【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

Home 9 海外節税 9 【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。

ドバイでの法人設立には多くの利点があり、ビジネスにとって最も人気のある低税率地域の一つとなっています。主なメリットのひとつは、ドバイでの事業立ち上げに伴う税制優遇措置です。UAE政府は、法人税ゼロ%、配当金や所得税に対する源泉徴収なしなど、法人・個人の所得税について手厚い免税措置を提供しています。

 

ドバイに法人を設立すると、税務上のメリットだけでなく、大規模で活気のある経済へのアクセスも可能になります。ドバイには、世界で最も急速に成長している金融センターがあり、その銀行システムは世界でも有数の接続性を誇っています。このため、世界中の企業が簡単に口座を開設し、簡単に支払いを処理することができます。

さらに、ドバイはビジネスに適した環境を提供しています。ドバイは効率的で透明性の高い規制の枠組みで知られており、ビジネスの迅速な立ち上げを可能にしています。また、ドバイのビジネスは、成功に不可欠な世界クラスのインフラ、人材、リソースを利用することができます。

 

最後に、アラブ首長国政府は、外国企業による事業展開をより容易にするため、外国企業による事業展開を支援する体制を整えています。 これには、ビザや労働許可証などの行政手続きの支援や、幅広いビジネス支援サービスの利用が含まれます。

ドバイでの法人設立は、そのユニークな税制優遇措置や世界トップクラスのインフラを活用したい企業にとって、理想的な管轄地域となるような豊富なベネフィットを提供します。低税率でグローバルマーケットへの容易なアクセス支援的な規制の枠組みがあります。これらは、ドバイでのビジネス立ち上げの多くの利点のほんの一部に過ぎません。

新たなビジネスチャンスを求めて進出する企業にとって、ドバイは最適な進出先といえます。税制上の優遇措置、世界有数のインフラ、ビジネス環境など、多くの企業がドバイでの法人設立を選択する理由は明らかです。

 

では、実際にドバイで法人設立するのはどういうステップを踏んでいくか解説していきます。ドバイでの法人設立手続きは、まず設立したい法人の種類を選択することから始まります。 会社には大きく分けて、有限責任会社(LLC)とフリーゾーン会社(FZC)の2種類があります。

LLCは、1人以上の株主によって所有され、UAE内のどこででも活動することができます。FZCは、特定のフリーゾーンに設立する必要があり、そのフリーゾーンで指定された活動のみに従事することができます。

 

次のステップは、会社名を決定し、提出に必要なすべての書類を準備することです。選択した社名は、登録先の各フリーゾーンまたは経済開発省のガイドラインに準拠している必要があります。必要な書類は、登録する会社の種類によって異なりますが、通常、ビジネスプラン、覚書、定款が含まれます。

書類が完成したら、フリーゾーンまたは経済開発省に提出する必要があります。審査の結果、企業は登録され、承認された活動を行うことができる貿易ライセンスが発行されます。

 

必要な当局への会社登録に加え、法人口座の開設が必要です。 これは、会社の資金を管理するために使用され、株主のための追加的な保護を提供します。

これらのステップを踏めば、ドバイで事業を成功させ、その低税率な環境の恩恵を受けることが可能です。適切な準備とガイダンスがあれば、ドバイでの法人設立は容易であり、将来の成長機会の拡大につながります。

投資・プライベートバンクでどれだけの利回りを狙えるか?

投資やプライベートバンクでどれだけの利回りが得られるか気になる方も多いと思います。 前半では投資、後半ではプライベートバンクでの資産運用による利回りについて解説します。投資から得られる利回りの額は、資産の種類や投資期間など、さまざまな要因によって異なります。...

【日本人が知らない】モナコのプライベートバンクの秘密

モナコのプライベートバンクは、富裕層のニーズに対応するユニークで高級な金融サービスです。資産運用、プライベート・ウェルス・マネジメント、財産設計、ポートフォリオ・アドバイスなど、幅広いサービスを提供しています。モナコのプライベートバンクを利用する最大のメリットは、その厳重なセキュリティです。...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

【海外富裕層最新動向】プライベートバンクは、開設するべきか?

現在、多くの企業がオフショア戦略を進め、海外の税金・物価の安い地域に法人を設立しています。インターネットの発達によって、誰でも地球のどこにいても、オフショア・バンキングのような高度で重要なトピックについて耳にする機会が増えてきました。 銀行口座を国際化することの利点に気づく人が増えていることは嬉しいですが、現実には、安価な外交官用パスポートから極秘のプライベートバンク口座まで、実際に存在するかどう...

アメックスセンチュリオンのメリットと意外な入手方法

アメックス・センチュリオンカードを持つことは、ステータスと豊かさの証です。この超高級クレジットカードには多くの特典があり、市場で最高レベルのサービスを享受することができます。ここでは、アメックスセンチュリオンを持つことで得られるメリットを紹介します。そして記事の一番最後には、アメックスセンチュリオンカードの意外な入手ルートを2つ紹介します。 1.世界最高峰のコンシェルジュ サービスを提供...

【徹底解説】BVIの税制と海外無税法人を設立するステップ

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2023年1月28日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 BVIの税制...

【海外移住オススメの国】安全で物価が安い国は何処だ!!

海外移住を考えている人の中には、「世界で一番安くて安全な国はどこか?」という疑問を持っている方がいるでしょう。今回は2つのポイントを説明していきます。 どこに住むと手頃な価格で、かつオトクに暮らせるのか? どこに住めば安全なのか?(治安が良いのか?)...

【富裕層だけが知っている!】セカンドパスポートが手に入る8つの国とは?

第2の住まいや第2のパスポートを取得したいと思う富裕層が増えている一方で、寄付をするのは気が進まないという声を聞くことが多くなりました。投資によってもたらされる居住権や市民権を手に入れるために、高額な不動産を購入したり、管理したりといった面倒なことはしたくありません。...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...
n202306-banner