【最短最速】世界各国のパスポートを取得する意外な方法とは?

Home 9 海外移住 9 【最短最速】世界各国のパスポートを取得する意外な方法とは?

日本では残念ながらパスポートの2つ持ち(二重国籍)は認められていませんが、外国籍に変更手段もあります。日本国籍を喪失することになりますが、現地国に帰化して、長期移住することも可能です。実は、居住者としての資格を得るために長期間住む必要のない国が世界には沢山あるということです。

家賃を貯めて、現地国に少しだけ滞在し、数年後にパスポートを取得するために戻ってくることが可能です。しかし、何年もかかりますし、もちろん必ずパスポートが貰える保証もありません。 では、帰化のスピードが速い国をいくつか紹介します。

 

最短2年での帰化が可能な国はいくつかありますが、アルゼンチンはその1つです。アルゼンチンでは、年間で6カ月以上をアルゼンチンに滞在する場合、わずか2年で国籍取得が可能です。実際アルゼンチンでは、2年以上滞在している不法滞在者を帰化させた例もあり、かなり寛容です。このように、アルゼンチンでの生活に時間を割くことができるのであれば、国籍取得は簡単です。 

もう1つの選択肢はドミニカ共和国です。ドミニカ共和国は明らかにパスポートの質は劣りますが、米国には近いです。最低限の投資をすることで、ドミニカ共和国の居住者になることができ、そこで時間の一部を過ごし、わずか2年で帰化の資格を得ることができます。 

 

最後の選択肢は、ペルーです。1年に6ヶ月以上ペルーに滞在すれば、わずか2年で帰化することができます。ペルーとアルゼンチンは、フランスやドイツなど、ヨーロッパのシェンゲン協定加盟国のすべてにアクセスできるので、非常に優れたパスポートになっています。

また、パラグアイでは、3年間滞在することでパラグアイの市民になることもできますし、ロシアに行けば、ビジネスを始めて少しの税金を払えば、最短3年でパスポートを取得することができ、これもかなり良いパスポートです。家族と一緒にウルグアイに住むのであれば、最短3年でパスポートを取得することができます。独身の方は5年かかりますが、家族の誰かがいれば3年でウルグアイ人になれます。

 

ウルグアイは、ビザ免除プログラムで米国へのアクセスが可能になる次の国の1つかもしれません。つまり、米国に容易に行き来するパスポートが欲しいのであれば、ウルグアイが最善の策となるでしょう。唯一の課題は、今後3年間、大半の時間をウルグアイで過ごすことになリマス。

つまり、他国のパスポート取得は、常にトレードオフの関係にあり、保証はありません。どの国も2年や3年でしっかりと帰化しなければならないわけではありませんが、少なくともこれらのプログラムを利用すれば、どのくらいの期間がかかるのか、数年でパスポートを取得できるのかを早く知ることができます。

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

少額から始められる!海外不動産投資に適した国とは?

世界で最も安い投資用不動産があるのはどの都市か?世界の新興市場や開拓市場に投資して、投資用の超格安不動産をどこに行けば手に入るのかを考えてきました。どこで不動産を買えばいいのか?自分の資金を投資して、素晴らしいリターンを得られる可能性のある場所はどこか?...

【必見】世界のタックスヘイブン国リストと実践方法!

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 タックスヘイブンとは、税金が非常に低い、あるいは全くかからない世界各国のことです。このような税率を利用して節税することは、経済的に余裕のある方にとっては大きなメリットとなります。今回は、知っておきたい世界のタックスヘイブンをまとめて紹介します。   1.ケイマン諸島...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、"どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?"と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。...

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...

【最短で節税】投資の税金対策で法人設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 株式や不動産への投資は、資産形成のための素晴らしい方法ですが、これらの投資に関連する税金があることを認識しておくことが重要です。この記事では、投資をする際に発生する可能性のあるさまざまな種類の税金について説明します。  ...

世界の超富裕層がコッソリ移動する謎の移住先とは?

世界の超富裕層は、何年も前から引っ越しの話をしていたのに、金融不安の大流行と次に何が起こるかわからないという不安から、これまでにない速さで海外に移住しています。今回は、彼らの多くがどこに移住しているのか、そしてその理由は何なのか、ある記事を紹介します。...