【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、“どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?”と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。

アルメニアの銀行は、比較的簡単に口座開設ができる金利の高い場所ですが、アルメニアのある大きな銀行で、当座預金口座、普通預金口座をまとめて開設してみた人がいました。その後、定期預金を開設したいと思うようになりました。

 

お金を入れて高い金利を利用したかったのですが、当座預金の残高よりも多くのお金を入れたかったので、アルメニアに行き「この定期預金口座を2万ドル分開設したい」と言いました。すると、”それはいいけれど、どうやってお金を入れるんだ?”と言われました。 

そのお金は、当座預金口座にあることが必要でした。銀行で追加の口座を開設するにしても、最初の口座を開設するにしても、実際にお金を用意する必要があります。

 

口座に入金する最も基本的な方法は、当然ながら現金です。シンガポールの3大銀行で口座を開設した人が過去にいましたが、当時は1000シンガポールドルあれば開設できました。今でこそ珍しいことですが、彼らの条件はかなり厳しかったです。

これは基本的に現地の人のための口座なので「シンガポール国内の他の口座から入金するか、札束を持ってくるか、とにかく1000ドル札を持ってくれば口座に入れてあげるよ」と言われたそうです。1日の限度額が決まっていたので、何回かに分けてお金を出して、翌日1000シンガポールドルで口座を開設しました。

 

場合によっては、銀行員に相談しなければならないかもしれません。そのような場合は、おそらく悪い銀行を持っているのでしょう。ですから、オフショアのこれらの良い銀行で銀行業務を行うべきでしょう。また電信送金も可能です。他に何ができるかというと、大金を送金して実際に通貨を変える場合です。 

マレーシアに経費を送金しようと、別の口座からUSドルをそれを送る場合には、マレーシアのリンギット口座で保有されることになります。この口座にある通貨はこれだけなので、Transferwiseのようなサービスを利用することが可能です。

 

Transferwiseは、最もわかりやすく、ナンセンスでなく、バンキーでもなく、その利点は、より良い為替レートを得られることです。オフショア口座の多くはマルチカレンシーで、米ドルと香港ドル、あるいは米ドル、ユーロ、ポンドというように、通貨を交換しなければならない場合があります。

変換してくれるわけではありませんが、自分の口座にない通貨を送る場合や、銀行のレートより良いレートで変換してほしいだけなら、Transferwiseのようなサービスを利用することができます。さて、デメリットですが、Transferwiseで10万円を送りたい場合、人によっては不快に感じることもあるようです。 

 

暗号通貨を銀行口座に清算できるのか?これはオフショアでは危ういかもしれません。例のジョージは、取引における暗号通貨を好まないので、ブロックチェーンフレンドリーな国であっても、銀行はそれをあまり好まないし、それを見れば口座を閉鎖されるでしょう。

ですから、もしあなたが富裕層で暗号通貨を清算したいのであれば、親身になってくれる銀行を確保して、自国内で行うのがベストかもしれません。必ず自国内で清算してから送るようにしましょう。

 

同じようなラインで最後にできるのは金や銀です。金や銀を金庫に保管しているとします。それを移動させることができます。もちろん、売却してお金を送ることもできますが、金や銀を海外に移動させることもできます。金や銀を保有していて、不要になったら売却することもできます。例えば、現金の流動性が不足している場合、金や銀を売ることができます。 

シンガポールのようなオフショア金庫に保管されている場合は、現地で現金に換えるだけです。暗号通貨を持っている人は、分散するために金や銀を買って「金や銀はいらないから、銀行口座に入金してくれ」と言うかもしれません。

 

ですから、当然ながら物事を適切に行うことを確認したいものです。現地の法律に従っていることを確認する必要があります。口座に資金を供給するさまざまな方法があるということを覚えておきましょう。

n202306-banner

プライベートバンクが行うコンシェルジュサービスとは?

プライベートバンクは、富裕層の顧客に対してさまざまなサービスを提供していますが、その中でも特に価値があるのがコンシェルジュサービスです。この種のサービスでは、プライベートバンクの顧客は、イベントの優先予約やチケット、旅行の予約など、特別な特典を利用することができます。 コンシェルジュサービスは、以下のようなことが可能です。...

【海外移住オススメの国】安全で物価が安い国は何処だ!!

海外移住を考えている人の中には、「世界で一番安くて安全な国はどこか?」という疑問を持っている方がいるでしょう。今回は2つのポイントを説明していきます。 どこに住むと手頃な価格で、かつオトクに暮らせるのか? どこに住めば安全なのか?(治安が良いのか?)...

【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。...

【日本の保険よりも遥かに上!?】アメリカの生命保険の実態

アメリカの生命保険は、世界の他の国と比べても優れた保障内容となっています。また、保障額も他国と比較して高額なものが多く、日本円で1億円の保障が得られる保険もあります。これは、家族や大切な人を守るための保障を求める人にとって、魅力的な機能です。 アメリカの生命保険の主な特徴  柔軟な保障オプション -...

【VIP御用達】プライベートバンクの開設による様々な特典とは?

プライベートバンクに口座を開設すると、従来の銀行サービスではアクセスできない多くの特典を利用することができます。例えば、個人的なバンキング・アドバイザーの利用、ニーズに合わせた財務アドバイス、より高い預金限度額、ローン申請やその他の取引における優遇措置などがあります。また、プライベートバンクは、独自の商品を通じて、特別な投資機会を提供しています。...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...

40代からの海外移住計画:暗号通貨を活用してタイのエリートビザを手に入れる

はじめに 海外移住は、人生の新たなステージを迎える富裕層やリタイヤした40代以上の方々にとって、非常に魅力的な選択肢です。特に、暗号通貨の浸透に伴い、海外移住の方法はより多様化しています。この記事では、タイへの移住を検討している方々に、タイランドエリートビザの取得方法とそのメリットを紹介します。   タイランドエリートビザとは...

米国におけるBOI提出義務完全ガイド

2024年から施行される新たなBOI提出義務について、FinCENが定める実質的所有者情報の報告要件をわかりやすく解説。免除対象企業、報告必須情報、提出方法まで、米国内で事業を行う法人必見の情報を網羅。

【サクッと理解!】プライベートバンク口座開設ガイド

プライベートバンクは、富裕層の大事な資産を預かり、お客様に代わってバンカーが資産運用や管理を行う金融機関です。世界各地に存在し、スイス、リヒテンシュタイン、ドバイ、シンガポールなどにあります。プライベートバンクの口座開設の条件ですが、まず、純資産が高いことが条件です。...

プライベートバンクの安全性とセキュリティ

プライベートバンクは、その長い信頼性の伝統にもかかわらず、失敗と無縁ではありません。場合によっては、不始末や詐欺などの要因により、プライベートバンクが破綻することもあります。このような場合、銀行の顧客は、その資産が十分に保護されていなかった場合、潜在的な損失にさらされる可能性があります。...