米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

Home 9 資産運用・資産保全 9 米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。

インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。

世界通貨リセットの話は、こんな感じです。アメリカはますます負債を抱えるようになっています。債務水準は非常に高く、新興国や資源を持つ世界中の国々が立ち上がり、何十年も続いた米ドルの基軸通貨としての地位を覆そうとしています。それに伴い、米ドルの価値は暴落し、あなたのドルは過去のハイパーインフレの通貨のようにトイレットペーパーの価値ではなくなるのです。

 

1970年代、今から40年、50年も前に「米国に資金を奪われる前に、米国から資金を引き揚げろ」と言われてきました。この50年間、米ドルはそれほど大きな変動はありませんでしたが、ユーロのような他のグローバル通貨の間で、ある程度は変動しています。

アメリカ政府と米ドルは長期的には問題があります。アメリカは目一杯の借金をしており、持続不可能だと思います。しかし、突然、明日や来月に目が覚めたら米ドルが無価値になっているという考えは、少し馬鹿げています。

 

だから、私が絶対にお勧めしないのは、例えば米ドルやユーロをイラクディナールに換えて、この世界通貨リセットによってパワーバランスが米ドルからイラクディナールのような資源国を含む通貨バスケットに移行することを期待することです。

イラクは様々な問題を抱えています。イラク·ディナールは、15年前から陰謀論者の中で浮いている投資先として注目されていますが、悪い投資でしかないです。お金の無駄遣いになるかもしれません。

 

やはり様々なリスクを避けるには、合法的に開設できるオフショア銀行口座を通じて他の通貨への分散投資です。スイスフラン、シンガポールドル、香港ドル、カナダドルなど、安全資産となる通貨もあります。

リスク許容度があれば、アルメニア·ラムを保有するために10%の報酬を得ることは悪いことではありませんし、より安定した実績を持つエキゾチック通貨を把握すれば、ポートフォリオの一部となり得ると思います。

 

金や銀をポートフォリオに入れるのも悪くないと思いますし、暗号通貨もいいでしょう。暗号通貨で大成功した人たちもいますが、近い将来に目を覚まして、これまで何十年も働いてきたやり方を一新し、世界の通貨システム全体に投げかけるという考えは、実現しないでしょう。

世界貿易がドルで行われていることに不満を持つ国が増え、徐々に移行していく可能性があり得ます。ブラジルやその他の国も、独自のシステムを構築しようとしていますし、サウジアラビアも独自のシステムを構築しようとしています。以前は比較的重要でなかった国々が裕福になり、発言力を持つようになったのですから、時間が経つにつれて、より多くの国が発言するようになると推測されます。

 

乱暴な通貨や投機的な賭けに全財産を投じるのは、考えるべきです。米ドルのリスクを考慮し、オフショアに参入して分散投資をするのは良い手段の一つです。

【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。...

【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。 ・かつてないレベルの金融セキュリティ...

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

今回は、誰でも無料で2枚目のパスポートを取得できるだけでなく、実際にお金をもらって2枚目のパスポートを取得する方法を紹介します。日本では、二重国籍が認められていないため、日本を含めたパスポートを複数持ちすることはできませんが、世界では何と無料で2枚目のパスポートを取得することのできて、お金をもらうことができる国があります。  ...

少額から始められる!海外不動産投資に適した国とは?

世界で最も安い投資用不動産があるのはどの都市か?世界の新興市場や開拓市場に投資して、投資用の超格安不動産をどこに行けば手に入るのかを考えてきました。どこで不動産を買えばいいのか?自分の資金を投資して、素晴らしいリターンを得られる可能性のある場所はどこか?...

【最短で節税】投資の税金対策で法人設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 株式や不動産への投資は、資産形成のための素晴らしい方法ですが、これらの投資に関連する税金があることを認識しておくことが重要です。この記事では、投資をする際に発生する可能性のあるさまざまな種類の税金について説明します。  ...

プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

プライベートバンクの口座を開設すると、他の金融機関では得られない多くのメリットを得ることができます。例えば、プライベートバンクは、カスタマイズされた資産・財産管理ソリューション、独占的な投資へのアクセス、ファイナンシャルプランニングのアドバイス、コンシェルジュバンキングサービスなど、顧客の特定のニーズに合わせた専門的なサービスを提供します。...

【VIP御用達】プライベートバンクの開設による様々な特典とは?

プライベートバンクに口座を開設すると、従来の銀行サービスではアクセスできない多くの特典を利用することができます。例えば、個人的なバンキング・アドバイザーの利用、ニーズに合わせた財務アドバイス、より高い預金限度額、ローン申請やその他の取引における優遇措置などがあります。また、プライベートバンクは、独自の商品を通じて、特別な投資機会を提供しています。...