一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

Home 9 資産運用・資産保全 9 一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。

最も一般的な相続の方法は、遺言によるものです。遺言は故人が亡くなった後、誰がどのような財産を受け取るかを説明する文書です。遺言書は書いて、2人の証人が署名した後、裁判所に提出しなければなりません。注意すべきは、遺言は法定年齢に達している人、通常は20歳以上の人しか作成できないことです。

 

日本におけるもう一つの一般的な相続の方法は、遺留分法です。 これは、人が遺言を残さずに亡くなった場合、誰がどの財産を受け取るかを法律で決めるものです。一般的には、故人の配偶者が財産の大半を受け取り、次いで子供やその他の親族が受け取ります。

最後に、相続は家族の合意や友好的な取り決めによって発生することもあります。この場合、被相続人に近い関係者が座って、どのように相続するかについて交渉します。 この種の相続には法的拘束力がないため、各当事者は合意した義務を履行しなければならないことに留意する必要があります。

 

日本では、この3つの方法が一般的な相続の方法です。それぞれの方法の仕組みを理解し、自分の意思に沿った遺産分割を行うことが大切です。どのような場合でも、決断を下す前に法的助言を得ることを強くお勧めします。そうすることで、相続手続きのすべての側面が法律に従って処理されるようになります。

どのような方法を選択するにしても、相続は複雑なプロセスであることを忘れてはなりません。遺産を円滑に移行するために、専門家の法的助言を受けることをお勧めします。最終的には、愛する人の思い出を守り、家族の経済的な未来を確保することにつながるでしょう。

 

一方で、富裕層と呼ばれる人たちはどのようにして相続を行うのか?資産運用や資産管理の支援を必要とする多くの富裕層にとって、プライベートバンクが相続のニーズに応じて活用できるユニークなサービスを提供しています。ここからは、プライベートバンクが提供する様々な相続サービスについて解説していきます。

プライベートバンクは通常、財産設計、信託管理、遺言検認などのサービスを提供しています。財産設計は、死亡時の資産処分の計画を立てることで、顧客が相続の準備をするのに役立ちます。信託管理は、家族や他の受益者のために作られた信託を管理することです。遺言検認サービスでは、裁判所で遺言書を証明するプロセスを支援し、遺言書を監督します。

 

プライベートバンクはタックスプランニングサービスも提供しており、クライアントの相続税全般を軽減することができます。さらに、プライベートバンクは、家族の財産移転や後継者育成の支援も行っています。プライベートバンクは、世代から世代への資産の移転に適した仕組みを作るためのアドバイスを提供し、これらの取引に関連する法的な事務処理も支援します。

最後に、プライベートバンクは、不動産や事業などの複雑な資産の運用を支援します。このような複雑な資産の相続対策に関するアドバイスを提供し、そのプロセスを通じて管理をサポートしてくれます。また、プライベートバンクは、故人の希望に沿った相続財産の分配を監督するエグゼキューターサービスも提供している。

 

プライベートバンクは、お客様が相続の手続きをスムーズに行えるよう、さまざまなサービスを提供しています。プライベートバンクは、相続に関する法律、税金、財務などあらゆるトピックについてアドバイスを提供してくれます。また、書類の準備や関係官庁との連絡もサポートしてくれます。

n202306-banner

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

【必見!】米国銀行口座の知られざる秘密とは?

アメリカには多くのビジネスチャンスがあり、世界経済をリードする超大国であるという認識は、誰にも共通していることでしょう。もし、皆さんが最高の銀行を求めるなら、アメリカ内に様々な選択肢があります。しかし、アメリカで銀行口座を持つにあたり、いくつか注意すべきこともあります。例えば、アメリカに口座があれば、1回も入国しなくても税金から取られてしまいます。...

【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

海外の銀行で口座開設をお考えですか?もう迷うことはありません。今回は、金利や手数料、サービスが充実しているおすすめの銀行をご紹介します。...

かつての秘密銀行・スイスプライベートバンクの実態・安全性に迫る…

オフショアバンキング(居住国以外の銀行)について様々な人に尋ねると、多くの場合、スイスのことが頭に浮かぶでしょう。 スパイ映画や『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のおかげで、スイスは日常的に世界の銀行の中心地として認識されています。 果たして、今スイスの銀行が本当にあなたの状況に最適なのか見ていきたいと思います。   秘密口座を開設できた100年前...

【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、"どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?"と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。...

【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。  ...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

アメリカ税制完全ガイド|個人から法人まであらゆる税金を徹底解剖!

アメリカの税制-概要 アメリカ合衆国では、税金は連邦政府と州政府の両方によって課されます。連邦税と州税は完全に別のもので、それぞれが独自の課税権を持っています。連邦政府は州の課税に干渉する権利を持っていません。各州には他の州とは別の税制度があります。...

【日本人の知らない】海外プライベートバンクの驚きの仕組みとは?

プライベートバンクとは何か? プライベートバンクとは、個人の富裕層のニーズに対応する銀行サービスです。プライベートバンクのサービスは、投資および資産管理サービス、特化した信用サービスなど、選ばれたクライアントの特定のニーズを満たすためにカスタマイズされた他の金融サービスを含みます。...