【海外移住希望者必見!】無税の国に住む極意

Home 9 海外移住 9 【海外移住希望者必見!】無税の国に住む極意

もし、税金のかからない国をひとつだけ選んで永住し、税制上の優遇措置を受けられるとしたら、それはどこでしょう?数十の選択肢の中から、思い浮かぶのはこの数カ国だろう。幸いなことに、税金がないことで有名なその国で毎日を過ごす必要はありません。免税も可能です。会社や政府が個人の税金について何を提供するかは別として、自分にとってはたくさんあるのです。

タックスフリーの国の居住許可や市民権を持つことは、多くの利点があります。バーレーン、UAE、バハマなどの話をしました。これらの国では、税金がないことを利用して、不動産を購入したり、ビジネスを組んだりすることができます。

 

一般的に、他の場所では良い取引がたくさんあるため、非常にタックスフリーな国は魅力を失い始めていると思います。しかし、非課税の国に永住し、支払う税金の総額を少なくするために、私が選んだ最良の選択肢をいくつか紹介しましょう。モナコは一つの選択肢だ。もう一つの選択肢は、ブルネイだ。また、湾岸諸国や島国などにも、同じような優遇措置がある。

ピトケアン島とかの話ではなく、場所全般の話です。モナコは小さくて入りにくく、非包括的です。私はそこに住みたいとは思いません。そこに住むと、1.1平方キロメートルの狭さを感じます。41ユーロのハンバーガーをどんなに楽しんでいても、しばらくするとすぐに退屈してしまうような。というのも、モナコは万人向けではありません。モナコは万人向けではないし、アイオワのような魅力もない(冗談です、ちょっとだけ)。

 

ケイマン諸島は、多くの人が「海外で暮らしたい」と言うときに、本当に求めているものを提供してくれます。それはライフスタイルの問題です。ほとんどの人は、弁護士や会計士の基準ではなく、自分たちの好きなように生活できるように、低い税金を望んでいます。

私はビーチ派ではありません。フィグツリーやジョリーハーバーで過ごすことができるなら、アンティグアは大好きなのですが、島に閉じ込められると、ひどく疲れるんです(キャビンフィーバーは本当です)。海を眺めるのはいいけれど、一つの国に閉じこもっていると、何もかもが遠く感じてしまう。だから、カリブ海もバヌアツほど悪くないかもしれませんね。

 

湾岸諸国にはいくつか行ったことがありますが、私の知る限りでは、多くの国がタックスフリーです。UAEが一番選びやすそうですが、バーレーンも湾岸諸国の中では自由度が高い国だと聞いています。レジャーでよく行くんですよ。サウジアラビアの紳士も、たまに息抜きに行くそうです。しかし、この件に関して、すべての人が私の意見と同じでないことは承知している。バーレーンの政策が徐々に自由になってきていると考える人もいれば、彼らの懸念は妥当だと考える人もいる……。

新しい国に行くということは、ある意味、今までの生活を捨てるということです。昔は、たぶん4年に一度、投票に行って、政治家に向かって叫んでいたでしょう。でも今は、そんなことを気にせず、自分の人生を楽しみたい。先進国でも途上国でも、多くの国でそう言えるでしょう。

 

UAEでは、人々は批判されることなく好きなように出入りすることができます。私はこの機能が大好きで、受け入れられていると感じられるからです。しかし、もし私がパキスタン人だったら、同じような選択肢はないでしょう。私の家族や友人がアメリカやヨーロッパのパスポートを持って私を訪ねたいと思えば、オープンビザポリシーのおかげで、自由に訪問することができます。

なぜなら、私の家族はいつか私と一緒に暮らしたいと思っているからです。私の両親も、いつかは私の祖父母になるかもしれません。不動産も簡単に購入できますし、ビジネスを始めたり、投資したりすることもできます。しかし、私のようなノマディック・キャピタリズムを実践する者にとっては、全体的に「人生を楽しむ」ことが最も重要な柱となる。また、一般的に税金が安いということは、経済的な制約を感じることなく、お金を再分配できることを意味します。

 

私は、将来のためにお金を貯めることができるようになると、とても嬉しくなります。余分なバッファを持つことは気分がいいし、その結果、自分の生活やビジネスがより快適になりました。以前は、カレンダーの日付や政府の回避策をいつも気にしていましたが、今はそのような心配は全くありません。

毎日素敵なレストランで食事ができれば最高ですが、現実には、マクドナルドのような手軽なものが食べたいときもあります。でも、それでいいんです。バラエティは人生のスパイスなのですから。冒険したい日もあれば、家やプールサイドでのんびりしたい日もある。どんな好みであっても、ミシュランの星付きレストランであろうとなかろうと、楽しむことを恥じる必要はないはずです。”

 

UAEは、賑やかな街並みから広大な砂漠のオアシスにひっそりと佇むリゾートまで、世界の他の国にはない多彩な風景や海景を誇ります。また、UAEは非課税地域であるため、観光客にも居住者にも非常にフレンドリーです。ショッピングを楽しみたい人も、夜の街に繰り出したい人も、この国にはいつも何かがあるのです。

UAEは、そのダイナミズムと成長性から、住むのに最適な場所です。世界中から人々が集まってくるので、まさにコスモポリタンな場所といえます。また、誰もがどこかの国から来ているため、コミュニティにはものすごいエネルギーと活気があります。小銭を投げつけられる心配もなく、買い物も人との交流も快適です。

 

毎日一緒に話せる友人や同僚がいることは、素敵なことだと思います。私は純粋にマレーシアの人たちが好きですが、ドバイ、マレーシア、バングラデシュ、イランなど、いろいろな国の人たちと一緒に仕事をしています。コーヒーやお茶を飲みに行って、楽しくおしゃべりすると、一日が明るくなりますね。

私自身は、家族や親しい友人がいること以外に、日常生活の中で笑顔で素敵な振る舞いができることが贅沢なライフスタイルだと思っています。とはいえ、美しい車やスーツ姿の男性が運転する空港シャトルなど、表面的なものさえあれば、この理想的な生活を手に入れることは簡単です。

 

もし、税金の安い国を選ぶとしたら、私はアラブ首長国連邦を選びます。この制度はUAEの国民でなくても利用できます。特定の人しか利用できないという話もありますが、それでもチャンスがあればそこを選びますね。非課税の国は限られていますし、その中でも所得税、キャピタルゲイン税、富裕税が完全に免除されるところはさらに少ないです。だから、税金の負担がまったくないところに行きたいなら、その数少ない選択肢の中から選ぶしかないのです。

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

【誰でも開設不可!?】プライベートバンク口座開設の審査の実態

プライベートバンクは、世界中の人で開設することができます。しかし、一部の国に住む人は、海外のプライベートバンクを口座開設することは難しいです。...

プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

プライベートバンクの口座を開設すると、他の金融機関では得られない多くのメリットを得ることができます。例えば、プライベートバンクは、カスタマイズされた資産・財産管理ソリューション、独占的な投資へのアクセス、ファイナンシャルプランニングのアドバイス、コンシェルジュバンキングサービスなど、顧客の特定のニーズに合わせた専門的なサービスを提供します。...

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...

プライベートバンクが行うコンシェルジュサービスとは?

プライベートバンクは、富裕層の顧客に対してさまざまなサービスを提供していますが、その中でも特に価値があるのがコンシェルジュサービスです。この種のサービスでは、プライベートバンクの顧客は、イベントの優先予約やチケット、旅行の予約など、特別な特典を利用することができます。 コンシェルジュサービスは、以下のようなことが可能です。...

【必見】世界のタックスヘイブン国リストと実践方法!

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 タックスヘイブンとは、税金が非常に低い、あるいは全くかからない世界各国のことです。このような税率を利用して節税することは、経済的に余裕のある方にとっては大きなメリットとなります。今回は、知っておきたい世界のタックスヘイブンをまとめて紹介します。   1.ケイマン諸島...

米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。 インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。...

【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどう...

【海外富裕層だけが知る】リヒテンシュタインプライベートバンクの実態に迫る

あなたの資産を管理・拡大するための信頼できるパートナーをお探しなら、リヒテンシュタインのプライベートバンクは最適な選択肢です。プライベートバンクで200年以上の経験を持つリヒテンシュタインのプライベートバンクは、富裕層向けに特別にカスタマイズされた幅広いサービスを提供しています。 ...

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...