【必見!】米国銀行口座の知られざる秘密とは?

Home 9 海外PB・海外銀行 9 【必見!】米国銀行口座の知られざる秘密とは?

アメリカには多くのビジネスチャンスがあり、世界経済をリードする超大国であるという認識は、誰にも共通していることでしょう。もし、皆さんが最高の銀行を求めるなら、アメリカ内に様々な選択肢があります。しかし、アメリカで銀行口座を持つにあたり、いくつか注意すべきこともあります。例えば、アメリカに口座があれば、1回も入国しなくても税金から取られてしまいます。

こういうコスト面を考え始めると、アメリカに口座開設するのをためらいたくなるかもしれませんが、しかしながらアメリカ人以外にとっては、米国で銀行を利用することには非常に大きなメリットがあります。そこで今回は、アメリカの銀行事情、アメリカ人以外がアメリカの銀行口座を利用するメリットを解説します。

 

【意外な事実】不完全な米国の銀行システム

意外に思われるかもしれませんが、アメリカの多くの銀行はグローバルに活動する顧客を持つことに慣れていません。またアメリカの銀行にオンラインでアクセスしようとした際に、とあるクライアントが別の国からログインしようとしたためにオンライン・バンキングが凍結されたという話もあります。EU圏内であるにもかかわらず凍結される事態が起きました。

とはいえ、全てのアメリカの銀行が頻繁に顧客の資産を凍結するわけではありませんので、それほど神経質になる必要はありません。

中でも、信用金庫などの小規模な金融機関は、送金による様々なリスクを回避しようとして顧客の口座を凍結する場合があります。そのため、海外との取引を始めたりすると事前の警告なしに口座を閉鎖されることがあります。現地に移住して生活するために口座を開設するのではなく、個人または事業の送金目的で口座開設する際には、小規模な銀行を避けるのが賢明です。

 

開設するなら中堅の銀行がベスト!?

大規模の銀行に口座開設するのも良いですが、金融商品の紹介・口座開設の案内などオファーが激しく行われます。無論、オファーを断ることも可能ですが、担当者の機嫌を損ねてしまう可能性がありますのでちょっと厄介です。

そうなりますと、アメリカで銀行口座を開設するなら小規模でもなく、大規模でもなく中間あたりがベストです。可能であれば国際的な結びつきもある銀行を選択すると尚更良いです。資金次第ですが、様々な人たちとのコネクションを得るチャンスがあります。

また、ネットバンクの誇大広告を鵜呑みにしないことも大切です。よくあるのは外国人(アメリカ人以外)がアメリカで銀行口座を開設できるかどうか問題になります。古くからある銀行であれば、気にする問題ではありません。

 

しかし、ネットバンクのような新興企業は、ギリギリの利幅と規制のラインの狭間で経営が行われています。とあるアメリカの銀行では「ATM手数料:無料」を謳い文句にしていますが、海外ATM(アメリカ以外)では有料で、無料で引き出すにはアメリカ国内のATMでなければならないというケースがありました。

目先のお得に惹きつけられて手数料などを大きく差し引かれるケースもありますので、よくATMや送金などの手数料を綿密に確認した上で開設する必要があります。米国駐在員が米国の銀行口座を維持すべき理由
アメリカの銀行口座は、アメリカに戻るつもりがなくても駐在員にとって便利なものです。実は、アメリカを通じてオフショア(海外法人)を設計しようとする人たちは、多くの場合、アメリカの銀行口座を非常に大切にします。

アメリカ国内の銀行口座は非常に重要な役割を果たします。なぜなら、アメリカで発生した請求書やその他の経費を支払うことができるからです。口座だけでなく、現地のアメックスのカードなど、時間と労力をかけて手に入れたものは、残しておく価値があるかもしれません。 世界を見渡して、すぐに同等の口座が見つけて、開設するのは難しいからです。

また、連邦預金保険公社(FDIC)25万ドル(3200万円)までの預金を保証しています。日本国内の銀行であれば1000万円が限度ですのでかなりの額が保証されます。税的な面で問題がなければ、資産の一部をアメリカの管轄内に置いておくことが理にかなっていることが多いです。

まとめ

アメリカの銀行は、オフショア銀行業界で高い評価を得ています。正しく利用すれば他国ではない非常にユニークな銀行サービスを受けることができます。とはいえ、デメリットを抑えて利益を得るには、手数料などの入念な下調べが重要です。

あまり大きな声で言えませんが、アメリカにはあなたを表計算ソフトの数字のひとつとしか見ない多国籍企業から、口座や海外取引にゼロが多すぎると怖気づく地元の信用組合まで、実にさまざまな銀行があります。

理想的なのは、個人的に直接コンタクトできる中堅銀行を見つけることです。あなたのグローバルな金融戦略を展開するのであれば、相性の良い銀行を持つことは、短期的にも長期的にも非常に重要です。

n202306-banner

リタイア後に海外王様生活を楽しむ極意とは?

皆さまは、1度は「引退して王様のように暮らしたい」と思ったことはないだろうか?最近、とある人が「100万ドル(約1.3億円)で一生王様のように暮らせる場所はどこか」という興味深い議論に出くわしました。人はこんなことを空想します。彼らは、お金を山ほど貯めて、一生そのお金で暮らしたいと思っているのです。...

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。...

【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

オンラインビジネスを設立することを考えているなら、海外の国で会社を設立することが、国内で設立するよりも有利な場合があります。オフショアでの設立から恩恵を受けるすべての会社があるわけではありませんが、その恩恵を受ける会社は主に地元や物理的な拠点を持たないオンラインビジネスです。...

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...

米国におけるBOI提出義務完全ガイド

2024年から施行される新たなBOI提出義務について、FinCENが定める実質的所有者情報の報告要件をわかりやすく解説。免除対象企業、報告必須情報、提出方法まで、米国内で事業を行う法人必見の情報を網羅。

世界の富裕層が集結するシンガポールプライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、資産運用・管理をお客様専属のプライベートバンカーが行ってくれる富裕層向けの金融機関です。世界のあちこちにある中でもシンガポールにあるプライベートバンクが人気が出ています。 シンガポールにあるプライベートバンクで、顧客にさまざまなサービスを提供し、富裕層の間で人気が高まっています。...

【徹底解説】アメリカのプライベートバンクの特徴から名前まで

米国のプライベートバンクは、プライバシー、セキュリティ、サービスのレベルが高いことで知られています。プライベートバンクは、資産管理、財産設計、投資など、富裕層のニーズを満たすためのさまざまなサービスを提供しています。また、プライベートバンクは、金融の専門家へのアクセスを提供し、顧客が個々の目標に合った戦略を立てられるよう支援します。...

為替相場の変化に備え、これから投資をしていきたい人向けのガイド

2022年の為替相場は、ドル高・円安が大きく進行している。10月20日には、1ドルが150円台という歴史的な安値をつけました。この好条件を生かすためには、投資戦略を慎重に検討し、高いリターンを期待できる投資先を選ぶことが重要です。資産運用のポイントとしては資産クラスを超えた分散投資、賢明なレバレッジ戦略、有利な税制の活用など。...

海外タックスヘイブンと日本の税制の違いとは?|富裕層におすすめの節税方法と注意点まとめ

近年、世界中でタックスヘイブンが注目されています。タックスヘイブンとは、低税率や無税化などの税制度が導入され、海外の企業や富裕層にとって非常に魅力的な場所のことを指します。一方で、タックスヘイブンを利用することで節税を行うことができますが、それにはリスクが伴います。本記事では、日本の税制と海外のタックスヘイブンの税制の違い、タックスヘイブンで節税する方法について、詳しく説明していきます。...