ページを選択
日本居住者も開設可日本人担当者付き日本人に最適化された海外プライベートバンクを遂に公開
【特別オファー】 「日本に居ながら口座開設可能な米国PB」公開終了まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

海外プライベートバンク口座開設の3つの障壁

世界の富裕層と呼ばれる人たちは、自身の大切な資産を海外各地にあるプライベートバンクに託します。子の世代・孫の世代へと100年先まで受け継がれるように資産運用・資産保全を行なっていきます。日本の富裕層の中にも、海外のプライベートバンクを活用する人たちはいますが、残念ながらそう多くはありません。なぜ、海外プライベートバンクをあまり利用しないのか、そこには3つの大きな問題があります。

海外プライベートバンク口座開設の3つの障壁
問題1.資産保全や資産運用のために何をすればいいか分からない

会社経営や金融投資を行い、ある程度まとまったお金を手にしても、その後どうお金を管理していけばいいか、どう運用していけばいいか難しい部分があるかと思います。ずっと経済ニュースとチャートを睨めっこして金融投資を続けるのも良いですが、それではもったいないです。

折角、ある程度の資産を構築したとしても、頭の中ではずっと投資のことを考え続けなければならないことになります。それでは、なかなか心も休まりません。しかし、資産保全や資産運用に関して、自分1人であれこれ悩む事なく済む別の選択肢もあります。

問題2.プライベートバンク開設のハードルが高い

資産保全や資産運用に関するサポートに重点を置いている金融機関にプライベートバンクがあります。担当者と資産運用の方針やいつまでにいくら貯めるかなどの計画を話し合うことができます。なので、プライベートバンクに口座開設することでいつまでも1人であれこれ悩む必要は無くなります。

弊社でも、これまで複数の海外プライベートバンクを紹介していますが、人によっては開設のハードルが高いと感じる人もいるでしょう。そうです、一般的に海外のプライベートバンクを開設するためには100万米ドル必要です。円安の影響もあり、開設には1.3〜1.4億円が必要で余計にハードルが高く感じてしまうでしょう。

問題3.英語でのやりとりに不安がある

基本的に海外のプライベートバンクで担当者とやりとりするためには、英語でのやりとりが必要です。でも、最近ではかなり高性能な翻訳ツールが次々出てきていますので、英語があまり得意でない人もそこまで深刻に考える必要はないかもしれません。ただ、初めてプライベートバンクの口座開設を行う際には、本当にコミュニケーションができているか心配になる部分は少なからずあるでしょう。

海外プライベートバンクを口座開設することで、よりゆとりとより豊かさがある日々を100年先にまで残していくことが可能になっていきますが、これら3つの問題が開設を検討されている方にとってネックとなっているかもしれません。でも、安心してください。今回、これら3つの問題を払拭してくれるプライベートバンクを紹介します。皆様には、アメリカ系PBをご紹介します。

アメリカ系海外プライベートバンク魅力的な4大ポイント

魅力1.日本居住者でも開設可能

通常、日本居住者は、海外プライベートバンクを口座開設しようとしても、プライベートバンク側に断られてしまいます。なぜなら、日本の国税庁とのやり取りをプライベートバンク側が拒んでいるからです。一応、日本居住者でもスキームを利用すれば口座開設が可能です。今回紹介するプライベートバンクは、スキームなどは一切不要で日本居住者でも問題無く開設することができる海外プライベートバンクです。

魅力2.日本人担当者が付く

海外プライベートバンクは、日本人の担当者はほぼ居ませんので、英語でやり取りすることが必然となります。しかし、こちらには日本人や日系人の担当者がいます。そのため、日本語でコミュニケーションを取ることが可能です。

魅力3.日本に居ながら開設可能

口座開設の手続きを全て日本で完結することが可能です。1年の中でアメリカ系プライベートバンクの担当者(日本人など)が複数回来日する時があります。その際にアポイントメントを取っていただき、日本に居ながら海外のプライベートバンクを開設することができます。

魅力4.約3700万円の資金で開設可能

海外のプライベートバンクを口座開設する際には、大抵100万米ドル(約1.4億円)を求められるケースが多いです。今回紹介するプライベートバンクは、25万米ドル(約3700万円)で開設が可能です。弊社でも複数のプライベートバンクをご紹介しておりますが、こちらが最安値で、より多くの人が口座開設しやすくなっているかと思います。

以上の通り、日本人にとって使い勝手の良いプライベートバンクで、口座開設のハードルも他の海外プライベートバンクよりも遥かに低いです。

今回紹介するアメリカ系プライベートバンクは、以前に弊社で紹介を行なっていた時期もございます。やはり使い勝手の良さがお客様に大変好評で、1ヶ月で15名以上ご案内する月もございましたが、手続きの関係上一時的に紹介をストップしていました。

弊社内のチームリーダー同士で協議を重ねた結果、皆様には2024年以降、より豊かな日々を手に入れて欲しいことから募集を再開することに決定しました。今回もまた相次いで申し込まれる可能性が高いので、ある程度人数を絞ってご案内いたします。

アメリカPB-概要

なお、アメリカPBの利回り(定期預金の金利)は、世界情勢に応じて前後いたします。そのため口座開設のタイミングによって前後する場合がありますので、その点はご留意ください。

開設後の衝撃のリターン

リターン●%と言われてもピンとこないかもしれません。そこで、10年後、20年後の資産がどれくらい増えるかシミュレーションしていきます。実際に、将来どのくらい資産が増えてくれるかイメージが付くことで、プライベートバンクの絶大なる威力を体感することができるに違いありません。

アメリカPB運用プラン

スペシャル特典(1000USD相当(約15万円))マイナンバー不要のマル秘海外送金テクニック

海外送金術

今回、PB紹介サービスにお申し込みされた方にはスペシャル特典をご用意しました。

「マイナンバー不要のマル秘海外送金テクニック(1000USD相当:約15万円)」の動画を、特別に無料でプレゼントいたします。

海外で資産や法人を運用する際には、海外送金はマストですが、その際に大きな問題が2つあります。それは、マイナンバーと手数料です。

通常、日本の銀行から海外の金融機関に送金する際にはマイナンバーが必須です。

しかしながら、マイナンバーが紐付けされることで、海外送金の動きは全て国税庁に伝わり、マークされる恐れがあります。

実際に、弊社のクライアント様の中にも、過去日本の銀行から直接300万円の海外送金を行ったことをきっかけに税務調査に発展したこともありました。

国税庁は、富裕層への課税を強める動きを年々見せていますので、海外送金についても工夫していく必要があります。

今回紹介する送金術では、マイナンバーは不要です。

なので、実践していただくことで、国税庁に捕捉されず安全に海外送金を行うことができ、なおかつ手数料も大幅に抑えられます。

スマートフォンからタップ数回で、スマートに海外送金を行うことができ、しかも、送金の手数料も通常の4分の1以上削減可能です。

超有料級の内容ですが、皆様にはグローバルウェルスマネジメント術を実践して、いち早くリタイアメントインカムを構築していただきたいことから、PB紹介サービスにお申し込みいただいた方には、1000USD⇒完全無料でプレゼントいたします。

弊社プライベートバンク紹介サービスを利用されたお客様の声

 

60代-男性 Tさま

息子や孫に資産を残すために、プライベートバンクの開設を考えていました。妻からは、海外の銀行なんてとんでもないと不安視されましたが、無料相談時に、丁寧な解説を受けられたので安心して申し込むことができました。開設が無事に完了できたので、本当にありがたいです。

50代-女性 Yさま

事業で忙しく、お金の管理にまで目を向けるのは難しかったので、プライベートバンクに任せることにしました。SNSでGPCさんの存在を知り、早速無料相談で話を聞きました。プライベートバンクのサービスの中身や開設までの過程を丁寧に教えていただけましたので助かりました。

30代-男性 Sさま

今年、亡くなった親父からかなりの金額を相続して、管理に困っていたところプライベートバンクという存在を知りました。それまでプライベートバンクについて全く知りませんでしたが、GPCのKindleやメルマガを読み、これならと思い申し込みました。事前に、プライベートバンクがどういう所かを知ることができたのは心強かったです。

アメリカPB口座開設の流れ2
アメリカPB紹介-料金24年

PB紹介サービス-規約(クリックしてご確認ください)

PB紹介サービス-秘密保持及び個人情報保護に関する同意書

As a Globalist LLC御中

以下の内容を十分理解した上で、誓約し同意致します。

1.申し込みへの同意

貴社が提示したPB紹介サービスの内容を十分に理解し、確認しました。

2.著作権

貴社により提供された文書、電子ファイル、口頭等その他の媒体の如何を問わず全ての情報(「本件情報」)は貴社に帰属し、また本件情報に関する著作権その他の知的財産権およびノウハウは全て貴社帰属することを理解しました。

3.秘密保持

今回、貴社が提供するプライベートバンクやスキーム等の情報(プライベートバンクに関する情報、貴社の情報、その他個人情報等)を許可なく第三者に開示もしくは漏洩し、または使用しません。

4.個人情報保護

貴社がPB紹介サービスを通じて取得した個人情報を許可なく第三者に開示しもしくは漏洩し、または使用しないことを理解します。貴社での受講を通じて知り得た他者の個人情報を尊重し第三者に漏洩しません。

5.免責事項

貴社で提供される情報は、あくまでも啓蒙または一般的な情報提供を目的としたものであり、提供される情報はあくまでも一例の情報であり、その使用等に関して貴社は一切責任を負わないことに同意します。提供される内容の正確性については、その内容を保証するものではないことに同意します。マネーローンダリングや脱税などを目的とした海外プライベートバンクの口座開設や運用を行わないことに同意します。

6.投資、税金、相続など各種相談事項

投資、税金、相続に関する個別具体的な相談、質問はできないことに同意します。また、今回のPB紹介サービスの中身に関する質問・相談はできないことに同意します。(ただし、決済や納品、納品後コンテンツの読み込みにおける障害・不具合発生時、1番最初に各プライベートバンクの担当者とコンタクトを取る際にコンタクトが取れない際の弊社でのサポート、各種サポートのオプション利用者を除く)

7.申し込み資格の喪失

第1条から第6条までのいずれかの事項に不遵守があった場合、以後グローバルプライベートバンククラブのサービスを全て利用できないことを理解しました。

8.損害賠償

第2条から第6条までのいずれかの事項に不遵守があった場合、代金の5倍を違約金として支払うこと、及び貴社に当該金額を超える損害が生じた場合は当該超過金額について賠償義務を負うことに同意します。

申込者によって本規約に同意し、決済が完了次第、本契約は成立するものとする。

お申し込み期限:担当者よりご提示いただいた期間まで
(ご不明の場合には担当者にご確認ください)

About us

Global Private bank Club

私たちグローバルプライベートバンククラブ

(Global Private bank Club)は、

ただPBを紹介するだけの業者ではなく

海外で資産を増やし複数の視点と拠点を持った

ライフスタイルをサポートするのが私たちです。

日本人が出来るスキームを徹底公開致します。

 

グローバルプライベートバンククラブの

運営元のアメリカの「As a Globalist LLC」社は、

世界的にトップクラスの秘匿性を保持する

海外法人として活動しております。

 

海外のプライベートバンクや、企業とも

積極的に提携し、Bordierをはじめ

スイスのプライベートバンクは2行

リヒテンシュタインのは1行提携し、

皆様にも紹介可能です。

 

また公益財団法人設立のサポートを行う

日本の企業などとも提携しております。

 

提携企業様

ボルディエ-ロゴ (500 × 100 px)

FAQ

Q.海外プライベートバンクの開設にはいくら必要ですか?

A.一般的に100万USD、日本円で約1.4億円以上が必要です。

しかしながら、今回のアメリカPBは25万USD(約3,700万円)以上で口座開設することが可能です。

なので、従来の海外プライベートバンクの口座開設のハードルと比べても低いかと思います。

Q.今回のお申し込みには審査がありますか?

A.弊社が行う審査ではお客様がアメリカPBの口座開設に必要な25万米ドル(約3,700万円)以上の資産をお持ちであるか確認致します。

また最近、海外プライベートバンクでは口座開設の際の身分調査が厳しくなっております。

正確な個人情報を開示できる方だけにプライベートバンクの紹介を行います。

(弊社が行う審査は、海外プライベートバンクが口座開設希望者に行う審査とは異なり、独自のものです)

Q.口座開設の手続きは自力ですか?

A.弊社はプライベートバンクの担当者様のご紹介を行いますが、手続きの代行はいたしません。

口座開設の手続きを自力で進めていただくことになります。

ただし、各プライベートバンクの担当者との1番最初にメールでコンタクトを取る際(ファーストコンタクト)に関しては、担当者の方とコンタクトが取れない際には、無料で担当者の方とコンタクトが取れるよう弊社がサポートいたします。

 

お申し込みより1年間ファーストコンタクトのサポートを行います。

Q.海外プライベートバンクを口座開設する際には、海外渡航が必須ですか?

A.今回皆様に紹介するアメリカPBは、日本国内で手続きが可能です。

また、場合によってはアメリカ現地でも口座開設が可能です。

Q.私は日本に住んでいますが、海外のプライベートバンクは口座開設可能ですか?

A.現在多くのプライベートバンクが日本居住者の方の口座開設をお断りしています。

しかし、一部のところでは、日本居住者を受け入れているところもございます。

今回のアメリカPBも、日本居住者の方でも口座開設が可能です。

Q.サービスお申し込み後、海外プライベートバンク口座開設の手続きで疑問点が出た場合には、相談に乗ってもらえますか?

A.原則自力で手続きを進めていただきますが、後から別途サポート(有料)を付けることもできます。

追加でサポートを希望される際には、弊社までご連絡ください。

Q.海外プライベートバンクまでの送金方法を教えていただけますでしょうか?

A.海外プライベートバンクの送金に関しては、今回のスペシャル特典の「マイナンバー不要のマル秘海外送金テクニック」を参考ください。

詳細な送金に関するご相談は、各種サポートを付けられた方のみにご対応致します。

その他のコースでお申込みされた場合にも、別途サポート(有料)を付けることもできます。

Q.海外プライベートバンクで運用し、利益を得た場合には、納税はどうなりますか?

A.一般的に居住国次第で異なりますが、詳細は税理士などの専門家にご相談ください。

Q.複数のプライベートバンクの担当者様を紹介してください。

A.原則、1回のお申し込みにつき紹介できるプライベートバンクは1つです。

一度に、複数のプライベートバンクの紹介を希望される方は、別途お問い合わせください。

Q.各プライベートバンクの最新の受付状況を教えてください

A.本ページに掲載されている受付状況の更新は随時行っておりますが、反映のタイミングが遅れる場合がございます。

最新の受付状況を確認されたい場合は、お手数ですが弊社までお問い合わせください。

Q.返金は可能ですか?

A.返金は、万が一審査が原因で口座開設できなかった場合にのみ、5万円(プライベートバンクの紹介分)は弊社でいただきますが、それ以外の費用は返金致します。

 

なお、審査が原因で口座開設できなかった場合以外のケース(お客様都合等)では一切返金はございません。

 

また担当者の方とコンタクトを取るために発生した交通費などの諸経費等は、口座開設ができなかった場合でもご自身でご負担いただきます。

PB紹介サービス-規約(クリックしてご確認ください)

PB紹介サービス-秘密保持及び個人情報保護に関する同意書

As a Globalist LLC御中

以下の内容を十分理解した上で、誓約し同意致します。

1.申し込みへの同意

貴社が提示したPB紹介サービスの内容を十分に理解し、確認しました。

2.著作権

貴社により提供された文書、電子ファイル、口頭等その他の媒体の如何を問わず全ての情報(「本件情報」)は貴社に帰属し、また本件情報に関する著作権その他の知的財産権およびノウハウは全て貴社帰属することを理解しました。

3.秘密保持

今回、貴社が提供するプライベートバンクやスキーム等の情報(プライベートバンクに関する情報、貴社の情報、その他個人情報等)を許可なく第三者に開示もしくは漏洩し、または使用しません。

4.個人情報保護

貴社がPB紹介サービスを通じて取得した個人情報を許可なく第三者に開示しもしくは漏洩し、または使用しないことを理解します。貴社での受講を通じて知り得た他者の個人情報を尊重し第三者に漏洩しません。

5.免責事項

貴社で提供される情報は、あくまでも啓蒙または一般的な情報提供を目的としたものであり、提供される情報はあくまでも一例の情報であり、その使用等に関して貴社は一切責任を負わないことに同意します。提供される内容の正確性については、その内容を保証するものではないことに同意します。マネーローンダリングや脱税などを目的とした海外プライベートバンクの口座開設や運用を行わないことに同意します。

6.投資、税金、相続など各種相談事項

投資、税金、相続に関する個別具体的な相談、質問はできないことに同意します。また、今回のPB紹介サービスの中身に関する質問・相談はできないことに同意します。(ただし、決済や納品、納品後コンテンツの読み込みにおける障害・不具合発生時、1番最初に各プライベートバンクの担当者とコンタクトを取る際にコンタクトが取れない際の弊社でのサポート、各種サポートのオプション利用者を除く)

7.申し込み資格の喪失

第1条から第6条までのいずれかの事項に不遵守があった場合、以後グローバルプライベートバンククラブのサービスを全て利用できないことを理解しました。

8.損害賠償

第2条から第6条までのいずれかの事項に不遵守があった場合、代金の5倍を違約金として支払うこと、及び貴社に当該金額を超える損害が生じた場合は当該超過金額について賠償義務を負うことに同意します。

申込者によって本規約に同意し、決済が完了次第、本契約は成立するものとする。

お申し込み期限:担当者よりご提示いただいた期間まで
(ご不明の場合には担当者にご確認ください)

お問い合わせフォーム

ご不明な点がございましたら下記お問い合わせフォームからご連絡ください。