今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

Home 9 資産運用・資産保全 9 今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。

 

ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?

2022年6月7日、ドイツ銀行は新シリーズの最初のレポート「インフレ」と題する報告書を発表しました。この報告書によると、「米国のマクロ政策、ひいては経済における政府の役割そのものが、この40年間で最大の方向転換を遂げようとしている。ひいては、それが不快なレベルのインフレをもたらすことを懸念している」と述べています。

米国経済がすでにインフレに見舞われているかと思います。米国労働統計局による最新のインフレ報告書によると「4月、全都市消費者物価指数は季節調整済みで0.8%上昇:過去12ヵ月では4.2%上昇 」とあります。年間4.2パーセントのインフレ率はかなりの値かもしれません。この1年、第二次世界大戦以来の巨額の財政支出を行ったワシントンDCでは、迫り来るインフレの脅威はあまり気にしていないのかもしれません。

ドイツ銀行は「現在の財政出動は、第二次世界大戦前後に見られるものと比べても遜色ない」指摘しています。米国の財政赤字は4年間で15~30%にとどまりました。パンデミックと第二次世界大戦の間には多くの大きな違いがありますが、経済が正常化し、溜め込んだ需要が解放された後の1946年、1947年、1948年の年間インフレ率は8.4%、14.6%、7.7%でした。

もし米国経済が第二次世界大戦後のようなインフレスパイラルに陥れば、私たちは耐え難い経済的苦痛に瀕するかもしれません。

ドイツ銀行曰く「金融刺激策も同様に息を呑むようなものであった。数字上では、FRBのバランスシートはパンデミックの間にほぼ倍増し、8兆ドル近くになった。2008年の危機では1兆ドル強しか増えなかったのに、その後の6年間でさらに2兆ドルも増えたのだから、比較にならない」経済学者なら誰でも知っているように、短期間に大量の紙幣を印刷すること(パンデミック時に連邦準備制度が行ったこと)は、重要なインフレ要因にもなっていきます。

このようなことは、過去一世紀の間に何度も起こってきた。ワイマール・ドイツから現在のベネズエラに至るまで、大量の紙幣印刷はより新しく機能し、常に制御不能のインフレに拍車をかけました。ドイツ銀行の報告書では「インフレの再来が懸念される」という悲惨な警告で締めくくられています。50年前に我々の社会や経済が高インフレに脅かされたことを記憶している人はまだ少ないです。経済学の最も基本的な法則、すなわち千年以上の時の試練に耐えてきた法則は、中断されていません。

中央銀行が主な財源とする債務の爆発的な増加は、インフレを引き起こす可能性が高いでしょう。物価の上昇はすべての人にふりかかり、その影響は特に社会的弱者にとって壊滅的なものになる可能性があるかもしれません。悲しいことに中央銀行がこの段階で行動を起こすと、急激な政策変更を余儀なくされ、政策立案者が社会が必要としている社会的目標を達成することが難しくなるだけです。

 

アメリカ経済の急変に備えて行うべき●●とは?

ドイツ銀行のインフレに関する報告は以上ですが、皆さんの中にはゾクッとされた人もいるでしょう。昨今のインフレから既に多くの人が、暗号通貨に資金を移動させています。ハードアセットに資金を移動させている人もいるでしょう。やはり重要なのは分散投資です。

金と銀はやはり手堅い資産になっていきます。欧米の政府は確定申告で「暗号資産を持ってるか?」と聞いてきます。金は国内だけでなく、海外に置くこともできます。銀行システムの外で保管することもできます。個人の金庫室や個人の箱に保管することもできます。

また多くの億万長者が注目しているのが、農地生産性の高い不動産です。南米の農地なら果物や野菜、動物など、自分たちの食料を確保できるだけでなく、多くのスペースを確保できます。今世界で起こっている多くの混乱から、あなたは解放させてくれるかもしれません。第二の住居を手に入れることができたり、第二のパスポートを取得することもできます。 南米のエクアドルのような国には、非常に安い不動産があり、買いに行くこともできます。グルジアのような国も非常に安く、アクセスも便利です。ブルガリアなども同様です。

ヨーロッパでも、南米でも、自分の土地に木を植えておくとお金をもらえるところがあります。100エーカーの土地で、木や動物たちと暮らすことができ、管理人を雇ってお金を稼ぐこともできます。マンゴーを育てて売るのも悪くないです。ですから、様々なものに分散投資すれば、資金を海外に移せますし、もし状況が悪化したときにはその状況を上手くやり過ごすための資産になっていきます。

n202306-banner

海外富裕層が絶対行う資産保全の極意

お金を稼ぐことは多くの人にとっての目標であり、それは家計に関しても同じです。ある程度の財産を手に入れたら、それを守り、お金を増やし続けることが大切です。そこで登場するのが「資産保全」です。資産を保全することには多くの利点・方法がありますが、この記事ではそれについて説明します。資産保全のメリットを知るために、ぜひ読み進めてみてください。...

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

【マル秘】銀行預金だけで長期滞在のビザが取得できる驚愕の国まとめ

最近の話になりますが、世界の超富裕層と呼ばれる人たちは面白いお金の使い方を考えている人が多いです。自身の事業を売却し、得たお金は銀行や証券会社の口座に一旦預金しますが、それだけに留まらず、彼らは、資産保全や高いリターンを得るために海外の銀行口座に預けようとします。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

プライベートバンクの安全性とセキュリティ

プライベートバンクは、その長い信頼性の伝統にもかかわらず、失敗と無縁ではありません。場合によっては、不始末や詐欺などの要因により、プライベートバンクが破綻することもあります。このような場合、銀行の顧客は、その資産が十分に保護されていなかった場合、潜在的な損失にさらされる可能性があります。...

海外タックスヘイブンと日本の税制の違いとは?|富裕層におすすめの節税方法と注意点まとめ

近年、世界中でタックスヘイブンが注目されています。タックスヘイブンとは、低税率や無税化などの税制度が導入され、海外の企業や富裕層にとって非常に魅力的な場所のことを指します。一方で、タックスヘイブンを利用することで節税を行うことができますが、それにはリスクが伴います。本記事では、日本の税制と海外のタックスヘイブンの税制の違い、タックスヘイブンで節税する方法について、詳しく説明していきます。...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...

【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

海外の銀行で口座開設をお考えですか?もう迷うことはありません。今回は、金利や手数料、サービスが充実しているおすすめの銀行をご紹介します。...

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...