【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

Home 9 海外移住 9 【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。

しかも、現金を預けることで、その国の滞在許可証や第二市民権を手に入れようと企んでいます。そこで今回は、海外の現地の銀行にたったお金を移すだけで、居住者や市民権まで得られる国を紹介します。 今、あなたが住んでいる国の銀行から海外の別の銀行にお金を移すだけで、お金を自由に動かせるという流動性を維持しつつ、別の国での入国許可を得ることができます。

 

では、まずアメリカ大陸から見ていきます。パナマでは、友好国ビザプログラムによって永住権を得ることができます。インターネットを見て回っている人なら、聞いたことがあるかもしれません。

日本人を含めて、世界50ヶ国のいずれかの国籍保有者であれば、5000ドル(約57万円)を銀行に預けることで永住権を得ることができます。実際に住むにしても、税金面ではかなり優遇されている国です。移住しないにしても、銀行にわずかなお金を預けておくだけで永住権が手に入れられる世界の素敵な場所の1つです。

 

パナマ以外の南米の国、例えばエクアドルでは400万ドル(約460万円)預金することで、滞在許可証を取得できます。さらには、永住権や市民権の獲得を目指すこともできます。エクアドルは、知らない人も多いと思いますが、米ドルを通貨として使用しています。米ドルであれば、アメリカなどに比べて高い金利を得ることができますし、不動産も安く手に入ります。

とても小さな国ですが、とても平和な国です。また人々は誰かを悪く言うことはありませんので、比較的適切な金利で預金する場所として悪くありません。もし、最高の金利を得たいのであれば、信用組合をチェックした方がいいかもしれません。 南米の別の国、コロンビアでは、銀行にお金を預けることで居住者になることができます。コロンビアにはいくつかの異なる居住プログラムがあり、常に要件が変更されていますので、その都度チェックが必要です。

 

不動産を購入して永住権を取得するのが最も簡単な方法だと思いますが、もしお金をあまりかけたくないのであれば約2万ドル(約227万円)の資金をビジネスに投入することでも居住者になることは可能です。 米国市民の場合には、銀行口座以外にも多くの書類が必要になりますし、最終的には、なぜビジネスにお金を使わないのかと聞かれるケースもあります。一方で、会社にお金を提供してコロンビアで居住者になる道もあります。

もし、現地に住むつもりがないのであれば、不動産にわざわざ投資して、市民権を手に入れるのは良い方法ではありません。対して中南米のコスタリカでは、年金などの受動的な収入を証明することで、申告書の代わりに収入を証明することが可能です。必要な収入の2年分を銀行に預けるだけで約6万ドル(約680万円)でコスタリカの滞在許可証を取得することができ、現地に住むことが可能です。また、1年の半分をコスタリカで過ごすこといで、平和で美しい国の市民権を獲得することに近づけます。

 

ヨーロッパでは、多くの国がゴールデン・ビザ・プログラム開設しているため、投資家は不動産を購入することで居住許可を得ることができます。これらのゴールデンビザの中には、市民権を得るためにその国に長く滞在する必要がないものもあれば、銀行預金や劣後債への投資が要件となる場合もあります。例えばラトビアでは28万ユーロ(約3600万円)を銀行へ投資することで市民権を得るチャンスを手に入れられます。

銀行預金ではなく、銀行の債務への投資であるため、敬遠する人もいるかもしれないが、政府に2万5千ユーロ(約320万円)の手数料を払って投資すれば、5年間の滞在許可証を手に入れることができます。残念ながら実際に現地ラドビアに住まない限り、市民権を得ることはできません。

 

市民権を得るには10年かかるため、EU市民になりたい人にとっては最良の方法ではありませんが、ゴールデンビザのように比較的安価でシンプルに市民権を得ることができるため、極端に悪い話ではないでしょう。なので、不動産や投資ファンドに手を出してみるのもいいかもしれません。 地元ラトビアの銀行だけでなく、ヨーロッパの大規模な銀行への投資でも市民権が得られます。ポルトガルスペインにはゴールデンビザ制度があります。

ポルトガルとスペインにはゴールデンビザ制度があり、一般的には不動産を購入することが市民権取得の要件になると考えられていますが、それぞれに資本投資としてお金を預けることによって取得できるオプションがあります。大体100万ユーロ(1.3億円)の資本投資が要件となります。元の銀行から市民権を取りたい場所の銀行に移すだけで、ゴールデンビザを取得でき、ポルトガルの場合は市民権取得に向けた第1歩となります。

 

またヨーロッパの端っこのすぐに市民権を得られる国として、トルコがあります。ここ数年は、25万ドル(約2800万円)の不動産投資オプションが話題になっています。カリブ海の市民権プログラムとは異なり、物件を選んで投資することで市民権が得られます。

法律が定められているため、絶対的に安い物件を手に入れることはできませんが、イスタンブールではかなりお得な買い物ができる可能性が高いです。しかし、あまり知られていないのは、不動産を買わないのであれば50万ドル(約5600万円)を銀行に預けて、それを複数の銀行に分けることがで市民権を得られます。お金を3年間預けることで、市民権を得ることができます。

 

また、エジプトには投資による市民権プログラムがあり、欧米人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、非常に有利な価格設定になっています。エジプトの銀行に750ドル(約8万5000円)から100万ドル(約1.1億円)を預け、約3年から5年の間中央銀行を通してお金を預けることができれば、エジプト人になることができます。多くの西洋人が興味を持つことではありませんが、お金を預けて出て行くだけのパスポートです。

アジアでは第2市民権を取得するのは非常に難しいと言われていますが、いくつかのプログラムがあります。フィリピンにはSRRVプログラムがあり、数千ドルから資格に応じて5万ドル(約560万円)までをフィリピンの銀行に預けることができます。金利は世界のどこかで見かけるよりも少しだけ良いです。フィリピンにはきちんとした銀行があるので、35歳以上の方は検討してみてはいかがでしょうか。

 

タイには1年ごとに更新可能な無期限の投資家ビザがあります。理論的には1,000万バーツ(30万ドル強、約3400万円)を銀行に預けておけば永久に有効です。また、不動産との組み合わせも可能で、例えばデベロッパーからコンドミニアムを購入した場合、銀行に半分、実際に住みたい場合は家に半分、というように分けることができます。また、実際には住まなくても、毎年1日だけ更新に行けばいいのです。

マレーシアでは、第二の故郷プログラムが実施されていましたが、現在は中断されていて、2020年後半に再開される予定です。このプログラムでは、30万マレーシアリンギット(約810万円)を銀行口座に預け、そこで実際に利息と長期滞在のビザを得られます。最近の金利はそれほど高くありませんが、米ドルよりは少し良いですし、潜在的にリンギットは少し過小評価されていることもあります。

 

このプログラムが始まったら何が出てくるかはわかりませんが、マレーシアには素晴らしい銀行があります。シンガポールの銀行もあります。さまざまな国の銀行があり、非常に安定した環境だと思います。 もしあなたが今大量の流動性のある資金を大量に持っていて、それを1つの銀行に預けるだけでなく、複数の銀行に移動させたいと思っているなら、その途中で長期滞在のビザを取得するチャンスがあります。一石二鳥ということで、検討してみる価値はあると思います。

n202306-banner

【徹底解説】BVIの税制と海外無税法人を設立するステップ

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2023年1月28日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 BVIの税制...

かつての秘密銀行・スイスプライベートバンクの実態・安全性に迫る…

オフショアバンキング(居住国以外の銀行)について様々な人に尋ねると、多くの場合、スイスのことが頭に浮かぶでしょう。 スパイ映画や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のおかげで、スイスは日常的に世界の銀行の中心地として認識されています。 果たして、今スイスの銀行が本当にあなたの状況に最適なのか見ていきたいと思います。   秘密口座を開設できた100年前...

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。...

【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、"どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?"と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。...

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...

【日本人が知らない】モナコのプライベートバンクの秘密

モナコのプライベートバンクは、富裕層のニーズに対応するユニークで高級な金融サービスです。資産運用、プライベート・ウェルス・マネジメント、財産設計、ポートフォリオ・アドバイスなど、幅広いサービスを提供しています。モナコのプライベートバンクを利用する最大のメリットは、その厳重なセキュリティです。...

米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。 インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...

【サクッと理解!】プライベートバンク口座開設ガイド

プライベートバンクは、富裕層の大事な資産を預かり、お客様に代わってバンカーが資産運用や管理を行う金融機関です。世界各地に存在し、スイス、リヒテンシュタイン、ドバイ、シンガポールなどにあります。プライベートバンクの口座開設の条件ですが、まず、純資産が高いことが条件です。...

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...