世界の超富裕層がコッソリ移動する謎の移住先とは?

Home 9 海外移住 9 世界の超富裕層がコッソリ移動する謎の移住先とは?

世界の超富裕層は、何年も前から引っ越しの話をしていたのに、金融不安の大流行と次に何が起こるかわからないという不安から、これまでにない速さで海外に移住しています。今回は、彼らの多くがどこに移住しているのか、そしてその理由は何なのか、ある記事を紹介します。

コロナウイルスの大流行、東南アジアの政治的混乱、香港でいざこざが起きる中、シンガポールは地域の大富豪とその家族にとって安全な避難所となっています。

シンガポールは今、選ばれている場所だと、2015年にウェルス・マネジメント・アライアンスを設立したステファン・レプコウは言います。プライベートバンクでの4年間の勤務を経て、彼の外国人顧客のうち2人が過去12カ月で居住者となり、さらに多くの顧客もシンガポール行きを検討しています。

 

シンガポールは、中国人、インドネシア人、マレーシア人の富裕層にとって大きな魅力であり、彼らは短期旅行で買い物をしたり、カジノでバカラをしたり、世界的なクリニックで診察を受けたりできます。マウントエリザベス病院、グッチやロレックスなどの旗艦店があります。

確かに、世界の一部では、新興国の人々がマレーシアに住んでいても、自国のサービスが充実しているとは思えないという二律背反があるように思います。シンガポールに行けば医療を受けられますが、個人的にはその必要はないと思っています。

 

また中央アジアのタイや香港などもそうですが、シンガポールが新興国の一部の人たちから個人の自由の砦と見なされているという事実です。確かに、シンガポールは、非常に管理の行き届いた国として知られています。財政的な面でも、その他の面でも、自分たちのやっていることをよく理解していて、すべての資金を投入できる場所を探しているのでしょう。

 

プライベートバンクにお金を預けに行く人もいますが、昔のやり方では「インドネシアでは何もかもが最悪だから、ビジネスの利益をすべて移そう」と言うものでした。今は「家族も移動させる。家族も移動させ、家も移動させる。銀行も、シンガポールという新しい場所に移そう」というふうに変わってきています。

ある場所に住むのであれば、他の場所、できればまったく別の大陸にある資産も持っていたいものです。アメリカ、ヨーロッパ、アジアを考えてみてください。これらは主要な大陸です。ニュージーランドは資産保全の天国として魅力的ですが、もしシンガポールに住むのなら、もっと違うところに住みたいですね。シンガポールに住むなら、銀行のすべてをそこに移すつもりはないかもしれません。

 

25年前ならそれで済んだかもしれませんが、現在ではそのようなやり方はできません。スイスに銀行口座を持ちたいと思うかもしれません。例えば、中国やインドネシアの超富裕層であれば、米国に銀行口座を持つべきでしょう。銀行をカナダに持ちたいという人もいるでしょう。シンガポールに住んでいる人の銀行口座を持ちたい、分散してお金をどこかに保管したい、どこかに不動産を持ちたい、などなど思うかもしれません。

ここ1年で海外に移住する人が4倍、5倍になっていますが人々は「状況が悪くなったら出て行く」と言います。とはいえシンガポールは完璧ではありません。シンガポールには気に入らないところがあるかもしれません。シンガポールが1位でないこともあります。だからこそ、これまで以上に競争が激しく、ビジネスに対してオープンになっている世界を、ビュッフェのように扱いたいのです。

 

美しい環境に囲まれ、すべてが完璧に手入れされ、すべてが機能している。郵便局は機能しているだけでなく、とても親切です。すべてが調和している、少なくともそんなイメージです。

今、そのようなものはシンガポール以外の他の場所でも見つけることができます。例えば、グルジア共和国では犯罪がほとんどありません。インドネシアの億万長者たちがグルジアに移住することはないでしょうが、彼らにとって投資先として興味深い場所であることは確かでしょう。

 

もしシンガポール移住を考えているなら、シンガポールは今、7(100万ドル単位)の値段で入れるということを理解してください。マレーシアが昨年MM2Hプログラムを停止したときは、5桁(1万ドル単位)の値段でした。この地域の他の投資プログラムは、一般的に言って6桁の値段で参加できるものばかりです。しかし、タイなどでは、6桁の投資額です。

次のレベルであるシンガポールを目指すのであれば。彼らは7桁(100万ドル単位)の年収で、いくつかの条件があり、かつてのように誰もが簡単に入れるわけではありません。

海外の人たちは、テレビを見て「ああ、香港は誰もが飛びたがる場所なんだ」と言うでしょう。実際、私はまだ香港にいる多くの人を知っていますし、香港を離れる予定もありません。中にはプランBを用意している人もいますが、多くの人は香港に留まるつもりでいます。テレビで見る限り、みんな香港を離れています。さて、彼らはどこに行くのでしょう?

 

彼らは、皆が考えているのと同じ場所に行っているのです。ニュージーランドに目を向けています。イギリスやその他の国にも目を向けています。ヨーロッパ大陸ではゴールデンビザを取得しています。中にはアメリカへ行く人もいます。ですから、どれだけ多くの人々が裕福になっているかを理解する必要があります。

中国の億万長者の数が激増しています。アメリカの億万長者の数とそれほど変わらないし、暗号通貨を通じて、あるいはビジネスを通じて、多くの億万長者が急増しています。幸か不幸か、パンデミックが彼らにとって非常に好都合だったのです。彼らは今、多くの資産を持っていて、資本を手に入れ、家族を最高の待遇のところに連れて行きたいと思っています。

 

「投資によって市民権を得るための価格が下がるかもしれない」と言う人がいますが、ここ8年の間に、居住者や市民権プログラムの価格が劇的に上昇したり、単に廃止されたりすることがありました。

例えば香港では、何年も前に投資スキームを廃止し、今はもっと複雑になっています。パナマ、マレーシア、モンテネグロなど、さまざまな国がより難しくなっています。2013年くらいが、起業家がシンガポールへと参入する最後のチャンスでしたが、今ではもっと高度な提案になっています。

 

シンガポールは、超富裕層、特にアジアの超富裕層を追いかけたいのであれば、最適な場所です。彼らは以前からそこに行くようになり、そのペースは加速しています。

【海外法人設立を考えている人必見!】海外法人のメカニズムとは?

今回のテーマは、海外法人です。どういう種類の海外法人があるのか、海外法人を設立する際の注意点、海外法人を設立する国の選び方を解説していきますので、海外法人のメカニズムもこれで丸わかりです。   海外法人の種類...

【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどう...

海外ビジネスで節税効果を狙える!法人設立のポイント|日本の富裕層が押さえておくべき海外展開戦略

海外で法人設立することによって、日本国内でのビジネスだけでなく、海外でのビジネス展開やグローバルな視野を持つことができます。また、法人設立によって税制面でのメリットも得られることがあります。本記事では、海外での法人設立によるメリットや手続きについて詳しく解説していきます。 海外で法人設立するメリット...

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...

海外法人を複数国で設立することによるメリットとは?

海外法人の複数設立のメリット 海外法人を複数の国で設立することは、利益の最大化、経費の最小化、資産の保護につながる多くのメリットをもたらします。税制の異なる複数の国で法人を設立することにより、様々な節税の恩恵を受けることが可能です。例えば、一部の国では法人税率が0%であるため、大幅な節税を実現することができます。 さらに、配当金に課税されない国もあり、より多くのお金を貯めることができるのです。...

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

年収3000万円以上の日本人の資産運用方法

日本人の中でも年収が3000万円を超える人は増加していますが、今回さまざまな資産運用法を見ていきます。 年収3000万円以上の方は、ぜひご一読ください。 デジタル技術の台頭により、資産運用業界は急速に変化しています。投資顧問を利用できる高収益者は年々増加しています。...

少額から始められる!海外不動産投資に適した国とは?

世界で最も安い投資用不動産があるのはどの都市か?世界の新興市場や開拓市場に投資して、投資用の超格安不動産をどこに行けば手に入るのかを考えてきました。どこで不動産を買えばいいのか?自分の資金を投資して、素晴らしいリターンを得られる可能性のある場所はどこか?...

【最短で節税】投資の税金対策で法人設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 株式や不動産への投資は、資産形成のための素晴らしい方法ですが、これらの投資に関連する税金があることを認識しておくことが重要です。この記事では、投資をする際に発生する可能性のあるさまざまな種類の税金について説明します。  ...

【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...
n202306-banner