【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。

・かつてないレベルの金融セキュリティ

スイスのプライベートバンクは、あなたの資産を保護するための厳格なプロトコルと規制で知られています。また、お客様の資産の安全性を確保するための強力な法制度も備えています。

 

・守秘義務とプライバシー

スイスのプライベートバンクは守秘義務でよく知られています。これは、特定の財務データを世間の目やあなたのお金に関心を持つ他の関係者から遠ざける必要がある場合に非常に重要です。

・プロフェッショナルな資産管理サービス

スイスのプライベートバンクは、資産運用や資産管理サービスにおいて、最も経験豊富な専門家を雇用しています。彼らは、リスクを取りすぎずに最大のリターンを生み出せるよう、資産運用をサポートします。これは、安全かつ確実な方法で資産を増やそうとする富裕層にとって、特に重要なことです。

 

・世界の金融市場へのアクセス

スイスのプライベートバンクは、他の国では手に入らない様々な投資や商品へのアクセスを提供しています。そのため、ポートフォリオを多様化し、世界のさまざまな地域からの機会を活用することができます。

これらは、あなたがスイスプライベートバンクに口座を開くべき理由のほんの一部に過ぎません。比類ないレベルのセキュリティ、プライバシーを備えています。 プロフェッショナルな資産管理サービス世界の金融市場へのアクセス。これらの要素により、スイスのプライベートバンクは、安全で信頼性の高い財務管理を求める多くの富裕層にとって好ましい選択肢となっています。

 

スイスには、世界で最も権威のあるプライベートバンクがありますが、具体的にどのようなプライベートバンクがあるか見ていきます。以下は、スイスのプライベートバンクの一覧です。

1.クレディ・スイス

クレディ・スイスは、チューリッヒに本社を置くスイスの金融サービス企業です。世界中の顧客に資産運用、投資銀行、プライベートバンキングのサービスを提供しています。

 

2.UBS

UBSは、スイスおよびヨーロッパで最大の銀行の一つです。ウェルス・マネジメントに特化し、富裕層向けにポートフォリオ・マネジメントを含む様々なサービスを提供している。

3.Bordier & Cie

Bordier & Cie はスイスのプライベートバンクで、スイス、フランス、ルクセンブルグ、モナコ、シンガポールに支店があります。富裕層の家族、起業家、機関投資家へのサービス提供を専門としています。

 

4.ジュリアス・ベア(Julius Baer)

ジュリアス・ベアは、1890年に設立されたスイスのプライベートバンクです。世界中の顧客に資産運用とウェルスプランニングサービスを提供しています。

5.Rothschild & Co

Rothschild & Coは、スイス、フランス、英国に拠点を持つ国際的な家族経営の銀行グループです。 富裕層のお客様にプライベートバンキングサービスや資産運用ソリューションを提供しています。

 

これらはスイスで最も権威のあるプライベートバンクの一つで、富裕層向けに様々なサービスを提供しています。これらの銀行で投資を行うことで、あなたの財産は確実に保護され、責任を持って管理されるのです。

【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどう...

生活費月10万円で済む!?海外移住に最高な国と地域とは?

今回は、月10万円で生活できる最高の場所を紹介します。 これから新生活を始めようとしている人やとことんコストを削減したいと考えている人に向けて話していきます。またFIRE後になるべくコストをかけたくない人もオススメです。月10万円の生活費があったら、どこに住めばいいでしょうか?例えば、海外の銀行などに預けて、高金利で運用し、月に数千ドルの利息を得て、生活することもできなくはありません。...

欧州の富裕層がドンドン集まるリヒテンシュタインの正体とは?

ヨーロッパの小国リヒテンシュタインを貫く幹線道路ランド通りは、見た目にはわからないが世界で最も交通量の多い銀行通りの1つです。オーストリアのフェルトキルヒからスイスのザルガンスまで車で30分もかからない間にある小さな国ですが、よく話題にもなりますが小さな国ほど安全な場所であることが多いです。...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

【資産保護へ】海外オフショアを開設する意外なメリットとは?

多くの人は、FATCAやCRS(共通報告基準)が実施され、銀行機密が死滅した今、オフショア銀行を開設する意味があるのか疑問に持つ人がいるかもしれません。なぜ、オフショアに資金を移動させるのか?お金を隠すことができないなら、海外に銀行を作る目的は何ですか?と疑問を持っている人がいるかと思います。 ...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

投資・プライベートバンクでどれだけの利回りを狙えるか?

投資やプライベートバンクでどれだけの利回りが得られるか気になる方も多いと思います。 前半では投資、後半ではプライベートバンクでの資産運用による利回りについて解説します。投資から得られる利回りの額は、資産の種類や投資期間など、さまざまな要因によって異なります。...

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...