米国におけるBOI提出義務完全ガイド

Home 9 海外節税 9 米国におけるBOI提出義務完全ガイド

アメリカ法人:BOI提出義務化へ

今回は、2024年からとある国で行われたアップデートをお伝えします。今回、ピックアップする国はアメリカです。アメリカでは、2024年より法人運営に関して重要な変更が実施されました。

2024年1月1日より米国内で事業を行う法人は、実質的所有者情報(Beneficial Ownership Information、BOI)の提出を義務付けられます。簡単に言うと、法人のオーナー(持ち主)や株式を所有しているメンバーの名前や住所の情報を政府機関に提出する制度です。

 

このような変更が行われた背景ですが、資金洗浄やマネーロンダリングなどを防ぐために行われました。

政府機関が自国の法人を取り締まる動きは、単にアメリカだけで強化されている訳ではありません。ドバイ香港などでも、会計監査の取り締まりは年々強化されており、そのために監査を無事に終えるための会計士のコストが年々増加しています。

 

対して、今回のアメリカの変更は、あくまで法人のオーナーや株主の名前と住所などを提出するだけですので、コスト的な負担はほとんど増えません。手続きも自分で行えば無料で完了します。提出方法は後ほど簡単に紹介します。

皆様が1番気にされるのは、プライバシーについてですが、提出された実質的所有者の情報(BOI)は、政府機関内で厳格に管理され、一般公開されることはありません。法人で問題が生じた場合に政府機関が情報にアクセスすることがあります。

 

この措置により、法人とオーナーのプライバシーが保護されると共に、ビジネスの透明性を確保するバランスが取れています。

今回のBOIの概要は下記の通りです。

 

BOI:提出概要・提出方法

・対象:アメリカ国内で事業を行う全ての法人

(設立の州、株式会社・LLC等の形態を問わず)

・免除されるケース:金融機関など特定の基準に該当する企業

・報告内容:法人と実質的所有者の詳細情報

(法人の名前や住所、法人のオーナーや株主の名前や住所、パスポートなどの身分証明書)

※法人の株式を複数人で保有している場合は複数名の情報を提出する必要があります

 

・2024年1月1日より前に米国内に法人を持っている場合

⇒2025年1月1日までにBOIを提出する必要があります。

・2024年1月1日以降、米国内に法人を設立する場合

⇒法人の設立完了の通知を受け取ってから90日以内にBOIを提出する必要があります。

 

・1度提出を行えば、実質的所有者変更等がない限りは毎年提出する義務はありません。

ただし、法人の実質的所有者が変わる場合は、その都度BOI提出が必要です。変更日から30日以内に提出してください。

 

その他、BOIの詳細についてはFinCEN(金融犯罪取締ネットワーク部局)の公式HPをご参照ください。

FinCEN-よくある質問;

https://www.fincen.gov/boi-faqs

 

またBOIの提出は下記のHPにある「File a report using the BOI E-Filing System」より手続きが可能です。

BOI提出について;

https://www.fincen.gov/boi

 

実はこの手続きを9USD~49USDで丸投げすることも可能ですが、弊社の一部の有料会員様にだけシェアしたいと思います。弊社では、今後も各国の税率のアップデートのみならず、海外法人の維持・運営に必要な情報もお届けしていきますので乞うご期待くださいませ。

弊社では、随時「日本に居ながら設立可能な最強の無税法人」「本当の富裕層はドバイを選ばない理由」など、グローバルスキームを公開しています。詳細は公式メルマガ(登録無料 ・即解除可)で公開しています。詳しくはこちら

 

※本記事は、2024年2月10日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

n202306-banner

【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。...

仮想通貨投資が無税になる海外タックスヘイブン国リスト

世界中の多くの国が暗号資産取引に所得税を課していますが、ビットコインの収入や保管、取引に税金を課さない国々が投資家を歓迎しています。ここ最近、人々が暗号資産投資に殺到し、同時に節約方法を探しています。...

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。 ・かつてないレベルの金融セキュリティ...

【日本はランク外!?】世界の安全な銀行がある10カ国とは?

海外の銀行の世界に初めて足を踏み入れた方は、その安全性に不安を感じるかもしれません。 オフショアの銀行にお金を移すと、そのお金が消えてしまうのではないか? と思う人もいるかもしれません。しかし、先進国のほとんどでは、銀行の顧客に対して、何らかの形で預金保険制度が設けられています。 毎年、Global Finance誌は...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

【日本人が知らない】モナコのプライベートバンクの秘密

モナコのプライベートバンクは、富裕層のニーズに対応するユニークで高級な金融サービスです。資産運用、プライベート・ウェルス・マネジメント、財産設計、ポートフォリオ・アドバイスなど、幅広いサービスを提供しています。モナコのプライベートバンクを利用する最大のメリットは、その厳重なセキュリティです。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...