世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

最近では、合法的に税金をゼロにできるさまざまな方法とさまざまな国がありますが、インカムやキャピタルゲイン、資産に対して税金を払わない、昔ながらの明快な非課税の国を好む人もいます。そのような国は12カ国ほどしかありませんが、今回はその中からいくつかの選択肢を紹介し、もしあなたがその国しか選べず、そこに滞在しなければならないとしたらというケースの話をしたいと思います。

税金をゼロにできる選択肢は数多くあります。特定の国に行けば、税金を免除してもらうこともできます。滞在許可証や市民権を持つにはタックスフリーの国を持つのが良いでしょう。不動産を購入したり、現地に会社を設立したりして、その国に行くようになればタックスフリーを受けられます。

一般的に他の多くの国で多くの良い取引ができるため、非課税の国自体が輝きを失っていると思うのですが、そうは言っても可能性のある国をいくつか見て行きましょう。もし税金を安くしたいがために、ある無税の国にずっと滞在し、ビジネスをしているとしたらどうでしょう?選択肢としてモナコやブルネイ、湾岸諸国、島嶼部など、さまざまな国があります。 

ピトケアン島とかではなく一般的な場所についてお話します。ブルネイは入るのが難しく、さらに小さい国なため住みたいとは思いません。モナコは、2.02平方キロメートルなんですぐに飽きてしまうかもしれません。中には「バハマに行け。バミューダに行け!」と言う人もいます。またケイマン諸島は厳密には国ではないけれど、私たちの目的には合致していきます。

湾岸諸国の中でもタックスフリーの国が多いと思います。一番チョイスされるのは、UAEです。UAEは比較的オープンなビザ政策を取っています。カタールやバーレーンのように、基本的に都市が1つしかない小さな国ではなく、島国であるため、消費者の利便性は非常に高いのです。シャツを買いに行ったり、演劇を観に行ったり、オペラを観に行ったりできます。窓の外に喧騒が見えると、気分がよくなりますし、そこから好きなように移動することができます。 

車を注文すると時間通りに来てくれて、運転手もいいし、車の匂いもいいという素晴らしい文化もあります。またUAEは世界中から人が集まります。皆、どこかの国の出身者でダイナミズムがあります。スーパーで買い物をするときに小銭を投げつけられることもなく、気持ちよく買い物ができます。 

もし、税金の安い国を1つ選ぶとしたらUAEを選びます。必ずしもUAEの国民になる必要はないでしょう。制度によっては一部の人しか利用できないという話もありますが。UAEで将来的には長い時間を過ごすのも良いかもしれませんが、非課税国に住まなくても、合法的に税金を大幅に減らす方法はいくらでもあります。しかし、インカムゲイン税、キャピタルゲイン税、富裕税を完全に免除しようと思えば、そのような方法はありません。

【締切間際】リアルなPBの実態を完全無料で大暴露!-PB極秘メルマガ⬇︎