【日本人富裕層の99%が知らない!】海外プライベートバンクを勧める理由とは?

富裕層の方々は、資産管理・運用を自分の代わりに行ってくれる金融機関であるプライベートバンクを愛用しています。プライベートバンクには日本国内のものと、海外のものがありますが、私たちGPCでは海外のプライベートバンクに口座開設することをオススメしています。わざわざ海外のものでなくてもいいのでは?と思われた人も、これから紹介する海外プライベートバンクをオススメする4つの理由を知れば納得できるかと思いますので、プライベートバンクの開設に興味ある人は必見です。

海外PBをオススメする理由1.運用の姿勢

プライベートバンクを開設し、資産運用し始めると手数料が発生します。これは日本のものでも、海外のものでも手数料は発生し、プライベートバンク側の儲けになっています。ただ、日本と海外で違うのは手数料の取り方です。日本のプライベートバンクは、株や投資信託などを売買するごとに手数料が発生しますので、売買の回数が多ければそれだけプライベートバンク側の儲けが増えます。なので、自らの儲けを増やすために、顧客に対して短期的に売買するような提案が多くなる傾向があります。

対して海外のプライベートバンクは、顧客の預かり資産の数%が手数料となり、つまり顧客の資産運用を増やすことに成功すれば自らの儲けが増えることになります。なので、バンカーは、お客様(バイサイド)の目線に立ち、どうやったらお客様の資産を増やせるか徹底的に考え抜きます。

決して短期的に売買することはなく、中長期で資産運用を行い、お客様の資産を増やすことに力を注ぎます。そうすることで、顧客の資産も無論増やせますし、自らの儲けまでも増えてしまうのです。このようにお客様のことをとことん考えながら資産運用・管理を行い、WinWinな関係が構築できるのが海外プライベートバンクの強みです。

海外PBをオススメする理由2.顧客への対応

海外のプライベートバンクでは、顧客や顧客の家族のニーズをしっかり汲み取った上で、サービスが提供されます。例えば、バンカーが顧客に資産運用でリスクはあるが、リターンの大きいプランを提案することがあります。運用が上手くいけば顧客の資産も増えますし、PB側の収益も増えます。しかし顧客が少しでも抵抗を示せば、別のプランを提示します。それ以外にも顧客やその家族のライフプランに合った提案も行います。退職後や老後の年金暮らしを見据えた長期的な資産構築プランや子どもの教育費用の積み立てるプランなどを顧客とバンカーで相談して作り上げていきます。

1度プランを定めたとしても、ライフイベントが発生して資産の切り崩しが必要になったり、社会情勢の変化があったりしたらその都度また話し合い、柔軟にプランを変えていくことができます。決してプライベートバンクのバンカーが独りよがりで計画を決めるのではなく、お客様とその家族が望んでいることを汲み取った上で、中長期的な計画を立てていくのです。

海外PBをオススメする理由3.取り扱いのある金融商品の種類

海外のプライベートバンクでは、幅広い金融商品の取り扱いがあるのも魅力的です。日本のプライベートバンクは法律の関係上、取り扱い商品が一部に限られて株式や債券、投資信託などにしか投資できません。一方の海外プライベートバンクでは、現金、株式、債券、投資信託、金(ゴールド)、ヘッジファンド、仕組商品、未公開株(プライベートエクイティ)、民間債 、私募不動産、骨董品・美術品、保険商品に、さらにはビットコイン・イーサリアムといったデジタル資産にも投資できます。

中でも、未公開株は将来的に大きなリターンを得られる可能性を秘めています。上場前の将来有望な企業の未公開株を所持しておけば、上場のタイミングでかなりのリターンを得られる可能性が高いです。しかし、日本国内では未公開株に投資することはまず難しいです。証券会社での取り扱いはほぼなく、家族や親戚などの会社と交渉して、購入するくらいしか方法はありません。時には、未公開株の投資の案件の勧誘が出回ることがありますが、ほぼ詐欺です。

海外のプライベートバンクは、世界有数の機関から高い評価を受け続け、かつ長年に渡って富裕層の方たちに利用されてきてますので、安心して未公開株に投資ができる環境が整っています。それ以外にも、近年需要が高まっている骨董品・美術品に投資が可能です。現物を入手することもできますし、購入した骨董品などをプライベートバンクにお願いして保管してもらうこともできます。

海外プライベートバンクの全てが、今回紹介した金融商品を全部扱っているわけではありませんが、少なくとも日本のプライベートバンク以上に幅広く投資を行っていくことができます。投資対象の幅が広ければ、将来的に大きなリターンを受け取ることが期待できますし、分散投資によるリスクを減らしていくこともできるのです。

海外PBをオススメする理由4.資産運用以外のサービスが充実

皆さまの中には、プライベートバンクに資産運用以外のサービスをあまり求めていない人もいるかもしれませんが、海外の富裕層はプライベートバンクが提供するサービスをフル活用しています。なぜなら、口座開設者自身だけでなく、その家族にも喜ばれるサービスがあるからです。例えば、プライベートバンクの中には、口座開設者が特定のホテルでVIP待遇が受けられるところがあります。ホテルの宿泊費が値引きされたり、レストランでVIP専用の席が用意されたりします。

絶景を楽しめるVIP専用の席で家族皆で食事ができれば、皆さま自身だけでなく、皆さまの家族もとても喜ばれるでしょう。眺めの良い景色を楽しみながら過ごす家族の時間は、最高のひとときです。資産運用以外のサービス内容はプライベートバンクにもよりけりですが、飛行機やチケットの手配の代行といったコンシェルジュサービス、車のレンタル、VIPイベントへの招待といったサービスが用意されています。

皆さま自身だけでなく、家族やパートナーとの最高の日々を過ごすことに繋がるサポートが受けられます。資産運用による長期的な豊かさをもたらしてくれるだけでなく、日常を楽しく彩ってくれるのが海外のプライベートバンクです。

海外プライベートバンク口座開設無料相談

【無料】PBマル秘音声(一部公開)

完全版はメルマガ限定公開

プライベートバンクバナー