かつての秘密銀行・スイスプライベートバンクの実態・安全性に迫る…

Home 9 海外PB・海外銀行 9 かつての秘密銀行・スイスプライベートバンクの実態・安全性に迫る…

オフショアバンキング(居住国以外の銀行)について様々な人に尋ねると、多くの場合、スイスのことが頭に浮かぶでしょう。 スパイ映画や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のおかげで、スイスは日常的に世界の銀行の中心地として認識されています。 果たして、今スイスの銀行が本当にあなたの状況に最適なのか見ていきたいと思います。

 

秘密口座を開設できた100年前

スイスの銀行は、冷戦時代に重要な役割を担っています。冷戦時代に法外な額の金を隠しておく場所として、スイスの銀行が使われていました。スイスの銀行は非常に長い間、機密にするための事実上の機関だったのです。第1次世界大戦前のスイスの銀行は、友人名義で口座を開設すれば、誰にも邪魔されずに自由に出入りすることができました。匿名の口座番号を、政府の詮索から守ることができました。1900年代初頭、多くの起業家にとって、これは非常に魅力的な銀行スタイルでした。

第1次世界大戦の直前、欧米の多くの国で所得税が導入され、その魅力はさらに増しました。アメリカは1913年にこの流れに乗りました。小さな財産を築いた企業家にとって、スイスの銀行が提供する秘密厳守は、所得税から資金を守る素晴らしい方法でした。

 

1920年代から30年代にかけての所得税の普及に伴い、スイスの銀行の評判はますます高くなりました。スイスの銀行は、脱税者を追跡する政府への援助を拒否し続けたからです。 顧客の情報を政府に漏らさないようにすればするほど、上流階級から見たスイスの銀行の信頼度は上がっていきました。

1932年になって、フランスを始めとする外国政府の反撃が始まりました。フランス政府は、フランスにあるスイス銀行の事務所を強制捜査しました。この捜査により、スイスの銀行員が1000人以上のフランス人顧客のキャピタルゲインと相続税の脱税を手助けするシステムを構築していたことが明らかになりました。

 

この捜査は、当初、フランス国内の政党の惨状から国民の目をそらすための政治的な動きであったが、同時に、フランスがスイスの銀行のやり方を容認していないことを明確に警告するものでした。これに対し、スイスは透明性を高めることで対応したが、フランスが期待したようにはいきませんでした。スイスの銀行は、スイス政府に対しては透明性を高めたが、外国人に対してはさらに低くなりました。1934年には、銀行の顧客の身元を外国政府に開示することを犯罪とする政策(銀行法)が導入されました。

 

第二次世界大戦後、各国の銀行が外国からの投資を呼び込むために同様の政策を採用しました。スイスは、タックスヘイブンを目指す他のすべての銀行の手本となっていきました。スイスの銀行といえば、このような時代を思い浮かべる人が多いかと思います。秘密の番号のついた口座を開設して、超大金持ちのためのタックスヘイブンとして活用された時代です。しかし、長続きはしませんでした。

 

現代のスイス銀行とFACTA

欧米各国より情報開示などの抵抗によって、スイスの銀行は最終的に政府の透明性向上の要求に屈しました。もちろん、米国はスイスの銀行を屈服させるために最も執拗に力を注いだ政府の1つです。スイスのプライベートバンク、Wegelin & Coが米国の脱税を幇助したことで、約3世紀にわたる事業の幕を閉じました。スイスの法律には違反していなかったが、米国政府は数百万ドルの罰金と賠償金を請求し、銀行を完全に廃業に追い込んだのである。

それ以来、スイス政府は銀行にアメリカ人の口座保有者の詳細をアメリカ政府に提供するよう求め、銀行もアメリカ人の脱税者がいれば口座を閉鎖するようになりました。アメリカ政府は、他の国の法律を強制的に変えることはできないが、他の国の銀行がアメリカでビジネスをすることを拒否することで、アメリカの法律やコンプライアンス規制を遵守するよう強制することはできました。

 

米国政府は、FATCAによって、世界中の銀行に対して、米国の顧客に関する情報を報告することを強制するようにしました。FATCAが施行されて10年が経過し、他の国もこれに追随して共通報告基準(CRS)が導入されました。いずれも銀行と政府間の情報共有を求める仕組みで、スイスの銀行を含め、顧客の個人情報を隠蔽する銀行の能力に深刻な打撃を与えています。

さらに重要なことは、FACTAは、合法・非合法両方の目的でオフショア口座を開設しようとする米国人にとって、多くの問題を引き起こしたということです。 FACTAは、銀行が犯罪者やテロリストと偶然または意図的に取引するのを防ぐために作られましたが、一部の銀行は、米国市民や居住者との取引を全く拒否するようになりました。

 

FACTA以前は、アメリカ人は外国の銀行口座をIRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)に報告することが法的に義務付けられていました。しかし、FACTAとの違いは、その遵守責任が銀行ではなく、納税者にあることです。これで各国の銀行は、アメリカ人顧客の口座を報告しなければならなくなり、アメリカ人顧客も口座の存在を報告しなければならなくなりました。

その結果、今日、米国の起業家が米国外に資金を移動させようとする場合、オフショア銀行が取引する価値を高めるために、いくつかの難関を突破する必要があるのです。

 

スイスの銀行と現代の銀行機密保護

オフショアバンク、中でもスイスの話をするときによく受ける質問のひとつに、オフショアバンクを使ってお金を隠すことができるのか?というトピックについてです。ここまでの話を読んできた方ならお分かりかと思います。いいえ、21世紀の銀行機密はもはや存在しないのです。

現代において、オフショアの主な利点は、資産の分散、安定性という考え方に集約されます。オフショアでは、国内では見ることのできない、さまざまな種類の資産にアクセスすることができます。スイスの銀行は、現在、世界で最も規制が厳しい銀行の一つであり、内部的にも外部的にも規制が厳しいです。

 

スイスの銀行はもはや政府から秘密を守ることはできないが、犯罪組織から秘密を守ることはできます。南米やアフリカ南部、ロシアの国々の人は、脱税ではなく、悪い連中の目に留まらないようにする目的で利用することもあります。スイスやその他の国の銀行機密保護法は、あなたの口座に関する一般的な銀行員や窓口担当者の情報量を制限することで、この点でもあなたに有利に働きます。 確かに、スイスの銀行では、お客様の情報を政府機関に提供する義務があります。

 

ただ、銀行組織内のどの担当者がどの情報を知ることができるかは、非常に厳格に規定されています。これにより、銀行内の腐敗からお客様を守り、お客様の情報をプライベートに保つことができるのです。100年前に理解されていた銀行の秘密主義は、今やすっかり廃れてしまった。しかし、自分の情報を知る人を限定したいのであれば、スイスのような富の中心地での銀行取引は検討する価値があるでしょう。

 

スイスの銀行は有益か?

これは複雑な質問で、質問する人によって答えが変わってきます。現実問題として、この数十年の間に世界は変わってしまいました。過去にうまくいったことが、今必ずしもうまくいくとは限りません。 以前と比べて、現在、スイスには多くの選択肢が存在します。スイスのオフショア産業は、歴史的に見ても、顧客の資金を安全に預かるという点で、非常に優れています。しかし、現代のオフショア産業は、銀行に対して安全性以上のものを要求することがしばしばです。

 

スイスの銀行は安全か?

スイスのオフショア銀行に関する調査では、世界で最も安全な銀行の第2位となっています。 グローバル・ファイナンス・マガジンでスイスは、世界で最も安全な銀行として、ドイツに次いで2位、オランダのすぐ前に位置しています。

またスイスは、世界でも最も汚職の少ない国の一つとして知られています。 最も腐敗の少ない国スイスは、世界でも有数のクリーンな国として知られている。近代的な経済とインフラ、そして少ない人口が、政治や経済の腐敗をなくし、平和な国家を実現しました。スイスの刑法では、あらゆる形態の贈収賄が犯罪とされている。また、スイスは現金の持ち込みや持ち出しに制限がありません。

 

スイスの銀行の安定性の要因とは?

オフショアバンク(居住国以外の銀行)は、その国の評判の上に成り立つものではありません。しかし、これまで述べてきたように、スイスは非常にクリーンな国です。政府は安定しており、通貨も安定しています。スイスの銀行口座は、その安定した歴史と厳格な規制により、世界各地でのビジネス展開に大きな支障をきたすことはないでしょう。 また、銀行機関そのものに関しても、スイスの多くの銀行は、専門家やプロフェッショナルが運営し、お客様のお金に責任を持ち、お客様の資産を増やすお手伝いをしたいと考えています。

 

スイスの銀行は開設しやすいか?

どこの国に行っても、ボタンを押すだけで銀行口座が開設できるわけではありません。直接現地に赴くか、遠隔操作で本人確認書類を送付して口座を開設する必要があります。とはいえ、素晴らしい管轄区域にあり、優れた財務内容を持つ銀行でも、対応が全く悪夢のような銀行は少なからず存在します。スイスをはじめ、有名な銀行の管轄区域にある多くの銀行は、銀行業務を簡単に行うことはできません。また、外国人(特に米国人)に対して高い最低預金額を要求します。

口座開設のために100万ドル(約1.4億円)程度を預けなければ、スイスの銀行では相手にされない可能性が高いです。しかし、もしあなたが100万ドルの資金を安定した銀行の管轄区域に預ける準備ができているなら、スイスは良い場所かもしれません。

n202306-banner

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。...

【日本人の知らない】海外プライベートバンクの驚きの仕組みとは?

プライベートバンクとは何か? プライベートバンクとは、個人の富裕層のニーズに対応する銀行サービスです。プライベートバンクのサービスは、投資および資産管理サービス、特化した信用サービスなど、選ばれたクライアントの特定のニーズを満たすためにカスタマイズされた他の金融サービスを含みます。...

【節税対策へ!】海外法人を設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 節税のために海外法人を設立することは、企業や起業家の間でますます人気が高まっています。その手続きは複雑に見えるかもしれませんが、長い目で見れば多くの利点があります。  ...

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

海外ビジネスで節税効果を狙える!法人設立のポイント|日本の富裕層が押さえておくべき海外展開戦略

海外で法人設立することによって、日本国内でのビジネスだけでなく、海外でのビジネス展開やグローバルな視野を持つことができます。また、法人設立によって税制面でのメリットも得られることがあります。本記事では、海外での法人設立によるメリットや手続きについて詳しく解説していきます。 海外で法人設立するメリット...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...