【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SRRVプログラムの停止について知っておくべきことを解説していきます。

フィリピンビザの意外な行く末とは?

現在、日本人の中でも海外移住をされている人がちらほら出てきますが、その中でもマレーシアやタイは住みやすい国です。フィリピンも海外移住の選択肢の1つに入れている人もいるでしょう。「SRRVビザプログラム」では、フィリピンでの滞在許可証を取得することができます。他のビザプログラムは、特定の年齢の人のためのものでした。若い人はもう少し費用がかかります。いろいろなプログラムがあって正直なところ、すべてを把握するのは大変です。

ここでフィリピン政府のプレスリリースを紹介します。

フィリピン退職庁(PRA)は、観光局が金曜日に発表した年齢やビザの保証金に関するポリシーの改正を待たずに、SRRVの発行を停止するよう命じられました。PRAは観光局の下部組織で、フィリピンでのリタイアを促進することが仕事です。

PRAの方針では、35歳から49歳以上の外国人にフィリピンでのリタイアを許可していますが、この年齢層のリタイア者のほとんどが中国人であることから、国の安全保障に影響を与える可能性があると月曜日に議員から質問を受けました。 

プログラム全体では、中国の方が35~40人、韓国の方がそれに続き、その他の国籍の方もたくさんいらっしゃったと思います。アメリカ人やフランス人などは数千人しかいないと思います。ですから、アジアの多くのプログラムと同様に、マレーシアでもMM2Hプログラムが中断されています。

というのも、もしあなたがお金を持っていて、ある銀行口座から別の銀行口座に移すことができれば、基本的に無料で手に入れることができるからです。問題は、彼らの退職ビザの定義が常にかなり自由だったことです。

プレスリリースでは35歳から49歳としていますが、これはその年齢層にはもう少し厳しい条件があるからです。50歳以上の方はもう少し簡単ですが、35歳の方はもっと自由なプログラムを利用して、このSSRVを取得することができます。フィリピンビジネス(BIR)によると、オンラインギャンブルを運営している中国人が国内で仕事をしていたことが判明しました。特に今年はパンデミックやロックダウンの影響で、多くのフィリピン人が仕事を得るのに苦労していることを政治家が懸念していました。

いくつかの国では、中国本土の人々が居住者や市民権プログラムの枠を多く占めているため、ますます好まれなくなっています。このフィリピンのプログラムもおそらく真のリタイアメントプログラムに戻して、潜在的に50歳以上でなければならず、35歳以上は廃止するつもりなのではないかという可能性が出てきています。

ただ、中国本土からの入国を禁止するとか、別の政策をとるというのは難しいと思います。世界中でよく見られるのは、各国の帰化法がより難しくなっていることです。フィリピンに帰化するという選択肢はありませんでしたが、例えばジョージア州では、数年前に抗議活動が行われ、ほとんどの種類の市民権を取得するための帰化の期間を確か6年から10年に引き上げました。

もし今後、ビザプログラムを取得して、銀行口座と別の選択肢を手に入れようと考えていたとしたら、今後難しいかもしれません。50代、60代になる頃には、この制度はなくなってしまうでしょう。しかし、ビジネス・ミラー紙の記事の中で文字通り語られていたのは、政府や世間では「日本、韓国、ヨーロッパ、アメリカから人を呼びたい」という会話だったということです。特にフィリピン系アメリカ人は、戻ってきてリタイアできます。

会話の中では、彼らはこのようには言っていませんが、行間を読むと、中国からお金を投資する人には来てほしくないという考えがあるようです。彼らは、国家安全保障上の問題になるかもしれないと言いました。プレスリリースによると、PRAは、移民局、司法省、労働雇用省などの他の政府機関と連携して、現役のSRRV保有者のプロフィールや活動を定期的に監視する強化プログラムを実施することになっています。

ほとんどの人にとっては問題ないと思いますが、他にも、年齢別の預金額の規定を見直すことや、預金をコンドミニアム購入など他の投資に振り向けることができるかどうかを検討すると言っています。不動産市場の価格がやや高騰しているフィリピンの国にとって、マニラへの不動産投資が増えることは一番避けたいことだと思います。 

BGCやマカティといった地域では、外国人が購入できるコンドミニアムへの不動産投資が盛んに行われているので、外貨やドルが入ってくることで銀行システムをより活性化させる必要があるという考えは、彼らにとって魅力的なのかもしれませんが、やはり年齢制限も問題になると思います。 

確かに規制は強化されるかもしれませんが、どのようにして人々を追跡し、定期的に監視するのかという点で、彼らがどのような案を出すのか興味深いところです。恐らく人々のプロフィールを管理し、他の機関と連携して行動をチェックし、人々が怪しげなオンラインゲームパーラーを運営したり、仕事を取ったりしていないかどうかを確認するというような単純なものになるのではないかと思います。

世界のビザプログラムの今後

一般的には毎年無期限に更新されてきましたが、中断された他のプログラムの場合はどうなるのでしょうか。一般的には、すでに入国している人はそのまま滞在することができますが、新たな年齢制限が設けられる可能性がある場合や、投資額を増やす必要がある場合には、どのようになるのか興味深いところです。

しかし、このビザを持っていない人は、特にアジアでは市民権取得の選択肢がないということを改めて示しています。 アジアの居住者になり、どこか他の国の市民になり、アジアに恒久的に縛られることなく税制面での優遇措置を享受するために、今はフィリピンとマレーシアの両国がプログラムを改訂して戻ってくるのを待ちましょう。

シンガポールは実際よりもはるかに高いです。タイは、経済的に閉鎖されていることを除けば、勝者と言えるでしょう。ただし株式市場は低迷していますし、入国が非常に難しい国なので、無期限の投資家ビザやエリートビザを設定するのは非常に難しいのですが、それでも行くことができます。 A地点からB地点にお金を移動させるだけで、多くの費用をかけずに済むのであれば、滞在許可証を取得しておきたいです。

【締切間際】リアルなPBの実態を完全無料で大暴露!-PB極秘メルマガ⬇︎