【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

Home 9 海外移住 9 【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付けないからです。予約は、たいていキャンセルされてしまいます。

もちろんパスポートが1つしかなければ、行動範囲が狭まります。その国の国民でなければ、その国に入国する権利は保証されないからです。自分の国籍を持っている国が混乱に陥ったり、財政難に陥ったりしたときに行くべき場所があれば、両方の国の国民になることもできますし、どちらかの国の国民であることが役に立たなくなったら、その国を離れることもできます。

 

オーストラリアなど特定の国は閉鎖的で”国民であれば出られない”と言っています。それはそれで確かに気になるのですが、先日カンボジアのプノンペン・ポストで見つけた記事を紹介します。記事にはこう書かれています。

“ベトナム・計画投資省が発表した新しい法令案が承認されれば、個人が海外の不動産に投資することはできなくなる。この規則は、個人が市民権取得を目的として外国で不動産投資をすることを防ぐことを目的としている。”

同省によると、ベトナムという国は、自国民が第二の国籍を持つことを望んでいないそうです。現在、日本を含めて第二の国籍を持つことを許されていない国はいくつもあり、人々はしばしばイギリスに移住し、債券に投資してビザを取得し、基本的に永住権を持つか、ギリシャやその他のヨーロッパの国で永住権を取得してアクセスすることになるでしょう。

 

二重国籍を認めていない国も多々ありますが、それはしばらく前からでした。ベトナムはアプローチの仕方が違うだけです。自国に住んでいる人は、海外に不動産を持つことを禁止する法律を作ろうと思っているのです。プランBを持つことはできません。

なぜベトナム政府は、移住することをますます困難にするのか?課税対象が減り、収奪対象が減り、管理対象が減るからです。今回紹介してきたのは、ベトナムの例でプランB、C、Dを準備しておけば安心して移住できます。

【必見!】米国銀行口座の知られざる秘密とは?

アメリカには多くのビジネスチャンスがあり、世界経済をリードする超大国であるという認識は、誰にも共通していることでしょう。もし、皆さんが最高の銀行を求めるなら、アメリカ内に様々な選択肢があります。しかし、アメリカで銀行口座を持つにあたり、いくつか注意すべきこともあります。例えば、アメリカに口座があれば、1回も入国しなくても税金から取られてしまいます。...

【移住希望者必見!】イタリアのゴールデンビザの驚愕の事実とは?

ポルトガル、ギリシャ、スペイン、アイルランド、ラトビアなどの国々で、投資家に居住権や将来の市民権を提供するゴールデンビザ・プログラムを聞いたことがあるかもしれません。しかし、イタリアには独自のゴールデンビザがあり、投資家に居住権を与えていることをご存知ですか?...

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

アメックスセンチュリオンのメリットと意外な入手方法

アメックス・センチュリオンカードを持つことは、ステータスと豊かさの証です。この超高級クレジットカードには多くの特典があり、市場で最高レベルのサービスを享受することができます。ここでは、アメックスセンチュリオンを持つことで得られるメリットを紹介します。そして記事の一番最後には、アメックスセンチュリオンカードの意外な入手ルートを2つ紹介します。 1.世界最高峰のコンシェルジュ サービスを提供...

【経営者必見】海外法人を設立して節税する極意

外国の管轄区域に海外法人を設立すると、多くの利点が得られます。その中でも最も重要なのは、大幅な税制上の利点と節税が得られることです。この記事では、海外法人によく提供される各種の税制上の利点とその他の追加の利点について掘り下げます。また、どのようにしてこれらの利点を得る資格を得て、最大限に活用するかについても説明します。   海外法人を設立する税制上の利点(メリット)...

【相続税が非課税!?】最強の節税スキーム公益財団法人とは?

公益財団法人は、特定の公益目的を達成するために設立される法人です。公益目的は、社会全体の利益に寄与するものでなければなりません。公益財団法人は、その目的を達成するために、寄付や遺産などの資金を活用します。...

投資やプライベートバンクの資産運用で失敗する可能性はあるのか?

今回の記事では投資やプライベートバンクが失敗する可能性があるのかについて見ていきます。投資では、お金を増やすことができる可能性があります。しかし、同時に失敗する可能性もあります。 投資を行うには、ある程度のリスクを負うことになります。...

【サクッと理解!】プライベートバンク口座開設ガイド

プライベートバンクは、富裕層の大事な資産を預かり、お客様に代わってバンカーが資産運用や管理を行う金融機関です。世界各地に存在し、スイス、リヒテンシュタイン、ドバイ、シンガポールなどにあります。プライベートバンクの口座開設の条件ですが、まず、純資産が高いことが条件です。...

資産運用が上手いのは?投資家VSプライベートバンカー

今回は、一般的な投資家の資産運用とプライベートバンカーの資産運用を比較していきます。一般的な投資家は、資産運用をする際に様々な疑問に直面することがあります。どの程度のリスクを取るべきなのか?どのような投資が適しているのか?各アセットクラスにどれくらいの資金を割り当てるべきか?これらはすべて妥当な質問であり、その答えは、個々の投資家の目標、リスク許容度、財務状況によって異なります。 ...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...
n202306-banner