プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

Home 9 海外PB・海外銀行 9 プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

プライベートバンクの口座を開設すると、他の金融機関では得られない多くのメリットを得ることができます。例えば、プライベートバンクは、カスタマイズされた資産・財産管理ソリューション、独占的な投資へのアクセス、ファイナンシャルプランニングのアドバイス、コンシェルジュバンキングサービスなど、顧客の特定のニーズに合わせた専門的なサービスを提供します。

プライベートバンクはまた、顧客のニーズに合わせ、最新の市場環境に対応したポートフォリオを提供します。幅広い金融商品とサービス、そして高度な分析ツールを利用できるプライベートバンクは、お客様に最高レベルのパーソナルなサービスを提供することが可能です。

 

さらに、プライベートバンクは一般的に、従来の金融機関よりも手数料が低く設定されています。その結果、口座を開設した人は、長期にわたって大幅な節約をすることができます。 プライベートバンクは、最新のマーケット情報へのアクセスや個別対応により、他では得られない投資機会への洞察を得ることができる場合が多いです。 これは、リターンを最大化したい人にとって、大きなメリットとなり得ます。

また、プライベートバンクは機密保持の重要性を理解しており、顧客の財務情報を保護するために最新のセキュリティ技術を使用しています。口座保有者の情報を安全に保管することで、すべての個人情報の機密性を確保しています。

 

まとめると、プライベートバンクで口座を開設することはプライベートバンクは、資産管理、投資、手数料の引き下げ、個人向けサービス、安全な情報提供など、多くの利点を備えています。このようにプライベートバンクは、自身の資産をより良く管理したい方にとって、最適な選択肢となるでしょう。 

 

一方で、プライベートバンクに資産運用を任せることで、どれだけ資産を増やすことができるのだろうか。その答えは、保有資産の種類、投資家のリスク許容度、資産運用サービスに関わる手数料などによって異なります。

一般的には、プライベートバンクと提携した投資家は、専門家の指導を受けずに資産運用を行う投資家よりも高いリターンが期待できると言われています。 プライベートバンクは、個人投資家のリスクプロファイルに合わせたポートフォリオの作成と運用を専門としており、その顧客は現在利用可能な最も革新的な投資戦略を利用することができます。

 

プライベート・バンクは通常、そのサービスに対して手数料を徴収し、その額は運用資産(AUM)の0.5%から2%の範囲となります。ただし、投資リターンを評価する際に考慮すべき唯一の要素は、投資戦略の強さとスタッフの経験です。投資戦略の強さとスタッフの経験も、同じくらい、いや、それ以上に重要です。

プライベートバンクが提供する資産運用サービスによって、投資家が資産を増やすことができる正確な金額を決定することは難しいですが、証拠になるものはあります。 例えば、富裕層の投資家を対象にしたある調査では、専門家の指導を受けずに資産運用を行った人の平均リターンが5.3%だったのに対し、プライベートバンクを通じて投資した人は8.7%を達成しました。

 

従って、プライベートバンクと提携することでどれだけ資産を増やせるかについては、唯一の答えがあるわけではありませんが、次のようなことが言えます。 プライベートバンクを通じて資産運用を行うことで、より高いリターンが期待される可能性があります。  プライベートバンクは専門家の指導を受けて資産運用を行うので、リスクとリターンが最適化されていくのです。

n202306-banner

【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどう...

欧州の富裕層がドンドン集まるリヒテンシュタインの正体とは?

ヨーロッパの小国リヒテンシュタインを貫く幹線道路ランド通りは、見た目にはわからないが世界で最も交通量の多い銀行通りの1つです。オーストリアのフェルトキルヒからスイスのザルガンスまで車で30分もかからない間にある小さな国ですが、よく話題にもなりますが小さな国ほど安全な場所であることが多いです。...

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

投資やプライベートバンクの資産運用で失敗する可能性はあるのか?

今回の記事では投資やプライベートバンクが失敗する可能性があるのかについて見ていきます。投資では、お金を増やすことができる可能性があります。しかし、同時に失敗する可能性もあります。 投資を行うには、ある程度のリスクを負うことになります。...

資産運用が上手いのは?投資家VSプライベートバンカー

今回は、一般的な投資家の資産運用とプライベートバンカーの資産運用を比較していきます。一般的な投資家は、資産運用をする際に様々な疑問に直面することがあります。どの程度のリスクを取るべきなのか?どのような投資が適しているのか?各アセットクラスにどれくらいの資金を割り当てるべきか?これらはすべて妥当な質問であり、その答えは、個々の投資家の目標、リスク許容度、財務状況によって異なります。 ...

世界の富裕層が愛するドバイのプライベートバンクの実態とは?

ドバイは世界でも有数の資産運用や資産管理を行う都市です。そんな中東のドバイにはプライベートバンクが多く存在し、富裕層の間で人気があります。ドバイのプライベートバンクは、富裕層を対象に、資産運用や資産管理に関連したサービスを提供する金融機関です。プライベートバンカーと呼ばれる専門家集団が、顧客一人ひとりのニーズに合わせてカスタマイズした戦略を提供します。...

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

【富裕層だけが知っている!】セカンドパスポートが手に入る8つの国とは?

第2の住まいや第2のパスポートを取得したいと思う富裕層が増えている一方で、寄付をするのは気が進まないという声を聞くことが多くなりました。投資によってもたらされる居住権や市民権を手に入れるために、高額な不動産を購入したり、管理したりといった面倒なことはしたくありません。...