【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

Home 9 海外節税 9 【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。

ドバイでの法人設立には多くの利点があり、ビジネスにとって最も人気のある低税率地域の一つとなっています。主なメリットのひとつは、ドバイでの事業立ち上げに伴う税制優遇措置です。UAE政府は、法人税ゼロ%、配当金や所得税に対する源泉徴収なしなど、法人・個人の所得税について手厚い免税措置を提供しています。

 

ドバイに法人を設立すると、税務上のメリットだけでなく、大規模で活気のある経済へのアクセスも可能になります。ドバイには、世界で最も急速に成長している金融センターがあり、その銀行システムは世界でも有数の接続性を誇っています。このため、世界中の企業が簡単に口座を開設し、簡単に支払いを処理することができます。

さらに、ドバイはビジネスに適した環境を提供しています。ドバイは効率的で透明性の高い規制の枠組みで知られており、ビジネスの迅速な立ち上げを可能にしています。また、ドバイのビジネスは、成功に不可欠な世界クラスのインフラ、人材、リソースを利用することができます。

 

最後に、アラブ首長国政府は、外国企業による事業展開をより容易にするため、外国企業による事業展開を支援する体制を整えています。 これには、ビザや労働許可証などの行政手続きの支援や、幅広いビジネス支援サービスの利用が含まれます。

ドバイでの法人設立は、そのユニークな税制優遇措置や世界トップクラスのインフラを活用したい企業にとって、理想的な管轄地域となるような豊富なベネフィットを提供します。低税率でグローバルマーケットへの容易なアクセス支援的な規制の枠組みがあります。これらは、ドバイでのビジネス立ち上げの多くの利点のほんの一部に過ぎません。

新たなビジネスチャンスを求めて進出する企業にとって、ドバイは最適な進出先といえます。税制上の優遇措置、世界有数のインフラ、ビジネス環境など、多くの企業がドバイでの法人設立を選択する理由は明らかです。

 

では、実際にドバイで法人設立するのはどういうステップを踏んでいくか解説していきます。ドバイでの法人設立手続きは、まず設立したい法人の種類を選択することから始まります。 会社には大きく分けて、有限責任会社(LLC)とフリーゾーン会社(FZC)の2種類があります。

LLCは、1人以上の株主によって所有され、UAE内のどこででも活動することができます。FZCは、特定のフリーゾーンに設立する必要があり、そのフリーゾーンで指定された活動のみに従事することができます。

 

次のステップは、会社名を決定し、提出に必要なすべての書類を準備することです。選択した社名は、登録先の各フリーゾーンまたは経済開発省のガイドラインに準拠している必要があります。必要な書類は、登録する会社の種類によって異なりますが、通常、ビジネスプラン、覚書、定款が含まれます。

書類が完成したら、フリーゾーンまたは経済開発省に提出する必要があります。審査の結果、企業は登録され、承認された活動を行うことができる貿易ライセンスが発行されます。

 

必要な当局への会社登録に加え、法人口座の開設が必要です。 これは、会社の資金を管理するために使用され、株主のための追加的な保護を提供します。

これらのステップを踏めば、ドバイで事業を成功させ、その低税率な環境の恩恵を受けることが可能です。適切な準備とガイダンスがあれば、ドバイでの法人設立は容易であり、将来の成長機会の拡大につながります。

n202306-banner

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

オフショア銀行口座を開設するために知っておくべき具体的な内容を説明します。オフショア銀行とは、居住国外に開設する銀行口座のことです。私たち日本人であれば、日本以外の国に銀行口座を開設することをいいます。オフショア銀行の存在を知っていたとしても、開設する方法を知らない人がほとんどですので今回わかりやすく開設していきます。   オフショア銀行開設までのステップ...

【オススメ】リタイア後の海外移住でマジで住んでみたい3つの国とは?

突然ですが、あなたの残りの人生をちょっと想像してみてください。例えば、あなたが3つの異なる国にしか住むことができないということになったら、どこに住みますか?...

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

米国におけるBOI提出義務完全ガイド

2024年から施行される新たなBOI提出義務について、FinCENが定める実質的所有者情報の報告要件をわかりやすく解説。免除対象企業、報告必須情報、提出方法まで、米国内で事業を行う法人必見の情報を網羅。

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

【誰でも開設不可!?】プライベートバンク口座開設の審査の実態

プライベートバンクは、世界中の人で開設することができます。しかし、一部の国に住む人は、海外のプライベートバンクを口座開設することは難しいです。...

資産運用が上手いのは?投資家VSプライベートバンカー

今回は、一般的な投資家の資産運用とプライベートバンカーの資産運用を比較していきます。一般的な投資家は、資産運用をする際に様々な疑問に直面することがあります。どの程度のリスクを取るべきなのか?どのような投資が適しているのか?各アセットクラスにどれくらいの資金を割り当てるべきか?これらはすべて妥当な質問であり、その答えは、個々の投資家の目標、リスク許容度、財務状況によって異なります。 ...

【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。...

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...