【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

Home 9 海外移住 9 【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付けないからです。予約は、たいていキャンセルされてしまいます。

もちろんパスポートが1つしかなければ、行動範囲が狭まります。その国の国民でなければ、その国に入国する権利は保証されないからです。自分の国籍を持っている国が混乱に陥ったり、財政難に陥ったりしたときに行くべき場所があれば、両方の国の国民になることもできますし、どちらかの国の国民であることが役に立たなくなったら、その国を離れることもできます。

 

オーストラリアなど特定の国は閉鎖的で”国民であれば出られない”と言っています。それはそれで確かに気になるのですが、先日カンボジアのプノンペン・ポストで見つけた記事を紹介します。記事にはこう書かれています。

“ベトナム・計画投資省が発表した新しい法令案が承認されれば、個人が海外の不動産に投資することはできなくなる。この規則は、個人が市民権取得を目的として外国で不動産投資をすることを防ぐことを目的としている。”

同省によると、ベトナムという国は、自国民が第二の国籍を持つことを望んでいないそうです。現在、日本を含めて第二の国籍を持つことを許されていない国はいくつもあり、人々はしばしばイギリスに移住し、債券に投資してビザを取得し、基本的に永住権を持つか、ギリシャやその他のヨーロッパの国で永住権を取得してアクセスすることになるでしょう。

 

二重国籍を認めていない国も多々ありますが、それはしばらく前からでした。ベトナムはアプローチの仕方が違うだけです。自国に住んでいる人は、海外に不動産を持つことを禁止する法律を作ろうと思っているのです。プランBを持つことはできません。

なぜベトナム政府は、移住することをますます困難にするのか?課税対象が減り、収奪対象が減り、管理対象が減るからです。今回紹介してきたのは、ベトナムの例でプランB、C、Dを準備しておけば安心して移住できます。

n202306-banner

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

アメリカ税制完全ガイド|個人から法人まであらゆる税金を徹底解剖!

アメリカの税制-概要 アメリカ合衆国では、税金は連邦政府と州政府の両方によって課されます。連邦税と州税は完全に別のもので、それぞれが独自の課税権を持っています。連邦政府は州の課税に干渉する権利を持っていません。各州には他の州とは別の税制度があります。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

投資やプライベートバンクの資産運用で失敗する可能性はあるのか?

今回の記事では投資やプライベートバンクが失敗する可能性があるのかについて見ていきます。投資では、お金を増やすことができる可能性があります。しかし、同時に失敗する可能性もあります。 投資を行うには、ある程度のリスクを負うことになります。...

【徹底解説】アメリカのプライベートバンクの特徴から名前まで

米国のプライベートバンクは、プライバシー、セキュリティ、サービスのレベルが高いことで知られています。プライベートバンクは、資産管理、財産設計、投資など、富裕層のニーズを満たすためのさまざまなサービスを提供しています。また、プライベートバンクは、金融の専門家へのアクセスを提供し、顧客が個々の目標に合った戦略を立てられるよう支援します。...

海外法人を複数国で設立することによるメリットとは?

海外法人の複数設立のメリット 海外法人を複数の国で設立することは、利益の最大化、経費の最小化、資産の保護につながる多くのメリットをもたらします。税制の異なる複数の国で法人を設立することにより、様々な節税の恩恵を受けることが可能です。例えば、一部の国では法人税率が0%であるため、大幅な節税を実現することができます。 さらに、配当金に課税されない国もあり、より多くのお金を貯めることができるのです。...

【最短で節税】投資の税金対策で法人設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 株式や不動産への投資は、資産形成のための素晴らしい方法ですが、これらの投資に関連する税金があることを認識しておくことが重要です。この記事では、投資をする際に発生する可能性のあるさまざまな種類の税金について説明します。  ...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...