【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【意外と知らない!】オフショア銀行口座への入金方法

さて、オフショア銀行口座(海外銀行口座)の開設が完了しました。どうやって口座にお金を入れるのでしょうか?これは多くの人が抱く疑問で、しばらく前からやっている人は直感的にわかるかもしれませんが、始めたばかりの人は、“どうやってオフショアの銀行口座にお金を入れるのか?”と思うかもしれません。このアプローチにはいくつかの方法があります。

アルメニアの銀行は、比較的簡単に口座開設ができる金利の高い場所ですが、アルメニアのある大きな銀行で、当座預金口座、普通預金口座をまとめて開設してみた人がいました。その後、定期預金を開設したいと思うようになりました。

 

お金を入れて高い金利を利用したかったのですが、当座預金の残高よりも多くのお金を入れたかったので、アルメニアに行き「この定期預金口座を2万ドル分開設したい」と言いました。すると、”それはいいけれど、どうやってお金を入れるんだ?”と言われました。 

そのお金は、当座預金口座にあることが必要でした。銀行で追加の口座を開設するにしても、最初の口座を開設するにしても、実際にお金を用意する必要があります。

 

口座に入金する最も基本的な方法は、当然ながら現金です。シンガポールの3大銀行で口座を開設した人が過去にいましたが、当時は1000シンガポールドルあれば開設できました。今でこそ珍しいことですが、彼らの条件はかなり厳しかったです。

これは基本的に現地の人のための口座なので「シンガポール国内の他の口座から入金するか、札束を持ってくるか、とにかく1000ドル札を持ってくれば口座に入れてあげるよ」と言われたそうです。1日の限度額が決まっていたので、何回かに分けてお金を出して、翌日1000シンガポールドルで口座を開設しました。

 

場合によっては、銀行員に相談しなければならないかもしれません。そのような場合は、おそらく悪い銀行を持っているのでしょう。ですから、オフショアのこれらの良い銀行で銀行業務を行うべきでしょう。また電信送金も可能です。他に何ができるかというと、大金を送金して実際に通貨を変える場合です。 

マレーシアに経費を送金しようと、別の口座からUSドルをそれを送る場合には、マレーシアのリンギット口座で保有されることになります。この口座にある通貨はこれだけなので、Transferwiseのようなサービスを利用することが可能です。

 

Transferwiseは、最もわかりやすく、ナンセンスでなく、バンキーでもなく、その利点は、より良い為替レートを得られることです。オフショア口座の多くはマルチカレンシーで、米ドルと香港ドル、あるいは米ドル、ユーロ、ポンドというように、通貨を交換しなければならない場合があります。

変換してくれるわけではありませんが、自分の口座にない通貨を送る場合や、銀行のレートより良いレートで変換してほしいだけなら、Transferwiseのようなサービスを利用することができます。さて、デメリットですが、Transferwiseで10万円を送りたい場合、人によっては不快に感じることもあるようです。 

 

暗号通貨を銀行口座に清算できるのか?これはオフショアでは危ういかもしれません。例のジョージは、取引における暗号通貨を好まないので、ブロックチェーンフレンドリーな国であっても、銀行はそれをあまり好まないし、それを見れば口座を閉鎖されるでしょう。

ですから、もしあなたが富裕層で暗号通貨を清算したいのであれば、親身になってくれる銀行を確保して、自国内で行うのがベストかもしれません。必ず自国内で清算してから送るようにしましょう。

 

同じようなラインで最後にできるのは金や銀です。金や銀を金庫に保管しているとします。それを移動させることができます。もちろん、売却してお金を送ることもできますが、金や銀を海外に移動させることもできます。金や銀を保有していて、不要になったら売却することもできます。例えば、現金の流動性が不足している場合、金や銀を売ることができます。 

シンガポールのようなオフショア金庫に保管されている場合は、現地で現金に換えるだけです。暗号通貨を持っている人は、分散するために金や銀を買って「金や銀はいらないから、銀行口座に入金してくれ」と言うかもしれません。

 

ですから、当然ながら物事を適切に行うことを確認したいものです。現地の法律に従っていることを確認する必要があります。口座に資金を供給するさまざまな方法があるということを覚えておきましょう。

リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

皆さまは、1度は「引退して王様のように暮らしたい」と思ったことはないだろうか?最近、とある人が「100万ドル(約1.3億円)で一生王様のように暮らせる場所はどこか」という興味深い議論に出くわしました。人はこんなことを空想します。彼らは、お金を山ほど貯めて、一生そのお金で暮らしたいと思っているのです。...

【多くの人が見逃している】海外銀行口座を開設すべきメリットとは?

これまで私たちGPCでは、世界各国の銀行口座を分析・研究し、海外の銀行の良いところを見ることがあれば、悪いところも見てきました。しかし、多くの人々は、世界中の銀行口座を持つことのメリットを理解していないと思うのです。そこで、株式投資家や暗号通貨投資家であっても、世界中に銀行口座を持つべき最高の理由を紹介します。...

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...

【海外富裕層だけが知る】スイスプライベートバンクの実態に迫る

多くの富裕層にとって、スイスのプライベートバンクは、セキュリティ、機密性、専門的な資産管理サービスの完璧な組み合わせを提供します。スイスのプライベートバンクに口座を開くと、次のようなメリットがあります。 ・かつてないレベルの金融セキュリティ...

生活費月10万円で済む!?海外移住に最高な国と地域とは?

今回は、月10万円で生活できる最高の場所を紹介します。 これから新生活を始めようとしている人やとことんコストを削減したいと考えている人に向けて話していきます。またFIRE後になるべくコストをかけたくない人もオススメです。月10万円の生活費があったら、どこに住めばいいでしょうか?例えば、海外の銀行などに預けて、高金利で運用し、月に数千ドルの利息を得て、生活することもできなくはありません。...

【日本はランク外!?】世界の安全な銀行がある10カ国とは?

海外の銀行の世界に初めて足を踏み入れた方は、その安全性に不安を感じるかもしれません。 オフショアの銀行にお金を移すと、そのお金が消えてしまうのではないか? と思う人もいるかもしれません。しかし、先進国のほとんどでは、銀行の顧客に対して、何らかの形で預金保険制度が設けられています。 毎年、Global Finance誌は...

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

【富裕層だけが知っている!】セカンドパスポートが手に入る8つの国とは?

第2の住まいや第2のパスポートを取得したいと思う富裕層が増えている一方で、寄付をするのは気が進まないという声を聞くことが多くなりました。投資によってもたらされる居住権や市民権を手に入れるために、高額な不動産を購入したり、管理したりといった面倒なことはしたくありません。...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

プライベートバンクが行うコンシェルジュサービスとは?

プライベートバンクは、富裕層の顧客に対してさまざまなサービスを提供していますが、その中でも特に価値があるのがコンシェルジュサービスです。この種のサービスでは、プライベートバンクの顧客は、イベントの優先予約やチケット、旅行の予約など、特別な特典を利用することができます。 コンシェルジュサービスは、以下のようなことが可能です。...
n202306-banner