PB-Kindleバナー

海外節税

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

【タックスヘイブン】香港法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 香港での法人設立は、世界中の企業や起業家にとって魅力的な多くのメリットをもたらします。キャピタルゲイン税や源泉徴収税がなく、法人税率も8.25%と低いため、ビジネスの利益を維持し、再投資しやすい環境です。このため、企業が利益を上げ、再投資することが容易になります。  ...

続きを読む
【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

【タックスヘイブン】ドバイ法人設立ガイド

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 ドバイでの法人設立には多くの利点があり、ビジネスにとって最も人気のある低税率地域の一つとなっています。主なメリットのひとつは、ドバイでの事業立ち上げに伴う税制優遇措置です。UAE政府は、法人税ゼロ%、配当金や所得税に対する源泉徴収なしなど、法人・個人の所得税について手厚い免税措置を提供しています。  ...

続きを読む
【節税対策へ!】海外法人を設立する極意

【節税対策へ!】海外法人を設立する極意

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 節税のために海外法人を設立することは、企業や起業家の間でますます人気が高まっています。その手続きは複雑に見えるかもしれませんが、長い目で見れば多くの利点があります。   海外法人を設立する主なメリットは、さまざまな国の制度を利用することで節税できる可能性があることです。...

続きを読む
【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

【徹底解説】ノミニー法人の特徴と設立の仕方

ノミニー法人とは、真の所有者の名前を隠したまま、会社の株主や役員を登録する組織です。これは、実際のオーナーの代わりに「ノミニー」として活動する人を指定することで可能となります。この方法では、真の所有者は匿名のまま、その名前が法人格に表示されることはありません。...

続きを読む
【必見】世界のタックスヘイブン国リストと実践方法!

【必見】世界のタックスヘイブン国リストと実践方法!

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 タックスヘイブンとは、税金が非常に低い、あるいは全くかからない世界各国のことです。このような税率を利用して節税することは、経済的に余裕のある方にとっては大きなメリットとなります。今回は、知っておきたい世界のタックスヘイブンをまとめて紹介します。   1.ケイマン諸島 このカリブ海の島は、世界で最も有名なタックスヘイブンの一つです。個人所得税、輸入関税、キャピタルゲイン税がゼロ%です。 2.スイス...

続きを読む
【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

【マル秘】世界で最も税金が安い国・高い国リスト

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。2022年12月25日時点の情報です。最新の税制は各国のHPをご覧ください。 世界で最も税金が安い国ランキングへようこそ。このランキングは、一般に公開されているデータソースを用いて慎重に調査し、作成しました。   多くの企業や個人にとって、税金の安さは、特定の国で事業を行ったり、移転したりする動機付けとなります。このランキングは、様々な国の税率を比較するのに役立つため、以下のような機会を与えてくれます。...

続きを読む
シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

シンガポールを活用した禁断の節税スキームとは?

※注意:節税スキームを実施される際には事前に各税理士にご相談ください。また自己責任でお願いします。 節税スキームを設定することは、支払う税金の額を減らすために有効な方法です。住宅ローン金利控除やキャピタルゲイン控除など、利用可能な一定の控除や免除を利用することで実現できます。 節税スキームを設定する最初のステップは、会計士や税理士、ファイナンシャル・アドバイザーに相談することです。...

続きを読む
世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

世界の富裕層が集う無税国の実態とは?

最近では、合法的に税金をゼロにできるさまざまな方法とさまざまな国がありますが、インカムやキャピタルゲイン、資産に対して税金を払わない、昔ながらの明快な非課税の国を好む人もいます。そのような国は12カ国ほどしかありませんが、今回はその中からいくつかの選択肢を紹介し、もしあなたがその国しか選べず、そこに滞在しなければならないとしたらというケースの話をしたいと思います。...

続きを読む