【海外節税のTips】タックスヘイブンのメリット・デメリットを徹底解説!

Home 9 ブログ 9 【海外節税のTips】タックスヘイブンのメリット・デメリットを徹底解説!

税制は各地域で大きく異なります。世界の中でも特定の国々は、自国の税制対象者および/またはその地に拠点を置くオフショア企業、信託、その他の金融機関に対して、数多くの税制上の利点を提供していることでよく知られています。

これらの好条件を提供する地域は、顕著な税制上の優遇措置や他の関連利点を提供する「タックスヘイブン」として知られています。タックスヘイブンは、高額な税金を回避するための完全に合法的な手段を提供します。

 

タックスヘイブンとは何か?

タックスヘイブンの包括的な定義は存在しないものの、最もシンプルに言えば、タックスヘイブンとは、非常に低いまたはゼロの税金を提供する任意の地域です。これらの税制上のインセンティブは、外国の個人や企業を対象とし、彼らが自国での高額な税金負担を簡単に逃れることを可能にします。

そのため、タックスヘイブンは、外国人がタックスヘイブンの国内でビジネスを法人化したり、オフショア銀行口座を開設したりするのを容易にし、その国自体で物理的に運営したり居住したりすることを求めません。

 

タックスヘイブンは、有利な税制だけでなく、強固なプライバシー資産保護を提供し、魅力的な利点を提供します。オフショアのタックスヘイブンの典型的な主な特徴は次のとおりです。

  • 個人および/または企業が税負担を最小化または排除することを可能にする友好的な税法を持っています。
  • 外国市民がオフショア企業を登録することを許可し、これらの企業には優遇税制が適用され、地方法人所得税の対象となりません。
  • オフショア企業の企業所有の詳細が公開されていないため、より高いプライバシーを提供します。
  • 税情報交換協定(TIEA)が少ないです。
  • 過去に否定的な評価を受けることもありますが、中身は合法的です。

 

オフショアのタックスヘイブンはどのように機能するのか?

オフショアのタックスヘイブンの利点を最大限に活用する最善の方法は、その地域内で法人または金融機関(銀行など)を登録することです。これは通常、非常に簡単なプロセスであり、タックスヘイブンはオフショア投資と企業設立を引き付けるために特別に設計されています。

使用する最も一般的な法人は、オフショア企業またはオフショア信託です。これら二つの構造は、異なる要件に適合する異なる特性を持っています。

 

オフショア企業は、通常、オフショアのタックスヘイブンを自社のビジネス運営の一部として使用し、企業税を最小化し、オフショア企業に利用可能な他の利点にアクセスしたい人々に最も適しています。

オフショア信託は、その地域を自身の個人資産を法外な税金や他の危険から保護する安全な避難所として使用することを目指す個人にとってより適しています。オフショア資産保護信託は、その遺産計画の利点、比類ない資産保護、税削減、および高度な機密性のために広く利用されています。

 

異なるタックスヘイブンが提供している特定の種類の企業と信託は多種多様であり、それぞれに独自の特徴があります。本記事では、これらの全てのバリエーションについて包括的な分析は行いません。

タックスヘイブンを活用するその他の数多くの方法があります。それらは、その地域のオフショア銀行口座を単に所有することから、個人所得税が低く、または地域税制を持つ地域の完全に登録された永続的な税制対象者となる手続きを実際に踏むことまで様々です。

 

タックスヘイブンの利点

その名が示す通り、タックスヘイブンにオフショア会社やその他の金融機関を持つ主な利点は、それが提供する大幅な税金の軽減です。しかし、利点は税金だけにとどまりません。オフショアのタックスヘイブンの利点は以下の通りです。

 

税金の軽減

先進西洋諸国の多くは、高額所得者や企業が所得の大部分を税金に支払う、極めて高い進行税制度を有しています。これが、多くの人々が税金負担を合法的に最小限にするためにタックスヘイブンを利用する理由です。

主要なタックスヘイブンでは、オフショア会社に対する友好的な税制が提供され、極めて少額または全く税金を支払わないことが期待できます。例えば、アンティグアとケイマン諸島では、オフショア会社に対して法人所得税、キャピタルゲイン税、個人所得税、相続税などを一切課税していません。他の多くのオフショアタックスヘイブンも、最小限の税金または全く税金を課していません。

 

プライバシー

オフショアタックスヘイブンは、より高いプライバシーと非公開性を提供します。通常、報告要件や監査要件はごく少なく、会社とその有益所有者に関する情報は公開されません。オフショア資産保護信託は、クック諸島やネイビスのようなオフショアタックスヘイブンに位置しているとき、最高の機密性を提供してくれます。

アンティグアのような司法区域では、無許可の情報や銀行詳細を公開することは明確な犯罪であり、取締役や株主の名前は決して公表されません。多くのタックスヘイブンも、個人のオフショア銀行口座所有者に対して高い機密性を提供します。

 

これにより、タックスヘイブンは、望ましくない注目や視線から自身の富と資産を保護し、その結果として、予期せぬ没収、訴訟、離婚などから資産を保護するのに理想的な場所となります。

 

便利さ

オフショアタックスヘイブンは、オフショア投資家、企業、富裕な個人がオフショア口座を設立することを奨励するように設計されています。彼らは有利な金融環境を提供し、その代わりにオフショア投資家がもたらす経済的な流入から利益を得ます。

これは、ほとんどのタックスヘイブンで会社を設立したり、あらゆる種類のオフショア口座を設定したりするプロセスが非常に簡単、シンプル、そして迅速になることを意味します。

 

企業は通常、1週間以内に設立でき、登録費用は低く、多くの司法管轄区域では、全プロセスをリモートで完了することが可能です。また、多くの司法管轄区域では、年間の運営要件も最小限で、報告要件は少なく、為替規制もありません。

 

資産保護

オフショアタックスヘイブンは資産を保護するのに理想的な場所です。これは、彼らが米国、EU、その他の先進西洋諸国の規制と法的管轄区域の外にあるためです。これにより、現地の裁判所の判決がオフショアの資産や/および税金を請求することに何ら影響を及ぼすのが極めて困難になります。

クック諸島の資産保護信託は、現地の裁判所の命令、債権者の請求、その他の脅威に対して無敵であることが証明されている、オフショアを活用して資産保護する最良の例です。

 

また、オフショアタックスヘイブンは通常、米国やEUとの税情報交換協定(TIEA)を持っていないため、これらのタックスヘイブンの使用が税金回避のためであるという理由での厳格な調査が難しいです。これにより、さらに一層の保護層が追加されます。

 

タックスヘイブンの欠点

オフショアタックスヘイブンの賢明な利用によって明らかに多くの利益が得られますが、いくつかの潜在的な欠点も存在します。これらは主にオフショアタックスヘイブンに対するネガティブな認識によるものです。

これらの概念が真実であるかどうかは別の問題ですが、これらのタックスヘイブンが引きつけてきたネガティブな宣伝は確かに次の欠点をもたらしています。

 

追加的な厳格な審査

タックスヘイブンに対する成長するネガティブな感情のため、それらを利用する企業は、税金監査やその他の調査手段といった形で、地元の規制当局から追加的な厳格な審査を受ける可能性があります。一部の顧客や供給者ももっと疑わしい可能性があり、その結果、ビジネスを展開するのをためらうかもしれません。

 

外部投資家を引きつけるのが困難

上記のような懸念から、外部投資家は、オフショア・タックスヘイブンを通じて運営される企業への投資を、(妥当か否かを問わず)リスクとして認識するため、消極的になることがあります。

これは、単に持ち株会社として、あるいは個人の資産保護のために利用されるオフショア信託の場合には問題にはなりませんが、活動中の企業にとっては明らかにマイナスの結果をもたらす可能性があります。

 

法人銀行口座を開設するのが困難

多くの信頼性の高い銀行は、タックスヘイブンの会社を高リスクなクライアントと見なします。これは、より大きなデューデリジェンス要件を必要とし、法人口座を開設する可能性が低いという結果をもたらす可能性があります。

 

誰がタックスヘイブンを利用できるのでしょうか?

合法的に税負担を軽減し、オフショアタックスヘイブンの数々の金融利益を享受したいと望むあらゆる企業や富裕な個人は、それらを利用することで大いに利益を得られます。

 

オフショアタックスヘイブンの利用を検討すべき個人や企業の種類には次のようなものがあります。

  1. 資産を保護したい、または効率的なエステートプランニングの構造を利用したい富裕な個人
  2. 利益を最大化し、無駄な支出を削減するための代替手段を探している企業
  3. 貿易や投資のための新しい市場にアクセスしたい企業
  4. 国際的なビジネスを設立したい投資家
  5. 高度な機密性を必要とする個人や企業
  6. 高額な税負担を軽減したい個人や企業

 

タックスヘイブンは世界のどこにあるのか?

一つの厳密な定義が存在しないため、世界にはタックスヘイブンの決定的なリストはありません。しかし、いくつかの国は世界で最も優れたタックスヘイブンとして広く認識されています。これらには以下のような国々が含まれます。

ケイマン諸島:ケイマン諸島はおそらく世界で最も有名で人気のあるタックスヘイブンです。個人所得税、キャピタルゲイン税、法人税は一切課税されません。ケイマン諸島は外国法人の設立を非常に容易にし、物理的な存在要件がなく、優れた資産保護とプライバシーを提供します。世界中で最も多くのシェル会社が存在し、一つのオフィスビルが19,000社ものシェル会社の本拠地となっています。

 

ルクセンブルク:ルクセンブルクは、一人当たりのGDPで世界一の富裕国として有名です。これは、彼らの成長著しいオフショア金融サービス産業が大きな要因となっています。

ルクセンブルクは、欧州連合内の高い評判を持つ管轄区であり、オフショア会社を設立するための魅力的なタックスヘイブンです。また、源泉徴収税がゼロ、法人税と所得税が名目上存在するという優れた税制上の利点を提供しています。

 

オランダ:伝統的なタックスヘイブンとしては通常考えられていないオランダは、より成熟したビジネスや極めて富裕な個人の間で非常に人気のあるタックスヘイブンとなっています。ゼロの名目税率を課す代わりに、彼らは様々なインセンティブと抜け穴を利用して有効税率を大幅に軽減できる低税率を課します。これにより、彼らは優れた評判を維持し、不必要な厳しい調査を避けつつ、外国の個人や企業にとって有益な管轄区となっています。

シンガポール:シンガポールは数々の理由から理想的なオフショアタックスヘイブンです。ゼロの税率はありませんが、代わりに領域税制を利用し、これは国内で稼いだ収入だけが課税対象となるという意味です。

 

これにより、外国のエンティティは税金をほぼゼロにまで効果的に軽減することができ、一方でシンガポールの高品質な銀行サービス、好調な経済、自由貿易体制を享受することができます。

バミューダ:バミューダは徹底的なカリブ海の伝統的なタックスヘイブンです。彼らは一切の税金を全く課しませんし、積極的に外国からの投資やオフショア企業の設立を促進します。彼らもまた、極度のプライバシーと資産保護のような伝統的なタックスヘイブンの典型的な特徴を法的に保護しています。

 

バミューダは、外国人やオフショア企業が魅力的な税制環境に簡単にアクセスできるようにしていますが、評判の良くない管轄区と見なされるデメリットがあり、公式にそこを拠点とする企業への厳しい調査を招く可能性があります。

他にも、以下を含む多くの注目すべきタックスヘイブンがあります。

  • マン島
  • モーリシャス
  • アイルランド
  • スイス
  • イギリス領ヴァージン諸島
  • 台湾
  • ジャージー

 

まとめ

腐敗と税逃れが蔓延する世界でのタックスヘイブンについての感情や意味合いはさまざまですが、外国人に対してより好条件の税制を提供する国々が今日の金融システムに存在することに疑いはありません。

実際、多くの人々が驚くかもしれませんが、世界で最も人気のあるタックスヘイブンのいくつかは、実際にはルクセンブルク、スイス、オランダ、アイルランドのような欧州の高名な開発国です。

 

これらの国々で利用可能な金融構造は、ビジネスと個人の両方にとって有益であり、負担の重い税金を軽減し、金融のプライバシーを強化し、資産に必要な保護の層を加えるために責任ある方法で利用することができます。

 

※本記事は、2023年5月27日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

n202306-banner

アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの節税スキームを徹底解体!(最新版)

節税と資産保全の重要性について解説する記事。株式資産の管理、効果的な節税テクニック、相続税や贈与税の計画、保険商品の活用など、安定した経済生活を送るための戦略を提供します。米国億万長者の税率データを参考に、個人の資産保全方法を探ります。

富裕層が今注目している金融商品-ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは、投資家の資金をプールし、様々な投資戦略を駆使してリターンを得る金融商品の一種である。ヘッジファンドは、経験豊富なファンドマネージャーが、投資家に平均以上のリターンを提供することを目標に投資を行い、アクティブに運用されます。 ヘッジファンドは、株式や債券など、あらゆる資産クラスを対象としています。...

【日本はランク外!?】世界の安全な銀行がある10カ国とは?

海外の銀行の世界に初めて足を踏み入れた方は、その安全性に不安を感じるかもしれません。 オフショアの銀行にお金を移すと、そのお金が消えてしまうのではないか? と思う人もいるかもしれません。しかし、先進国のほとんどでは、銀行の顧客に対して、何らかの形で預金保険制度が設けられています。 毎年、Global Finance誌は...

欧州の富裕層がドンドン集まるリヒテンシュタインの正体とは?

ヨーロッパの小国リヒテンシュタインを貫く幹線道路ランド通りは、見た目にはわからないが世界で最も交通量の多い銀行通りの1つです。オーストリアのフェルトキルヒからスイスのザルガンスまで車で30分もかからない間にある小さな国ですが、よく話題にもなりますが小さな国ほど安全な場所であることが多いです。...

【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

オンラインビジネスを設立することを考えているなら、海外の国で会社を設立することが、国内で設立するよりも有利な場合があります。オフショアでの設立から恩恵を受けるすべての会社があるわけではありませんが、その恩恵を受ける会社は主に地元や物理的な拠点を持たないオンラインビジネスです。...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

オフショア銀行口座を開設するために知っておくべき具体的な内容を説明します。オフショア銀行とは、居住国外に開設する銀行口座のことです。私たち日本人であれば、日本以外の国に銀行口座を開設することをいいます。オフショア銀行の存在を知っていたとしても、開設する方法を知らない人がほとんどですので今回わかりやすく開設していきます。   オフショア銀行開設までのステップ...

【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。...

海外タックスヘイブンと日本の税制の違いとは?|富裕層におすすめの節税方法と注意点まとめ

近年、世界中でタックスヘイブンが注目されています。タックスヘイブンとは、低税率や無税化などの税制度が導入され、海外の企業や富裕層にとって非常に魅力的な場所のことを指します。一方で、タックスヘイブンを利用することで節税を行うことができますが、それにはリスクが伴います。本記事では、日本の税制と海外のタックスヘイブンの税制の違い、タックスヘイブンで節税する方法について、詳しく説明していきます。...

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...