【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどうか怪しいものを勧める人たちも出ています。

『お金さえ払えば「●×銀行」に匿名の口座を開設しますよ(もちろん実名を教えたいが、何らかの事情でどうしても教えられないが…)』と言って高額な手数料だけ取る人たちもいます。オフショア銀行口座の種類は多岐にわたるため、ここではプライベートバンク口座とはどういうものか、口座の開設方法から取得すべきかどうか解説します。

 

富裕層がこよなく愛すプライベートバンクとは?

まず、プライベートバンクとは、匿名性の高い銀行という意味ではありません。かつては、スイスで番号でやり取りが完結する銀行口座として非常に高い秘匿性が認められていました。しかし、現代では共通報告基準(CRS)により海外口座に関して各国間で情報交換されるようになり、完全な秘匿性を保つことは難しくなりましたが、セキュリティの高さは一般的な銀行よりも優れています。

プライベートバンクでは、一般的な銀行口座を持つこととは全く違い、より高度な顧客サービスとハンズオンマネジメントを望む富裕層が保有する資産管理口座のことです。プライベートバンクでは、顧客の資産運用を顧客の代わりに専任のバンカーが行います。このプライベートバンクの起源は、16~17世紀のスイス・イギリスにあります。プライベートバンクというワードが存在する以前から、ベネチアの実業家たちは、富裕な家庭の財産を預かり、再投資することを考えていました。

最初のプライベートバンクは、法人格のない会社で、銀行への預金者の資産に加えて、ゼネラルパートナーの個人資産を負債としていました。やがて初期のプライベートバンクの多くは法人化され、現在の銀行のような姿になりました。プライベートバンクと一般的な銀行の主な違いは、預金額とサービス内容です。

 

世界各地のプライベートバンクの口座開設方法とは?

プライベートバンクの口座を取得するための主なハードルは、銀行があなたに代わって管理する最低預金額です。プライベートバンクの最低預金額は、一部の国で25万米ドル程度(約3000万円)のもありますが、多くは1億円以上の預金が求められます。

中でも米国のJPモルガンには、最低25万米ドル(約3000万円)の預金を必要とするリテールバンクあります。そこに預金している人をプライベートバンクに誘導するケースもあります。またHSBC Premierでは、ほとんどの国で最低10万米ドル(約1200万円)程度の資金でプライベートバンクに近いサービスを提供します。ただ、通常プライベートバンクにあるサービスを全て受けられるわけではありません。

やはり本物のプライベートバンクのサービスを受けたいのであれば、最低でも1億円以上の資金が必要になっていきます。 

 

プライベートバンクを見極める方法と最新動向

シンガポールやスイス、モナコ、中東など様々な国で「プレミア」「プライベート」という名前の付いた銀行口座を提供する銀行が増えてきています。

本物のプライベートバンクであるかどうか調査する際には、顧客サービスに注目することが重要です。行員はどの程度英語が話せるか?接客態度はどうか?当たり前のことかもしれませんが大金を預けるのであれば、その銀行があなたを単なる数字として扱うのではなく、お客様のことを真に考えたサービスを提供してくれるかがポイントです。

アジアの銀行では、中国の超富裕層が香港などの銀行に殺到しているため、最低限度額を高く設定する傾向が強まっているそうです。香港の保守的なローカル銀行のプライベートバンキングは、ほとんどが香港人と香港ID保持者向けで、海外向けには開かれていません。中東にもいくつかプライベートバンクが存在しますが、開設ハードルが高く、多くの西洋人が諦めています。

 

あなたはプライベートバンクの口座を持つべきか?

プライベートバンクを選ぶにしても、自国の銀行口座にこだわるにしても、プライベートバンクの口座は、あなたのために資金を管理・運用をしてくれるという期待を含んでいます。特にスイスの銀行は、口座の出入りを最小限にすることを望んでいます。給与の受け取り、ビジネスの引き落とし、第三者への支払いなどが必要な場合は、プライベートバンクの口座は必要ないでしょう。

しかし、事業の売却益や家族の財産など、眠っているお金がある場合、プライベートバンクを利用することで、より良いサービスを受けることができ、皆さんの手元に専属のバンカーを置くことができます。プライベートバンクの資格を得るのがギリギリの場合は、従来のリテール口座、あるいは、海外銀行口座の開設をするのも良いかもしれません。

n202306-banner

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

今回は、誰でも無料で2枚目のパスポートを取得できるだけでなく、実際にお金をもらって2枚目のパスポートを取得する方法を紹介します。日本では、二重国籍が認められていないため、日本を含めたパスポートを複数持ちすることはできませんが、世界では何と無料で2枚目のパスポートを取得することのできて、お金をもらうことができる国があります。  ...

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...

【サクッと理解!】プライベートバンク口座開設ガイド

プライベートバンクは、富裕層の大事な資産を預かり、お客様に代わってバンカーが資産運用や管理を行う金融機関です。世界各地に存在し、スイス、リヒテンシュタイン、ドバイ、シンガポールなどにあります。プライベートバンクの口座開設の条件ですが、まず、純資産が高いことが条件です。...

投資・プライベートバンクでどれだけの利回りを狙えるか?

投資やプライベートバンクでどれだけの利回りが得られるか気になる方も多いと思います。 前半では投資、後半ではプライベートバンクでの資産運用による利回りについて解説します。投資から得られる利回りの額は、資産の種類や投資期間など、さまざまな要因によって異なります。...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

アメックスセンチュリオンのメリットと意外な入手方法

アメックス・センチュリオンカードを持つことは、ステータスと豊かさの証です。この超高級クレジットカードには多くの特典があり、市場で最高レベルのサービスを享受することができます。ここでは、アメックスセンチュリオンを持つことで得られるメリットを紹介します。そして記事の一番最後には、アメックスセンチュリオンカードの意外な入手ルートを2つ紹介します。 1.世界最高峰のコンシェルジュ サービスを提供...

【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。...

【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

オンラインビジネスを設立することを考えているなら、海外の国で会社を設立することが、国内で設立するよりも有利な場合があります。オフショアでの設立から恩恵を受けるすべての会社があるわけではありませんが、その恩恵を受ける会社は主に地元や物理的な拠点を持たないオンラインビジネスです。...