海外ビジネスで節税効果を狙える!法人設立のポイント|日本の富裕層が押さえておくべき海外展開戦略

Home 9 海外節税 9 海外ビジネスで節税効果を狙える!法人設立のポイント|日本の富裕層が押さえておくべき海外展開戦略

海外で法人設立することによって、日本国内でのビジネスだけでなく、海外でのビジネス展開やグローバルな視野を持つことができます。また、法人設立によって税制面でのメリットも得られることがあります。本記事では、海外での法人設立によるメリットや手続きについて詳しく解説していきます。

海外で法人設立するメリット

海外で法人設立することによって得られるメリットは多岐にわたります。以下に代表的なメリットを紹介します。

メリット1.グローバルなビジネス展開が可能

海外で法人を設立することによって、グローバルなビジネス展開が可能になります。現在、海外市場に進出することはビジネスにとって非常に重要な戦略となっています。海外でのビジネス展開は、自社の製品やサービスを世界的に知らしめ、新しい市場を開拓することができます。また、海外でのビジネス展開によって、自社の技術力やサービス品質を高めることができます。

メリット2.資産保護ができる

日本国内にすべてのビジネスを集中させると、リスクも一極集中することになります。しかし、海外で法人を設立することによって、ビジネスのリスクを分散することができます。また、海外にあるビジネス資産は、日本国内の法的リスクから保護される場合があります。つまり、日本国内で発生したトラブルが海外のビジネスに影響を与えることは少なくなるのです。

メリット3.税制面でのメリットがある

海外に法人を設立することによって、税制面でのメリットが得られることがあります。例えば、法人税が0%の国もあれば、海外源泉所得に対して無税になる国、配当に対して無税になる国などさまざまです。

一方、海外に設立した法人によって、グローバルな収益を管理することができます。また、海外でのビジネスによって、外貨建ての資産を保有することもできます。これによって、円高や円安のリスクからビジネスを保護することができます。

メリット4.ビジネスパートナーとしての活用ができる

海外に法人を設立することによって、海外におけるビジネスパートナーとの関係を強化することができます。例えば、海外での仕入先や販売代理店、投資家などとの関係を築くことができます。これによって、海外でのビジネス展開に必要なノウハウやネットワークを得ることができます。

海外で法人設立する手続き

海外で法人を設立するためには、その国の法律や規制に従った手続きが必要です。以下に代表的な手続きを紹介します。

①法人の種類を選択する

まず、設立する法人の種類を選択する必要があります。主な法人の種類には、有限責任会社(LLC)、株式会社、財団法人などがあります。それぞれの法人の種類によって、必要な手続きや費用が異なるため、よく調べて選択することが重要です。

②手続きをする国の法律を確認する

海外で法人を設立する場合は、その国の法律や規制に従った手続きが必要になります。設立する国の法律や規制について詳しく調べ、必要な手続きや書類を準備することが重要です。

③登記手続きをする

海外で法人を設立する場合は、その国の商業登記所に登録する必要があります。登記手続きには、設立の届出書や出資者名簿などが必要になります。また、登記費用や手数料なども必要になります。自身で全ての手続きを行うのは煩雑であるため、経営者の多くは法人設立の代行サービスを利用しています。

④銀行口座を開設する

海外で法人を設立する場合は、その国の銀行口座を開設する必要があります。銀行口座を開設するためには、設立した法人の登記簿や設立届出書などの書類が必要になります。ただし、法人口座開設が難しい国が多いです。例えば、ドバイでは法人口座の開設に1年かかるケースもあります。

まとめ

海外で法人を設立することによって、グローバルなビジネス展開が可能になるだけでなく、資産保護や税制面でのメリットなども得られます。しかし、海外で法人を設立する際には、その国の法律や規制に従った手続きが必要になるため、十分に調べて準備をすることが重要です。また、海外でのビジネス展開にあたっては、現地のビジネス環境や文化にも十分に理解し、適切な戦略を立てることが求められます。

海外での法人設立については、専門家に相談することをおすすめします。税理士や弁護士、コンサルタントなど、海外ビジネスに精通した専門家が多数存在しており、的確なアドバイスを提供してくれるでしょう。

海外でのビジネス展開は、節税も可能ですが、それ以外にもメリットがあります。日本国内に限らず世界中にビジネスチャンスが存在しますので、海外で法人を設立することによって、グローバルなビジネス展開が可能になり、新たなビジネスチャンスをつかむことができます。是非、海外でのビジネス展開を検討してみてはいかがでしょうか。

【日本人の知らない】海外プライベートバンクの驚きの仕組みとは?

プライベートバンクとは何か? プライベートバンクとは、個人の富裕層のニーズに対応する銀行サービスです。プライベートバンクのサービスは、投資および資産管理サービス、特化した信用サービスなど、選ばれたクライアントの特定のニーズを満たすためにカスタマイズされた他の金融サービスを含みます。...

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

【海外移住希望者必見!】無税の国に住む極意

もし、税金のかからない国をひとつだけ選んで永住し、税制上の優遇措置を受けられるとしたら、それはどこでしょう?数十の選択肢の中から、思い浮かぶのはこの数カ国だろう。幸いなことに、税金がないことで有名なその国で毎日を過ごす必要はありません。免税も可能です。会社や政府が個人の税金について何を提供するかは別として、自分にとってはたくさんあるのです。...

米国におけるBOI提出義務完全ガイド

2024年から施行される新たなBOI提出義務について、FinCENが定める実質的所有者情報の報告要件をわかりやすく解説。免除対象企業、報告必須情報、提出方法まで、米国内で事業を行う法人必見の情報を網羅。

世界の富裕層が愛するドバイのプライベートバンクの実態とは?

ドバイは世界でも有数の資産運用や資産管理を行う都市です。そんな中東のドバイにはプライベートバンクが多く存在し、富裕層の間で人気があります。ドバイのプライベートバンクは、富裕層を対象に、資産運用や資産管理に関連したサービスを提供する金融機関です。プライベートバンカーと呼ばれる専門家集団が、顧客一人ひとりのニーズに合わせてカスタマイズした戦略を提供します。...

プライベートバンクの安全性とセキュリティ

プライベートバンクは、その長い信頼性の伝統にもかかわらず、失敗と無縁ではありません。場合によっては、不始末や詐欺などの要因により、プライベートバンクが破綻することもあります。このような場合、銀行の顧客は、その資産が十分に保護されていなかった場合、潜在的な損失にさらされる可能性があります。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...
n202306-banner