【徹底解説】BVIの税制と海外無税法人を設立するステップ

Home 9 海外節税 9 【徹底解説】BVIの税制と海外無税法人を設立するステップ

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2023年1月28日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。

BVIの税制

英領ヴァージン諸島(BVI)は、世界の富裕層が利用するタックスヘイブンとして知られ、税制面で魅力的な特典を提供しています。この国の税制は、所得税、法人税、キャピタルゲイン税、財産・相続税など、いくつかの要素から構成されています。

所得税の税率も法人税率も0%です。英領ヴァージン諸島にはキャピタルゲイン税がないため、富を守りたい投資家にとって魅力的な目的地となっています。さらに、遺産税や相続税もありません。

 

これらの魅力的な税制優遇措置に加え、整備されたインフラと確立された金融の枠組みにより、英領バージン諸島は、資産を保護しようとする企業や富裕層にとって理想的な目的地となっています。また、その親善的な政策により、同国はオフショア金融の世界的なリーダーとなっています。

英領ヴァージン諸島の税制は、税負担を最小限に抑え、資産を保護しようとする人々にとって魅力的な国です。しかし、投資や移住をする前に、その国の税制が持つ意味を理解することが重要です。資格のある専門家と一緒に仕事をすることで、財務に関して十分な情報を得た上で決断することができます。

 

英領ヴァージン諸島の税制を理解することで、 あなたの資産と財産を最大限に活用できます。魅力的な税制優遇措置と整備されたインフラを持つ英領バージン諸島は、税金を最小限に抑え、財産を保護したい人にとって理想的な目的地です。

この国の税制を意識することで、あなたのお金を確実に守ることができます。慎重な投資と の情報に基づいた決断をすることで、ファイナンシャル・プラニングの成果を最大化することができます。適切なガイダンスがあれば、税金を最小限に抑え、リターンを最大化する方法で財務を管理することができます。

 

英領ヴァージン諸島は、資産を保護し、税負担を最小限に抑えたいと考える人にとって理想的な目的地です。この人気のある国の税制を理解することで、あなたの資産を最大限に活用することが可能になります。

BVI政府は、管轄外から得た利益には一切課税しないため、企業は税金を大幅に節約することができます。さらに、外国人の所有権や外国人への配当金に関する制限もありません。 このため、BVIは他国での事業展開を希望する企業にとって魅力的な選択肢となっています。

 

また、英領ヴァージン諸島での法人設立は、他の多くの法域と比較して、比較的シンプルでわかりやすいものとなっています。登録手続きには数日しかかからず、国内に物理的なプレゼンスを持つ必要もありません。さらに、BVIは、信頼性と安全性に定評のある司法機関です。つまり、企業はプロセスを信頼し、資産の安全性に自信を持つことができるのです。

BVIはまた、法人設立を選択した企業に対して魅力的なインセンティブを提供しています。BVIは節税を考えている企業にとって魅力的な選択肢となっています。

 

まとめると、英領ヴァージン諸島での法人設立は、企業にとって大きなメリットとなります。企業は、低い税金と優遇措置、わかりやすい登録手続き、信頼できるセキュリティなどを利用することができます。これらの要素から、BVIは事業設立を目指す人にとって理想的な選択肢といえます。

最後に、BVIには会社登録のための厳しい要件があることに留意することが重要です。企業は、適格なファイナンシャル・アドバイザーに相談し、適用されるすべての法律と規制を遵守していることを確認する必要があります。そうすることで、ビジネスを成功させ、潜在的な法的問題から保護することができます。

 

BVI法人を設立する方法

ここからは、BVIで法人設立する方法を詳しく見ていきます。英領ヴァージン諸島での法人設立は、その低税率の恩恵を受けることができる素晴らしい方法です。しかし、その前に、いくつかの重要なステップと考慮すべき点があります。

まず、登録代理人(Registered Agent)を取得します。 登録代理人(Registered Agent)とは、会社に代わって訴状の送達を受けることに同意する現地居住者のことです。これは、英領ヴァージン諸島政府があなたの会社と連絡を取り、重要な書類を入手することを可能にする重要なステップです。

 

次に、Memorandum and Articles of Association (MAA)を提出します。この文書には、あなたの会社がどのような目的で設立するのかが盛り込まれています。 また、会社事項の投票権者や意思決定の方法など、会社の運営方法に関する規則も含まれています。 

最後に、英領ヴァージン諸島で法人用銀行口座を開設する必要があります。これにより、あなたの会社は現地で金融取引を行い、資金を管理することができるようになります。また、すべての事業収入と経費の公式記録となり、政府への税金申告に使用することができます。

 

以下の手順で また、英領ヴァージン諸島で法人を設立し、その低税率を利用することも可能です。少しのリサーチと準備で、あなたのビジネスをグローバルに成長させながら、低税率のメリットを享受することができるようになるのです。

n202306-banner

【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。...

【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。 ・かつてないレベルの金融セキュリティ...

【徹底比較】資産管理するならどっち?ウェルスマネジメントvsプライベートバンク

両者の違いはどこに? 私たちがよく耳にする「プライベートバンク」と「ウェルスマネジメント」は似たような意味合いを持つ言葉ですが、提供される金融サービスには微妙な違いがあります。 ウェルスマネジメントは、クライアントのリスク許容度や目標に基づいた財産の最適化を含む広範なカテゴリーで、規模に関わらず任意のポートフォリオに対して実施可能ですが、その名称が示す通り、資産が豊富な人々を対象としています。...

【徹底解剖】海外プライベートバンクの安全性と実態に迫る…

海外プライベートバンクの安全性はどうか? 情報の自動交換以降、国際的なプライベートバンクのルールは変わりました。現実として、非居住者に対する銀行口座の開設は困難になっているケースがあります。銀行家の間には過剰な恐怖が広がっています。...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

海外の銀行で口座開設をお考えですか?もう迷うことはありません。今回は、金利や手数料、サービスが充実しているおすすめの銀行をご紹介します。...

【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。...

【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

今回は、誰でも無料で2枚目のパスポートを取得できるだけでなく、実際にお金をもらって2枚目のパスポートを取得する方法を紹介します。日本では、二重国籍が認められていないため、日本を含めたパスポートを複数持ちすることはできませんが、世界では何と無料で2枚目のパスポートを取得することのできて、お金をもらうことができる国があります。  ...

【多くの人が見逃している】海外銀行口座を開設すべきメリットとは?

これまで私たちGPCでは、世界各国の銀行口座を分析・研究し、海外の銀行の良いところを見ることがあれば、悪いところも見てきました。しかし、多くの人々は、世界中の銀行口座を持つことのメリットを理解していないと思うのです。そこで、株式投資家や暗号通貨投資家であっても、世界中に銀行口座を持つべき最高の理由を紹介します。...