【徹底解剖】海外プライベートバンクの安全性と実態に迫る…

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【徹底解剖】海外プライベートバンクの安全性と実態に迫る…

海外プライベートバンクの安全性はどうか?

情報の自動交換以降、国際的なプライベートバンクのルールは変わりました。現実として、非居住者に対する銀行口座の開設は困難になっているケースがあります。銀行家の間には過剰な恐怖が広がっています。

「オフショア(自国以外)」は忌み言葉となり、マネーロンダリングの代名詞となってしまいました。ここでは、プライベートバンクに最も安全な国を紹介し、銀行とどのように対応すべきか解説していきます。

 

オフショアは警戒の対象

登録していない会社や、指定の国に居住していない者は、全てがオフショアとみなされます。一部の銀行家にとっては、オフショアは犯罪を意味します。オフショアは警戒の対象です。

実際、英国の多くの銀行は、収益所有者が英国居住者でない場合、英国内の会社の口座を開設していません。コンプライアンス担当者がほとんどの問題に最終決定を下します。多くの場合、ビジネス部門の上にはコンプライアンス委員会が存在しています。マネーロンダリング対策に問題が生じた場合、そのミスは委員会によるもので、単一のコンプライアンス担当者が犯したものではありません。

 

これは銀行内での典型的な職務保護策です。銀行家たちはほとんど全てに対して過剰な恐怖を抱いています。銀行はリスクを避ける傾向があります。可能ならば、銀行は顧客を持たない方が良いとさえ考えています。彼らはただ問題を引き起こします。このリスク回避の態度が高まると、ビジネスが破壊されます。

それでは、非居住者がまだオフショアの銀行口座を開設できる国をいくつか見てみましょう。

 

キプロス

キプロスは、ロシアの顧客向けの主要なオフショアバンキングの管轄区域です。キプロスは、とりわけロシア連邦との包括的な二重課税条約網を持っています。誰もが2013年3月のキプロスの銀行危機を覚えています。

キプロスは新たな投資家を引き付けるために多くの取り組みを行っています。彼らは、実際の居住要件なしで非常に魅力的な投資による市民権プログラムを開始しました。

 

これは情報の自動交換(CRS)を避けるための手段です。もし新しいキプロスのパスポートを取得して、ロシア人としてキプロスに住んでいる状態で銀行口座を開設すれば、スイスの銀行は銀行情報をキプロスの税務当局に送り、ロシアには送らないのです。投資による市民権プログラムは非常に魅力的でした。

豊かなグローバリストやノマドキャピタリストの軍団が2つ目のパスポートを購入する中で、犯罪資本家もこのプログラムに魅了され、資産を合法化するために参加しました。

 

EUはキプロスが犯罪の起源である資金を収集したと批判しました。現在では、プログラムへの参加に際するデューデリジェンスのレベルは大幅に高まっています。Laiki Bankの100,000ユーロを超える預金はすべて完全に失われたことを覚えているかもしれません。

キプロス銀行の預金の47.5%が銀行の株式に転換されました。このようなキプロス危機にも関わらず、大量のお金が依然としてキプロスに流れ込み、毎日新たな口座が開設されているのは非常に奇妙なことです。その理由を知りたいですか?

 

ここに真実があります。その理由は、他に行く場所がなく、キプロスしか選択肢がないからです。もし、あなたが複数のプライベートバンクの管轄区域から拒否され、銀行口座を開設する他の選択肢がないのであれば、キプロスを試すのも1つの手です。

 

香港

国際プライベートバンクの顧客にとって、香港での口座開設はかつて非常に容易でした。しかし、情報の自動交換(CRS)が始まって以来、それは一変しました。あなたは、あなたの香港の会社のための法人口座を開設することを試みることができますが、それには中国へのビジネス繋がりを持つ中国のパートナーの関与が必要です。

 

シンガポール

シンガポールは、アジアでビジネスを行う場合に良い管轄区域です。非居住者にとっての口座開設は容易ではありません。シンガポールの銀行は非常に選択的です。あなたは相当な量のお金が必要です。500,000米ドルが最低の預金額となるでしょう。

あなたは銀行に対して非常に透明でなければなりません。彼らの英語力は常に完璧ではありません。誤解のリスクが口座開設プロセス全体を通じてついて回ります。シンガポールでは何もかもがタダで手に入るわけではありません。

 

シンガポールはOECD、AEOI、CRSの規則を適応しています。あなたがあなたの資金の起源を証明する強力な証拠を提出できれば、そこでのオフショア銀行口座が可能になるかもしれません。

 

ドバイ/UAE

ドバイでの口座開設は外国企業にとって非常に高価で時間のかかるものとなりえます。個人的に実行する必要のある大量の事務作業があります。アラブ首長国連邦は1961年のハーグ条約に署名していません。

これはすべての文書がアポスティーユで法的に認証されることはないということを意味します。口座開設をするためには、地元の斡旋者(エージェント)が必要です。

 

例えば、ドバイに会社を設立しました。その会社は永住権を得るための条件になりますが、あなたはドバイに永住しなくても永住権を得ることができるかもしれません。

あなたは年に2回ドバイに旅行することで、あなたの居住権を維持することができます。仮想的なドバイ住民として、そこでのオフショア銀行口座を開設することはずっと簡単になります。

 

リヒテンシュタイン

リヒテンシュタインは海外プライベートバンクにとって優れた管轄区域です。銀行家たちは教育を受け、非居住者の顧客に喜んでサービスを提供します。サービスレベルと投資スキルはスイス銀行が提供する高レベルと比べると一致しませんが、それに近いものがあります。

何しろ過去200年間は、リヒテンシュタインのプライベートバンクは一度も破産していません。セキュリティに関しては、国際規格を取得しているプライベートバンクや、商業活動と国際活動のための貿易金融を提供する銀行もあります。

 

アメリカ

米国では口座開設が非常に簡単です。米国はOECD諸国と銀行情報を共有していません。過去には、トランプが米国内に自身のオフショア天国を作り上げたと言われています。事実、彼は連邦法人税を21%に引き下げました。

 

スイス

スイスは間違いなく、200年以上にわたり、特に危機時にはスイスが最も安全な避難場所として評価される事が多く、国際的なサービス提供の最も進んだ国です。現在、スイスは国際的な攻撃の矛先にあります。

ホワイトマネーポリシーにもかかわらず、欧米の各所から税逃れと汚職資金に関連する主張があり、スイスの銀行は深刻な裁判の結果を待っています。

 

こういう背景もあってか、資金が適切に課税されていない場合、スイスの銀行で口座を開設することは不可能です。政治的に露出した人物のための銀行口座を開設することはまだ可能ですが、背景情報は完璧でなければなりません。各々の金銭の動きは分析されなければなりません。銀行は証拠の提示を求めます。資金の起源が汚職に関連していないことを証明しなければなりません。

非居住者口座保有者によって所有される地球上の全てのお金の30%がスイスの銀行に投資されています。スイスは200年以上にわたり資産保護の最良の管轄区域です。スイスの銀行は世界で最も資本力のある銀行です。

 

「すべての卵を一つのかごに入れないでください」

投資や資産運用でお馴染みの言葉ですが、すべての卵を一つのかごに入れないでください。一つ以上の銀行で口座を開設することでリスクを分散させてください。100,000ユーロを超える脆弱な金額を債券や株に投資します。

キプロスでは、現金だけが没収されました。無限責任のプライベートバンクであれば、破産した場合でも全ての現金を保証します。

 

プライベートバンク担当者とのコミュニケーション方法

あなたがプライベートバンク担当者とどのように対処するべきかについていくつかのヒントを与えます。口座開設の手続き時に、プライベートバンク担当者が質問を提出した場合、すぐに回答する必要があります。遅延は疑念を生み出します。

請求書や契約書を準備して、プライベートバンク担当者が要求するすべての資料を提供する必要があります。個々の銀行取引に関連するビジネスの証明を提供しなければなりません。偽の文書を提供しないでください。これは犯罪行為です。銀行は偽の文書を識別する能力を持っています。

 

まとめ

今回の記事では、各国のプライベートバンクの実態・安全性について解説していきました。

弊社では、スイス大手のプライベートバンクとも提携し、リアルなデータや資料を日々収集しています。海外プライベートバンクのリアルな実態はメルマガで公開しています。詳しくはこちら

 

※本記事は、2023年6月10日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

真のお金持ちが持つクレジットカードの実態とは?

今回の記事では、富裕層と呼ばれる人たちが持つクレジットカードとプライベートバンクで発行されるクレジットカードについて解説します。真のお金持ちがどういうカードを持っているかが見えてくることになるでしょう。富裕層が持つクレジットカードは通常プレミアムで、ポイントアップ、キャッシュバック、旅行特典、イベントや体験への限定アクセスなど、さまざまな特典を提供しています。年会費は高額になることもありますが、そ...

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

資産運用を行う際に注意すべき税金とは?

資産運用を行う際やプライベートバンクの口座を活用する際には、どのような税金が発生するのでしょうか?株式、債券、不動産、その他の投資など、資産の所有と運用に関連する税金には、いくつかの種類があります。キャピタルゲイン税、所得税、固定資産税、譲渡税(印紙税を含む)、配当金源泉徴収税などです。...

【日本はランク外!?】世界の安全な銀行がある10カ国とは?

海外の銀行の世界に初めて足を踏み入れた方は、その安全性に不安を感じるかもしれません。 オフショアの銀行にお金を移すと、そのお金が消えてしまうのではないか? と思う人もいるかもしれません。しかし、先進国のほとんどでは、銀行の顧客に対して、何らかの形で預金保険制度が設けられています。 毎年、Global Finance誌は...

【海外節税のTips】タックスヘイブンのメリット・デメリットを徹底解説!

税制は各地域で大きく異なります。世界の中でも特定の国々は、自国の税制対象者および/またはその地に拠点を置くオフショア企業、信託、その他の金融機関に対して、数多くの税制上の利点を提供していることでよく知られています。...

【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。...

【富裕層だけが知っている!】セカンドパスポートが手に入る8つの国とは?

第2の住まいや第2のパスポートを取得したいと思う富裕層が増えている一方で、寄付をするのは気が進まないという声を聞くことが多くなりました。投資によってもたらされる居住権や市民権を手に入れるために、高額な不動産を購入したり、管理したりといった面倒なことはしたくありません。...

【日本人が知らない】モナコのプライベートバンクの秘密

モナコのプライベートバンクは、富裕層のニーズに対応するユニークで高級な金融サービスです。資産運用、プライベート・ウェルス・マネジメント、財産設計、ポートフォリオ・アドバイスなど、幅広いサービスを提供しています。モナコのプライベートバンクを利用する最大のメリットは、その厳重なセキュリティです。...

【徹底比較】資産管理するならどっち?ウェルスマネジメントvsプライベートバンク

両者の違いはどこに? 私たちがよく耳にする「プライベートバンク」と「ウェルスマネジメント」は似たような意味合いを持つ言葉ですが、提供される金融サービスには微妙な違いがあります。 ウェルスマネジメントは、クライアントのリスク許容度や目標に基づいた財産の最適化を含む広範なカテゴリーで、規模に関わらず任意のポートフォリオに対して実施可能ですが、その名称が示す通り、資産が豊富な人々を対象としています。...

【サクッと理解!】プライベートバンク口座開設ガイド

プライベートバンクは、富裕層の大事な資産を預かり、お客様に代わってバンカーが資産運用や管理を行う金融機関です。世界各地に存在し、スイス、リヒテンシュタイン、ドバイ、シンガポールなどにあります。プライベートバンクの口座開設の条件ですが、まず、純資産が高いことが条件です。...
n202306-banner