意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

Home 9 海外PB・海外銀行 9 意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

オフショア銀行口座を開設するために知っておくべき具体的な内容を説明します。オフショア銀行とは、居住国外に開設する銀行口座のことです。私たち日本人であれば、日本以外の国に銀行口座を開設することをいいます。オフショア銀行の存在を知っていたとしても、開設する方法を知らない人がほとんどですので今回わかりやすく開設していきます。

 

オフショア銀行開設までのステップ

開設する際には、実際に現地銀行に行き、口座を開設してみましょう。多くの国では、ただ歩いて行くだけで開設可能です。例えばトルコの隣国、ジョージアでは予約も紹介も必要ありません。パスポートと住所を持って行くと、口座を開設することができました。また、事業用口座など口座の種類によっては、予約が必要な銀行もあります。

またケイマン諸島のように租税回避地として名が知られている国で口座開設する際には、原則としてジョージアのようにふらっと立ち寄って開設するのは難しいです。もし、口座開設する際には、いきなり窓口に行くのではなく、事前に電話などで問い合わせるのがベストです。その際には、予約の有無だけでなく、ビザや市民権、労働許可証のない外国人を受け入れているか、さらには保証金が必要かどうかを確認すると良いでしょう。

 

世界各国の銀行では、厳格な顧客情報ルールにより、観光客に口座を開設する行為を厳しく取り締まっています。国によっては、その国に住んでいない人の口座開設を全く受け付けない国もあります。リスクと思われる人を引き受けたくないのです。そのため、シンガポールなどの国では、従来は最低でも最初に1000ドル(約12万円)を口座に入れていれば問題ありませんでしたが、20万ドル(約2500万円)を入れてほしいと言われるようになりました。

証明書など何が必要なのか、どんな書類が必要なのか、外国人でも受け入れてくれるか、保証金はいくらか、予約は必要なのかなどは、事前に電話で確認しておきましょう。中には、外国人全般の開設を断る銀行もありますが、前もって銀行にコンタクトを取っておけば、問題は少なくなるでしょう。

 

オフショア銀行への入り方

意外に思うかもしれませんが、銀行に入るときの準備や服装は、口座開設の成功率を左右します。開設する銀行の目星がついたら、開設のやり取りに向けて作戦を練っていきましょう。銀行は、あなたがどこで税金を支払っているのか、各国で納税しているのか、何のために口座を作るのか、その口座で何をするつもりなのか、最初の預金額はいくらか、などを知りたがります。

いきなり銀行に行って、例えば「税金がかからないと聞いたので口座を作りたい」と言っても、口座は作ってもらえません。過去には、シンガポールの銀行でそのような言い方をして、口座開設を却下されたケースがありました。

また、ぼろぼろのTシャツで現れたら、多くの銀行は相手にしてくれないでしょう、口座開設の理由を正確に把握し、詳細な状況をすべて事前に準備しておくとよいでしょう。準備ができたら実際に店舗に行くことになりますが、銀行の本店に行くことを強くオススメします。なぜなら、本店で働く人々は一般的に経験があり、銀行の方針についてより良く知っているからです。

オフショア口座を開設するための流れを見ていきましたが、何となくかもしれませんがイメージがつかめてきたでしょう。日本で銀行口座開設する際とは違い、色々準備が必要なのが海外での口座開設です。

 

リモートでのオフショア口座開設

こういうご時世もあってか、リモートでのオフショア口座の開設も可能な銀行も出てきています。しかし、直接銀行に行って開設するよりも時間がかかるケースがほとんどです。ベリーズ、ケイマン諸島、クック諸島、バヌアツなどといった租税回避地の銀行でリモートで口座を開設する場合、書類に記入し、パスポートの公証コピーを用意し、その書類をすべて銀行に送付する必要があります。

手続きは、すべて銀行が行ってくれますが、多くの場合、口座開設に時間を要します。しかし、手間を省きたいのであれば、選択肢の1つであることは確かです。

 

まとめ

オフショア口座は一般に、政府の資金移動に関する規制により、開設や利用がますます困難になっています。各国政府は、銀行に対して、これまで以上に顧客情報を把握することを求めています。その結果、多くの銀行が海外居住者のクライアントを持つことを渋るようになっています。

リモートで口座を開設するにしても、本人が直接訪問して開設するにしても、越えなければならないハードルはしばしばありますが、入念な準備を行うことで海外へ口座を開設することができます。

n202306-banner

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...

【必見】法人の役員・取締役を隠すノミニーディレクターとは?

ノミニーディレクター(ノミニーダイレクター)とは? 皆さんは、ノミニー法人をご存知でしょうか?簡単に言うと、法人の登記の際に法人の役員の名前や株主の名前を第三者の名義で登録する法人です。日本ではあまり馴染みのない制度ですが、海外ではノミニー法人を設立することで、外部から真の所有者が誰かを見られるのを防ぐことができます。...

【必見!】米国銀行口座の知られざる秘密とは?

アメリカには多くのビジネスチャンスがあり、世界経済をリードする超大国であるという認識は、誰にも共通していることでしょう。もし、皆さんが最高の銀行を求めるなら、アメリカ内に様々な選択肢があります。しかし、アメリカで銀行口座を持つにあたり、いくつか注意すべきこともあります。例えば、アメリカに口座があれば、1回も入国しなくても税金から取られてしまいます。...

【節税対策へ!】海外法人を設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 節税のために海外法人を設立することは、企業や起業家の間でますます人気が高まっています。その手続きは複雑に見えるかもしれませんが、長い目で見れば多くの利点があります。  ...

【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

海外の銀行で口座開設をお考えですか?もう迷うことはありません。今回は、金利や手数料、サービスが充実しているおすすめの銀行をご紹介します。...

リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

皆さまは、1度は「引退して王様のように暮らしたい」と思ったことはないだろうか?最近、とある人が「100万ドル(約1.3億円)で一生王様のように暮らせる場所はどこか」という興味深い議論に出くわしました。人はこんなことを空想します。彼らは、お金を山ほど貯めて、一生そのお金で暮らしたいと思っているのです。...

香港プライベートバンクの知られざる秘密とは?

香港のプライベートバンクは、顧客に対して資産運用や資産保全など幅広いサービスを提供しています。また、顧客それぞれのニーズに合わせた個別の資産管理ソリューションも提供しています。さらに、香港のプライベートバンクは、機密性、信頼性、卓越した顧客サービス、独占的な投資機会へのアクセスなどの利点を備えています。...

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...