米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

Home 9 資産運用・資産保全 9 米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。

インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。

世界通貨リセットの話は、こんな感じです。アメリカはますます負債を抱えるようになっています。債務水準は非常に高く、新興国や資源を持つ世界中の国々が立ち上がり、何十年も続いた米ドルの基軸通貨としての地位を覆そうとしています。それに伴い、米ドルの価値は暴落し、あなたのドルは過去のハイパーインフレの通貨のようにトイレットペーパーの価値ではなくなるのです。

 

1970年代、今から40年、50年も前に「米国に資金を奪われる前に、米国から資金を引き揚げろ」と言われてきました。この50年間、米ドルはそれほど大きな変動はありませんでしたが、ユーロのような他のグローバル通貨の間で、ある程度は変動しています。

アメリカ政府と米ドルは長期的には問題があります。アメリカは目一杯の借金をしており、持続不可能だと思います。しかし、突然、明日や来月に目が覚めたら米ドルが無価値になっているという考えは、少し馬鹿げています。

 

だから、私が絶対にお勧めしないのは、例えば米ドルやユーロをイラクディナールに換えて、この世界通貨リセットによってパワーバランスが米ドルからイラクディナールのような資源国を含む通貨バスケットに移行することを期待することです。

イラクは様々な問題を抱えています。イラク·ディナールは、15年前から陰謀論者の中で浮いている投資先として注目されていますが、悪い投資でしかないです。お金の無駄遣いになるかもしれません。

 

やはり様々なリスクを避けるには、合法的に開設できるオフショア銀行口座を通じて他の通貨への分散投資です。スイスフラン、シンガポールドル、香港ドル、カナダドルなど、安全資産となる通貨もあります。

リスク許容度があれば、アルメニア·ラムを保有するために10%の報酬を得ることは悪いことではありませんし、より安定した実績を持つエキゾチック通貨を把握すれば、ポートフォリオの一部となり得ると思います。

 

金や銀をポートフォリオに入れるのも悪くないと思いますし、暗号通貨もいいでしょう。暗号通貨で大成功した人たちもいますが、近い将来に目を覚まして、これまで何十年も働いてきたやり方を一新し、世界の通貨システム全体に投げかけるという考えは、実現しないでしょう。

世界貿易がドルで行われていることに不満を持つ国が増え、徐々に移行していく可能性があり得ます。ブラジルやその他の国も、独自のシステムを構築しようとしていますし、サウジアラビアも独自のシステムを構築しようとしています。以前は比較的重要でなかった国々が裕福になり、発言力を持つようになったのですから、時間が経つにつれて、より多くの国が発言するようになると推測されます。

 

乱暴な通貨や投機的な賭けに全財産を投じるのは、考えるべきです。米ドルのリスクを考慮し、オフショアに参入して分散投資をするのは良い手段の一つです。

n202306-banner

プライベートバンクが行うコンシェルジュサービスとは?

プライベートバンクは、富裕層の顧客に対してさまざまなサービスを提供していますが、その中でも特に価値があるのがコンシェルジュサービスです。この種のサービスでは、プライベートバンクの顧客は、イベントの優先予約やチケット、旅行の予約など、特別な特典を利用することができます。 コンシェルジュサービスは、以下のようなことが可能です。...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。...

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

プライベートバンクの安全性とセキュリティ

プライベートバンクは、その長い信頼性の伝統にもかかわらず、失敗と無縁ではありません。場合によっては、不始末や詐欺などの要因により、プライベートバンクが破綻することもあります。このような場合、銀行の顧客は、その資産が十分に保護されていなかった場合、潜在的な損失にさらされる可能性があります。...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...