【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、“どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?”と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。

アルメニアの銀行は、比較的簡単に口座開設ができる金利の高い場所ですが、アルメニアのある大きな銀行で、当座預金口座、普通預金口座をまとめて開設してみた人がいました。その後、定期預金を開設したいと思うようになりました。

 

お金を入れて高い金利を利用したかったのですが、当座預金の残高よりも多くのお金を入れたかったので、アルメニアに行き「この定期預金口座を2万ドル分開設したい」と言いました。すると、”それはいいけれど、どうやってお金を入れるんだ?”と言われました。 

そのお金は、当座預金口座にあることが必要でした。銀行で追加の口座を開設するにしても、最初の口座を開設するにしても、実際にお金を用意する必要があります。

 

口座に入金する最も基本的な方法は、当然ながら現金です。シンガポールの3大銀行で口座を開設した人が過去にいましたが、当時は1000シンガポールドルあれば開設できました。今でこそ珍しいことですが、彼らの条件はかなり厳しかったです。

これは基本的に現地の人のための口座なので「シンガポール国内の他の口座から入金するか、札束を持ってくるか、とにかく1000ドル札を持ってくれば口座に入れてあげるよ」と言われたそうです。1日の限度額が決まっていたので、何回かに分けてお金を出して、翌日1000シンガポールドルで口座を開設しました。

 

場合によっては、銀行員に相談しなければならないかもしれません。そのような場合は、おそらく悪い銀行を持っているのでしょう。ですから、オフショアのこれらの良い銀行で銀行業務を行うべきでしょう。また電信送金も可能です。他に何ができるかというと、大金を送金して実際に通貨を変える場合です。 

マレーシアに経費を送金しようと、別の口座からUSドルをそれを送る場合には、マレーシアのリンギット口座で保有されることになります。この口座にある通貨はこれだけなので、Transferwiseのようなサービスを利用することが可能です。

 

Transferwiseは、最もわかりやすく、ナンセンスでなく、バンキーでもなく、その利点は、より良い為替レートを得られることです。オフショア口座の多くはマルチカレンシーで、米ドルと香港ドル、あるいは米ドル、ユーロ、ポンドというように、通貨を交換しなければならない場合があります。

変換してくれるわけではありませんが、自分の口座にない通貨を送る場合や、銀行のレートより良いレートで変換してほしいだけなら、Transferwiseのようなサービスを利用することができます。さて、デメリットですが、Transferwiseで10万円を送りたい場合、人によっては不快に感じることもあるようです。 

 

暗号通貨を銀行口座に清算できるのか?これはオフショアでは危ういかもしれません。例のジョージは、取引における暗号通貨を好まないので、ブロックチェーンフレンドリーな国であっても、銀行はそれをあまり好まないし、それを見れば口座を閉鎖されるでしょう。

ですから、もしあなたが富裕層で暗号通貨を清算したいのであれば、親身になってくれる銀行を確保して、自国内で行うのがベストかもしれません。必ず自国内で清算してから送るようにしましょう。

 

同じようなラインで最後にできるのは金や銀です。金や銀を金庫に保管しているとします。それを移動させることができます。もちろん、売却してお金を送ることもできますが、金や銀を海外に移動させることもできます。金や銀を保有していて、不要になったら売却することもできます。例えば、現金の流動性が不足している場合、金や銀を売ることができます。 

シンガポールのようなオフショア金庫に保管されている場合は、現地で現金に換えるだけです。暗号通貨を持っている人は、分散するために金や銀を買って「金や銀はいらないから、銀行口座に入金してくれ」と言うかもしれません。

 

ですから、当然ながら物事を適切に行うことを確認したいものです。現地の法律に従っていることを確認する必要があります。口座に資金を供給するさまざまな方法があるということを覚えておきましょう。

海外富裕層がコッソリ利用するファミリーオフィスとは?

ファミリーオフィスは富裕層の家族を対象としたサービスです。資産の運用・保全、相続、教育、医療など多分野に関して専門家のチームを組んで課題に対処していきます。 私たちの目標は、お客様とそのご家族が安心して将来を過ごせるようにすることです。...

一般的な相続と富裕層の相続の違いを大公開

日本では、死後、自分の財産を引き継ぐ方法として、相続が一般的です。日本の相続法は民法に基づいており、家族間の関係によって財産をどのように分与するかが定められています。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

プライベートバンク口座開設に必要な資金額と資金を作る方法

プライベートバンクは、富裕層の大切な資産を預かる金融機関です。しかし、誰でも開設することができるわけではありません。必要な金額が決まっています。 プライベートバンクを開設するには、最初に満たさなければならない資本要件があります。この要件は、銀行が営業する国や管轄区域、および銀行が提供するサービスの種類によって異なります。...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

【海外富裕層がコッソリ行う】金融危機に備える資産保全術とは?

最近のコロナウイルスによる市場のパニックを始め、金融危機はいつでも、どんな理由でも起こりうります。不況、世界的な疫病、戦争、政変など、市場は急変する可能性があり、それに備えておく必要があります。例えば、資産をまるですべての卵を一つのカゴに盛るようにすると、金融が混乱した際に不都合が生じる可能性も0ではありません。政府があなたの富へのアクセスを制限する可能性があるからです。また世界を完全に終わらせる...

リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

皆さまは、1度は「引退して王様のように暮らしたい」と思ったことはないだろうか?最近、とある人が「100万ドル(約1.3億円)で一生王様のように暮らせる場所はどこか」という興味深い議論に出くわしました。人はこんなことを空想します。彼らは、お金を山ほど貯めて、一生そのお金で暮らしたいと思っているのです。...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

【海外法人とセット!】海外法人口座を開設するならこれだ!

海外法人口座の開設方法 海外法人口座の開設により、企業は容易に送金、国際決済、異なる市場への投資を行うことができるようになります。海外法人口座の開設にあたっては、グローバルな規模で決済や投資を行うために必要な様々な要件を検討する必要があります。 海外法人口座の開設には、通常、銀行への所有権証明書の提出が必要です。...