【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

Home 9 海外移住 9 【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付けないからです。予約は、たいていキャンセルされてしまいます。

もちろんパスポートが1つしかなければ、行動範囲が狭まります。その国の国民でなければ、その国に入国する権利は保証されないからです。自分の国籍を持っている国が混乱に陥ったり、財政難に陥ったりしたときに行くべき場所があれば、両方の国の国民になることもできますし、どちらかの国の国民であることが役に立たなくなったら、その国を離れることもできます。

 

オーストラリアなど特定の国は閉鎖的で”国民であれば出られない”と言っています。それはそれで確かに気になるのですが、先日カンボジアのプノンペン・ポストで見つけた記事を紹介します。記事にはこう書かれています。

“ベトナム・計画投資省が発表した新しい法令案が承認されれば、個人が海外の不動産に投資することはできなくなる。この規則は、個人が市民権取得を目的として外国で不動産投資をすることを防ぐことを目的としている。”

同省によると、ベトナムという国は、自国民が第二の国籍を持つことを望んでいないそうです。現在、日本を含めて第二の国籍を持つことを許されていない国はいくつもあり、人々はしばしばイギリスに移住し、債券に投資してビザを取得し、基本的に永住権を持つか、ギリシャやその他のヨーロッパの国で永住権を取得してアクセスすることになるでしょう。

 

二重国籍を認めていない国も多々ありますが、それはしばらく前からでした。ベトナムはアプローチの仕方が違うだけです。自国に住んでいる人は、海外に不動産を持つことを禁止する法律を作ろうと思っているのです。プランBを持つことはできません。

なぜベトナム政府は、移住することをますます困難にするのか?課税対象が減り、収奪対象が減り、管理対象が減るからです。今回紹介してきたのは、ベトナムの例でプランB、C、Dを準備しておけば安心して移住できます。

意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

オフショア銀行口座を開設するために知っておくべき具体的な内容を説明します。オフショア銀行とは、居住国外に開設する銀行口座のことです。私たち日本人であれば、日本以外の国に銀行口座を開設することをいいます。オフショア銀行の存在を知っていたとしても、開設する方法を知らない人がほとんどですので今回わかりやすく開設していきます。   オフショア銀行開設までのステップ...

【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、"どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?"と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。...

【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

今回は、誰でも無料で2枚目のパスポートを取得できるだけでなく、実際にお金をもらって2枚目のパスポートを取得する方法を紹介します。日本では、二重国籍が認められていないため、日本を含めたパスポートを複数持ちすることはできませんが、世界では何と無料で2枚目のパスポートを取得することのできて、お金をもらうことができる国があります。  ...

【徹底解説】BVIの税制と海外無税法人を設立するステップ

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2023年1月28日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 BVIの税制...

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。  ...

投資・プライベートバンクでどれだけの利回りを狙えるか?

投資やプライベートバンクでどれだけの利回りが得られるか気になる方も多いと思います。 前半では投資、後半ではプライベートバンクでの資産運用による利回りについて解説します。投資から得られる利回りの額は、資産の種類や投資期間など、さまざまな要因によって異なります。...

【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

海外の銀行で口座開設をお考えですか?もう迷うことはありません。今回は、金利や手数料、サービスが充実しているおすすめの銀行をご紹介します。...