PB-Kindleバナー

海外節税

【相続税が非課税!?】最強の節税スキーム公益財団法人とは?

【相続税が非課税!?】最強の節税スキーム公益財団法人とは?

公益財団法人は、特定の公益目的を達成するために設立される法人です。公益目的は、社会全体の利益に寄与するものでなければなりません。公益財団法人は、その目的を達成するために、寄付や遺産などの資金を活用します。 これまで相続税対策として不動産や保険を活用したスキームもありましたが、年々取り締まる動きが出始めています。例えば、タワーマンションを購入する相続税スキームでは、相続税評価額と購入価格の差額を利用して、相続税を大幅に減額ができました。  ...

続きを読む
【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

【日本はまさかの●●位】所得税が高い国を暴露!

世界の各地は、文化、気候、生活水準、政治システムだけでなく、その税制においても大きく異なります。各国は独自の税制を持っており、見るべきところを知っていれば隠れた機会が存在します。 高税国では、政府が最大60%にも達する進行税率を富裕層に課すことで富を再分配し、平等性を高める試みを行っています。その結果として、しばしば富が低税国に流出し、富裕層が高額な税負担を逃れるために資産を海外に移す現象が生じます。  ...

続きを読む
【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

【必見】オンラインビジネスで海外節税スキームを実践する方法

オンラインビジネスを設立することを考えているなら、海外の国で会社を設立することが、国内で設立するよりも有利な場合があります。オフショアでの設立から恩恵を受けるすべての会社があるわけではありませんが、その恩恵を受ける会社は主に地元や物理的な拠点を持たないオンラインビジネスです。 本記事では、海外で運営されるオンラインビジネスが海外で設立されることからどのような利益を得るのか、そしてオフショア会社を使ってオンラインビジネスをどのように運営するのかを説明します。   海外節税可能なオンラインビジネスは?...

続きを読む
【経営者必見】海外法人を設立して節税する極意

【経営者必見】海外法人を設立して節税する極意

外国の管轄区域に海外法人を設立すると、多くの利点が得られます。その中でも最も重要なのは、大幅な税制上の利点と節税が得られることです。この記事では、海外法人によく提供される各種の税制上の利点とその他の追加の利点について掘り下げます。また、どのようにしてこれらの利点を得る資格を得て、最大限に活用するかについても説明します。   海外法人を設立する税制上の利点(メリット)...

続きを読む
仮想通貨投資が無税になる海外タックスヘイブン国リスト

仮想通貨投資が無税になる海外タックスヘイブン国リスト

世界中の多くの国が暗号資産取引に所得税を課していますが、ビットコインの収入や保管、取引に税金を課さない国々が投資家を歓迎しています。ここ最近、人々が暗号資産投資に殺到し、同時に節約方法を探しています。 もし、それがあなたであれば、キャピタルゲイン税を避けることができるかもしれないベストな国々を見つけるために、引き続きお読みください。ただし、キャピタルゲイン税がないとはいえ、あなたが利益を得ることができるかどうかはあなたが住んでいる場所によります。  ...

続きを読む
【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

【厳選9選】世界の所得税ゼロのタックスヘイブンを大公開!

節税に向けて海外進出を視野に入れるという近年のトレンドは、情報の普及と障壁の減少に大いに助けられています。状況や関与する資産の種類によりますが、税金のない国に移住して、ビジネス運営や投資ポートフォリオを再配置または再構築するといった選択肢が存在します。 適切な計画と資産構造化を通じて、通常は税負担を減らし、場合によっては完全に消除することが可能です。最良の方法の一つは、もしかすると最も簡単ではないかもしれませんが、所得税のない国の税務居住者になることです。  ...

続きを読む
【海外節税のTips】タックスヘイブンのメリット・デメリットを徹底解説!

【海外節税のTips】タックスヘイブンのメリット・デメリットを徹底解説!

税制は各地域で大きく異なります。世界の中でも特定の国々は、自国の税制対象者および/またはその地に拠点を置くオフショア企業、信託、その他の金融機関に対して、数多くの税制上の利点を提供していることでよく知られています。 これらの好条件を提供する地域は、顕著な税制上の優遇措置や他の関連利点を提供する「タックスヘイブン」として知られています。タックスヘイブンは、高額な税金を回避するための完全に合法的な手段を提供します。   タックスヘイブンとは何か?...

続きを読む
【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

【徹底解説】法人の株主を隠すノミニーシェアホルダーとは?

ノミニーシェアホルダーとは? 海外で法人設立する際には、ノミニーという制度を活用して、法人の本当のオーナーの名義や本当の株主の名義を表に出さないようにすることができます。中でも、「ノミニーシェアホルダー」とは、実質的なオーナーに代わって会社の株式を保有する名義株主を指します。 彼らは、自身の名前で株式を登録したくない、または匿名を保ちたいと考える会社の株主によって任命されることが多いです。ノミニーシェアホルダーは通常、信託宣言と呼ばれる保管契約の規定に従って行動します。  ...

続きを読む