【日本人の99%が知らない】永遠の旅行者 Perpetual Travelerの衝撃の実態とは?

Home 9 海外節税 9 【日本人の99%が知らない】永遠の旅行者 Perpetual Travelerの衝撃の実態とは?

パーペチュアル・トラベラー(Perpetual Traveler)とは、ある国から別の国へ絶えず移動することによって、税金や居住の要件を回避し、遊牧民のような生活を送る個人を指します。この個人は、非居住者とみなされるには十分な期間、それぞれの国に滞在しますが、その国で法的に税金を支払う義務が生じるほど長くは滞在しません。この方法の主な目的はその国の税負担を最小限に抑え、自由で柔軟なノマド・ライフを実現するために、多くのメリットを享受することができます。

パーペチュアル・トラベラーズという概念は何世紀も前からありましたが、海外旅行が容易になり、以下のような情報を入手できるようになったため、近年ではより一般的になってきています。 一般市民ちょっとした工夫と各国の法制度の理解で、その国の税負担を避けながら、あるいは最小限に抑えながらノマド生活を送ることは可能です。

 

ただし、各国の入国管理法をよく理解し、定められた滞在期間を超えないようにする必要があります。 さらに、居住や課税に関して法的な問題がないことを確認することも重要です。永久旅行者のライフスタイルに興味をお持ちの方は、各国の移民法や税制に関する信頼できる情報やアドバイスにアクセスすることが、旅を成功させるために必要不可欠です。 

永遠の旅人として生きることで、人は一つの場所に縛られることなく、世界とその多くの驚きを経験することができます。これは、大きな自由と柔軟性、そしてチャンスをもたらしてくれるエキサイティングなライフスタイルです。しかし、国にはそれぞれ、出入国、課税、居住条件などに関する独自の法律があることを忘れてはならない。これらのルールを知ることで ノマディック・ライフスタイルを楽しみながら、法的な問題を回避するために。これらの注意事項を守ることで、永久旅行者は世界を体験し、人生を最大限に楽しむことができるのです。

 

パーペチュアルトラベラーというライフスタイルは、エキサイティングで充実した世界を見ることができます。まず、このライフスタイルがどのようなものかを理解することが重要です。パーペチュアル・トラベラーになると、特定の国の永住権や市民権を取得するのではなく、年間を通じて複数の国に滞在することになります。 つまり、滞在時間や税金などの規制については、それぞれの国の法的制限の範囲内で行う必要があるのです。

基本的なこととその内容を理解したら、パーペチュアル・トラベラーのライフスタイルを計画し始めることができます。まず、あなたのホームベースとなる国を決定するために、以下の項目について調べます。 の要素:生活費、ビザの取得のしやすさ、安全・安心、天候、言語・文化、医療・教育の質。本拠地となる国が決まったら、次は他の国での長期滞在の選択肢を検討しましょう。 そのためには、訪問を希望する各国のビザ要件を調べ、長期ビザの取得が可能かどうかを判断してください。

 

どの国を訪問したいかということに加えて、永久旅行者のライフスタイルを送りながら、どのように財政を管理するかを検討することが重要です。お金を管理するための良い選択肢 海外では、グローバルな銀行口座の開設、異なる発行銀行の複数のクレジットカードの使用、PayPalなどのオンライン決済システムの利用などが挙げられます。

最後に、永久旅行者のライフスタイルは、税金や規制から完全に自由であることを意味しないことを覚えておくことが重要です。その代わり、以下のような規制を遵守する必要があります。 訪問先の国の税制、雇用、移民、居住に関する法律を調べ、理解するようにしましょう。

 

上記のステップを踏んで、法律の範囲内で、パーペチュアル・トラベラーのライフスタイルはエキサイティングで充実したものになるでしょう。綿密な計画を立てれば、世界各国を訪れながら、最高の旅を楽しむことができます。

【経営者必見】海外法人を設立して節税する極意

外国の管轄区域に海外法人を設立すると、多くの利点が得られます。その中でも最も重要なのは、大幅な税制上の利点と節税が得られることです。この記事では、海外法人によく提供される各種の税制上の利点とその他の追加の利点について掘り下げます。また、どのようにしてこれらの利点を得る資格を得て、最大限に活用するかについても説明します。   海外法人を設立する税制上の利点(メリット)...

【資産保護へ】海外オフショアを開設する意外なメリットとは?

多くの人は、FATCAやCRS(共通報告基準)が実施され、銀行機密が死滅した今、オフショア銀行を開設する意味があるのか疑問に持つ人がいるかもしれません。なぜ、オフショアに資金を移動させるのか?お金を隠すことができないなら、海外に銀行を作る目的は何ですか?と疑問を持っている人がいるかと思います。 ...

欧州の富裕層がドンドン集まるリヒテンシュタインの正体とは?

ヨーロッパの小国リヒテンシュタインを貫く幹線道路ランド通りは、見た目にはわからないが世界で最も交通量の多い銀行通りの1つです。オーストリアのフェルトキルヒからスイスのザルガンスまで車で30分もかからない間にある小さな国ですが、よく話題にもなりますが小さな国ほど安全な場所であることが多いです。...

米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。 インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。...

【日本人の知らない】海外プライベートバンクの驚きの仕組みとは?

プライベートバンクとは何か? プライベートバンクとは、個人の富裕層のニーズに対応する銀行サービスです。プライベートバンクのサービスは、投資および資産管理サービス、特化した信用サービスなど、選ばれたクライアントの特定のニーズを満たすためにカスタマイズされた他の金融サービスを含みます。...

投資・プライベートバンクでどれだけの利回りを狙えるか?

投資やプライベートバンクでどれだけの利回りが得られるか気になる方も多いと思います。 前半では投資、後半ではプライベートバンクでの資産運用による利回りについて解説します。投資から得られる利回りの額は、資産の種類や投資期間など、さまざまな要因によって異なります。...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...

【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどう...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...
n202306-banner