【徹底解剖】海外プライベートバンクの安全性と実態に迫る…

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【徹底解剖】海外プライベートバンクの安全性と実態に迫る…

海外プライベートバンクの安全性はどうか?

情報の自動交換以降、国際的なプライベートバンクのルールは変わりました。現実として、非居住者に対する銀行口座の開設は困難になっているケースがあります。銀行家の間には過剰な恐怖が広がっています。

「オフショア(自国以外)」は忌み言葉となり、マネーロンダリングの代名詞となってしまいました。ここでは、プライベートバンクに最も安全な国を紹介し、銀行とどのように対応すべきか解説していきます。

 

オフショアは警戒の対象

登録していない会社や、指定の国に居住していない者は、全てがオフショアとみなされます。一部の銀行家にとっては、オフショアは犯罪を意味します。オフショアは警戒の対象です。

実際、英国の多くの銀行は、収益所有者が英国居住者でない場合、英国内の会社の口座を開設していません。コンプライアンス担当者がほとんどの問題に最終決定を下します。多くの場合、ビジネス部門の上にはコンプライアンス委員会が存在しています。マネーロンダリング対策に問題が生じた場合、そのミスは委員会によるもので、単一のコンプライアンス担当者が犯したものではありません。

 

これは銀行内での典型的な職務保護策です。銀行家たちはほとんど全てに対して過剰な恐怖を抱いています。銀行はリスクを避ける傾向があります。可能ならば、銀行は顧客を持たない方が良いとさえ考えています。彼らはただ問題を引き起こします。このリスク回避の態度が高まると、ビジネスが破壊されます。

それでは、非居住者がまだオフショアの銀行口座を開設できる国をいくつか見てみましょう。

 

キプロス

キプロスは、ロシアの顧客向けの主要なオフショアバンキングの管轄区域です。キプロスは、とりわけロシア連邦との包括的な二重課税条約網を持っています。誰もが2013年3月のキプロスの銀行危機を覚えています。

キプロスは新たな投資家を引き付けるために多くの取り組みを行っています。彼らは、実際の居住要件なしで非常に魅力的な投資による市民権プログラムを開始しました。

 

これは情報の自動交換(CRS)を避けるための手段です。もし新しいキプロスのパスポートを取得して、ロシア人としてキプロスに住んでいる状態で銀行口座を開設すれば、スイスの銀行は銀行情報をキプロスの税務当局に送り、ロシアには送らないのです。投資による市民権プログラムは非常に魅力的でした。

豊かなグローバリストやノマドキャピタリストの軍団が2つ目のパスポートを購入する中で、犯罪資本家もこのプログラムに魅了され、資産を合法化するために参加しました。

 

EUはキプロスが犯罪の起源である資金を収集したと批判しました。現在では、プログラムへの参加に際するデューデリジェンスのレベルは大幅に高まっています。Laiki Bankの100,000ユーロを超える預金はすべて完全に失われたことを覚えているかもしれません。

キプロス銀行の預金の47.5%が銀行の株式に転換されました。このようなキプロス危機にも関わらず、大量のお金が依然としてキプロスに流れ込み、毎日新たな口座が開設されているのは非常に奇妙なことです。その理由を知りたいですか?

 

ここに真実があります。その理由は、他に行く場所がなく、キプロスしか選択肢がないからです。もし、あなたが複数のプライベートバンクの管轄区域から拒否され、銀行口座を開設する他の選択肢がないのであれば、キプロスを試すのも1つの手です。

 

香港

国際プライベートバンクの顧客にとって、香港での口座開設はかつて非常に容易でした。しかし、情報の自動交換(CRS)が始まって以来、それは一変しました。あなたは、あなたの香港の会社のための法人口座を開設することを試みることができますが、それには中国へのビジネス繋がりを持つ中国のパートナーの関与が必要です。

 

シンガポール

シンガポールは、アジアでビジネスを行う場合に良い管轄区域です。非居住者にとっての口座開設は容易ではありません。シンガポールの銀行は非常に選択的です。あなたは相当な量のお金が必要です。500,000米ドルが最低の預金額となるでしょう。

あなたは銀行に対して非常に透明でなければなりません。彼らの英語力は常に完璧ではありません。誤解のリスクが口座開設プロセス全体を通じてついて回ります。シンガポールでは何もかもがタダで手に入るわけではありません。

 

シンガポールはOECD、AEOI、CRSの規則を適応しています。あなたがあなたの資金の起源を証明する強力な証拠を提出できれば、そこでのオフショア銀行口座が可能になるかもしれません。

 

ドバイ/UAE

ドバイでの口座開設は外国企業にとって非常に高価で時間のかかるものとなりえます。個人的に実行する必要のある大量の事務作業があります。アラブ首長国連邦は1961年のハーグ条約に署名していません。

これはすべての文書がアポスティーユで法的に認証されることはないということを意味します。口座開設をするためには、地元の斡旋者(エージェント)が必要です。

 

例えば、ドバイに会社を設立しました。その会社は永住権を得るための条件になりますが、あなたはドバイに永住しなくても永住権を得ることができるかもしれません。

あなたは年に2回ドバイに旅行することで、あなたの居住権を維持することができます。仮想的なドバイ住民として、そこでのオフショア銀行口座を開設することはずっと簡単になります。

 

リヒテンシュタイン

リヒテンシュタインは海外プライベートバンクにとって優れた管轄区域です。銀行家たちは教育を受け、非居住者の顧客に喜んでサービスを提供します。サービスレベルと投資スキルはスイス銀行が提供する高レベルと比べると一致しませんが、それに近いものがあります。

何しろ過去200年間は、リヒテンシュタインのプライベートバンクは一度も破産していません。セキュリティに関しては、国際規格を取得しているプライベートバンクや、商業活動と国際活動のための貿易金融を提供する銀行もあります。

 

アメリカ

米国では口座開設が非常に簡単です。米国はOECD諸国と銀行情報を共有していません。過去には、トランプが米国内に自身のオフショア天国を作り上げたと言われています。事実、彼は連邦法人税を21%に引き下げました。

 

スイス

スイスは間違いなく、200年以上にわたり、特に危機時にはスイスが最も安全な避難場所として評価される事が多く、国際的なサービス提供の最も進んだ国です。現在、スイスは国際的な攻撃の矛先にあります。

ホワイトマネーポリシーにもかかわらず、欧米の各所から税逃れと汚職資金に関連する主張があり、スイスの銀行は深刻な裁判の結果を待っています。

 

こういう背景もあってか、資金が適切に課税されていない場合、スイスの銀行で口座を開設することは不可能です。政治的に露出した人物のための銀行口座を開設することはまだ可能ですが、背景情報は完璧でなければなりません。各々の金銭の動きは分析されなければなりません。銀行は証拠の提示を求めます。資金の起源が汚職に関連していないことを証明しなければなりません。

非居住者口座保有者によって所有される地球上の全てのお金の30%がスイスの銀行に投資されています。スイスは200年以上にわたり資産保護の最良の管轄区域です。スイスの銀行は世界で最も資本力のある銀行です。

 

「すべての卵を一つのかごに入れないでください」

投資や資産運用でお馴染みの言葉ですが、すべての卵を一つのかごに入れないでください。一つ以上の銀行で口座を開設することでリスクを分散させてください。100,000ユーロを超える脆弱な金額を債券や株に投資します。

キプロスでは、現金だけが没収されました。無限責任のプライベートバンクであれば、破産した場合でも全ての現金を保証します。

 

プライベートバンク担当者とのコミュニケーション方法

あなたがプライベートバンク担当者とどのように対処するべきかについていくつかのヒントを与えます。口座開設の手続き時に、プライベートバンク担当者が質問を提出した場合、すぐに回答する必要があります。遅延は疑念を生み出します。

請求書や契約書を準備して、プライベートバンク担当者が要求するすべての資料を提供する必要があります。個々の銀行取引に関連するビジネスの証明を提供しなければなりません。偽の文書を提供しないでください。これは犯罪行為です。銀行は偽の文書を識別する能力を持っています。

 

まとめ

今回の記事では、各国のプライベートバンクの実態・安全性について解説していきました。

弊社では、スイス大手のプライベートバンクとも提携し、リアルなデータや資料を日々収集しています。海外プライベートバンクのリアルな実態はメルマガで公開しています。詳しくはこちら

 

※本記事は、2023年6月10日時点のものです。可能な限り正確な情報を提供するよう努めておりますが、必ずしもその内容の正確性および完全性を保証するものではありません。なお、個別具体的な税金・法律に関するご相談は、税理士などの専門家にご依頼ください。

投資・プライベートバンクでどれだけの利回りを狙えるか?

投資やプライベートバンクでどれだけの利回りが得られるか気になる方も多いと思います。 前半では投資、後半ではプライベートバンクでの資産運用による利回りについて解説します。投資から得られる利回りの額は、資産の種類や投資期間など、さまざまな要因によって異なります。...

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

最近では、合法的に税金をゼロにできるさまざまな方法とさまざまな国がありますが、インカムやキャピタルゲイン、資産に対して税金を払わない、昔ながらの明快な非課税の国を好む人もいます。そのような国は12カ国ほどしかありませんが、今回はその中からいくつかの選択肢を紹介し、もしあなたがその国しか選べず、そこに滞在しなければならないとしたらというケースの話をしたいと思います。...

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...

米ドルの今後の行末と海外富裕層が行う秘密の対策とは?

※なお、投資などは自己責任でお願いします。 インターネットの片隅では「世界通貨リセット」の話が出回り、オフショア業界では、それについてコメントしたり、世界通貨リセットについて意見交換がされたりしています。...

富裕層が今注目している金融商品-ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは、投資家の資金をプールし、様々な投資戦略を駆使してリターンを得る金融商品の一種である。ヘッジファンドは、経験豊富なファンドマネージャーが、投資家に平均以上のリターンを提供することを目標に投資を行い、アクティブに運用されます。 ヘッジファンドは、株式や債券など、あらゆる資産クラスを対象としています。...

【海外節税のTips】タックスヘイブンのメリット・デメリットを徹底解説!

税制は各地域で大きく異なります。世界の中でも特定の国々は、自国の税制対象者および/またはその地に拠点を置くオフショア企業、信託、その他の金融機関に対して、数多くの税制上の利点を提供していることでよく知られています。...

【海外移住希望者必見!】フィリピンのビザプログラムの行く末はいかに…

滞在許可証を取得して東南アジアで生活したいと考えていた人に悲しいお知らせです。実は、フィリピン政府が「SRRVビザプログラムの停止と見直し」を発表したことで、これまで以上に選択肢が少なくなってしまいました。「SRRVビザプログラム」とは、実質的にどんな年齢の人でもフィリピンでリタイアして、非常に税金が安い状態で生活できるようにしたリタイアメントビザプログラムです。なぜこのようなことをするのか、SR...

【最短で節税】投資の税金対策で法人設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 株式や不動産への投資は、資産形成のための素晴らしい方法ですが、これらの投資に関連する税金があることを認識しておくことが重要です。この記事では、投資をする際に発生する可能性のあるさまざまな種類の税金について説明します。  ...

もし10億円を運用するなら?|銀行預金VSプライベートバンク

10億円を預金するとどうなるでしょうか?金利の高い銀行口座に預けることができれば、リターンが大きくなります。 金利は、選択した口座の種類と、口座にお金を入れておく期間によって決まります。 預金で高いリターンを得るには、定期預金と呼ばれる、預入期間が決まっている口座が一般的です。一般的に、口座にお金を置いておく期間が長ければ長いほど、リターンは高くなります...
n202306-banner