【移住希望者必見!】イタリアのゴールデンビザの驚愕の事実とは?

Home 9 海外移住 9 【移住希望者必見!】イタリアのゴールデンビザの驚愕の事実とは?

ポルトガル、ギリシャ、スペイン、アイルランド、ラトビアなどの国々で、投資家に居住権や将来の市民権を提供するゴールデンビザ・プログラムを聞いたことがあるかもしれません。しかし、イタリアには独自のゴールデンビザがあり、投資家に居住権を与えていることをご存知ですか?

おそらく、イタリアはこのプログラムの宣伝が下手で、非常に高価だったため、ご存知なかったと思いますが、現在イタリアはこのプログラムをより簡単に、よりアクセスしやすくしただけでなく、大幅な値下げを行いました。 イタリア独自のゴールデンビザ・プログラムの仕組みを解説し、なぜこのようなプログラムがヨーロッパの他国ではあまりないのかを理解していただこうと思っています。

 

数年前、イタリアは独自のゴールデンビザを導入しました。ポルトガルやスペインなどの国々が不動産投資や、近年ではファンド、ベンチャーキャピタルなどの投資を呼び込むために同じような制度を導入したのです。 数年前にイタリアで実施されたのは、革新的なスタートアップに50万ユーロを投資できるプログラムです。100万ユーロをイタリアの有限会社の株式資本に、あるいはある種の慈善活動に、200万ユーロを国債に投資することができます。

ある国では、銀行預金のオプションを導入し、他の国では、投資可能なファンドを導入したり、単に銀行にお金を預けたり、国債を買ったりしています。いずれの方法新興企業に投資するよりもリスクが低く、楽しそうなものでした。そのための優れた産業はありませんでしたから、こうした選択肢の中で唯一、比較的リスクが低そうだったのが国債だったのです。

 

イタリアの国債はトリプルBに格付けされています。最近、見通しが安定したため格上げされましたが、そうでなかったらひどい状態になっていたでしょう。だから、イタリアの国債でさえも、世界で最も安全にお金を置いておく場所とは思えません。200万ユーロあれば、あと数ドル使えば、イギリスへ行って、表向きはより良いパスポート、よりクリーンなプログラムのビザを手に入れることができます。

そして今、イタリア政府はコロナウイルスが猛威を振るっていた時期に可決された復活命令によって、ゴールデンビザ・プログラムを変更しました。 今なら、革新的なスタートアップに25万ユーロ、イタリアの有限会社に50万ユーロの投資が可能です。25万ユーロというのは、ヨーロッパのゴールデンビザのプログラムにパッシブ投資するのと同じくらい良い金額です。

 

ヨーロッパのゴールデンビザの中には、雇用を創出するものや、会社を設立して一定の税金を支払うものもありますが、パッシブ投資としては最低レベルです。スタートアップに投資することが好きな人たちから見れば25万ユーロというのは、少しばかり魅力的な金額だと思います。例えば、以前はビザの更新のために2年に1回は日本に滞在しなければなりませんでしたが、この新しいプログラムでは、競争力を高めるために他のメリットも用意されています。

ビザの更新を行う際には他の国の中には、滞在を要求しない国や7日間滞在する国、滞在期間の半分をイタリアで過ごす国もあり、税金の問題が発生する可能性があります。

 

中国、ロシア、アラブ、そしてアメリカなど、セカンドパスポートを取得したいけれども、ライフスタイルは変えたくないという人たちにとって、今はフラットタックスプログラムがあったとしても、あまり有利ではありません。アメリカ人は、引っ越しをしなくても、投資をしてセカンドパスポートを取得することができると考えています。

イタリアで導入された他のメリットは、他のゴールデンビザプログラムとは異なり、実際にビザが承認されるまで投資を行う必要がないことです。つまり、納税者番号を取得し、銀行口座を開設し、資金を移動し、投資を行い、申請し、そして待つという手順を踏む必要は一切ありません。

 

この場合には、現金を少し長く持っておくことができます。投資をしてから応募するのではありません。イタリアは10万ユーロの一律課税なので、スイスの一括課税と競合しているようなものです。スイスの一括税と競合するようなものです。その一律の税金を払えばいいのです。年間何百万ユーロも稼いでいる人なら、イタリアの居住者であることを考えれば、全体として悪い話ではないでしょう。

スタートアップに特別な思い入れがあるのでなければ、もっと競争力のある選択肢があると思います。たとえそうであっても、ポルトガルのように、スタートアップに投資するファンドに投資できるところもありますし、スタートアップがお好きな方にもおすすめです。他にもまだ選択肢はあると思います。

 

イタリアに関するもう1つの課題は、ゴールデンビザを提供している国の中で、おそらくギリシャと並んで、将来、より積極的な税制措置を展開する可能性が高いです。イタリア国民になった場合には、将来、富裕税や域外課税の可能性があるかもしれません。

n202306-banner

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。 ・かつてないレベルの金融セキュリティ...

【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。...

【海外法人設立を考えている人必見!】海外法人のメカニズムとは?

今回のテーマは、海外法人です。どういう種類の海外法人があるのか、海外法人を設立する際の注意点、海外法人を設立する国の選び方を解説していきますので、海外法人のメカニズムもこれで丸わかりです。   海外法人の種類...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

【誰でも開設不可!?】プライベートバンク口座開設の審査の実態

プライベートバンクは、世界中の人で開設することができます。しかし、一部の国に住む人は、海外のプライベートバンクを口座開設することは難しいです。...

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

【徹底比較】資産管理するならどっち?ウェルスマネジメントvsプライベートバンク

両者の違いはどこに? 私たちがよく耳にする「プライベートバンク」と「ウェルスマネジメント」は似たような意味合いを持つ言葉ですが、提供される金融サービスには微妙な違いがあります。 ウェルスマネジメントは、クライアントのリスク許容度や目標に基づいた財産の最適化を含む広範なカテゴリーで、規模に関わらず任意のポートフォリオに対して実施可能ですが、その名称が示す通り、資産が豊富な人々を対象としています。...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...