海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

Home 9 資産運用・資産保全 9 海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。

資産保全の主な利点の1つは、税負担を軽減できることです。資産を保護することで、毎年支払うべき税金の額を減らすように資産を構成することができます。これはあなたのお金を節約し、時間の経過とともにあなたのキャッシュフローを増加させることができます。

 

また、資産保全は次のような役割も果たします。 債権者や訴訟からあなたのお金を守ります。これは、あなたがビジネスオーナーであったり、リスクの高い業界で働いている場合には、特に重要なことです。資産保護戦略を実施することで、予期せぬ法的問題が発生した場合でも、あなたの財産を守ることができるのです。

最後に、資産保全は、相続やお金にまつわるその他の問題をめぐる家族の争いを減らすのに役立ちます。適切にあなたの資産を保護し、あなたの意図通りに配分するための法的文書を用意します。そうすることで、費用のかかる法廷闘争を回避し、死後もあなたの希望が守られるようにすることができます。

 

これらは、資産保護がもたらすメリットのほんの一部に過ぎません。資産を保護しないことによるリスク、例えば税金のペナルティなどを考慮することが重要です。 すべての状況はユニークであり、特定のニーズに最適な資産保全戦略を決定するために、金融または法律の専門家に相談する必要があります。適切な計画と実行により、現在および将来のお金の安全を確保することができます。

 

また資産保全には、信託、LLC、オフショア口座、保険など、いくつかのアプローチがあります。信託は、検認裁判所の手続きを経ずに、資産の所有権をある人から別の人へ移す方法です。これにより、個人は自分の資産を債権者から保護しながら、そのコントロールを維持することができます。LLC(リミテッド・ライアビリティー・カンパニー)は、以下の点で同様の利点を備えています。 は、個人的な責任から保護するためのレイヤーを提供します。

オフショア口座とは、所有者の自国外にある銀行やその他の金融機関の口座のことです。これらの口座は通常、税金や債権者から資産を守るため、またプライバシーや資産の分散を図るために利用されます。また、保険も資産保全の一翼を担っています。 盗難や火災などの災害による損失をカバーできる盾となるものです。

 

これらの資産保全の方法を一つ以上活用することで、個人は債権者やその他の第三者から資産を保護することができます。しかし、それぞれの方法には、コスト面で長所と短所があることを覚えておく必要があります。 そのため、自分にとって最適な方法を決める前に、資産保護の専門家に相談し、研究を行うことが重要です。適切な計画を立てることで、個人の資産は債権者やその他の第三者から安全に保護されるようにすることができます。

最後に、資産保全は継続的なプロセスであることを覚えておくことが重要です。したがって、資産保全計画の有効性を確保するために、継続的に見直し、更新することが重要です。適切な計画を立てれば、あなたの資産が債権者やその他の第三者から保護されていることを知り、安心することができます。

n202306-banner

【徹底解剖】海外プライベートバンクの安全性と実態に迫る…

海外プライベートバンクの安全性はどうか? 情報の自動交換以降、国際的なプライベートバンクのルールは変わりました。現実として、非居住者に対する銀行口座の開設は困難になっているケースがあります。銀行家の間には過剰な恐怖が広がっています。...

世界の超富裕層がコッソリ移動する謎の移住先とは?

世界の超富裕層は、何年も前から引っ越しの話をしていたのに、金融不安の大流行と次に何が起こるかわからないという不安から、これまでにない速さで海外に移住しています。今回は、彼らの多くがどこに移住しているのか、そしてその理由は何なのか、ある記事を紹介します。...

【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

【資産保護へ】海外オフショアを開設する意外なメリットとは?

多くの人は、FATCAやCRS(共通報告基準)が実施され、銀行機密が死滅した今、オフショア銀行を開設する意味があるのか疑問に持つ人がいるかもしれません。なぜ、オフショアに資金を移動させるのか?お金を隠すことができないなら、海外に銀行を作る目的は何ですか?と疑問を持っている人がいるかと思います。 ...

【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

今回は、誰でも無料で2枚目のパスポートを取得できるだけでなく、実際にお金をもらって2枚目のパスポートを取得する方法を紹介します。日本では、二重国籍が認められていないため、日本を含めたパスポートを複数持ちすることはできませんが、世界では何と無料で2枚目のパスポートを取得することのできて、お金をもらうことができる国があります。  ...

【日本人の知らない】海外プライベートバンクの驚きの仕組みとは?

プライベートバンクとは何か? プライベートバンクとは、個人の富裕層のニーズに対応する銀行サービスです。プライベートバンクのサービスは、投資および資産管理サービス、特化した信用サービスなど、選ばれたクライアントの特定のニーズを満たすためにカスタマイズされた他の金融サービスを含みます。...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...

【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。  ...