世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

Home 9 海外節税 9 世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

最近では、合法的に税金をゼロにできるさまざまな方法とさまざまな国がありますが、インカムやキャピタルゲイン、資産に対して税金を払わない、昔ながらの明快な非課税の国を好む人もいます。そのような国は12カ国ほどしかありませんが、今回はその中からいくつかの選択肢を紹介し、もしあなたがその国しか選べず、そこに滞在しなければならないとしたらというケースの話をしたいと思います。

税金をゼロにできる選択肢は数多くあります。特定の国に行けば、税金を免除してもらうこともできます。滞在許可証や市民権を持つにはタックスフリーの国を持つのが良いでしょう。不動産を購入したり、現地に会社を設立したりして、その国に行くようになればタックスフリーを受けられます。

 

一般的に他の多くの国で多くの良い取引ができるため、非課税の国自体が輝きを失っていると思うのですが、そうは言っても可能性のある国をいくつか見て行きましょう。もし税金を安くしたいがために、ある無税の国にずっと滞在し、ビジネスをしているとしたらどうでしょう?選択肢としてモナコやブルネイ、湾岸諸国、島嶼部など、さまざまな国があります。

ピトケアン島とかではなく一般的な場所についてお話します。ブルネイは入るのが難しく、さらに小さい国なため住みたいとは思いません。モナコは、2.02平方キロメートルなんですぐに飽きてしまうかもしれません。中には「バハマに行け。バミューダに行け!」と言う人もいます。またケイマン諸島は厳密には国ではないけれど、私たちの目的には合致していきます。

 

湾岸諸国の中でもタックスフリーの国が多いと思います。一番チョイスされるのは、UAEです。UAEは比較的オープンなビザ政策を取っています。カタールやバーレーンのように、基本的に都市が1つしかない小さな国ではなく、島国であるため、消費者の利便性は非常に高いのです。シャツを買いに行ったり、演劇を観に行ったり、オペラを観に行ったりできます。窓の外に喧騒が見えると、気分がよくなりますし、そこから好きなように移動することができます。

車を注文すると時間通りに来てくれて、運転手もいいし、車の匂いもいいという素晴らしい文化もあります。またUAEは世界中から人が集まります。皆、どこかの国の出身者でダイナミズムがあります。スーパーで買い物をするときに小銭を投げつけられることもなく、気持ちよく買い物ができます。

もし、税金の安い国を1つ選ぶとしたらUAEを選びます。必ずしもUAEの国民になる必要はないでしょう。制度によっては一部の人しか利用できないという話もありますが。UAEで将来的には長い時間を過ごすのも良いかもしれませんが、非課税国に住まなくても、合法的に税金を大幅に減らす方法はいくらでもあります。しかし、インカムゲイン税、キャピタルゲイン税、富裕税を完全に免除しようと思えば、そのような方法はありません。

【必見!】米国銀行口座の知られざる秘密とは?

アメリカには多くのビジネスチャンスがあり、世界経済をリードする超大国であるという認識は、誰にも共通していることでしょう。もし、皆さんが最高の銀行を求めるなら、アメリカ内に様々な選択肢があります。しかし、アメリカで銀行口座を持つにあたり、いくつか注意すべきこともあります。例えば、アメリカに口座があれば、1回も入国しなくても税金から取られてしまいます。...

プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

プライベートバンクの口座を開設すると、他の金融機関では得られない多くのメリットを得ることができます。例えば、プライベートバンクは、カスタマイズされた資産・財産管理ソリューション、独占的な投資へのアクセス、ファイナンシャルプランニングのアドバイス、コンシェルジュバンキングサービスなど、顧客の特定のニーズに合わせた専門的なサービスを提供します。...

リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

皆さまは、1度は「引退して王様のように暮らしたい」と思ったことはないだろうか?最近、とある人が「100万ドル(約1.3億円)で一生王様のように暮らせる場所はどこか」という興味深い議論に出くわしました。人はこんなことを空想します。彼らは、お金を山ほど貯めて、一生そのお金で暮らしたいと思っているのです。...

【最短で節税】投資の税金対策で法人設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 株式や不動産への投資は、資産形成のための素晴らしい方法ですが、これらの投資に関連する税金があることを認識しておくことが重要です。この記事では、投資をする際に発生する可能性のあるさまざまな種類の税金について説明します。  ...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

海外法人を複数国で設立することによるメリットとは?

海外法人の複数設立のメリット 海外法人を複数の国で設立することは、利益の最大化、経費の最小化、資産の保護につながる多くのメリットをもたらします。税制の異なる複数の国で法人を設立することにより、様々な節税の恩恵を受けることが可能です。例えば、一部の国では法人税率が0%であるため、大幅な節税を実現することができます。 さらに、配当金に課税されない国もあり、より多くのお金を貯めることができるのです。...

【節税対策へ!】海外法人を設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 節税のために海外法人を設立することは、企業や起業家の間でますます人気が高まっています。その手続きは複雑に見えるかもしれませんが、長い目で見れば多くの利点があります。  ...

【海外法人設立を考えている人必見!】海外法人のメカニズムとは?

今回のテーマは、海外法人です。どういう種類の海外法人があるのか、海外法人を設立する際の注意点、海外法人を設立する国の選び方を解説していきますので、海外法人のメカニズムもこれで丸わかりです。   海外法人の種類...

【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

海外の銀行で口座開設をお考えですか?もう迷うことはありません。今回は、金利や手数料、サービスが充実しているおすすめの銀行をご紹介します。...

【日本はランク外!?】世界の安全な銀行がある10カ国とは?

海外の銀行の世界に初めて足を踏み入れた方は、その安全性に不安を感じるかもしれません。 オフショアの銀行にお金を移すと、そのお金が消えてしまうのではないか? と思う人もいるかもしれません。しかし、先進国のほとんどでは、銀行の顧客に対して、何らかの形で預金保険制度が設けられています。 毎年、Global Finance誌は...