【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

Home 9 資産運用・資産保全 9 【徹底解説】オススメの海外銀行と口座開設する方法

海外の銀行で口座開設をお考えですか?もう迷うことはありません。今回は、金利や手数料、サービスが充実しているおすすめの銀行をご紹介します。

アメリカ発の銀行をお探しなら、チェース銀行での口座開設をご検討ください。この銀行は、日本の銀行と比較して、優れた金利と手数料を提供しています。さらに、オンラインバンキング、モバイルバンキング、24時間体制のカスタマーサービスなど、幅広いサービスを提供しています。

 

イギリスの銀行に興味がある方には、HSBCがおすすめです。この銀行の手数料と金利は、日本の銀行と比較しても非常に競争力があります。 さらに、オンラインバンキング、モバイルバンキング、24時間体制のカスタマーサービスなど、総合的なサービスを提供しています。

カナダの銀行では、TDカナダトラストが優れた選択肢です。彼らは競争力のある金利と手数料だけでなく、オンラインバンキング、電話バンキング、24時間の顧客サービスのようなサービスの数々を提供しています。

 

もしオーストラリア発の銀行をお探しなら、ANZは検討に値します。この銀行は、金利や手数料が優れているだけでなく、オンラインバンキング、テレホンバンキング、24時間対応のカスタマーサービスなど、幅広いサービスを提供しています。

中国の銀行をお探しなら、中国銀行は素晴らしい選択肢です。この銀行は オンライン・バンキング、モバイル・バンキング、24時間対応のカスタマーサービスなど、さまざまなサービスを提供しています。 金利や手数料は日本の銀行と同程度です。

 

このおすすめ海外銀行リストが、あなたの銀行探しのお役に立てば幸いです。各銀行のサービス内容や金利、手数料をよく比較した上で、自分に合った銀行を選んでください。そうすることで、あなたの銀行ライフをより快適で便利なものにすることができます。

次に、海外の銀行口座はどうやって開設していくか見ていきます。海外の銀行口座の開設は、慣れないうちは大変な作業ですが、何が必要かを理解すれば、とても簡単になります。ここでは、海外に銀行口座を開設する場合の手順をご紹介します。

 

1.適切な金融機関を調査・選択する

海外の銀行口座を開設する前にどの金融機関が自分のニーズに合った特典やサービスを提供してくれるのか、よく調べてみましょう。手数料、使用可能な通貨、海外送金オプション、カスタマーサービスなど、さまざまな要素を考慮してください。

2.必要な書類を揃える

海外の銀行口座を開設するためには、特定の書類を提出する必要があります。その中には、以下のような証明書が含まれます。

  • 有効なパスポート
  • 公共料金の請求書や賃貸契約書など、住所を証明するもの。
  • 運転免許証や国民IDカードなど、身分を証明するもの。
  • 銀行が必要とするその他の書類

 

3.書類の提出

申込書の提出必要な書類が揃ったら、金融機関に申込書を提出します。金融機関によってはオンラインまたはご来社にてご提出いただけます。

4.書類確認

口座の確認申込書を受領すると、銀行があなたの身元やその他の情報を確認します。このプロセスには数日かかる場合がありますので、特定の日までに口座を開設する必要がある場合は、前もって計画しておくことが大切です。

 

5.開設

口座開設本人確認およびその他の情報が確認されると、口座開設の可否が通知されます。口座開設に成功した場合、銀行から口座の詳細と資金の利用方法について案内があります。

このような手順で、簡単に海外の銀行口座を開設することができます。 口座開設の要件は、銀行や国によって異なる場合がありますので、ご注意ください。申込書を提出する前に、必ず金融機関にご確認ください。入念なリサーチと準備で、国際的な銀行取引のメリットをすぐに享受できるようになります。

今すぐやっておきたい!アメリカ経済の急変に備える謎の儀式とは?

増税を試み、かつてないほど大量の紙幣を印刷して、狂ったように消費を行うなど、米国政府は制御不能に陥っています。そして今、ある銀行が、米国に悲惨な結末が待っているかもしれないと警告しています。なるべく恩恵を受けられて、好きな場所で自由なライフスタイルを構築していきたい人が多いと思いますが、自分の周りで起こっている状況を意識する必要があります。   ドイツ銀行の衝撃の警告内容とは?...

【徹底解説!】資産運用時の手数料の壁とは?

投資をするとなると、様々な要素を考慮しなければなりません。その中でも特に重要なのが、そのためのコスト、すなわち手数料やフィーです。残念ながら、これらは投資家にとって大きな障害となることが多いのです。前半では、資産運用の際に発生する様々な種類の手数料と、その対処法についてご紹介します。...

【マル秘】自国民の移住を阻むアジアの謎の国とは?

2020年は様々な変化があった年でした。世界で起きた混乱は意図しない結果を招いたために、誰もが他の選択肢を模索しましたが、最高の待遇を受けられる場所に行くことが難しくなってしまいました。各地域の政府が移住するのを阻むことについて解説します。さて、2020年は通常とは異なる1年でした。例えばアメリカ政府は市民権を交付することがこれまで以上に難しくなっています。なぜなら、大使館・領事館が予約を受け付け...

【徹底解説】BVIの税制と海外無税法人を設立するステップ

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2023年1月28日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 BVIの税制...

意外と知らない人が多い!?オフショア銀行口座の開設方法とは?

オフショア銀行口座を開設するために知っておくべき具体的な内容を説明します。オフショア銀行とは、居住国外に開設する銀行口座のことです。私たち日本人であれば、日本以外の国に銀行口座を開設することをいいます。オフショア銀行の存在を知っていたとしても、開設する方法を知らない人がほとんどですので今回わかりやすく開設していきます。   オフショア銀行開設までのステップ...

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...

世界の超富裕層がコッソリ移動する謎の移住先とは?

世界の超富裕層は、何年も前から引っ越しの話をしていたのに、金融不安の大流行と次に何が起こるかわからないという不安から、これまでにない速さで海外に移住しています。今回は、彼らの多くがどこに移住しているのか、そしてその理由は何なのか、ある記事を紹介します。...

【経営者必見】海外法人を設立して節税する極意

外国の管轄区域に海外法人を設立すると、多くの利点が得られます。その中でも最も重要なのは、大幅な税制上の利点と節税が得られることです。この記事では、海外法人によく提供される各種の税制上の利点とその他の追加の利点について掘り下げます。また、どのようにしてこれらの利点を得る資格を得て、最大限に活用するかについても説明します。   海外法人を設立する税制上の利点(メリット)...

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。...
n202306-banner