リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

Home 9 海外移住 9 リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

皆さまは、1度は「引退して王様のように暮らしたい」と思ったことはないだろうか?最近、とある人が「100万ドル(約1.3億円)で一生王様のように暮らせる場所はどこか」という興味深い議論に出くわしました。人はこんなことを空想します。彼らは、お金を山ほど貯めて、一生そのお金で暮らしたいと思っているのです。

100万ドル(約1.3億円)を持って多くの国でリタイアすることはできませんが、100万ドル持ってリタイアしたい人が行ける場所のアイデアを紹介します。今、住んでいる場所よりもずっと少ないお金で、素晴らしいクオリティの生活を送ることができる場所に行く方法について考えていきましょう。まず考えるのは、家です。

 

その100万ドルの一部をはたいて、自分の家を買いたいと思います。理想を言えば、固定資産税が非常に低いかゼロで、組合費も非常に低いかゼロで、継続的なストレスの原因となるようなものが一切ない、そんな家に住めれば最高です。

世界の多くの場所で不動産価格が高騰しており、リタイアして100万ドルを貯めこんで一生暮らせると思っていた場所の多くが、家賃が大幅に値上がりしています。家賃は劇的に上昇します。

 

例えば、カンボジアであれば王様のように暮らすことがある程度は可能ですが、問題は、ここ数年でカンボジアの一部の不動産の価格が3倍になり、そのため家賃も3倍になっていることです。これからどんどん上がっていくし、カンボジアが米ドル建てであることが問題になる可能性もあります。20万ドルもあれば、立派な家が手に入りますが、広くはありません。

王様のような暮らしの定義は人それぞれです。ゲートのある邸宅を探しているなら、世界のほとんどの場所で100万ドルでは足りないでしょう。でも、まずは10~20万ドルをはたいて家を買い、米ドルやユーロを自国通貨として使っていない場所を探すことです。

 

ヨーロッパのアドリア海に位置するモンテネグロは、ユーロを使用しているため、物価は安くありません。一方、お隣のセルビアは最も物価の安い国の一つです。もう1つは、その国で長期滞在許可証を取得できるかというのも重要なポイントです。仮に、物価などが安い国に行っても、10年後に市民権を取得することは難しいです。

理想は、高金利な銀行がある国に、その通貨で生活することです。例えば、グルジアという国に移住して、グルジアの銀行でラリ建てで金利9.5%稼ぐことができるとします。つまり、80万円持っていて、ほぼ10%の利子を得ることができれば、8万円の利子がついて「よし、8万円は使おう」と考えることができるわけです。一方、シンガポールに来て、2.5パーセントの米ドルで銀行にお金を預けても、生活するためのお金は生み出すのは難しいでしょう。

 

さて、王様のような暮らしができる場所について。2つの地域があります。アジアは、時間が経つにつれて物価が高くなるし、いくつかの問題もあります。一方、南米であれば、コロンビアはとても興味深いです。コロンビアには、ボゴタにずっと住むのではなく、他の地域に住むことも可能な地域があります。パラグアイは面白いかもしれません。手ごろな価格で素敵なライフスタイルを実現できるのは、この2つの国だと思います。

王様のように暮らすには、東欧の方がずっと面白いかもしれません。ハンガリー、セルビア、グルジア、アルメニアなど、さまざまな国が含まれます。これらの国は、あまり知られていませんが、ワインがとても安く手に入るので、王様気分を味わうことができます。タバコを吸うのが好きであれば安いタバコもあります。安くて美味しい食べ物もあり、そのあたりが一番住みやすいかもしれません。

 

いかがでしょうか?あなたが行ってみたい国、王様のように暮らしたい国はどこですか?

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

少額から始められる!海外不動産投資に適した国とは?

世界で最も安い投資用不動産があるのはどの都市か?世界の新興市場や開拓市場に投資して、投資用の超格安不動産をどこに行けば手に入るのかを考えてきました。どこで不動産を買えばいいのか?自分の資金を投資して、素晴らしいリターンを得られる可能性のある場所はどこか?...

初心者でも分かるアパート・マンション投資の段取り術!

アパート・マンション投資は、時間をかけて富を築くことができる素晴らしい方法です。これは、1つまたは複数のアパートやマンションを購入し、必要に応じて改装し、賃貸収入を得るためにそれらを貸し出すことが含まれます。目標は、将来売却したときに最終的にキャピタルゲインを得られるように、不動産の価値を高めることです。...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

米国におけるBOI提出義務完全ガイド

2024年から施行される新たなBOI提出義務について、FinCENが定める実質的所有者情報の報告要件をわかりやすく解説。免除対象企業、報告必須情報、提出方法まで、米国内で事業を行う法人必見の情報を網羅。

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...

プライベートバンクの口座開設の知られざるメリットの存在とは?

プライベートバンクの口座を開設すると、他の金融機関では得られない多くのメリットを得ることができます。例えば、プライベートバンクは、カスタマイズされた資産・財産管理ソリューション、独占的な投資へのアクセス、ファイナンシャルプランニングのアドバイス、コンシェルジュバンキングサービスなど、顧客の特定のニーズに合わせた専門的なサービスを提供します。...

【節税対策へ!】海外法人を設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 節税のために海外法人を設立することは、企業や起業家の間でますます人気が高まっています。その手続きは複雑に見えるかもしれませんが、長い目で見れば多くの利点があります。  ...

【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。  ...

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...
n202306-banner