【移住希望者必見!】イタリアのゴールデンビザの驚愕の事実とは?

Home 9 海外移住 9 【移住希望者必見!】イタリアのゴールデンビザの驚愕の事実とは?

ポルトガル、ギリシャ、スペイン、アイルランド、ラトビアなどの国々で、投資家に居住権や将来の市民権を提供するゴールデンビザ・プログラムを聞いたことがあるかもしれません。しかし、イタリアには独自のゴールデンビザがあり、投資家に居住権を与えていることをご存知ですか?

おそらく、イタリアはこのプログラムの宣伝が下手で、非常に高価だったため、ご存知なかったと思いますが、現在イタリアはこのプログラムをより簡単に、よりアクセスしやすくしただけでなく、大幅な値下げを行いました。 イタリア独自のゴールデンビザ・プログラムの仕組みを解説し、なぜこのようなプログラムがヨーロッパの他国ではあまりないのかを理解していただこうと思っています。

 

数年前、イタリアは独自のゴールデンビザを導入しました。ポルトガルやスペインなどの国々が不動産投資や、近年ではファンド、ベンチャーキャピタルなどの投資を呼び込むために同じような制度を導入したのです。 数年前にイタリアで実施されたのは、革新的なスタートアップに50万ユーロを投資できるプログラムです。100万ユーロをイタリアの有限会社の株式資本に、あるいはある種の慈善活動に、200万ユーロを国債に投資することができます。

ある国では、銀行預金のオプションを導入し、他の国では、投資可能なファンドを導入したり、単に銀行にお金を預けたり、国債を買ったりしています。いずれの方法新興企業に投資するよりもリスクが低く、楽しそうなものでした。そのための優れた産業はありませんでしたから、こうした選択肢の中で唯一、比較的リスクが低そうだったのが国債だったのです。

 

イタリアの国債はトリプルBに格付けされています。最近、見通しが安定したため格上げされましたが、そうでなかったらひどい状態になっていたでしょう。だから、イタリアの国債でさえも、世界で最も安全にお金を置いておく場所とは思えません。200万ユーロあれば、あと数ドル使えば、イギリスへ行って、表向きはより良いパスポート、よりクリーンなプログラムのビザを手に入れることができます。

そして今、イタリア政府はコロナウイルスが猛威を振るっていた時期に可決された復活命令によって、ゴールデンビザ・プログラムを変更しました。 今なら、革新的なスタートアップに25万ユーロ、イタリアの有限会社に50万ユーロの投資が可能です。25万ユーロというのは、ヨーロッパのゴールデンビザのプログラムにパッシブ投資するのと同じくらい良い金額です。

 

ヨーロッパのゴールデンビザの中には、雇用を創出するものや、会社を設立して一定の税金を支払うものもありますが、パッシブ投資としては最低レベルです。スタートアップに投資することが好きな人たちから見れば25万ユーロというのは、少しばかり魅力的な金額だと思います。例えば、以前はビザの更新のために2年に1回は日本に滞在しなければなりませんでしたが、この新しいプログラムでは、競争力を高めるために他のメリットも用意されています。

ビザの更新を行う際には他の国の中には、滞在を要求しない国や7日間滞在する国、滞在期間の半分をイタリアで過ごす国もあり、税金の問題が発生する可能性があります。

 

中国、ロシア、アラブ、そしてアメリカなど、セカンドパスポートを取得したいけれども、ライフスタイルは変えたくないという人たちにとって、今はフラットタックスプログラムがあったとしても、あまり有利ではありません。アメリカ人は、引っ越しをしなくても、投資をしてセカンドパスポートを取得することができると考えています。

イタリアで導入された他のメリットは、他のゴールデンビザプログラムとは異なり、実際にビザが承認されるまで投資を行う必要がないことです。つまり、納税者番号を取得し、銀行口座を開設し、資金を移動し、投資を行い、申請し、そして待つという手順を踏む必要は一切ありません。

 

この場合には、現金を少し長く持っておくことができます。投資をしてから応募するのではありません。イタリアは10万ユーロの一律課税なので、スイスの一括課税と競合しているようなものです。スイスの一括税と競合するようなものです。その一律の税金を払えばいいのです。年間何百万ユーロも稼いでいる人なら、イタリアの居住者であることを考えれば、全体として悪い話ではないでしょう。

スタートアップに特別な思い入れがあるのでなければ、もっと競争力のある選択肢があると思います。たとえそうであっても、ポルトガルのように、スタートアップに投資するファンドに投資できるところもありますし、スタートアップがお好きな方にもおすすめです。他にもまだ選択肢はあると思います。

 

イタリアに関するもう1つの課題は、ゴールデンビザを提供している国の中で、おそらくギリシャと並んで、将来、より積極的な税制措置を展開する可能性が高いです。イタリア国民になった場合には、将来、富裕税や域外課税の可能性があるかもしれません。

n202306-banner

【オススメ】リタイア後の海外移住でマジで住んでみたい3つの国とは?

突然ですが、あなたの残りの人生をちょっと想像してみてください。例えば、あなたが3つの異なる国にしか住むことができないということになったら、どこに住みますか?...

富裕層が今注目している金融商品-ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは、投資家の資金をプールし、様々な投資戦略を駆使してリターンを得る金融商品の一種である。ヘッジファンドは、経験豊富なファンドマネージャーが、投資家に平均以上のリターンを提供することを目標に投資を行い、アクティブに運用されます。 ヘッジファンドは、株式や債券など、あらゆる資産クラスを対象としています。...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

少額から始められる!海外不動産投資に適した国とは?

世界で最も安い投資用不動産があるのはどの都市か?世界の新興市場や開拓市場に投資して、投資用の超格安不動産をどこに行けば手に入るのかを考えてきました。どこで不動産を買えばいいのか?自分の資金を投資して、素晴らしいリターンを得られる可能性のある場所はどこか?...

【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、"どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?"と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。...

【海外移住オススメの国】安全で物価が安い国は何処だ!!

海外移住を考えている人の中には、「世界で一番安くて安全な国はどこか?」という疑問を持っている方がいるでしょう。今回は2つのポイントを説明していきます。 どこに住むと手頃な価格で、かつオトクに暮らせるのか? どこに住めば安全なのか?(治安が良いのか?)...

海外タックスヘイブンと日本の税制の違いとは?|富裕層におすすめの節税方法と注意点まとめ

近年、世界中でタックスヘイブンが注目されています。タックスヘイブンとは、低税率や無税化などの税制度が導入され、海外の企業や富裕層にとって非常に魅力的な場所のことを指します。一方で、タックスヘイブンを利用することで節税を行うことができますが、それにはリスクが伴います。本記事では、日本の税制と海外のタックスヘイブンの税制の違い、タックスヘイブンで節税する方法について、詳しく説明していきます。...

世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

最近では、合法的に税金をゼロにできるさまざまな方法とさまざまな国がありますが、インカムやキャピタルゲイン、資産に対して税金を払わない、昔ながらの明快な非課税の国を好む人もいます。そのような国は12カ国ほどしかありませんが、今回はその中からいくつかの選択肢を紹介し、もしあなたがその国しか選べず、そこに滞在しなければならないとしたらというケースの話をしたいと思います。...

欧州の富裕層がドンドン集まるリヒテンシュタインの正体とは?

ヨーロッパの小国リヒテンシュタインを貫く幹線道路ランド通りは、見た目にはわからないが世界で最も交通量の多い銀行通りの1つです。オーストリアのフェルトキルヒからスイスのザルガンスまで車で30分もかからない間にある小さな国ですが、よく話題にもなりますが小さな国ほど安全な場所であることが多いです。...