40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

Home 9 海外移住 9 40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに

海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。

 

タイランドエリートビザとは

タイランドエリートビザは、タイ政府が提供する長期滞在ビザの一種です。このビザは、一定額以上の金融資産を持つ個人に向けたもので、暗号通貨を資産として認めている点が特徴です。

ビザの種類とメリット

タイランドエリートビザには、滞在期間に応じた複数のオプションがあります。

ゴールド(5年):約370万円

プラチナ(10年):約630万円

ダイアモンド(15年):約1000万円

リザーブ(20年):約2000万円

ビザ取得者は有効期間内に何度でもタイへ出入りでき、国際的な二拠点生活を実現することができます。

暗号通貨と海外移住

ビットコイン、イーサリアム、テザー(USDT)などの暗号通貨を使用してビザの入会金を支払うことが可能です。この方法は、銀行システムを介さずに、迅速かつ安全に取引ができる利点があります。

投資移民ビザと就労制限

投資移民ビザは長期居住権を提供しますが、国内での就労は基本的に許可されていません。このビザは、自国の雇用に影響を与えずに、観光や高額消費の経済効果を目的としています。

世界の暗号通貨投資家と移住動向

Henley & Partnersの調査によると、世界には4億人以上の暗号通貨投資家がおり、その中で100万ドル以上の暗号資産を保有する個人は約9万人存在しています。これらの個人は、複数の海外拠点を持つことを望んでいます。

 

結論:富裕層のための海外移住戦略

タイランドエリートビザは、40代以上の富裕層やリタイヤを考える方々にとって、海外での新生活を始めるための魅力的な選択肢です。暗号通貨を活用することで、よりスムーズかつ効率的に移住の夢を実現することができます。

 

【動画で徹底解説】本当にタイを選ぶべきなのか?

この通り、暗号通貨を活用することで、タイのビザを簡単に入手できます。タイが好きで、移住を検討されている方でしたらこの方法が良い選択肢です。しかしながら、タイ移住には多くの人が気づいていない落とし穴があります。下記の動画で徹底解説していますのでチェックしてみてください。

弊社では、随時「2024年最新版オススメの最強の無税法人」「本当の富裕層はドバイを選ばない理由」など、グローバルスキームを公開しています。詳細はメルマガで公開しています。詳しくはこちら

※本記事は、2023年12月28日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

n202306-banner

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。...

【多くの人が見逃している】海外銀行口座を開設すべきメリットとは?

これまで私たちGPCでは、世界各国の銀行口座を分析・研究し、海外の銀行の良いところを見ることがあれば、悪いところも見てきました。しかし、多くの人々は、世界中の銀行口座を持つことのメリットを理解していないと思うのです。そこで、株式投資家や暗号通貨投資家であっても、世界中に銀行口座を持つべき最高の理由を紹介します。...

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...

初心者でも分かるアパート・マンション投資の段取り術!

アパート・マンション投資は、時間をかけて富を築くことができる素晴らしい方法です。これは、1つまたは複数のアパートやマンションを購入し、必要に応じて改装し、賃貸収入を得るためにそれらを貸し出すことが含まれます。目標は、将来売却したときに最終的にキャピタルゲインを得られるように、不動産の価値を高めることです。...

資産運用が上手いのは?投資家VSプライベートバンカー

今回は、一般的な投資家の資産運用とプライベートバンカーの資産運用を比較していきます。一般的な投資家は、資産運用をする際に様々な疑問に直面することがあります。どの程度のリスクを取るべきなのか?どのような投資が適しているのか?各アセットクラスにどれくらいの資金を割り当てるべきか?これらはすべて妥当な質問であり、その答えは、個々の投資家の目標、リスク許容度、財務状況によって異なります。 ...

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...

【徹底解説】アメリカのプライベートバンクの特徴から名前まで

米国のプライベートバンクは、プライバシー、セキュリティ、サービスのレベルが高いことで知られています。プライベートバンクは、資産管理、財産設計、投資など、富裕層のニーズを満たすためのさまざまなサービスを提供しています。また、プライベートバンクは、金融の専門家へのアクセスを提供し、顧客が個々の目標に合った戦略を立てられるよう支援します。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

【VIP御用達】プライベートバンクの開設による様々な特典とは?

プライベートバンクに口座を開設すると、従来の銀行サービスではアクセスできない多くの特典を利用することができます。例えば、個人的なバンキング・アドバイザーの利用、ニーズに合わせた財務アドバイス、より高い預金限度額、ローン申請やその他の取引における優遇措置などがあります。また、プライベートバンクは、独自の商品を通じて、特別な投資機会を提供しています。...