【資産保護へ】海外オフショアを開設する意外なメリットとは?

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【資産保護へ】海外オフショアを開設する意外なメリットとは?

多くの人は、FATCAやCRS(共通報告基準)が実施され、銀行機密が死滅した今、オフショア銀行を開設する意味があるのか疑問に持つ人がいるかもしれません。なぜ、オフショアに資金を移動させるのか?お金を隠すことができないなら、海外に銀行を作る目的は何ですか?と疑問を持っている人がいるかと思います。 

その目的を正確にお伝えします。オフショア銀行がお金を隠すためのものであるという考え方は、メディアによって作られたものです。初めてこのことを知った多くの人々、「手抜き」と呼ぶ人々は、「税金や元妻からお金を隠すことができないなら、何の意味があるのだろう」と考えます。しかし、そのような人たちは、主に税金の観点から、脱税と租税回避を混同しているので、ポイントがずれているのです。 

 

多くの人にとって、個人資金や事業資金をオフショアに移すことは、合法的な節税対策の第一歩です。節税対策には二種類あります。法律を利用して、全体的な計画の中で自分に有利になるように利用するものです。単に払わない、逃げようと頑張るのです。 

租税回避と脱税の問題は、多くの人が誤解していることです。ですから、もし海外に資金を移動して合法的に節税できるのであれば、そうしてください。なぜ違法にやろうとするのでしょう?しかし、その上、オフショアに資金を移すと、他のメリットもあります。

 

訴えられることが心配なら、外国の銀行か、外国企業が所有する外国の銀行にお金を預けて、さらに資産を保護することができます。その国の法律に従えば、救急車を追いかける人たちが、その国の法律から逃れられるようになります。銀行のプライバシーを守ることで、世界中の誰もがあなたのお金のありかを知ることができないようにすることができます。おそらく、誰かがあなたの口座に入り込んで、お金を抜き取ろうとするケースがあるかもしれません。

自分のお金がもう自国にないからそれを止めることができるのですが、その上、他の国にも投資できるようにするのです。論理的に言えば、より高収益の投資先に投資しに行きやすくなるのです。その国に資金があれば、成長が期待できる他の通貨に投資して保有することができます。 

 

より高い金利を得ることができます。自国ではできないような投資に参加できるなど、オフショア銀行には多くの利点があります。富裕層であれば、お金を狙ってくる人がいることは理解しています。今、欧米では富裕層は非常に不人気ですし、ネットで商品を売れば、いつか誰かが訴えたくなるかもしれないと考えるのは、ある程度正しいでしょう。

一緒に働いている人がいたり、投資をしている家があったりすると、人は訴えたくなるものです。ですから、資産保護戦略は間違いなくその一部です。しかし、21世紀以降、人のお金を追跡するためのあらゆる税制の規定がある中で、税金から隠れることは、単にやってはいけないことなのです。 もともと違法で、今は不可能なのに、なぜまた違法路線を取りたがるのか?

 

脱税は、意味がないことなんです。例えば、米国市民なら、外国の銀行口座をFBAR(外国銀行・金融口座報告書)で報告しなければならないし、外国の会社を報告しなければならず、「どうなっているんだ」と言われるかもしれませんが、税制上のメリットが減じるわけではありません。資産保全の効果が薄れるわけでもない。米国市民の場合、その資産を報告する必要がなくなれば、次のステップを考えることができます。 

n202306-banner

【徹底比較】資産管理するならどっち?ウェルスマネジメントvsプライベートバンク

両者の違いはどこに? 私たちがよく耳にする「プライベートバンク」と「ウェルスマネジメント」は似たような意味合いを持つ言葉ですが、提供される金融サービスには微妙な違いがあります。 ウェルスマネジメントは、クライアントのリスク許容度や目標に基づいた財産の最適化を含む広範なカテゴリーで、規模に関わらず任意のポートフォリオに対して実施可能ですが、その名称が示す通り、資産が豊富な人々を対象としています。...

世界の超富裕層がコッソリ移動する謎の移住先とは?

世界の超富裕層は、何年も前から引っ越しの話をしていたのに、金融不安の大流行と次に何が起こるかわからないという不安から、これまでにない速さで海外に移住しています。今回は、彼らの多くがどこに移住しているのか、そしてその理由は何なのか、ある記事を紹介します。...

【徹底解説】BVIの税制と海外無税法人を設立するステップ

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2023年1月28日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 BVIの税制...

生活費月10万円で済む!?海外移住に最高な国と地域とは?

今回は、月10万円で生活できる最高の場所を紹介します。 これから新生活を始めようとしている人やとことんコストを削減したいと考えている人に向けて話していきます。またFIRE後になるべくコストをかけたくない人もオススメです。月10万円の生活費があったら、どこに住めばいいでしょうか?例えば、海外の銀行などに預けて、高金利で運用し、月に数千ドルの利息を得て、生活することもできなくはありません。...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...

アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの節税スキームを徹底解体!(最新版)

節税と資産保全の重要性について解説する記事。株式資産の管理、効果的な節税テクニック、相続税や贈与税の計画、保険商品の活用など、安定した経済生活を送るための戦略を提供します。米国億万長者の税率データを参考に、個人の資産保全方法を探ります。

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。 インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。...