【徹底比較】資産管理するならどっち?ウェルスマネジメントvsプライベートバンク

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【徹底比較】資産管理するならどっち?ウェルスマネジメントvsプライベートバンク

両者の違いはどこに?

私たちがよく耳にする「プライベートバンク」「ウェルスマネジメント」は似たような意味合いを持つ言葉ですが、提供される金融サービスには微妙な違いがあります。

ウェルスマネジメントは、クライアントのリスク許容度や目標に基づいた財産の最適化を含む広範なカテゴリーで、規模に関わらず任意のポートフォリオに対して実施可能ですが、その名称が示す通り、資産が豊富な人々を対象としています。

 

一方、プライベートバンクは一般的に富裕層個人への包括的なソリューションを指し、公的または私的な金融機関が専任のスタッフを配置し、富裕層クライアントにパーソナライズされたケアと財務管理を提供します。

重要なポイント:

  • プライベートバンクは、富裕層への財務管理サービスを提供します。
  • プライベートバンクは投資に関するアドバイスを提供し、各クライアントの全体的な財政状況に対処します。
  • ウェルスマネジメントは一般的に、裕福なクライアントを代表しての投資のアドバイスと実行を含みます。

 

プライベートバンクとは何ですか?

一般的には、プライベートバンクとは、富裕層への財務管理サービスを提供する金融機関を指します。場合によっては、10万ドル未満の資産を持つ個人でもこれらのサービスを利用できることもありますが、多くのプライベートバンク(またはプライベートバンク部門)は、少なくとも億単位の資産を基準とします。

プライベートバンクは専門的であり、大量の現金や他の資産を口座に預け入れ、投資することができるクライアントに限られています。プライベートバンクは、投資関連のアドバイスを提供し、各クライアントの全体的な財政状況に対応することを目指します。

 

プライベートバンクのサービスは、通常、クライアントが資産を保護・維持するのを助けます。各クライアントを支援するために指定された従業員は、個別の金融解決策を提供する努力をします。これらの従業員はまた、クライアントが退職資金を計画・貯蓄し、蓄積された財産を家族や指定された受益者に引き継ぐ計画を策定するのを助けます。

 

プライベートバンクの特典

大口の口座を持つプライベートバンクのクライアントは、通常、羨望の的な利率とコンシェルジュのようなサービスを受けることができ、彼らの口座を担当する従業員への即時アクセスが保証されます。

プライベートバンクのクライアントは、サービスを受けるために行列に並んだり、窓口を利用したりする必要はありません。プライベートバンクのクライアントは、自分の口座を担当する主任アドバイザーに連絡し、小切手の現金化から大金の移動まで、ほとんどどんな取引も完了することができます。

 

これらの特典はすべて、銀行が財政的な利益を得るための計画の一部です。銀行は裕福なクライアントを追求します。なぜなら、彼らのビジネスは銀行にとって大きな利益をもたらし、繰り返しのビジネスを保証し、新たなビジネスをもたらすからです。

 

プライベートバンクが顧客を見つける方法

プライベートバンクのクライアントは、他の裕福な人々と専門的でエリートな扱いについて話し合います。これらの人々は新たな潜在的なクライアントです。しばしば、これらの新たな潜在的なクライアントは、現在のクライアントによってプライベートバンク部門に言及されます。

その後、部門は潜在的なクライアントに招待状を送り、多くの場合、このような招待状を通じて口座を取得します。プライベートバンク部門は、通常の貸出活動を行う過程で新たなクライアントを見つけることもあります。

 

銀行は納税申告書や個人文書を確認し、この情報を通じて他の潜在的なクライアントを発見します。これらの個人にも招待状が送られ、しばしばプライベートバンク部門はこのようにして顧客を獲得します。

銀行は、誰を追求し、潜在的なクライアントになるように接触するかについて一線を引きます。この一線は、銀行ごとに異なる位置にあります。250,000ドル以上の投資可能資産を持つ個人が対象となることもゼロではありません。海外の一般的なプライベートバンクでは、投資可能資産の最低額が100万ドル以上で設定されている場合が多いです。

 

プライベートバンクサービスを利用するクライアントは、受ける専門的な処置の費用を支払います。裕福なクライアントが利用する銀行には、クライアントの大量の当座預金残高の形で、貸し出しや利用する大量の資金が保証されています。また、銀行は、裕福なクライアントが組む大きな住宅ローンやビジネスローンに対する高い利息からも利益を得ます。

 

運用資産残高と富裕層

しかし、これらの銀行にとっての本当の収益源は、一般的に富裕層にとって非常に大きな運用資産残高の割合です。巨額の金額に関連するサービスに対して非常に小さなパーセンテージの手数料を課すことで、銀行は大きな収入を得ることができます。

しかし、プライベートバンク部門による特別な処置は、一部の欠点を完全に隠すことはできません。銀行の離職率は高い傾向があります。クライアントが口座を管理する従業員との関係を築いているかもしれませんが、次の月にはその従業員が去り、クライアントがおそらく知らない誰かに代わっています。クライアントが新たな従業員との経験が求めていたものであるかどうかは定かではなく、多くのプライベートバンク部門はこれによりクライアントを失います。

 

一般的には、プライベートバンクはウェルスマネジメントにまで広げることができますが、ウェルスマネジメント会社はプライベートバンクのサービスをクライアントに提供することはできません。これらの部門は多くのサービスを提供するかもしれませんが、それらすべてをマスターしているわけではありません。

銀行は全ての専門家ではないので、クライアントが受ける専門性のレベルは、彼が特定の分野の専門家を利用した場合よりも低くなる可能性があります。最後に、プライベートバンカーは銀行によって給与を得ているため、彼らの主な忠誠心は雇用主である銀行に対してであり、クライアントに対してではありません。

 

ウェルスマネジメントとは何ですか?

プライベートウェルスマネジメントは、一般的に、裕福なクライアントのための投資の助言と実行を伴います。これらの実践を専門とする企業は、さまざまなファンドや株式に投資を考えているクライアントの主要な情報源です。ウェルスマネジメントアドバイザーはまた、財務計画の支援、クライアントのポートフォリオの管理、クライアントのプライベートファイナンス選択に関連するその他の金融サービスの提供を行います。

プライベートウェルスマネジメントサービスは、ゴールドマン・サックスのような大手金融機関によって提供されることがありますが、独立した金融アドバイザーやポートフォリオマネージャーによっても提供されます。これらは、多数のサービスを提供するための多くのライセンスを持ち、富裕層のクライアントに焦点を当てています。

 

ウェルスマネジメントアドバイザーは、一般的には、リスクの評価、投資戦略の作成、アセットアロケーションの推奨など、クライアントの金融目標を実現するための計画を提供します。ウェルスマネジメントアドバイザーはまた、税金、遺産計画、慈善事業の寄付など、クライアントの全体的な財務状況に関連する他の問題についてもアドバイスを提供することがあります。

 

ウェルスマネジメントアドバイザーは何ができて、何ができないのか?

ウェルスマネジメントアドバイザーは、各クライアントと一対一で座り、目標、リスクへの快適さ、およびクライアントが彼の資産の投資に関して持つ可能性のある他の制限事項や制約事項を話し合います。

ウェルスマネジメントアドバイザーは、クライアントから得たすべての情報を考慮に入れて投資戦略を作成し、クライアントが目標を達成するのを助けます。アドバイザーはクライアントのお金を引き続き管理し、クライアントの制限に一致する投資商品を使用します。

 

ウェルスマネジメントアドバイザーは常に、プライベートバンクが提供する特別でコンシェルジュのようなサービスをクライアントに提供することはできません。しかし、ほとんどの場合、これらの金融アドバイザーはクライアントと多くの時間を過ごします。これらのアドバイザーはクライアントのために銀行口座を開設することはできませんが、クライアントが選択する銀行で開設するべき適切な種類の口座を決定するのを助けることはできます。

 

両者の大きな違い

プライベートバンクとウェルスマネジメントの主な違いは、プライベートバンクが常に投資を取り扱わないということです。プライベートバンクのスタッフは、特定の投資オプションについてクライアントにガイダンスを提供することがありますが、すべての銀行がクライアントの資産を実際に投資するプロセスに関与しているわけではありません。プライベートバンクサービスを利用しているほとんどのクライアントは、何らかの形で預金口座を開設します。

ウェルスマネジメントでは、クライアントにアドバイスを提供し、クライアントの財政状況を改善するのを助け、高いリターンを目指して資産を投資するのを支援します。

n202306-banner

海外法人を複数国で設立することによるメリットとは?

海外法人の複数設立のメリット 海外法人を複数の国で設立することは、利益の最大化、経費の最小化、資産の保護につながる多くのメリットをもたらします。税制の異なる複数の国で法人を設立することにより、様々な節税の恩恵を受けることが可能です。例えば、一部の国では法人税率が0%であるため、大幅な節税を実現することができます。 さらに、配当金に課税されない国もあり、より多くのお金を貯めることができるのです。...

【徹底解説】アメリカのプライベートバンクの特徴から名前まで

米国のプライベートバンクは、プライバシー、セキュリティ、サービスのレベルが高いことで知られています。プライベートバンクは、資産管理、財産設計、投資など、富裕層のニーズを満たすためのさまざまなサービスを提供しています。また、プライベートバンクは、金融の専門家へのアクセスを提供し、顧客が個々の目標に合った戦略を立てられるよう支援します。...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...

【相続税が非課税!?】最強の節税スキーム公益財団法人とは?

公益財団法人は、特定の公益目的を達成するために設立される法人です。公益目的は、社会全体の利益に寄与するものでなければなりません。公益財団法人は、その目的を達成するために、寄付や遺産などの資金を活用します。...

【必見】世界のタックスヘイブン国リストと実践方法!

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 タックスヘイブンとは、税金が非常に低い、あるいは全くかからない世界各国のことです。このような税率を利用して節税することは、経済的に余裕のある方にとっては大きなメリットとなります。今回は、知っておきたい世界のタックスヘイブンをまとめて紹介します。   1.ケイマン諸島...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

【海外法人設立を考えている人必見!】海外法人のメカニズムとは?

今回のテーマは、海外法人です。どういう種類の海外法人があるのか、海外法人を設立する際の注意点、海外法人を設立する国の選び方を解説していきますので、海外法人のメカニズムもこれで丸わかりです。   海外法人の種類...

アメリカ税制完全ガイド|個人から法人まであらゆる税金を徹底解剖!

アメリカの税制-概要 アメリカ合衆国では、税金は連邦政府と州政府の両方によって課されます。連邦税と州税は完全に別のもので、それぞれが独自の課税権を持っています。連邦政府は州の課税に干渉する権利を持っていません。各州には他の州とは別の税制度があります。...

【誰でも開設不可!?】プライベートバンク口座開設の審査の実態

プライベートバンクは、世界中の人で開設することができます。しかし、一部の国に住む人は、海外のプライベートバンクを口座開設することは難しいです。...

【VIP御用達】プライベートバンクの開設による様々な特典とは?

プライベートバンクに口座を開設すると、従来の銀行サービスではアクセスできない多くの特典を利用することができます。例えば、個人的なバンキング・アドバイザーの利用、ニーズに合わせた財務アドバイス、より高い預金限度額、ローン申請やその他の取引における優遇措置などがあります。また、プライベートバンクは、独自の商品を通じて、特別な投資機会を提供しています。...