東南アジアで最も住みやすい都市トップ5!

Home 9 海外移住 9 東南アジアで最も住みやすい都市トップ5!

今回は、フロンティア市場や遠く離れた場所での投資や起業に適している場所について紹介していきますが、最高の待遇を受ける場所に行き、素晴らしいライフスタイルを送ることが重要です。楽しく暮らせる素敵な場所を見つけたい!ということで、東南アジアで最も住みやすい都市トップ5をまとめました。特に若い起業家、若い家族、低予算で起業する人にとって、東南アジアは世界の他の地域に比べて比較的安いので、とてもいい場所です。

バックパッカーのお気に入りの目的地であり、この地域には提供できるものがたくさんあります。マレーシアの首都、クアラルンプールは驚くほど発展した都市です。ペトロナスタワーがあります。素晴らしいショッピングモールもあります。この地域に住むと、素晴らしいことがたくさんあります。この地域についてよく言われる、第三世界のようなステレオタイプは、まったく当てはまりません。この地域には、素晴らしいWi-Fiが至る所にあります。

 

それでは、東南アジアで最も住みやすい都市トップ5を、5位から1位までご紹介します。第5位は、ベトナムのホーチミン市です。ホーチミン市には賑やかな地区がいくつかあり、ショッピングやレストラン、ナイトライフなど、あらゆる施設が整っています。ホーチミンの1区と3区は、欧米人に快適な環境を提供するために、いろいろなことが行われています。

ハイライフを送ることができる場所がたくさんあります。ご家族やお子様がいらっしゃる場合、7区のような地区では、ご家族に素晴らしい駐在体験を提供することができます。プール付きの大きなヴィラがあり、家賃も比較的リーズナブルです。最上階のペントハウスに寝室がいくつもあって、月2000ドル以下で住めるんです。自分の別荘を月1000ドルから1200ドルで借りられるところもあります。

4番目はフィリピンのマニラです。多くの人がマニラは本当に住みやすい街だと言ってくれません 。多くの人が、マニラは住むのに良い場所ではないと言うでしょう。他の場所を探した方がいいと言うでしょう。マニラをロサンゼルスのような場所と比較するのが好きですが、この狭い地域に多くの人が住んでいるため、多くの点で非常によく似ています。

東南アジアの多くの地域と同じように非常に混雑していますが、ロサンゼルスに行くと、ビバリーヒルズ出身の人たちは恥ずかしくないですし、東ロサンゼルスやコンプトンといった場所はそれほど良い場所ではないので、マニラも同じようなものだと思います。

欧米人であれば、マカティやフォート・ボニファシオの東側に住みたいと思うでしょう。これらは基本的にビジネスの中心地です。証券取引所があるのもこの辺りです。例えば、マカティには素晴らしいグリーンベルト・モールがあり、150ものレストランがあります。マニラで、アジアの中の西洋を少し味わえることです。

多くのアメリカ人や西洋人が、アジアでは快適に過ごせないと言っています。冷蔵庫や製品、キッチンにあるものなど、さまざまなものが違っていて、アジアは自分たちのための場所ではないと言われるのです。マニラやフィリピンは一般的に、もう少し西洋化されています。食事も他のアジア料理より少し馴染みがあり、マカティで安いアパートを借りて、素晴らしい西洋的なライフスタイルを送ることができます。

マニラの他の地域は、欧米の地域ほどではないかもしれませんが、ビーチやフィリピン各地にある楽しいものに簡単に飛ぶことができます。

 

さて、東南アジアで最も住みやすい都市のナンバー3は、クアラルンプールです。クアラルンプールは公共交通機関が充実しており、世界有数の起業家文化をはじめ、世界中から集まった人々のるつぼです。ビジネスをするのであれば、ここで多くの機会を見つけることができますが、英語が広く使われているフィリピンによく似ています。

クアラルンプールの欧米人街では、英語が比較的よく通じます。人々はとてもフレンドリーです。美味しいものを食べる場所もたくさんあります。ブキッ・ビンタンのストリートフードから、街中のレストランまで、クアラルンプールは世界有数の食の都だと思います。国際空港もあり、格安航空会社のエアアジアを利用すれば、この地域はもちろん、もっと遠くへも格安で行くことができますし、本当に素晴らしい光景が繰り広げられています。

クアラルンプールの唯一の欠点は、イスラム教の国であるため、お酒が少し高いことです。確かに、西洋で起こっているイスラム恐怖症の問題のために、クアラルンプールを見過ごす人がいるかもしれません。 東南アジアで最も住みやすい都市の第2位は、東南アジアの端っこの方にある香港です。香港は世界で一番好きな都市で、もしどこにでも住めるとしたら香港にしたいのですが、1位ではなく2位です。香港は都会の気質が少し残っているんです。

大きな賑やかな街で、色々なことが行われていて、水も、山も、ジャングルもあります。楽しいことがたくさんあるのに、多くの人は緑の多い地域があることに気づいていません。香港の中心部以外でも、素敵な観光地がたくさんあります。

バスや車を使えば、これらの地域には比較的すぐに行くことができます。さらに、香港は中国へのゲートウェイでもあります。中国でビジネスをする人、あるいは中国で過ごして文化を楽しむ人なら、香港は世界で最も発展した場所の1つであることは明らかです。香港は長年にわたって世界で最も自由な経済活動を続けており、確かに物価は高いのですが、多くの点で非常にお得です。食事は比較的安く済ませることができます。

 

比較的安価に楽しむことができ、その上、もしあなたが外に出たいと思えば、世界最大のカジノ街がボートで1時間のところにあるのです。世界一の国際空港があり、ロンドン、アメリカ、アジアなど、どこへでもノンストップで飛んでいけますし、やることがたくさんあるので、もし香港に住む余裕があれば、住むには最高の場所です。さて、東南アジアで最も住みやすい都市の第1位はシンガポールです。

シンガポールは住むにはとても高価な場所ですが、世界中のどこよりも清潔で、スタート地点にふさわしい場所です。なぜなら、シンガポールは先ほど言ったように「より無菌的」だからです。水のボトルを持って地下鉄で飲むことはできないので、そういったことには気をつけなければなりませんが、家族、特に若いプロフェッショナルにとっては、これ以上の場所はなかなかありませんし、シンガポールの生活の質はアジアの他の多くの場所と比べても明らかに素晴らしいです。

素晴らしいサービスがあるじゃないか。蛇口からすぐにきれいな水が出る。おいしい食事もある。世界有数のショッピングモールもあります。世界最高の航空会社のひとつであるシンガポール航空をはじめ、あちこちに飛んでいける世界最高の空港があります。また、シンガポールは世界で2番目に経済が自由な国です。そのため、銀行や金地金貯蔵所など、さまざまなものにアクセスすることができます。

またシンガポールの公共交通機関は素晴らしいですし、川で水を飲むこともできます。カジノも、素晴らしいホテルやレストランもあります。シンガポールは活気に満ちていて、インド人、マレー人、中国人、そして外国人人材としてやってきた西洋人など、さまざまな文化のるつぼですから、もしあなたが馴染みやすい環境を探しているのであれば、ぜひ行ってみてください。

 

シンガポールは今、そのための絶好の場所です。トップ5のリストに入らなかった場所のひとつに、タイのバンコクがあります。バンコクはこの5つの都市に比べると、発展しておらず、移動も簡単で、メリットも少ないと思っています。タイには多くの外国人が訪れますが、その中には北部の田舎に行く人もいれば、ビーチに行く人もいますし、バンコクに行く人もいます。

ナイトライフ、食事の質、人の質、親切さは、バンコクよりもこの5都市の方が上だと思います。これからもタイに行く人はいると思いますが、東南アジアに住むなら、この5つの都市に目を向けてみてはいかがでしょうか。

n202306-banner

世界の超富裕層がコッソリ移動する謎の移住先とは?

世界の超富裕層は、何年も前から引っ越しの話をしていたのに、金融不安の大流行と次に何が起こるかわからないという不安から、これまでにない速さで海外に移住しています。今回は、彼らの多くがどこに移住しているのか、そしてその理由は何なのか、ある記事を紹介します。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

【日本はランク外!?】世界の安全な銀行がある10カ国とは?

海外の銀行の世界に初めて足を踏み入れた方は、その安全性に不安を感じるかもしれません。 オフショアの銀行にお金を移すと、そのお金が消えてしまうのではないか? と思う人もいるかもしれません。しかし、先進国のほとんどでは、銀行の顧客に対して、何らかの形で預金保険制度が設けられています。 毎年、Global Finance誌は...

【経営者必見】海外法人を設立して節税する極意

外国の管轄区域に海外法人を設立すると、多くの利点が得られます。その中でも最も重要なのは、大幅な税制上の利点と節税が得られることです。この記事では、海外法人によく提供される各種の税制上の利点とその他の追加の利点について掘り下げます。また、どのようにしてこれらの利点を得る資格を得て、最大限に活用するかについても説明します。   海外法人を設立する税制上の利点(メリット)...

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

海外ビジネスで節税効果を狙える!法人設立のポイント|日本の富裕層が押さえておくべき海外展開戦略

海外で法人設立することによって、日本国内でのビジネスだけでなく、海外でのビジネス展開やグローバルな視野を持つことができます。また、法人設立によって税制面でのメリットも得られることがあります。本記事では、海外での法人設立によるメリットや手続きについて詳しく解説していきます。 海外で法人設立するメリット...

真のお金持ちが持つクレジットカードの実態とは?

今回の記事では、富裕層と呼ばれる人たちが持つクレジットカードとプライベートバンクで発行されるクレジットカードについて解説します。真のお金持ちがどういうカードを持っているかが見えてくることになるでしょう。富裕層が持つクレジットカードは通常プレミアムで、ポイントアップ、キャッシュバック、旅行特典、イベントや体験への限定アクセスなど、さまざまな特典を提供しています。年会費は高額になることもありますが、そ...

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。...