【海外移住希望者必見!】無税の国に住む極意

Home 9 海外移住 9 【海外移住希望者必見!】無税の国に住む極意

もし、税金のかからない国をひとつだけ選んで永住し、税制上の優遇措置を受けられるとしたら、それはどこでしょう?数十の選択肢の中から、思い浮かぶのはこの数カ国だろう。幸いなことに、税金がないことで有名なその国で毎日を過ごす必要はありません。免税も可能です。会社や政府が個人の税金について何を提供するかは別として、自分にとってはたくさんあるのです。

タックスフリーの国の居住許可や市民権を持つことは、多くの利点があります。バーレーン、UAE、バハマなどの話をしました。これらの国では、税金がないことを利用して、不動産を購入したり、ビジネスを組んだりすることができます。

 

一般的に、他の場所では良い取引がたくさんあるため、非常にタックスフリーな国は魅力を失い始めていると思います。しかし、非課税の国に永住し、支払う税金の総額を少なくするために、私が選んだ最良の選択肢をいくつか紹介しましょう。モナコは一つの選択肢だ。もう一つの選択肢は、ブルネイだ。また、湾岸諸国や島国などにも、同じような優遇措置がある。

ピトケアン島とかの話ではなく、場所全般の話です。モナコは小さくて入りにくく、非包括的です。私はそこに住みたいとは思いません。そこに住むと、1.1平方キロメートルの狭さを感じます。41ユーロのハンバーガーをどんなに楽しんでいても、しばらくするとすぐに退屈してしまうような。というのも、モナコは万人向けではありません。モナコは万人向けではないし、アイオワのような魅力もない(冗談です、ちょっとだけ)。

 

ケイマン諸島は、多くの人が「海外で暮らしたい」と言うときに、本当に求めているものを提供してくれます。それはライフスタイルの問題です。ほとんどの人は、弁護士や会計士の基準ではなく、自分たちの好きなように生活できるように、低い税金を望んでいます。

私はビーチ派ではありません。フィグツリーやジョリーハーバーで過ごすことができるなら、アンティグアは大好きなのですが、島に閉じ込められると、ひどく疲れるんです(キャビンフィーバーは本当です)。海を眺めるのはいいけれど、一つの国に閉じこもっていると、何もかもが遠く感じてしまう。だから、カリブ海もバヌアツほど悪くないかもしれませんね。

 

湾岸諸国にはいくつか行ったことがありますが、私の知る限りでは、多くの国がタックスフリーです。UAEが一番選びやすそうですが、バーレーンも湾岸諸国の中では自由度が高い国だと聞いています。レジャーでよく行くんですよ。サウジアラビアの紳士も、たまに息抜きに行くそうです。しかし、この件に関して、すべての人が私の意見と同じでないことは承知している。バーレーンの政策が徐々に自由になってきていると考える人もいれば、彼らの懸念は妥当だと考える人もいる……。

新しい国に行くということは、ある意味、今までの生活を捨てるということです。昔は、たぶん4年に一度、投票に行って、政治家に向かって叫んでいたでしょう。でも今は、そんなことを気にせず、自分の人生を楽しみたい。先進国でも途上国でも、多くの国でそう言えるでしょう。

 

UAEでは、人々は批判されることなく好きなように出入りすることができます。私はこの機能が大好きで、受け入れられていると感じられるからです。しかし、もし私がパキスタン人だったら、同じような選択肢はないでしょう。私の家族や友人がアメリカやヨーロッパのパスポートを持って私を訪ねたいと思えば、オープンビザポリシーのおかげで、自由に訪問することができます。

なぜなら、私の家族はいつか私と一緒に暮らしたいと思っているからです。私の両親も、いつかは私の祖父母になるかもしれません。不動産も簡単に購入できますし、ビジネスを始めたり、投資したりすることもできます。しかし、私のようなノマディック・キャピタリズムを実践する者にとっては、全体的に「人生を楽しむ」ことが最も重要な柱となる。また、一般的に税金が安いということは、経済的な制約を感じることなく、お金を再分配できることを意味します。

 

私は、将来のためにお金を貯めることができるようになると、とても嬉しくなります。余分なバッファを持つことは気分がいいし、その結果、自分の生活やビジネスがより快適になりました。以前は、カレンダーの日付や政府の回避策をいつも気にしていましたが、今はそのような心配は全くありません。

毎日素敵なレストランで食事ができれば最高ですが、現実には、マクドナルドのような手軽なものが食べたいときもあります。でも、それでいいんです。バラエティは人生のスパイスなのですから。冒険したい日もあれば、家やプールサイドでのんびりしたい日もある。どんな好みであっても、ミシュランの星付きレストランであろうとなかろうと、楽しむことを恥じる必要はないはずです。”

 

UAEは、賑やかな街並みから広大な砂漠のオアシスにひっそりと佇むリゾートまで、世界の他の国にはない多彩な風景や海景を誇ります。また、UAEは非課税地域であるため、観光客にも居住者にも非常にフレンドリーです。ショッピングを楽しみたい人も、夜の街に繰り出したい人も、この国にはいつも何かがあるのです。

UAEは、そのダイナミズムと成長性から、住むのに最適な場所です。世界中から人々が集まってくるので、まさにコスモポリタンな場所といえます。また、誰もがどこかの国から来ているため、コミュニティにはものすごいエネルギーと活気があります。小銭を投げつけられる心配もなく、買い物も人との交流も快適です。

 

毎日一緒に話せる友人や同僚がいることは、素敵なことだと思います。私は純粋にマレーシアの人たちが好きですが、ドバイ、マレーシア、バングラデシュ、イランなど、いろいろな国の人たちと一緒に仕事をしています。コーヒーやお茶を飲みに行って、楽しくおしゃべりすると、一日が明るくなりますね。

私自身は、家族や親しい友人がいること以外に、日常生活の中で笑顔で素敵な振る舞いができることが贅沢なライフスタイルだと思っています。とはいえ、美しい車やスーツ姿の男性が運転する空港シャトルなど、表面的なものさえあれば、この理想的な生活を手に入れることは簡単です。

 

もし、税金の安い国を選ぶとしたら、私はアラブ首長国連邦を選びます。この制度はUAEの国民でなくても利用できます。特定の人しか利用できないという話もありますが、それでもチャンスがあればそこを選びますね。非課税の国は限られていますし、その中でも所得税、キャピタルゲイン税、富裕税が完全に免除されるところはさらに少ないです。だから、税金の負担がまったくないところに行きたいなら、その数少ない選択肢の中から選ぶしかないのです。

n202306-banner

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

米国におけるBOI提出義務完全ガイド

2024年から施行される新たなBOI提出義務について、FinCENが定める実質的所有者情報の報告要件をわかりやすく解説。免除対象企業、報告必須情報、提出方法まで、米国内で事業を行う法人必見の情報を網羅。

【日本人の知らない】海外プライベートバンクの驚きの仕組みとは?

プライベートバンクとは何か? プライベートバンクとは、個人の富裕層のニーズに対応する銀行サービスです。プライベートバンクのサービスは、投資および資産管理サービス、特化した信用サービスなど、選ばれたクライアントの特定のニーズを満たすためにカスタマイズされた他の金融サービスを含みます。...

初心者でも分かるアパート・マンション投資の段取り術!

アパート・マンション投資は、時間をかけて富を築くことができる素晴らしい方法です。これは、1つまたは複数のアパートやマンションを購入し、必要に応じて改装し、賃貸収入を得るためにそれらを貸し出すことが含まれます。目標は、将来売却したときに最終的にキャピタルゲインを得られるように、不動産の価値を高めることです。...

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

香港プライベートバンクの知られざる秘密とは?

香港のプライベートバンクは、顧客に対して資産運用や資産保全など幅広いサービスを提供しています。また、顧客それぞれのニーズに合わせた個別の資産管理ソリューションも提供しています。さらに、香港のプライベートバンクは、機密性、信頼性、卓越した顧客サービス、独占的な投資機会へのアクセスなどの利点を備えています。...

投資やプライベートバンクの資産運用で失敗する可能性はあるのか?

今回の記事では投資やプライベートバンクが失敗する可能性があるのかについて見ていきます。投資では、お金を増やすことができる可能性があります。しかし、同時に失敗する可能性もあります。 投資を行うには、ある程度のリスクを負うことになります。...

真のお金持ちが持つクレジットカードの実態とは?

今回の記事では、富裕層と呼ばれる人たちが持つクレジットカードとプライベートバンクで発行されるクレジットカードについて解説します。真のお金持ちがどういうカードを持っているかが見えてくることになるでしょう。富裕層が持つクレジットカードは通常プレミアムで、ポイントアップ、キャッシュバック、旅行特典、イベントや体験への限定アクセスなど、さまざまな特典を提供しています。年会費は高額になることもありますが、そ...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...

【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

オンラインビジネスを設立することを考えているなら、海外の国で会社を設立することが、国内で設立するよりも有利な場合があります。オフショアでの設立から恩恵を受けるすべての会社があるわけではありませんが、その恩恵を受ける会社は主に地元や物理的な拠点を持たないオンラインビジネスです。...