一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

Home 9 資産運用・資産保全 9 一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。

最も一般的な相続の方法は、遺言によるものです。遺言は故人が亡くなった後、誰がどのような財産を受け取るかを説明する文書です。遺言書は書いて、2人の証人が署名した後、裁判所に提出しなければなりません。注意すべきは、遺言は法定年齢に達している人、通常は20歳以上の人しか作成できないことです。

 

日本におけるもう一つの一般的な相続の方法は、遺留分法です。 これは、人が遺言を残さずに亡くなった場合、誰がどの財産を受け取るかを法律で決めるものです。一般的には、故人の配偶者が財産の大半を受け取り、次いで子供やその他の親族が受け取ります。

最後に、相続は家族の合意や友好的な取り決めによって発生することもあります。この場合、被相続人に近い関係者が座って、どのように相続するかについて交渉します。 この種の相続には法的拘束力がないため、各当事者は合意した義務を履行しなければならないことに留意する必要があります。

 

日本では、この3つの方法が一般的な相続の方法です。それぞれの方法の仕組みを理解し、自分の意思に沿った遺産分割を行うことが大切です。どのような場合でも、決断を下す前に法的助言を得ることを強くお勧めします。そうすることで、相続手続きのすべての側面が法律に従って処理されるようになります。

どのような方法を選択するにしても、相続は複雑なプロセスであることを忘れてはなりません。遺産を円滑に移行するために、専門家の法的助言を受けることをお勧めします。最終的には、愛する人の思い出を守り、家族の経済的な未来を確保することにつながるでしょう。

 

一方で、富裕層と呼ばれる人たちはどのようにして相続を行うのか?資産運用や資産管理の支援を必要とする多くの富裕層にとって、プライベートバンクが相続のニーズに応じて活用できるユニークなサービスを提供しています。ここからは、プライベートバンクが提供する様々な相続サービスについて解説していきます。

プライベートバンクは通常、財産設計、信託管理、遺言検認などのサービスを提供しています。財産設計は、死亡時の資産処分の計画を立てることで、顧客が相続の準備をするのに役立ちます。信託管理は、家族や他の受益者のために作られた信託を管理することです。遺言検認サービスでは、裁判所で遺言書を証明するプロセスを支援し、遺言書を監督します。

 

プライベートバンクはタックスプランニングサービスも提供しており、クライアントの相続税全般を軽減することができます。さらに、プライベートバンクは、家族の財産移転や後継者育成の支援も行っています。プライベートバンクは、世代から世代への資産の移転に適した仕組みを作るためのアドバイスを提供し、これらの取引に関連する法的な事務処理も支援します。

最後に、プライベートバンクは、不動産や事業などの複雑な資産の運用を支援します。このような複雑な資産の相続対策に関するアドバイスを提供し、そのプロセスを通じて管理をサポートしてくれます。また、プライベートバンクは、故人の希望に沿った相続財産の分配を監督するエグゼキューターサービスも提供している。

 

プライベートバンクは、お客様が相続の手続きをスムーズに行えるよう、さまざまなサービスを提供しています。プライベートバンクは、相続に関する法律、税金、財務などあらゆるトピックについてアドバイスを提供してくれます。また、書類の準備や関係官庁との連絡もサポートしてくれます。

【多くの人が見逃している】海外銀行口座を開設すべきメリットとは?

これまで私たちGPCでは、世界各国の銀行口座を分析・研究し、海外の銀行の良いところを見ることがあれば、悪いところも見てきました。しかし、多くの人々は、世界中の銀行口座を持つことのメリットを理解していないと思うのです。そこで、株式投資家や暗号通貨投資家であっても、世界中に銀行口座を持つべき最高の理由を紹介します。...

【海外富裕層だけが知る】リヒテンシュタインプライベートバンクの実態に迫る

あなたの資産を管理・拡大するための信頼できるパートナーをお探しなら、リヒテンシュタインのプライベートバンクは最適な選択肢です。プライベートバンクで200年以上の経験を持つリヒテンシュタインのプライベートバンクは、富裕層向けに特別にカスタマイズされた幅広いサービスを提供しています。 ...

【誰でも開設不可!?】プライベートバンク口座開設の審査の実態

プライベートバンクは、世界中の人で開設することができます。しかし、一部の国に住む人は、海外のプライベートバンクを口座開設することは難しいです。...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

最近では、合法的に税金をゼロにできるさまざまな方法とさまざまな国がありますが、インカムやキャピタルゲイン、資産に対して税金を払わない、昔ながらの明快な非課税の国を好む人もいます。そのような国は12カ国ほどしかありませんが、今回はその中からいくつかの選択肢を紹介し、もしあなたがその国しか選べず、そこに滞在しなければならないとしたらというケースの話をしたいと思います。...

【海外法人設立を考えている人必見!】海外法人のメカニズムとは?

今回のテーマは、海外法人です。どういう種類の海外法人があるのか、海外法人を設立する際の注意点、海外法人を設立する国の選び方を解説していきますので、海外法人のメカニズムもこれで丸わかりです。   海外法人の種類...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...

リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

皆さまは、1度は「引退して王様のように暮らしたい」と思ったことはないだろうか?最近、とある人が「100万ドル(約1.3億円)で一生王様のように暮らせる場所はどこか」という興味深い議論に出くわしました。人はこんなことを空想します。彼らは、お金を山ほど貯めて、一生そのお金で暮らしたいと思っているのです。...

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...