【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

Home 9 海外移住 9 【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

今回は、誰でも無料で2枚目のパスポートを取得できるだけでなく、実際にお金をもらって2枚目のパスポートを取得する方法を紹介します。日本では、二重国籍が認められていないため、日本を含めたパスポートを複数持ちすることはできませんが、世界では何と無料で2枚目のパスポートを取得することのできて、お金をもらうことができる国があります。

 

2つ目のパスポートを取得したい人たちは、まず最初に、セントルシアやドミニカなどのカリブ諸国で行われている投資による市民権取得プログラムを検討すると思います。パスポートの取得のために、現地のビジネスへの投資や自身で起業を行うなどコストが発生します。カリブ海の国以外でも、「投資」を行うことで市民権を取得できる国が世界各地にありますが、今回は無料で取得できる国をピックアップしていきます。

世間一般的に、市民権は、生まれたその国ものを取得します。例えば、アメリカで生まれれば、アメリカ国籍を手に入れます。ただし、両親や祖父母、曾祖父母が特定の国籍を持っていれば、一般的には子孫を通じてその国の国籍を取得することができます。 例えば、アメリカ生まれでも親のいずれかが日本人であれば、日本国籍を取得できます。ただし、日本では二重国籍は認められていないため、アメリカか日本かいずれかの国籍を選択することになります。

 

国籍(パスポート)に関するシステムを簡単に解説したところで、今回の2つ目のパスポートを取得する話に入っていきたいと思います。さて、あなたがパスポートを取得したい国で生まれなかったと仮定します。また、その国のパスポートを持っているご先祖様もいません。では、そういうケースでどうやったら自分の持っているお金を使ってパスポートを手に入れることができるでしょうか?

 

投資によって市民権が獲得できるプログラムを紹介します。その国に投資を行うことで、パスポートを手に入れることができます。国籍による制限はないケースが多いです。代表例として、トルコがあります。トルコは25万ドル(約2800万円)不動産に投資するか、50万ドル(約5700万円)銀行預金し、3年間保持することで市民権を手に入れることができます。

投資による市民権を獲得するプログラムでは、たいてい多くの手数料を支払うことになります。政府の手続きの費用、弁護士の費用、そしてほぼ確実に投資で損をすることになるでしょう。しかし、トルコでは、政府の手続きの費用と弁護士の費用は最小限に抑えられています。

 

したがって、トルコのプログラムでは、不動産投資をする場合の最大のコストは、デベロッパー(不動産開発業者)から高値の不動産を購入することです。適正な価格で不動産を購入し、3年後に少なくともそれ以上の価格で売却できるのであれば、5、6、7%の賃貸利回りを得ることができるので、損する可能性を最小限にすることができるでしょう。

トルコの投資による市民権取得プログラムでは、手数料として多額のお金を注ぎ込むことなく、むしろお金を稼ぐことが可能です。パスポートを取得しつつ、お金をもらうということが可能です。

 

トルコに限らず、投資による市民権取得のプログラムは、世界各地にありますが、必ずしも全員に市民権を与えるとは限りません。国によっては、投資家の元の国籍で市民権を出すか判断したり、投資の規模によって判断されたりすることがあります。

また、ネットでも市民権取得に関しておトクな話を聞くかもしれませんが、詐欺の場合がほとんどです。例えば「知り合いがいるから14日でパスポートが手に入る」と言ってくるケースなんかがあります。

 

生まれた国や親の国籍以外から市民権を取得する方法が、世界には沢山ありますがその真偽を見極めないと、思わぬ落とし穴にハマることがあるかもしれません。

n202306-banner

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

真のお金持ちが持つクレジットカードの実態とは?

今回の記事では、富裕層と呼ばれる人たちが持つクレジットカードとプライベートバンクで発行されるクレジットカードについて解説します。真のお金持ちがどういうカードを持っているかが見えてくることになるでしょう。富裕層が持つクレジットカードは通常プレミアムで、ポイントアップ、キャッシュバック、旅行特典、イベントや体験への限定アクセスなど、さまざまな特典を提供しています。年会費は高額になることもありますが、そ...

【最短最速】世界各国のパスポートを取得する意外な方法とは?

日本では残念ながらパスポートの2つ持ち(二重国籍)は認められていませんが、外国籍に変更手段もあります。日本国籍を喪失することになりますが、現地国に帰化して、長期移住することも可能です。実は、居住者としての資格を得るために長期間住む必要のない国が世界には沢山あるということです。...

【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。...

アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの節税スキームを徹底解体!(最新版)

節税と資産保全の重要性について解説する記事。株式資産の管理、効果的な節税テクニック、相続税や贈与税の計画、保険商品の活用など、安定した経済生活を送るための戦略を提供します。米国億万長者の税率データを参考に、個人の資産保全方法を探ります。

海外タックスヘイブンと日本の税制の違いとは?|富裕層におすすめの節税方法と注意点まとめ

近年、世界中でタックスヘイブンが注目されています。タックスヘイブンとは、低税率や無税化などの税制度が導入され、海外の企業や富裕層にとって非常に魅力的な場所のことを指します。一方で、タックスヘイブンを利用することで節税を行うことができますが、それにはリスクが伴います。本記事では、日本の税制と海外のタックスヘイブンの税制の違い、タックスヘイブンで節税する方法について、詳しく説明していきます。...

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。  ...

【相続税が非課税!?】最強の節税スキーム公益財団法人とは?

公益財団法人は、特定の公益目的を達成するために設立される法人です。公益目的は、社会全体の利益に寄与するものでなければなりません。公益財団法人は、その目的を達成するために、寄付や遺産などの資金を活用します。...