【オススメ】リタイア後の海外移住でマジで住んでみたい3つの国とは?

Home 9 海外移住 9 【オススメ】リタイア後の海外移住でマジで住んでみたい3つの国とは?

突然ですが、あなたの残りの人生をちょっと想像してみてください。例えば、あなたが3つの異なる国にしか住むことができないということになったら、どこに住みますか?

ちなみに、最終目的地に行くために、飛行機に乗って他の国を通過することはできますが、目的の途中の空港から出ることも、立ち止まることもできません。そんな選ばれた3つの国の中にいることしかできないという、もしもの時に残りの時間を過ごすために選びたい3つの国をご紹介します。

 

残りの時間を過ごしたい国を考える時には、1年のうち4ヶ月を3つの異なる場所で過ごし、家を借りたり所有したりして、3つの異なる拠点を持って楽しむというアプローチを取ることができます。残り時間を過ごすのに選びたい国の1つ目は、アジアのマレーシアです。その理由は、第1に、税金が安いこと。2つ目は、とても親切な人々がいること。3つ目は、マーレシアは多文化主義で、面白い物事が日々起きるからです。

マレーシアには、消費者にとって便利なものがあります。何かものを買いたいと思ったら、ショッピングモールがあり、あるいは、オンラインショッピングという選択肢もあります。基本的に、欲しいものは何でも手に入ります。 マレーシアであれば、中国から何かを送ってもらうのも簡単に済みますし、また政府の扱いも良いです。海岸の両側にはビーチがあり、 新しいビーチリゾートの開発が行われています。

 

マレーシアの家は、少し大きめなので、部屋に余裕があるように感じるかもしれません。住民は、人当たりの良い人がほとんどです。マレーシアの観光の名所のペナンには、海岸沿いの街があります。美しいホテルに、そこで働く人々は皆素敵です。そして素晴らしい海岸もあり最高の場所です。

ただ、皆様の中には1年の大半をアジアで過ごすのは好きではない人もいるでしょう。たとえ3つの国を選ぶことになったとしても、1年の一部をマレーシアで過ごし、残りを他の国で過ごすのが良いかもしれません。

 

数ヶ月を過ごす別の国として、2番目にメキシコが挙げられると思います。メキシコは、多文化な国ではありませんが、街ごとに面白いものがあります。インドや中国のようなレベルではないかもしれませんが、毎年1週間か、1ヶ月メキシコに行けば、生涯にわたって何か新しいものを発見することに忙しくなるような国の1つだと思います。

ただし、メキシコでは、すぐ体重が増えてしまうという悩ましい問題があります。おいしいタコスの店やおいしいステーキハウスがあるため、簡単に体重が増えてしまいます。メキシコの首都、メキシコシティには、ビーチも山もあり、欲しいものがすべて揃っていて、言語も誰でも比較的簡単に学べるスペイン語であるため、2つ目の国としてこの国をチョイスします。

 

さて、3番目の国については少し悩むところですが、アジア、南米ときたのでヨーロッパの国を入れていきましょう。セルビアが良いですね。ヨーロッパの都市の雰囲気を味わえて、税金の面でも、ライフスタイルの面でも、新進気鋭な感じがあります。セルビアにも、面白い人たちやビジネスの集まりがあるので、そこに行くのもいいかもしれません。セルビアとグルジアは面白い組み合わせだと思いますが、セルビアのほうがヨーロッパ的な雰囲気があるので、そちらを選ぶでしょう。

さて、あなたが選ぶ3つの国は何ですか?今回の記事をきっかけに残りの人生で済んでみたい3つの国を考えてみてください。

n202306-banner

【経営者必見】海外法人を設立して節税する極意

外国の管轄区域に海外法人を設立すると、多くの利点が得られます。その中でも最も重要なのは、大幅な税制上の利点と節税が得られることです。この記事では、海外法人によく提供される各種の税制上の利点とその他の追加の利点について掘り下げます。また、どのようにしてこれらの利点を得る資格を得て、最大限に活用するかについても説明します。   海外法人を設立する税制上の利点(メリット)...

【海外移住希望者必見!】無税の国に住む極意

もし、税金のかからない国をひとつだけ選んで永住し、税制上の優遇措置を受けられるとしたら、それはどこでしょう?数十の選択肢の中から、思い浮かぶのはこの数カ国だろう。幸いなことに、税金がないことで有名なその国で毎日を過ごす必要はありません。免税も可能です。会社や政府が個人の税金について何を提供するかは別として、自分にとってはたくさんあるのです。...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...

【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

アマゾン創業者ジェフ・ベゾスの節税スキームを徹底解体!(最新版)

節税と資産保全の重要性について解説する記事。株式資産の管理、効果的な節税テクニック、相続税や贈与税の計画、保険商品の活用など、安定した経済生活を送るための戦略を提供します。米国億万長者の税率データを参考に、個人の資産保全方法を探ります。

海外タックスヘイブンと日本の税制の違いとは?|富裕層におすすめの節税方法と注意点まとめ

近年、世界中でタックスヘイブンが注目されています。タックスヘイブンとは、低税率や無税化などの税制度が導入され、海外の企業や富裕層にとって非常に魅力的な場所のことを指します。一方で、タックスヘイブンを利用することで節税を行うことができますが、それにはリスクが伴います。本記事では、日本の税制と海外のタックスヘイブンの税制の違い、タックスヘイブンで節税する方法について、詳しく説明していきます。...

【海外富裕層だけが知る】リヒテンシュタインプライベートバンクの実態に迫る

あなたの資産を管理・拡大するための信頼できるパートナーをお探しなら、リヒテンシュタインのプライベートバンクは最適な選択肢です。プライベートバンクで200年以上の経験を持つリヒテンシュタインのプライベートバンクは、富裕層向けに特別にカスタマイズされた幅広いサービスを提供しています。 ...

欧州の富裕層がドンドン集まるリヒテンシュタインの正体とは?

ヨーロッパの小国リヒテンシュタインを貫く幹線道路ランド通りは、見た目にはわからないが世界で最も交通量の多い銀行通りの1つです。オーストリアのフェルトキルヒからスイスのザルガンスまで車で30分もかからない間にある小さな国ですが、よく話題にもなりますが小さな国ほど安全な場所であることが多いです。...