Our Service(テスト版)

プライベートバンク紹介サービス

プライベートバンクは、資産管理・運用に長けた金融機関です。開設するだけであなた自身だけでなく、他のご家族さまや先の世代までお金の悩みから解放されていきます。私たちGPCでは、1人でも多くの人にお金の悩み・問題から解放されて欲しいことからプライベートバンクの口座開設を考えている皆さまに向けて2つのプライベートバンクを紹介します。

リヒテンシュタインにあるプライベートバンクとアメリカ系のプライベートバンクです。同じプライベートバンクで受けられるサービス、開設条件などが異なりますので、皆さまの資産状況に合わせて開設を検討してみてください。 

開設できるプライベートバンク

<A.リヒテンシュタインPBコース>

リヒテンシュタイン(首都ファドゥーツ)は、西ヨーロッパの中央部に位置する国家でスイスとオーストリアに囲まれたヨーロッパの国で、GDP(国内総生産)も世界でトップクラスの国です。スイスと密接な関係にあり、古くから欧州のタックスヘイブンとしての伝統を持っています。S&Pのソブリン格付けAAAが付与されている数少ない国の1つです。 

また、富裕層向けのプライベートバンクが多く、その発達した金融システムは、隣国スイスとの連携によって世界トップクラスのセキュリティを保持しています。リヒテンシュタイン国内では、現在15行のプライベートバンクが開設されていますが、GPCではその内1つのプライベートバンクを皆さまに紹介します。 

紹介するリヒテンシュタインのプライベートバンクは、国内上位で、主に個人・金融機関向けの資産運用に集中して取り組んでいます。しかも外部からの評価も高くS&Pの格付けでは「A」を取得し、それ以外でも銀行サービス業ではISO9001、情報管理部門ではISO9001/2000という国際規格を取得しています。

資産管理・資産運用のサービスから、相続に関するサポートまで受けることができますので、自分の世代だけでなく、先の世代のお金の問題・悩みに対処することができるプライベートバンクです。

◎開設資産ライン(口座開設の最低ライン)

1億円以上

 

<B.アメリカ系PBコース>

言わずと知れた世界の大国アメリカですが、世界各地からの投資資金が集中するため金融の中心地としても馴染み深いでしょう。モルガンスタンレーやバンクオブアメリカを筆頭に、世界の名だたる金融機関が存在します。

無論、プライベートバンクも複数存在していますが、今回皆さまに紹介するのは、日本人にとって非常に口座開設しやすいプライベートバンクを紹介します。一般的に、プライベートバンクの口座開設時には、一定の資産額を持ち合わせていないと開設が難しいですが、こちらは比較的低いハードルで開設可能です。

さらに、海外居住者だけでなく、日本居住者も口座開設が可能です。さらに、日本人担当者もいるため、日本語での対応も受けられます。口座開設時だけでなく、口座開設後も日本人にとって使い勝手の良いプライベートバンクです。

◎開設資産ライン(口座開設の最低ライン)

1400万円以上 

<プライベートバンク開設に適している人>

  • お金の預け先に悩んでいる人
  • 安定した利回りの運用先を探している人
  • NFT・仮想通貨、投資、事業で稼ぎ出口戦略を考えている人
  • パートナー・子どもたちなどに安心して相続したい人

<紹介までの流れ>

プライベートバンクを紹介するまでに、いくつかのステップがあり、選択するコースによって異なります。皆さまに確実に開設いただきたいことから以下の手順で紹介を行っています。

プライベートバンク紹介サービス -開設までの流れ-

1.申し込み

下記、申し込みフォーム(問い合わせフォーム)に「PB開設希望」の旨開設希望のコースをご入力ください。折り返し、メールにてご案内いたします。メールでのご案内の際に、お客様の氏名など必要事項をご記入いただきますので漏れがないよう入力をお願いします。記入が不足している場合には、次のステップに進めません。

2.審査(GPC)

プライベートバンク自体が行う口座開設の審査とは別にGPCによる事前審査があります。申し込みの際に入力いただく資産額・内訳、事業の実態、居住地が審査の対象となります。一定の資産額を超えてない人・資産、事業の実態が不透明な人は、プライベートバンクが行う審査を通過して、開設することは難しいため、最低条件をクリアしている人のみ紹介を行います。

※現在(2022年時点)、日本在住者の海外プライベートバンク開設は、規制の関係上難しいです。特に<A.リヒテンシュタインPBコース>では、日本在住のままですと審査を通過できない可能性が高いので、追加オプションで「合法的に海外居住者になるサポート」のサービスの利用を推奨しています。日本在住者で開設を希望される方はご利用ください。

(別途費用が必要です)

<ここからは各コースごとにステップが異なりますので、それぞれのコースをご覧ください>

<A.リヒテンシュタインPBコース>の場合

3.事前コンサルティング/プライベートバンクの紹介

お客様の入金が確認でき次第、プライベートバンク開設に向けて担当者による事前コンサルティングがあります。事前コンサルティングの際に、初めてプライベートバンクの具体的な名前を紹介します。それ以外にも、実際に開設するまでの流れと簡単にプライベートバンクを通じてできることを、皆さまが実際に開設するプライベートバンクの資料をお見せながら解説します。

※事前コンサルティングの際には、プライベートバンクをフル活用して欲しいことから、お客さまの居住地など状況に応じて追加オプションを薦めています。追加費用・追加コンサルティングが発生する場合もありますので予めご承知ください。

4.開設の手続き

コンサルティングでお伝えした手順に沿ってプライベートバンク口座の開設を行ってください。

5.開設

プライベートバンクでの開設の手続きが行い、審査が完了すると晴れて口座を持つことができます。これであなたもお金に関する悩みがドンドン減っていくこと間違いありません。

<B.アメリカ系PBコース>の場合

3.情報公開

情報公開には前金の入金が必要です。お客様の入金が確認出来次第、アメリカ系PBコースで開設できるプライベートバンクの情報を公開します。プライベートバンクの名前と特徴、サービスについて解説したPDFファイルをお送りします。

4.開設の手続き

資料の確認後、開設するかどうか決めていただきます。開設する際には残金の入金が必要です。お客様の入金が確認出来次第、アメリカ系PBを紹介し、開設の手続きを踏んでいただきます。 

5.開設

プライベートバンクでの開設の手続きが行い、審査が完了すると晴れて口座を持つことができます。これであなたもお金に関する悩みがドンドン減っていくこと間違いありません。

※<B.アメリカ系PBコース>の場合には、コンサルティングは別途オプションとなります。プライベートバンクの有効的な活用方法などを知りたい方は併せて申し込みください。 

 

<お客さまの声>

50代-男性 D・Yさま

プライベートバンク自体は元々知っていましたが、あいにく周りに開設している人がおらず困っていた所にGPCの存在を知りました。事前コンサルで本物のプライベートバンクの話を聞いて本当に驚くことばかりでした。早速、教わった通りに行った所、無事に開設できました。感謝、感謝です。

40代-女性 K・Nさま

突然の相続で膨大な金額を受け継ぐこととなり、お金の管理をこれからどうしたらいいか頭を悩ませていました。友人からプライベートバンクのこととGPCを紹介していただき、無事に開設することができました。息子2人もまだ大きくありませんが安心して資産を受け継いでいけそうです。ありがとうございました。

30代-男性 S・Tさま

事業の売却後、資産の預け先としてプライベートバンクを検討していました。他社でもプライベートバンクを紹介してもらえましたが、海外居住者でないとダメと言われてしまいました。ダメ元でGPCさんに問い合わせたところ、日本の居住者でもプライベートバンクを開設する方法があると返答があり、申し込むことにしました。おかげさまで無事に開設まで漕ぎ着けることができました。

 

<プライベートバンク紹介サービス-料金一覧>

2つのコースで料金が異なりますのでよくご確認の上、お申し込みください。

<A.リヒテンシュタインPBコース>

●事前コンサルティング:10万円(税込)

※返金不可

●プライベートバンク紹介料:100万円(税込)

※前払い制、開設に至らなかった場合には返金いたします。

合計:110万円

<追加オプション>

●年間サポート:200万円(税込)

単なる紹介だけでなくプライベートバンクの活用方法やバンカーとのコミュニケーションの仕方など、プライベートバンクをフル活用したい人に向けた年間サポートサービスをご用意しました。年間サポートでは、Zoomによる30分×6回面談、メールサポートのサービスが付与されます。

※有効期限:1年間。更新の際には、再度決済が必要です。

●合法的に海外居住者になるサポート:100万円(税込)

日本在住者でありながらも海外のプライベートバンクを開設できるように、合法的に海外居住者になる方法を紹介するサービスです。

※日本在住者でプライベートバンク開設を検討されている方は、必ず申し込みをお願いします。

<B.アメリカ系PBコース>

プライベートバンク紹介料:10万円(税込)

※申し込み時に1万円の前金を入金いただき、確認でき次第PBの情報公開いたします。

引き続きアメリカ系PBの開設を希望される際には、残りの9万円を入金いただきます。

<追加オプション>

●年間サポート:200万円(税込)

単なる紹介だけでなくプライベートバンクの活用方法やバンカーとのコミュニケーションの仕方など、プライベートバンクをフル活用したい人に向けた年間サポートサービスをご用意しました。年間サポートでは、Zoomによる30分×6回面談、メールサポートのサービスが付与されます。

※有効期限:1年間。更新の際には、再度決済が必要です。

◎追加オプションは上記以外にもご用意していますので、希望される方はお問い合わせください。

<F&Q>

Q.1億円相当の仮想通貨・NFTを所持していますが、プライベートバンク口座を開設できますか?

A.仮想通貨やNFTの段階では、資産として認められませんので現金化するようお願いします。

Q.GPCが行う審査とプライベートバンクが行う審査は、別々ですか?

A.はい、その通りです。GPCが行う事前審査では、口座開設の最低条件を満たしているかどうかを判断いたします。ただし、GPCによる審査を通過したとしても、プライベートバンクによる審査に落ちる場合もございます。

Q.GPCによる事前審査の最低ラインはどれくらいでしょうか?

A.各コースごとの開設資産ラインを超えていないと、プライベートバンクの審査に弾かれる可能性大です。また確定申告も必要です。また、不適切な方法で資産構築を行った場合にも、プライベートバンクの審査は通りません。

GPCでは事前審査を実施して開設できる可能性の高い人にだけプライベートバンクの紹介を行います。

Q.事前コンサルティングは有料ですか?

A.はい。私たちは、是非ともお客様にプライベートバンクを開設していただき、豊かさと幸せを手に入れて欲しいと心から思っています。そのためにも、全身全霊をかけて準備と相談を行う必要がございますので有料・返金不可となっています。

(申込される方は問い合わせフォーム内で「PB開設希望」の旨開設希望のコースをご入力ください。折り返し、プライベートバンク紹介サービスのご案内いたします)