【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

Home 9 海外節税 9 【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。

ドバイでの法人設立には多くの利点があり、ビジネスにとって最も人気のある低税率地域の一つとなっています。主なメリットのひとつは、ドバイでの事業立ち上げに伴う税制優遇措置です。UAE政府は、法人税ゼロ%、配当金や所得税に対する源泉徴収なしなど、法人・個人の所得税について手厚い免税措置を提供しています。

 

ドバイに法人を設立すると、税務上のメリットだけでなく、大規模で活気のある経済へのアクセスも可能になります。ドバイには、世界で最も急速に成長している金融センターがあり、その銀行システムは世界でも有数の接続性を誇っています。このため、世界中の企業が簡単に口座を開設し、簡単に支払いを処理することができます。

さらに、ドバイはビジネスに適した環境を提供しています。ドバイは効率的で透明性の高い規制の枠組みで知られており、ビジネスの迅速な立ち上げを可能にしています。また、ドバイのビジネスは、成功に不可欠な世界クラスのインフラ、人材、リソースを利用することができます。

 

最後に、アラブ首長国政府は、外国企業による事業展開をより容易にするため、外国企業による事業展開を支援する体制を整えています。 これには、ビザや労働許可証などの行政手続きの支援や、幅広いビジネス支援サービスの利用が含まれます。

ドバイでの法人設立は、そのユニークな税制優遇措置や世界トップクラスのインフラを活用したい企業にとって、理想的な管轄地域となるような豊富なベネフィットを提供します。低税率でグローバルマーケットへの容易なアクセス支援的な規制の枠組みがあります。これらは、ドバイでのビジネス立ち上げの多くの利点のほんの一部に過ぎません。

新たなビジネスチャンスを求めて進出する企業にとって、ドバイは最適な進出先といえます。税制上の優遇措置、世界有数のインフラ、ビジネス環境など、多くの企業がドバイでの法人設立を選択する理由は明らかです。

 

では、実際にドバイで法人設立するのはどういうステップを踏んでいくか解説していきます。ドバイでの法人設立手続きは、まず設立したい法人の種類を選択することから始まります。 会社には大きく分けて、有限責任会社(LLC)とフリーゾーン会社(FZC)の2種類があります。

LLCは、1人以上の株主によって所有され、UAE内のどこででも活動することができます。FZCは、特定のフリーゾーンに設立する必要があり、そのフリーゾーンで指定された活動のみに従事することができます。

 

次のステップは、会社名を決定し、提出に必要なすべての書類を準備することです。選択した社名は、登録先の各フリーゾーンまたは経済開発省のガイドラインに準拠している必要があります。必要な書類は、登録する会社の種類によって異なりますが、通常、ビジネスプラン、覚書、定款が含まれます。

書類が完成したら、フリーゾーンまたは経済開発省に提出する必要があります。審査の結果、企業は登録され、承認された活動を行うことができる貿易ライセンスが発行されます。

 

必要な当局への会社登録に加え、法人口座の開設が必要です。 これは、会社の資金を管理するために使用され、株主のための追加的な保護を提供します。

これらのステップを踏めば、ドバイで事業を成功させ、その低税率な環境の恩恵を受けることが可能です。適切な準備とガイダンスがあれば、ドバイでの法人設立は容易であり、将来の成長機会の拡大につながります。

【海外富裕層だけが知る】リヒテンシュタインプライベートバンクの実態に迫る

あなたの資産を管理・拡大するための信頼できるパートナーをお探しなら、リヒテンシュタインのプライベートバンクは最適な選択肢です。プライベートバンクで200年以上の経験を持つリヒテンシュタインのプライベートバンクは、富裕層向けに特別にカスタマイズされた幅広いサービスを提供しています。 ...

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...

【海外移住希望者必見!】無税の国に住む極意

もし、税金のかからない国をひとつだけ選んで永住し、税制上の優遇措置を受けられるとしたら、それはどこでしょう?数十の選択肢の中から、思い浮かぶのはこの数カ国だろう。幸いなことに、税金がないことで有名なその国で毎日を過ごす必要はありません。免税も可能です。会社や政府が個人の税金について何を提供するかは別として、自分にとってはたくさんあるのです。...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

プライベートバンクの口座を開設すると、他の金融機関では得られない多くのメリットを得ることができます。例えば、プライベートバンクは、カスタマイズされた資産・財産管理ソリューション、独占的な投資へのアクセス、ファイナンシャルプランニングのアドバイス、コンシェルジュバンキングサービスなど、顧客の特定のニーズに合わせた専門的なサービスを提供します。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

香港プライベートバンクの知られざる秘密とは?

香港のプライベートバンクは、顧客に対して資産運用や資産保全など幅広いサービスを提供しています。また、顧客それぞれのニーズに合わせた個別の資産管理ソリューションも提供しています。さらに、香港のプライベートバンクは、機密性、信頼性、卓越した顧客サービス、独占的な投資機会へのアクセスなどの利点を備えています。...

【驚愕!?】お金もセカンドパスポートも同時にもらえる謎の国とは?

今回は、誰でも無料で2枚目のパスポートを取得できるだけでなく、実際にお金をもらって2枚目のパスポートを取得する方法を紹介します。日本では、二重国籍が認められていないため、日本を含めたパスポートを複数持ちすることはできませんが、世界では何と無料で2枚目のパスポートを取得することのできて、お金をもらうことができる国があります。  ...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...