を理解することは必要不可欠です。世界の最高税率を知ることで、適切な計画を立て、経済的な安定性を保つことができます。

資産運用が上手いのは?投資家VSプライベートバンカー

今回は、一般的な投資家の資産運用とプライベートバンカーの資産運用を比較していきます。一般的な投資家は、資産運用をする際に様々な疑問に直面することがあります。どの程度のリスクを取るべきなのか?どのような投資が適しているのか?各アセットクラスにどれくらいの資金を割り当てるべきか?これらはすべて妥当な質問であり、その答えは、個々の投資家の目標、リスク許容度、財務状況によって異なります。 ...

米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。 インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。...

東南アジアで最も住みやすい都市トップ5!

今回は、フロンティア市場や遠く離れた場所での投資や起業に適している場所について紹介していきますが、最高の待遇を受ける場所に行き、素晴らしいライフスタイルを送ることが重要です。楽しく暮らせる素敵な場所を見つけたい!ということで、東南アジアで最も住みやすい都市トップ5をまとめました。特に若い起業家、若い家族、低予算で起業する人にとって、東南アジアは世界の他の地域に比べて比較的安いので、とてもいい場所で...

プライベートバンクの安全性とセキュリティ

プライベートバンクは、その長い信頼性の伝統にもかかわらず、失敗と無縁ではありません。場合によっては、不始末や詐欺などの要因により、プライベートバンクが破綻することもあります。このような場合、銀行の顧客は、その資産が十分に保護されていなかった場合、潜在的な損失にさらされる可能性があります。...

意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

オフショア銀行口座を開設するために知っておくべき具体的な内容を説明します。オフショア銀行とは、居住国外に開設する銀行口座のことです。私たち日本人であれば、日本以外の国に銀行口座を開設することをいいます。オフショア銀行の存在を知っていたとしても、開設する方法を知らない人がほとんどですので今回わかりやすく開設していきます。   オフショア銀行開設までのステップ...

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

【オススメ】リタイア後の海外移住でマジで住んでみたい3つの国とは?

突然ですが、あなたの残りの人生をちょっと想像してみてください。例えば、あなたが3つの異なる国にしか住むことができないということになったら、どこに住みますか?...

【日本人が知らない】モナコのプライベートバンクの秘密

モナコのプライベートバンクは、富裕層のニーズに対応するユニークで高級な金融サービスです。資産運用、プライベート・ウェルス・マネジメント、財産設計、ポートフォリオ・アドバイスなど、幅広いサービスを提供しています。モナコのプライベートバンクを利用する最大のメリットは、その厳重なセキュリティです。...

プライベートバンクが行うコンシェルジュサービスとは?

プライベートバンクは、富裕層の顧客に対してさまざまなサービスを提供していますが、その中でも特に価値があるのがコンシェルジュサービスです。この種のサービスでは、プライベートバンクの顧客は、イベントの優先予約やチケット、旅行の予約など、特別な特典を利用することができます。 コンシェルジュサービスは、以下のようなことが可能です。...

【多くの人が見逃している】海外銀行口座を開設すべきメリットとは?

これまで私たちGPCでは、世界各国の銀行口座を分析・研究し、海外の銀行の良いところを見ることがあれば、悪いところも見てきました。しかし、多くの人々は、世界中の銀行口座を持つことのメリットを理解していないと思うのです。そこで、株式投資家や暗号通貨投資家であっても、世界中に銀行口座を持つべき最高の理由を紹介します。...