【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

Home 9 海外節税 9 【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。

適切な計画と資産構造化を通じて、通常は税負担を減らし、場合によっては完全に消除することが可能です。最良の方法の一つは、もしかすると最も簡単ではないかもしれませんが、所得税のない国の税務居住者になることです。

 

この記事では、税金のない国に移住することが可能か、途中で起こる可能性のある問題、そして所得税のない世界の最高の国々の一部について説明します。

 

本当に所得税を一切払わないことは可能なのか?

高額な税金に慣れている人々にとっては、完全に税金を払わない国々が存在するという現実は遠いように思えるかもしれません。これらの国々はどのようにして、市民から税金を徴収せずに十分な収益を生み出しているのでしょうか?

多くの低/無税国は政府の収入を他の源から得ています。これは国によって異なります。例えば、湾岸諸国の多くは公的な石油産業から巨額の収益を得ているため、所得税を課していません。また、バハマやベリーズのような美しい島国では、観光業とオフショア金融サービスが税収とGDPの大部分を占めています。

 

無税・低税国からの収益の大部分はオフショア金融部門から得られます。これは彼らがビジネスと個人に対して魅力的な税制上の優遇措置を提供し、ビジネスを設立・法人化することを提案していることを意味します。セントキッツ・ネヴィスやバヌアツ、ケイマン諸島などがそのような場所です。これらの国々は、直接的な所得税を課すことなく税制上の優遇措置を提供することで、大量の外国投資を引きつけることができます。

したがって、税金のない国が実際に存在することは明らかですが、次の問題は、これらの国の住民になり、税金を払う必要性を排除することが実際に可能かどうかです。その答えは、Yesで。

 

それは確かに可能です。しかし、必ずしも簡単ではなく、かなりの時間、決意、そして多くの場合、大きな富が必要となります。これらの問題については、後で詳しく議論します。

 

低税国と無税国の違いは何ですか?

税金のない国と低税国の違いは、税金のない国は所得税が全くなく、しばしば他の形態の税金、例えばキャピタルゲイン、源泉徴収税、法人税も課していないことです。現在、このような状況にある国は世界に23カ国存在します。

一方、低税国は通常10%以下の辺境税率を持っています。低税国は、銀行業と法人化に対してより良い評判を持つことが多いため、良い代替手段となるかもしれません。

 

世界のロータックス国

所得税率が非常に低い国も存在します。これには以下のような国々が含まれます。

  • マレーシア
  • ドミニカ共和国
  • シンガポール
  • チェコ共和国
  • メキシコ
  • グアテマラ
  • ベトナム
  • アンドラ
  • ベリーズ

 

領土税制度を採用している国々では、国内で生み出された収入に対してのみ住民税を課し、外国で得た収入は免税となります。例えば、あなたがデジタルノマドであったり、オンラインビジネスを運営していたり、全世界で収入を得ているグローバルな投資家であるなら、領土税制度を採用している国の住民になることで、税金のない国に住むのと同じ目的を達成することができます。

低税国や領土税制度を採用している国では、特定の業界を優遇する金融規制がある税金のない国の経済の性質から、外国人が居住権を取得するのが税金のない国よりも容易であることが多いです。

 

この記事では範囲を超えるため、税金のない国に焦点を当てますが、低税国を良い代替オプションとして検討する価値は確かにあります。

 

世界の無税国

あなたが所得税のない国に移住することを決定したからといって、あなたが無税になるわけではありません。所得税の義務を完全に免除するためには、税務居住地を設定し、つまり居住地を移動する必要があります。これは、適切なビザを申請し、年間183日以上その国に住むことで、永住権を取得することで実現します。

しかし、もしあなたがアメリカ人なら、そう簡単には逃れられません。あなたはどこに住んでいようと、全世界の収入に対して税金を支払う義務があります。ただし、外国での所得控除を通じて、120,000ドルまでの収入を控除することが可能です。

 

つまり、海外で得た収入が120,000ドルまでならば、所得税を全く払わなくてもよいということです。それ以上の額については、税金を支払う義務があります。

もしあなたがアメリカ人で、完全に無税になる唯一の方法は、アメリカの市民権を放棄することです。世界中の他のパスポートを持つ個人は、幸いにも同じ厳格な税制度には当てはまらず、税務居住地を変えれば所得税を支払う必要がなくなります。

 

所得税のない国は20カ国以上存在しますが、その大部分は住民権を確立するのが難しいか、または最初から住むことを望む人が少ない国々です。

 

税金のない国の資金源

あなたは、税金のない国が実際にどのようにお金を稼ぐのか疑問に思うかもしれません。これは一概には答えられない質問で、どの国について話しているのかによって異なります。なぜなら、各国が自分たちの比較的な優位性やユニークなやり方を持っているからです。しかし、我々は、無税の政府が他の方法でお金を稼ぐと言うことができます。

国が税金を減らすことで、外国人投資家が投資を行い、ビジネスを展開し、企業を設立するために集まってきます。それに伴い、ライセンス料、会社料、登録料が生じるのです。

 

それに加えて、何千人もの富裕な在外国民がいるという付加的な利点があります。全体的に見ると、これは多くの西洋諸国が忌み嫌う非常に優れたモデルです。彼らの市民がより良い環境を求めて海外に移住することで、彼らが税収を失っているからです。

 

所得税のない9カ国

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦(UAE)は、その収入の大部分が石油輸出から得られることにより、所得税のない湾岸諸国の一つです(他にはクウェート、オマーン、カタールなど)。さらに、UAEは源泉徴収税や法人所得税(ほとんどのビジネスタイプに対して)を課していませんし、外国為替管理もありません。

UAEが他の湾岸諸国から一線を画しているのは、外国投資や希望する移住者を歓迎する世界でも最も自由な経済の一つであるという点です。多くの高額な雇用機会があります。

 

最近では、UAEは外国人に10年間の居住ビザを発行し始めており、これは非常に簡単に取得することができます。

 

セントクリストファー・ネイビス

所得税のない国々の全リストは、それほど驚くことではありませんが、カリブ海のタックスヘイブンによって占められています。そして、簡単に居住権と/または市民権を確立することができる選択肢の一つが、島国のセントクリストファー&ネイビスです。

このリストにある他の国々と同様、セントクリストファー&ネイビスには全く所得税がないばかりか、ほとんどすべての税金がありません。彼らの収入の大部分は観光業と、あなたが想像する通り、彼らのオフショア金融産業から得られます。

 

セントクリストファー&ネイビスでは永住権を確立するのが容易であり、彼らはまた最も古く、最もよく知られた投資による市民権プログラムを提供しています。2017年の壊滅的なハリケーンの被害以降、彼らはそのハリケーン救済基金への150,000ドルの寄付で市民権を提供しています。

市民権を取得する全過程は1年未満で完了することができます。これは、税制上の大きな救済、強力な第二のパスポート、さらには美しい島でのリタイアメントを求める人々にとって、非常に魅力的なオプションとなり得ます。

 

ケイマン諸島

ケイマン諸島は無税国であるカリブ海の島国の一つです。観光業やオフショア金融部門を通じて大量の収入を得ており、セントキッツ・ネイビスと似た特性を持っています。ケイマン諸島はカリブ諸島の中でも比較的「高級な」地域として知られています。

生活費は高めで、長期滞在を続けるためには相応の投資が必要となります。しかし、先進国で一流のライフスタイルを提供する地域を選びたいと考える裕福な投資家にとっては、十分に検討する価値がある選択肢かもしれません。

 

ケイマン諸島は投資による市民権を提供していることでよく知られているわけではありませんが、年収が10万ドル以上で不動産や地元のビジネスに大きな投資をする人々に対しては一般的に永住権を許可しています。したがって、これは考慮すべき選択肢となります。世界最強の多国籍資産保護構造により、あなたの資産を守りましょう。

 

アンギラ

カリブ海に位置する小さな島国アンギラは、美しいビーチとターコイズブルーの海水で知られる人気の観光地です。しかし、多くの訪問者が気付かないことは、アンギラが世界で数少ない所得税のない国の一つであるという事実です。

これは、税負担を最小限に抑えることを望む個人や企業にとって魅力的な目的地となっています。税金がかからない上に、アンギラはビジネス環境が好調で、政府は安定しておりビジネスに対して友好的で、インフラも整備されています。

 

地元のビジネスへの外国人の所有には一部制限がありますが、全体としてアンギラはカリブ海の環境でビジネスを立ち上げるための魅力的な選択肢を提供しています。

 

バハマ

バハマはこのリストの3つ目の無税カリブの楽園です。世界でもっとも人気のある観光地の一つであり、生活する場所としても魅力的な場所です。バハマでは毎年更新可能な一時居住許可を$1,000で簡単に取得することができます。しかし、永住権を確立するためには少なくとも$250,000の不動産投資が必要となります。これにより、長期的に所得税を完全になくすことができます。

 

バハマにはまだ投資による市民権プログラムは存在していません。しかし、永住権を維持するために必要な大金は、世界で最も愛されるビーチの楽園である税務天国への逃避を望む人々にとっては価値があるかもしれません。

 

バヌアツ

太平洋の島国バヌアツは、市民権取得における最も手頃で早く、無税国の選択肢の一つです。約$200,000の総費用で、たった2ヵ月でバヌアツのパスポートを手に入れることができます。

バヌアツの唯一の欠点は、かなり孤立しており、「オフ・ザ・グリッド」な場所であることです。頻繁に移動するのは少々面倒かもしれません。しかし、税金の支払いを避けるために、比較的手頃な価格で迅速に第二の市民権を取得したいと考える人々にとっては、十分に価値のある選択肢です。

 

パナマ

パナマは中央アメリカに位置する国で、太平洋とカリブ海に海岸線を持っています。この国は二つの海洋をつなぐパナマ運河で有名です。パナマは多様な経済を持ち、大きなサービス部門(観光と金融)と小さな農業・工業部門があります。この国には個人所得税はありませんが、財産税などの他の税金は存在します。

これにより、パナマは個人やビジネスの目的で移住を考えている人々にとって魅力的な目的地となっています。所得税がないため、あなたの収入の大部分を節約や投資に回すことができます。さらに、パナマでビジネスを始めることがより実現可能となります。パナマには、一年を通じて暖かい気候、美しいビーチ、そして領域内課税制度という多くの利点があります。

 

その滞在プログラムは世界で最も簡単なものの一つで、友好国ビザプログラムを通じて5,000ドルの預金をするだけでよいのです。

 

モナコ

このリストで唯一の欧州国家であるモナコは、超富裕層が移住する最高の無税国として世界的に知られています。モナコは、フランス・リヴィエラの地中海沿いに位置する美しいかつ裕福な都市国家です。そして、住民や市民に何の税金も課さない数少ない国の一つでもあります。

モナコでの居住権や市民権の取得は比較的簡単ですが、非常に高額です。永住権を取得するためには、数百万ドル以上の資産を持っていることを証明する必要があります。

 

もしモナコがあなたにとって理想的な場所であると思われるなら、税金のない豪華な生活を送る富裕な外国人グループに参加することになります。

 

バミューダ

バミューダは大西洋の真ん中に位置する小さな島で、神秘的なバミューダトライアングルと所得税ゼロの天国として最も有名です。しかし、それは全く税金がないという意味ではなく、土地税、給与税、関税、ライセンス料などがあります。

あなたが観光客やビジネスパーソンとして滞在することを許可する親切なビザオプションがいくつかあり、滞在期間は3ヵ月から5年までとなります。この部分は簡単ですが、永住権を取得するのは少し難しく、少しの粘り強さが必要となるでしょう。

 

無税国への移住

所得税のない国への移住という考えは自然に魅力的です。しかし、多くの人にとって、無所得税の国への移住という考えは少し複雑であり、移住の過程や永住権や市民権の取得には時間と金が必要です。しかし、このような国々には、税負担を最小限に抑えながら、資産を成長させ、節約し、または投資する機会が沢山あります。

それでも、あなたがどの国を選ぶべきかを決定する際には、必要なビザ、不動産の価格、生活費、社会的・政治的安定性、医療、教育、生活品質など、多くの要素を考慮する必要があります。各国にはそれぞれの特性と利点がありますので、あなた自身の目標やニーズに最適な場所を見つけるために、時間と研究を投資する価値があります。

 

ただ、私たちでは、随時「日本に居ながら設立可能な最強の無税法人」「本当の富裕層はドバイを選ばない理由」など、グローバルスキームを公開しています。詳細はメルマガで公開しています。詳しくはこちら

 

※本記事は、2023年5月28日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

n202306-banner

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...

【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどう...

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

プライベートバンクの安全性とセキュリティ

プライベートバンクは、その長い信頼性の伝統にもかかわらず、失敗と無縁ではありません。場合によっては、不始末や詐欺などの要因により、プライベートバンクが破綻することもあります。このような場合、銀行の顧客は、その資産が十分に保護されていなかった場合、潜在的な損失にさらされる可能性があります。...

【移住希望者必見!】イタリアのゴールデンビザの驚愕の事実とは?

ポルトガル、ギリシャ、スペイン、アイルランド、ラトビアなどの国々で、投資家に居住権や将来の市民権を提供するゴールデンビザ・プログラムを聞いたことがあるかもしれません。しかし、イタリアには独自のゴールデンビザがあり、投資家に居住権を与えていることをご存知ですか?...

【海外富裕層だけが知る】リヒテンシュタインプライベートバンクの実態に迫る

あなたの資産を管理・拡大するための信頼できるパートナーをお探しなら、リヒテンシュタインのプライベートバンクは最適な選択肢です。プライベートバンクで200年以上の経験を持つリヒテンシュタインのプライベートバンクは、富裕層向けに特別にカスタマイズされた幅広いサービスを提供しています。 ...

プライベートバンクが行うコンシェルジュサービスとは?

プライベートバンクは、富裕層の顧客に対してさまざまなサービスを提供していますが、その中でも特に価値があるのがコンシェルジュサービスです。この種のサービスでは、プライベートバンクの顧客は、イベントの優先予約やチケット、旅行の予約など、特別な特典を利用することができます。 コンシェルジュサービスは、以下のようなことが可能です。...

アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの節税スキームを徹底解体!(最新版)

節税と資産保全の重要性について解説する記事。株式資産の管理、効果的な節税テクニック、相続税や贈与税の計画、保険商品の活用など、安定した経済生活を送るための戦略を提供します。米国億万長者の税率データを参考に、個人の資産保全方法を探ります。

少額から始められる!海外不動産投資に適した国とは?

世界で最も安い投資用不動産があるのはどの都市か?世界の新興市場や開拓市場に投資して、投資用の超格安不動産をどこに行けば手に入るのかを考えてきました。どこで不動産を買えばいいのか?自分の資金を投資して、素晴らしいリターンを得られる可能性のある場所はどこか?...