意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

Home 9 海外PB・海外銀行 9 意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

オフショア銀行口座を開設するために知っておくべき具体的な内容を説明します。オフショア銀行とは、居住国外に開設する銀行口座のことです。私たち日本人であれば、日本以外の国に銀行口座を開設することをいいます。オフショア銀行の存在を知っていたとしても、開設する方法を知らない人がほとんどですので今回わかりやすく開設していきます。

 

オフショア銀行開設までのステップ

開設する際には、実際に現地銀行に行き、口座を開設してみましょう。多くの国では、ただ歩いて行くだけで開設可能です。例えばトルコの隣国、ジョージアでは予約も紹介も必要ありません。パスポートと住所を持って行くと、口座を開設することができました。また、事業用口座など口座の種類によっては、予約が必要な銀行もあります。

またケイマン諸島のように租税回避地として名が知られている国で口座開設する際には、原則としてジョージアのようにふらっと立ち寄って開設するのは難しいです。もし、口座開設する際には、いきなり窓口に行くのではなく、事前に電話などで問い合わせるのがベストです。その際には、予約の有無だけでなく、ビザや市民権、労働許可証のない外国人を受け入れているか、さらには保証金が必要かどうかを確認すると良いでしょう。

 

世界各国の銀行では、厳格な顧客情報ルールにより、観光客に口座を開設する行為を厳しく取り締まっています。国によっては、その国に住んでいない人の口座開設を全く受け付けない国もあります。リスクと思われる人を引き受けたくないのです。そのため、シンガポールなどの国では、従来は最低でも最初に1000ドル(約12万円)を口座に入れていれば問題ありませんでしたが、20万ドル(約2500万円)を入れてほしいと言われるようになりました。

証明書など何が必要なのか、どんな書類が必要なのか、外国人でも受け入れてくれるか、保証金はいくらか、予約は必要なのかなどは、事前に電話で確認しておきましょう。中には、外国人全般の開設を断る銀行もありますが、前もって銀行にコンタクトを取っておけば、問題は少なくなるでしょう。

 

オフショア銀行への入り方

意外に思うかもしれませんが、銀行に入るときの準備や服装は、口座開設の成功率を左右します。開設する銀行の目星がついたら、開設のやり取りに向けて作戦を練っていきましょう。銀行は、あなたがどこで税金を支払っているのか、各国で納税しているのか、何のために口座を作るのか、その口座で何をするつもりなのか、最初の預金額はいくらか、などを知りたがります。

いきなり銀行に行って、例えば「税金がかからないと聞いたので口座を作りたい」と言っても、口座は作ってもらえません。過去には、シンガポールの銀行でそのような言い方をして、口座開設を却下されたケースがありました。

また、ぼろぼろのTシャツで現れたら、多くの銀行は相手にしてくれないでしょう、口座開設の理由を正確に把握し、詳細な状況をすべて事前に準備しておくとよいでしょう。準備ができたら実際に店舗に行くことになりますが、銀行の本店に行くことを強くオススメします。なぜなら、本店で働く人々は一般的に経験があり、銀行の方針についてより良く知っているからです。

オフショア口座を開設するための流れを見ていきましたが、何となくかもしれませんがイメージがつかめてきたでしょう。日本で銀行口座開設する際とは違い、色々準備が必要なのが海外での口座開設です。

 

リモートでのオフショア口座開設

こういうご時世もあってか、リモートでのオフショア口座の開設も可能な銀行も出てきています。しかし、直接銀行に行って開設するよりも時間がかかるケースがほとんどです。ベリーズ、ケイマン諸島、クック諸島、バヌアツなどといった租税回避地の銀行でリモートで口座を開設する場合、書類に記入し、パスポートの公証コピーを用意し、その書類をすべて銀行に送付する必要があります。

手続きは、すべて銀行が行ってくれますが、多くの場合、口座開設に時間を要します。しかし、手間を省きたいのであれば、選択肢の1つであることは確かです。

 

まとめ

オフショア口座は一般に、政府の資金移動に関する規制により、開設や利用がますます困難になっています。各国政府は、銀行に対して、これまで以上に顧客情報を把握することを求めています。その結果、多くの銀行が海外居住者のクライアントを持つことを渋るようになっています。

リモートで口座を開設するにしても、本人が直接訪問して開設するにしても、越えなければならないハードルはしばしばありますが、入念な準備を行うことで海外へ口座を開設することができます。

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

プライベートバンクの口座を開設すると、他の金融機関では得られない多くのメリットを得ることができます。例えば、プライベートバンクは、カスタマイズされた資産・財産管理ソリューション、独占的な投資へのアクセス、ファイナンシャルプランニングのアドバイス、コンシェルジュバンキングサービスなど、顧客の特定のニーズに合わせた専門的なサービスを提供します。...

【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。 ・かつてないレベルの金融セキュリティ...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

【移住希望者必見!】イタリアのゴールデンビザの驚愕の事実とは?

ポルトガル、ギリシャ、スペイン、アイルランド、ラトビアなどの国々で、投資家に居住権や将来の市民権を提供するゴールデンビザ・プログラムを聞いたことがあるかもしれません。しかし、イタリアには独自のゴールデンビザがあり、投資家に居住権を与えていることをご存知ですか?...

【日本はランク外!?】世界の安全な銀行がある10カ国とは?

海外の銀行の世界に初めて足を踏み入れた方は、その安全性に不安を感じるかもしれません。 オフショアの銀行にお金を移すと、そのお金が消えてしまうのではないか? と思う人もいるかもしれません。しかし、先進国のほとんどでは、銀行の顧客に対して、何らかの形で預金保険制度が設けられています。 毎年、Global Finance誌は...

東南アジアで最も住みやすい都市トップ5!

今回は、フロンティア市場や遠く離れた場所での投資や起業に適している場所について紹介していきますが、最高の待遇を受ける場所に行き、素晴らしいライフスタイルを送ることが重要です。楽しく暮らせる素敵な場所を見つけたい!ということで、東南アジアで最も住みやすい都市トップ5をまとめました。特に若い起業家、若い家族、低予算で起業する人にとって、東南アジアは世界の他の地域に比べて比較的安いので、とてもいい場所で...

プライベートバンクが行うコンシェルジュサービスとは?

プライベートバンクは、富裕層の顧客に対してさまざまなサービスを提供していますが、その中でも特に価値があるのがコンシェルジュサービスです。この種のサービスでは、プライベートバンクの顧客は、イベントの優先予約やチケット、旅行の予約など、特別な特典を利用することができます。 コンシェルジュサービスは、以下のようなことが可能です。...