日本居住者も開設可日本人担当者付き日本人に最適化された海外プライベートバンクを遂に公開

説明会申し込み締め切りまで

Day(s)

:

Hour(s)

:

Minute(s)

:

Second(s)

海外プライベートバンク口座開設説明会

海外プライベートバンク口座開設の3つの障壁

世界の富裕層と呼ばれる人たちは、自身の大切な資産を海外各地にあるプライベートバンクに託します。子の世代・孫の世代へと100年先まで受け継がれるように資産運用・資産保全を行なっていきます。日本の富裕層の中にも、海外のプライベートバンクを活用する人たちはいますが、残念ながらそう多くはありません。なぜ、海外プライベートバンクをあまり利用しないのか、そこには3つの大きな問題があります。

海外プライベートバンク口座開設の3つの障壁
問題1.資産保全や資産運用のために何をすればいいか分からない

会社経営や金融投資を行い、ある程度まとまったお金を手にしても、その後どうお金を管理していけばいいか、どう運用していけばいいか難しい部分があるかと思います。ずっと経済ニュースとチャートを睨めっこして金融投資を続けるのも良いですが、それではもったいないです。

折角、ある程度の資産を構築したとしても、頭の中ではずっと投資のことを考え続けなければならないことになります。それでは、なかなか心も休まりません。しかし、資産保全や資産運用に関して、自分1人であれこれ悩む事なく済む別の選択肢もあります。

問題2.プライベートバンク開設のハードルが高い

資産保全や資産運用に関するサポートに重点を置いている金融機関にプライベートバンクがあります。担当者と資産運用の方針やいつまでにいくら貯めるかなどの計画を話し合うことができます。なので、プライベートバンクに口座開設することでいつまでも1人であれこれ悩む必要は無くなります。

弊社でも、これまで複数の海外プライベートバンクを紹介していますが、人によっては開設のハードルが高いと感じる人もいるでしょう。そうです、一般的に海外のプライベートバンクを開設するためには100万米ドル必要です。円安の影響もあり、開設には1.3〜1.4億円が必要で余計にハードルが高く感じてしまうでしょう。

問題3.英語でのやりとりに不安がある

基本的に海外のプライベートバンクで担当者とやりとりするためには、英語でのやりとりが必要です。でも、最近ではかなり高性能な翻訳ツールが次々出てきていますので、英語があまり得意でない人もそこまで深刻に考える必要はないかもしれません。ただ、初めてプライベートバンクの口座開設を行う際には、本当にコミュニケーションができているか心配になる部分は少なからずあるでしょう。

海外プライベートバンクを口座開設することで、よりゆとりとより豊かさがある日々を100年先にまで残していくことが可能になっていきますが、これら3つの問題が開設を検討されている方にとってネックとなっているかもしれません。でも、安心してください。今回開催する海外プライベートバンク口座開設説明会では、これらの問題を払拭してくれる某国系プライベートバンクを公開します。

某国系海外プライベートバンク魅力的な4大ポイント

魅力1.日本居住者でも開設可能

通常、日本居住者は、海外プライベートバンクを口座開設しようとしても、プライベートバンク側に断られてしまいます。今回紹介するプライベートバンクは、日本居住者でも開設可能な所です。

魅力2.日本人担当者が付く

海外プライベートバンクは、日本人の担当者はほぼ居ませんが、こちらには日本人や日系人の担当者がいます。そのため、日本語でコミュニケーションを取ることが可能です。

魅力3.日本に居ながら開設可能

口座開設の手続きを全て日本で行うことが可能です。1年の中で担当者が複数回来日する時がありますのでその際にアポイントメントを取っていただく形になります。

魅力4.約1400万円の資金で開設可能

10万米ドル、つまり約1400万円で開設可能です。これまで資金的な面で開設が難しいと考えていた方も、もしかしたら手に届く金額かもしれません。

残りは、説明会内で詳しく解説しますが、弊社で紹介するリヒテンシュタインやスイスのプライベートバンクとはまた違う良さを持つプライベートバンクであることは間違いありません。そして、今回の説明会に参加された方には、某国系プライベートバンクを口座開設するサービスをご用意いたします。

海外プライベートバンク口座開設説明会-公開内容

    説明会-概要

    ◎担当講師

    グローバルプライベートバンククラブ-高橋

    海外プライベートバンクや海外富裕層などと世界各地にコネクションを持ち、最新のプライベートバンク、税制の情報に精通する。

    ◎対象者

    海外プライベートバンクの口座開設を検討される方

    かつ

    資産1500万円以上お持ちの方

    ◎日程(いずれも日本時間)

    2023年1月22日

    11時~(定員15名⇒募集終了)

    18時~(定員15名⇒募集終了)

    (2023年1月21日9時時点)

    ※各回30分程度を予定しています。

    遅刻厳禁でお願いします。

    ◎説明会参加特典

    弊社出版物「日本プライベートバンキングvs海外プライベートバンク|100年先まで資産保全するのに相応しいのはどっちだ…」

    世界のプライベートバンクと日本のプライベートバンクでは、かなり違いがあります。そもそも日本のは、厳密にはプライベートバンクではなく「プライベートバンキング」と呼ばれているに過ぎません。プライベートバンクの口座開設を本格的に考えている方には、ぜひこの違いを知っていただきたいことから、弊社で出版して好評である電子書籍を説明会に参加された方には無料でプレゼントいたします。

    ◎参加費

    通常5000円⇒1000円(特別プライス)

    ※返金不可

    申し込み締め切りました

    FAQ

    Q.説明会は複数回行われるそうですが、内容は同じでしょうか?

    A.どの回も基本的に同じ内容をお話しいたしますので、口座開設に興味関心のある人は1回ご参加いただければと思います。

    Q.2022年に開催された説明会とは同じ内容でしょうか?

    A.以前にご説明した内容と重複する部分も多少ありますが、今回は某国系海外プライベートバンクに関する詳細な解説など、初めて公開する内容もございます。

    Q.今回説明会で公開される「某国系海外プライベートバンク」とは、どこの国のプライベートバンクですか?

    A.説明会に参加された方にはシェアいたしますが、弊社で紹介しているリヒテンシュタインやスイスのプライベートバンクとは別の国にあるプライベートバンクです。

    Q.説明会の参加は有料ですか?

    A.はい、プライベートバンクに関する詳細な情報の公開と経費の関係で、本来は5000円頂いています。ですが、2023年以降ますます世界情勢の変化が激しくなる世の中で、皆様にはより豊かな日々を手に入れるきっかけを掴み取って欲しいことから、より参加しやすい費用を設定いたしました。次回以降の開催では、値上げや審査制を行うかもしれません。

    Q.説明会の参加条件はありますか?

    A.海外プライベートバンクの口座開設を検討されていて、資産1500万円以上お持ちの方に限定させていただきます。弊社といたしましても、本気で口座開設を考えている人に全力でサポートしていきたいと考えておりますので上記の条件を設けさせていただきます。

    Q.Zoomでの顔出しは必要ですか?

    A.いいえ、顔出しの必要はございません。電波状況を整えていただければ幸いです。

    Q.急遽、説明会の参加をキャンセルする際にはどうすれば良いですか?

    A.予定が変更になった場合には、遠慮なくgpc(アットマーク)privatebank.jpまでご連絡ください。ただし、キャンセルが複数回続く場合には、弊社サービスの利用をご遠慮いただく場合がございます。また、いかなる理由で説明会の参加をキャンセルされましても返金は致しかねます。

    Q.説明会開催の日時は日本時間でしょうか?

    A.はい、いずれも日本時間です。

    Q.説明会の担当者はどういう方ですか?どんな質問でも可能ですか?

    A.説明会では、海外プライベートバンクの情報に精通している弊社担当が承ります。ただし、税金・法律に関する個別具体的な相談には応じかねます。

    Q.説明会終了後に個別相談は可能ですか?

    A.はい、1回20分まで可能です(1/22開催の説明会参加者は無料)。なお、個別相談は、原則説明会直後の実施とさせていただきます。詳しい時間は希望者に別途ご連絡いたします。

    Q.何かサービスの勧誘などはありますか?

    A.弊社PB紹介サービスのご説明と特別申し込みフォームのご案内をいたします。

    申し込み締め切りました